ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ア)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)







  1. 娃娃拳(アイアイケン)《民間常用草薬彙編》
    1. 異名
      • 「扁担杆子」(ヘンタンカンシ)《中国種子植物分類学》
      • 「麻糖果」(マトウカ)《四川中薬志》
      • 「拗山皮」(ヨウサンヒ)《貴州草薬》
      • 「綿筋条」(メンキンジョウ)《草薬手冊》
      • 「山絡麻」(サンラクマ)《草薬手冊》
      • 「狗糜子」(クビシ)《草薬手冊》
    2. 基原:シナノキ科、扁担杆(ヘンタンカン)の根・茎・葉。


  2. 阿育魏実(アイクギジツ)《新彊中草薬手冊》
    1. 基原:セリ科、粗芹(ソゾウキン)の果実。


  3. 娃児藤(アイジトウ)《江西草薬》
    1. 異名
      • 「七層楼」(シチソウロウ)《江西草薬》
      • 「一見香」(イチケンコウ)《江西草薬》
      • 「小尾伸根」(ショウビシンコン)《江西草薬》
      • 「三十六蕩」(サンジュウロクトウ)《江西草薬》
      • 「老君鬚」(ロウクンシュ)《湖南薬物志》
      • 「藤老君鬚」(トウロウクンシュ)《湖南薬物志》
      • 「白竜鬚」(ハクリュウシュ)《湖南薬物志》
      • 「黄茅細辛」(オウボウサイシン)《湖南薬物志》
      • 「三十六根」(サンジュウロクコン)《湖南薬物志》
    2. 基原:ガガイモ科、娃児藤(和名:トサカモメズル)の根。


  4. 挨蕾(アイライ)《中国沙漠地区薬用植物》
    1. 基原:リンドウ科、百金花(ヒャクキンカ)の花のついた全草。


  5. 阿魏(アギ)《唐本草》
    1. 異名
      • 「熏渠」(クンキョ)《唐本草》
      • 「魏去疾」(クキョシツ)《薬譜》
      • 「阿虞」(アグ)《西陽雑爼》
      • 「形虞」(ケイグ)《西陽雑爼》
      • 「哈昔泥」(ゴウセキデイ)《本草綱目》
      • 「五彩魏」(ゴサイギ)《中薬誌》
      • 「臭阿魏」(シュウアギ)《新彊中草薬手冊》
    2. 基原:セリ科、阿魏(和名:アギ)の樹脂。


  6. 阿膠(アキョウ)《神農本草経》
    1. 異名
      • 「伝致膠」(デンチキョウ)《神農本草経》
      • 「盆覆膠」(ボンクフクキョウ)《陶弘景》
      • 「驢皮膠」(ロヒキョウ)《千金》
    2. 基原:ウマ科、驢(和名:ロバ)の皮を、毛を去って、よく煮て膠の塊にする。


  7. 鴉葱(アソウ)《救荒本草》
    1. 異名
      • 「土参」(ドジン)《南京民間薬草》
      • 「黄花地丁」(オウカジチョウ)《南京民間薬草》
      • 「人頭髪」(ジントウハツ)《江蘇薬材志》
      • 「老鸛咀子」(ロウカンショシ)《江蘇薬材志》
    2. 基原:キク科、羅羅葱(ララソウ)、鴉葱(アソウ)の根。


  8. 鴉胆子(アタンシ)《本草綱目拾遺》
    1. 異名
      • 「老鴉胆」(ロウアタン)《生草薬性備要》
      • 「鴉胆」(アタン)《吉雲旅鈔》
      • 「苦参子」(クジンシ)《本草綱目拾遺》
      • 「鴉蛋子」(アタンシ)《植物名実図考》
      • 「鴨蛋子」(オウタンシ)《医学衷中参西録》
      • 「鴨胆子」(オウタンシ)《中薬志》
      • 「解苦楝」(カイクレン)《広西中薬志》
      • 「小苦楝」(ショウクレン)《広西中草薬》
    2. 基原:ニガキ科、鴉胆子(アタンシ:和名ニガキモドキ)の果実。


  9. 耳子草(アツジシソウ)《西蔵常用中薬》
    1. 異名
      • 「金耳」(キンアツジ)
    2. 基原:キク科、高山天名精の全草。


  10. 耳草(アツジソウ)《雲南思茅中草薬選》
    1. 異名:「一支箭」
    2. 基原:シソ科、紫背黄(シハイオウゴン)の全草。


  11. 耳草(アツジソウ)《南本草》
    1. 異名
      • 「芸香草」(ウンコウソウ)《南本草》
      • 「毛葉草」(モウヨウソウ)《南本草》
      • 「野煙葉」(ヤエンヨウ)《草木便方》
      • 「野煙」(ヤエン)《分類草薬性》
      • 「倒堤壺」(トウテイコ)《中薬形性経験鑑別法》
      • 「金耳」(キンアツジ)《四川中薬志》
      • 「野葵花」(ヤキカ)《雲南中草薬》
      • 「六氏草」(ロクシソウ)《雲南中草薬》
      • 「毛葉芸香草」(モウヨウウンコウソウ)《雲南中草薬》
      • 「野朝陽柄」(ヤチョウヨウヘイ)《雲南中草薬》
    2. 基原:キク科、煙管頭草(エンカントウソウ:和名コヤブタバコ)の全草。


