ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ハ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




ハ 
馬鞍藤(バアントウ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「馬蹄金」「獅藤」
  2. 基原:ヒルガオ科、藤(コウトウ:和名:グンバイヒルガオ)の全草。


馬鞍藤根(バアントウコン)《福建民間草薬》
  1. 基原:ヒルガオ科、藤(コウトウ:和名:グンバイヒルガオ)の根。


梅核仁(バイカクジン)《本草綱目》
  1. 基原:バラ科、梅(和名:ウメ)の種仁。


梅花刺果(バイカシカ)《貴陽民間薬草》
  1. 基原:バラ科、扁桃木の根。


梅花草(バイカソウ)《内蒙古中草薬》
  1. 基原:ユキノシタ科、梅花草(和名:ウメバチウソウ)の全草。


梅梗(バイコウ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:バラ科、梅(和名:ウメ)の葉のついた枝茎。


梅根(バイコン)《名医別録》
  1. 原植物:バラ科、梅(和名:ウメ)。


肺形草(ハイケイソウ)《薬用植物図説》
  1. 異名:「穿藤金蘭花」「山蝴蝶」「石板青」「花蝴蝶」「銅交杯」「大葉竹葉青」
  2. 基原:リンドウ科、双蝴蝶の初生の全草。


杯(ハイケン)《海南島常用中草薬手冊》
  1. 異名:「鏡面草」「細葉蛇総管」「抜子弾草」
  2. 基原:ヒユ科、杯の全草。


排骨霊(ハイコツレイ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「広香藤」「満山香」
  2. 基原:バンレイシ科、多苞瓜馥木の根皮。


稗根苗(ハイコンビョウ)《本草綱目》
  1. 基原:イネ科、稗(和名:イヌビエ)の根と苗葉。


貝子(バイシ)《神農本草経》
  1. 異名:「貝歯」「白貝」「白貝歯」
  2. 基原:タカラガイ科、
    1. 貸貝(和名:キイロダカガイ)
    2. 環紋貸貝(和名:ハナビラダカラ)などの貝殻。


敗醤(ハイショウ)《神農本草経》
  1. 異名:「鹿腸」「鹿首」「鹿醤」「馬草」「酸益」「苦菜」「白苦参」「豆豉草」
  2. 基原:オミナエシ科、
    1. 白花敗醤(和名:オトコエシ)
    2. 黄花敗醤(和名:オミナエシ)
    3. または近縁の植物の根のついた全草。


肺心草(ハイシンソウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「梅花草」「白側耳」
  2. 基原:ユキノシタ科、突隔梅花草の全草。


排銭草(ハイセンソウ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「竜鱗草」「金銭草」「銭排草」「畳銭草」「午後合」「四季春」「金銭豹」「銭串草」「双金銭」
  2. 基原:マメ科、牌銭樹(和名:ウチワツナギ)の地上部分。


排銭草根(ハイセンソウコン)《泉州本草》
  1. 基原:マメ科、牌銭樹(和名:ウチワツナギ)の根。


排草香(ハイソウコウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「排香」「香排草」
  2. 基原:サクラソウ科、細梗香草の全草。


海尼豆弁緑(ハイネトウベンリョク)《雲南中草薬》
  1. 異名:「狗骨頭」「散血丹」
  2. 基原:コショウ科、海尼豆弁緑の全草。


買麻藤(バイマトウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「買子藤」「烏骨風」「黒藤」「鶏節藤」「竹節藤」「接骨藤」「鶴膝風」
  2. 基原:グネツム科、小葉買麻藤の茎葉あるいは根。


貝母蘭(バイモラン)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「止血果」「石芭蕉」「対葉果」「果上葉」
  2. 基原:ラン科、傘房貝母蘭の仮鱗茎or全草。


梅葉(バイヨウ)《本草拾遺》
  1. 原植物:バラ科、梅(和名:ウメ)


梅露(バイロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:バラ科、梅(和名:ウメ)の蕾(白梅花)の蒸留液。


佩蘭(ハイラン)《本草再新》
  1. 異名:「蘭」「蘭草」「水香」「大沢蘭」「香水蘭」「千金草」「孩時菊」「女蘭」「石弁」「醒頭草」「針尾鳳」
  2. 基原:キク科、蘭草(和名:フジバカマ)の茎葉。


馬纓花(バオウカ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「紅山茶」「杜鵑」「蒼山杜鵑」「麻力光」「密筒花」
  2. 基原:ツツジ科、馬纓杜鵑(バオウトケン)の花。


覇王根(ハオウコン)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 基原:ハマビシ科、覇王の根。


覇王七(ハオウシチ)《四川中薬志》
  1. 基原:ツリフネソウ科、野鳳仙花(和名:ツリフネソウ)の塊根。


覇王(ハオウベン)《植物名実図考》
  1. 異名:「金剛杵」「冷水金丹」「刺金剛」
  2. 基原:トウダイグサ科、覇王の茎葉、茎の中の白色の乳汁。


馬牙七(バガシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「大仙茅」「九子連」
  2. 基原:ラン科、流蘇蝦脊蘭の仮鱗茎。


馬牙半支(バガハンシ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「馬牙」「醤弁半支」「醤板豆草」「半支蓮」「狗牙弁」
  2. 基原:ベンケイソウ科、凹葉景天の全草。


馬肝(バガン)《神農本草経集注》
  1. 原動物:ウマ科、ウマ


馬膏(バギコウ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「馬膏」「馬脂」
  2. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)の首の皮下脂肪。


魚(ハギョ)《食物本草》
  1. 基原:コイ科、鋸倒刺の肉。


白堊(ハクア)《神農本草経》
  1. 異名:「白塗」「白善土」「白土子」「画粉」
  2. 基原:堆積岩類の岩石、白堊(和名:チョーク)の塊状物、または粉末。


白雲花根(ハクウンカコン)《雲南》
  1. 異名:「毛爪参」「香白」「法羅海」
  2. 基原:セリ科、白雲花の根。


白鴨肉(ハクオウニク)《名医別録》
  1. 異名:「鶩肉」
  2. 基原:ガンカモ科、家鴨の肉。


白果(ハクカ)《日用本草》
  1. 異名:「霊眼」「仏指甲」「仏指柑」
  2. 基原:イチョウ科、銀杏(和名:イチョウ)の種子。


麦芽(バクガ)《本草綱目》
  1. 異名:「大麦檗」「大麦毛」「大麦芽」
  2. 基原:発芽した大麦(和名:オオムギ)の穎果(エイカ)。


白花映山紅(ハクエイザンコウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「白杜鵑花」「昭山白」「白艶山紅」
  2. 基原:ツツジ科、白花杜鵑(和名:シロリュウキュウ)の花や根or茎葉。


白花果(ハクカカ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「紅果樹」
  2. 基原:ツバキ科、厚皮香(和名:モッコク)の葉と花、果実。


白花灰毛槐樹(カクカカイモウカイジュ)《貴州草薬》
  1. 異名:「山豆根」
  2. 基原:マメ科、白花灰毛槐樹の根。


白花夏枯草(ハクカカゴソウ)《青海常用中草薬手冊》
  1. 基原:シソ科、異葉青蘭の全草。


白荷花露(カクカカロ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「白蓮花露」
  2. 基原:スイレン科、蓮(椏名:ハス)の花のつぼみを蒸留して得た芳香水。


白鵝膏(ハクガコウ)《名医別録》
  1. 基原:アンカモ科、鵝(和名:ガチョウ)の脂肪。


白花菜(ハクカサイ)《食物本草》
  1. 異名:「羊角菜」
  2. 基原:フウチョウソウ科、白花菜の全草。


白花菜根(ハクカサイコン)《中国薬植図鑑》
  1. 原植物:フウトウソウ科、白花菜。


白花菜子(ハクカサイシ)《国薬提要》
  1. 基原:フウチョウソウ科、白花菜(和名:フウチョウソウ)の種子。


白花蛇舌草(ハクカジャゼツソウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「蛇舌草」「矮脚白花蛇利草」「鶴舌草」「羊鬚草」
  2. 基原:アカネ科、白花蛇舌草(和名:フタバムグラ)の根つき全草。