  12. 耳草根(アツジソウコン)《分類草薬性》
    1. 基原:キク科、煙管頭草(エンカントウソウ:和名コヤブタバコ)の根。


  13. 鴉片(アヘン)《本草綱目》
    1. 異名
      • 「底野迦」(テイヤカ)《唐本草》
      • 「阿片」(アヘン)《髄息居飲食譜》
      • 「阿芙蓉」(アフヨウ)《髄息居飲食譜》
      • 「亜片」(アヘン)《髄息居飲食譜》
    2. 基原:ケシ科、罌栗(オウゾク:和名ケシ)の果実中の液汁の凝固したもの。


  14. 亜麻(アマ)《図経本草》
    1. 異名
      • 「鴉麻」(アマ)《図経本草》
      • 「胡麻飯」(ゴマハン)《南本草》
      • 「山西胡麻」(サンセイゴマ)《植物名実図考》
      • 「山脂麻」(サンシマ)《中国薬植志》
      • 「胡脂麻」(ゴシマ)《中国薬植志》
      • 「胡麻」(ゴマ)《昆明民間常用草薬》
    2. 基原:ゴマ科、亜麻(アマ:和名アマ)の根・茎・葉。


  15. 亜麻子(アマシ)《図経本草》
    1. 異名
      • 「胡麻子」(ゴマシ)《博済方》
      • 「亜麻仁」(アマニン)《国薬的薬理学》
      • 「壁虱胡麻」(ヘキシツゴマ)《本草綱目》
    2. 基原:アマ科、亜麻(和名:アマ)の種子。


  16. 阿里紅(アリコウ)《新彊中草薬手冊》
    1. 異名:「落葉松茸」(ラクヨウショウジョウ)《新彊中草薬手冊》
    2. 基原:サルノコシカケ科、「苦白蹄(クハクテイ:和名:エブリコ)の乾燥させた子実体。


  17. 阿利藤(アリトウ)《福建民間草薬》
    1. 異名
      • 「瓜子金」(カシキン)《浙江中薬資源名録》
      • 「瓜子藤」(カシトウ)《福建民間草薬》
      • 「瓜子英」(カシエイ)《福建民間草薬》
      • 「山紅木」(サンコウボク)《福建民間草薬》
      • 「過山香」(カザンコウ)《福建民間草薬》
      • 「春根藤」(シュンコントウ)《福建民間草薬》
      • 「過骨辺」(カコツヘン)《福建民間草薬》
      • 「七里香」(シチリコウ)《福建民間草薬》
      • 「念珠藤」(ネンシユトウ)《広州植物志》
    2. 基原:キョウチクトウ科、鏈珠藤(レンシュトウ)の全草及び根。


  18. 阿爾泰紫菀(アルタイシオン)《内蒙古中草薬》
    1. 基原:キク科、阿爾泰狗娃花(アルタイクアイカ)の花or全草。


  19. (アン)《本草拾遺》
    1. 異名
      • 「水鷄」(スイケイ)《医林纂要》
      • 「田鷄」(デンケイ)《医林纂要》
      • 「」(コ)《爾雅》
      • 「老扈」(ロウコ)《左伝》
      • 「雀」(アンジャク)《爾雅》《禽経》
    2. 基原:ミフウズラ科、黄脚三趾鶉(オウキャクサンシジュン)の肉。


  20. 鶉(アンジュン)《食経》
    1. 異名
      • 「鶉鳥」(ジュンチョウ)《毛詩伝》
      • 「循」(ジュン)《禽経》
      • 「苑鶉」(エンジュン)《広志》
      • 「紅面鶉」(コウメンアンジュン)《中国動物図譜》
      • 「赤喉鶉」(セキコウジュン)《動物学大辞典》
    2. 基原:キジ科、鶉(アンジュン:和名:ウズラ)の肉or全体。


  21. 安息香(アンソクコウ)《唐本草》
    1. 基原:エゴノキ科、安息香樹(アンソクコウジュ:和名:アンソクコウノキ)or越南安息香の樹脂。


  22. 庵摩勒(アンマロク)《唐本草》
    1. 異名
      • 「余甘」(ヨカン)《唐本草》
      • 「余甘子」(ヨカンシ)《臨海異物志》
      • 「喉甘子」(コウカンシ)《広西薬植名録》
      • 「牛甘子」(ギュウカンシ)《南寧市薬物志》
      • 「油甘子」(ユカンシ)《広州植物志》
      • 「庵摩落迦果」(アンマラクカカ)《本草綱目》
      • 「橄欖子」(カンランシ)《四川中薬志》
      • 「魚木果」(ギョボクカ)《広西薬植名録》
      • 「橄欖」(テンカンラン)《雲南中草薬選》
      • 「望果」(ボウカ)《中国樹木分類学》
    2. 基原:トウダイグサ科、油柑(ユカン)の果実。


  23. 葉(アンヨウ)《生薬学》
    1. 異名
      • 「樹葉」(アンジュヨウ)《現代実用中薬》
      • 「藍葉」(ランアンヨウ)《広西中薬志》
    2. 基原:フトモモ科、藍(和名:ユーカリノキ)の葉。


生薬名・「異名」(出典)・基原



関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍












解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査