白果樹皮(ハクカジュヒ)《南本草図説》
  1. 基原:イチョウ科、銀杏(和名:イチョウ)の樹皮。


白花丹(ハクカタン)《生草薬性備要》
  1. 異名:「千里及」「総管」「白雪花」「山坡」「鳥面馬」
  2. 基原:イソマツ科、白花丹(和名:セイロンマツリ)の全草、根。


白花藤(ハクカトウ)《浙江民間常用草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、白花藤(和名:センニンソウ)の全草。


白樺皮(ハクカヒ)《新疆中草薬手冊》
  1. 基原:カバノキ科、疣枝舞の樹皮。


白花射干(ハクカヤカン)《植物名実図考》
  1. 異名:「冷水丹」
  2. 基原:アヤメ科、白花射干の根、全草。


白果葉(ハクカヨウ)《本草品彙精要》
  1. 基原:イチョウ科、銀杏(和名:イチョウ)の葉。


白花竜胆(ハクカリュウタン)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:リンドウ科、白花竜胆(和名:トウヤクリンドウ)の根の付いた全草。


白(ハクカン)《図経本草》
  1. 異名:「白雉」「銀雉」「銀鶏」
  2. 基原:キジ科、白の肉。


白菊花根(ハクギクカコン)《本草正》
  1. 異名:「長生」
  2. 基原:キク科、菊(和名:キク)の根。


白牛胆(ハクギュウタン)《泉州本草》
  1. 異名:「毛老虎」「猪耳風」「大力黄」「大刀薬」「白葉菊」「大麻香」「白面風」「過山香」「山白」「金辺草」
  2. 基原:キク科、羊耳キクの全草。


白苣(ハクキョ)《千金》
  1. 異名:「生菜」「石苣」
  2. 基原:キク科、萵苣(和名:チシャ)を栽培した白苣の茎と葉。


白魚(ハクギョ)
  1. 異名:「魚(ハクギョ)」「白扁魚」
  2. 基原:コイ科、翹嘴紅の肉。


白魚尾(ハクギョビ)《東本草》
  1. 異名:「溪桃」「楊波葉」
  2. 基原:フジウツギ科、駁骨丹の根と茎葉。


白魚尾果(ハクギョビカ)《東本草》
  1. 基原:フジウツギ科、駁骨丹の果実。


白鶏屎藤(ハクケイシトウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「臭皮藤」
  2. 基原:アカネ科、毛鶏屎藤の根、全草。


白(ハクケン)《名医別録》
  1. 異名:「糠」「細」「猪」
  2. 基原:ヒフ科、皺果(和名:アオビユ)の全草、根。


白蒿(ハクコウ)《神農本草経》
  1. 異名:「油胡」「白艾蒿」「蓬蒿」
  2. 基原:キク科、大蒿(和名:ハイイロヨモギ)の全草。


白膠香(ハクコウコウ)《唐本草》
  1. 異名:「楓香脂」「楓脂」「白膠」「芸香」
  2. 基原:マンサク科、楓香の樹脂。


白克馬葉(ハクコクバヨウ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:エゴノキ科、垂珠花の葉。


白牛膝(ハクゴシツ)《南本草》
  1. 異名:「小九古牛」「九股牛膝」
  2. 基原:ナデシコ科、狗筋蔓の根。


柏根白皮(ハクコンハクヒ)《本草綱目》
  1. 異名:「柏皮」「柏白皮」
  2. 基原:ヒノキ科、側柏(和名:コノテガシワ)のコルクを取り除いた根皮。


白細辛(ハクサイシン)《四川中薬志》
  1. 異名:「貝茜花」
  2. 基原:キンポウゲ科、単葉升麻の全草。


白沙糖(ハクサトウ)《本草綱目》
  1. 異名:「石蜜」「白糖」「白霜糖」
  2. 基原:イネ科、甘蔗の茎汁を精製してできた乳白色の結晶体。


白三七(ハクサンシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「打不死」「接骨丹」「還陽参」「三匹七」
  2. 基原:ベンケイソウ科、豌豆七の全草。


白三七根(ハクサンシチコン)《陜西中草薬》
  1. 基原:ベンケイソウ科、豌豆七の根。


白山苔(ハクサンタイ)《吉林中草薬》
  1. 基原:ツツジ科、細葉杜香の葉。


白三百棒(ハクサンビャクボウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「紅三百棒」
  2. 基原:スミレ科、如意草の全草。


柏脂(ハクシ)《神農本草経集注》
  1. 基原:ヒノキ科、側柏(和名:コノテガシワ)の根幹または樹枝を燃焼させると分泌する樹脂汁。


白刺花(ハクシカ)《貴州草薬》
  1. 異名:「白花刺」
  2. 基原:マメ科、白刺花の根。


白刺花葉(ハクシカヨウ)《貴州草薬》
  1. 原植物:マメ科、白刺花。


白花紫菀(ハクジシオン)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「大火草」「白頭翁」
  2. 基原:キク科、鉤毛大丁草の根。


柏子仁(ハクシジン)《唐本草》
  1. 異名:「柏実」「柏子」「側柏子」
  2. 基原:ヒノキ科、側柏(和名:コノテガシワ)の種仁。


柏枝節(ハクシセツ)《唐本草》
  1. 基原:ヒノキ科、側柏(和名:コノテガシワ)の樹枝。


麦刺藤葉(バクシトウヨウ)《常用中草薬単方》
  1. 異名:「鶏勾札」
  2. 基原マメ科、含羞草葉黄檀の葉。


白脂麻(ハクシマ)《本草衍義》
  1. 異名:「白胡麻」
  2. 基原:ゴマ科、脂麻(和名:ゴマ)の白色種子。


白芍薬(ハクシャクヤク)《神農本草経集注》
  1. 異名:「金芍薬」「白芍」
  2. 基原:キンポウゲ科、芍薬(和名:シャクヤク 栽培種)の根



白沙虫薬(ハクシャチュウヤク)《貴州草薬》
  1. 異名:「痢薬」
  2. 基原:シソ科、黄花香茶菜の全草。


白首烏(ハクシュウ)《山東中薬》
  1. 異名:「泰山何首烏」「和尚烏」
  2. 基原:ガガイモ科、大根牛皮消の塊根


柏樹果(ハクジュカ)《四川中薬志》
  1. 異名:「白樹子」「香柏樹子」
  2. 基原:ヒノキ科、柏木の果実。


柏樹油(ハクジュユ)《民間常用草薬彙編》
  1. 基原:ヒノキ科、柏木の樹幹よりしみ出る樹脂。


柏樹葉(ハクジュヨウ)《分類草薬性》
  1. 基原:ヒノキ科、柏木の枝葉。


白菖(ハクショウ)《名医別録》
  1. 異名:「泥昌」「水昌」「水菖蒲」「地心」「水八角草」「土菖蒲」
  2. 基原:サトイモ科、白菖蒲の根茎。


白常山(ハクジョウザン)《薬用植物学》
  1. 基原:アカネ科、
    1. 玉葉金花(和名:コンロンカ)
    2. 展枝玉葉金花の根。


白松塔(ハクショウトウ)《山西中草薬》
  1. 異名:「松果」「松塔」「松球」
  2. 基原:マツ科、白皮松の球果。


白升麻(ハクショウマ)《貴州草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、鬚花翠雀花の根。


白薯莨(ハクショロウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「板薯」
  2. 基原:ヤマノイモ科、白薯莨の塊茎。


白豆(ハクズ)《孫真人食忌》
  1. 異名:「飯豆」「眉豆」「白目豆」「甘豆」
  2. 基原:マメ科、飯豆の種子。


白石英(ハクセキエイ)《神農本草経》
  1. 基原:酸化物類の鉱物。石英。


白石脂(ハクセキシ)《神農本草経》
  1. 異名:「白陶土」「高嶺土」「随」
  2. 基原:ケイ酸塩類の鉱物。


白石榴花(ハクセキリュウカ)《四川中薬志》
  1. 基原:ザクロ科、
    1. 白石榴
    2. 重弁白石榴の花弁。


白石榴根(ハクセキリュウコン)《福建中草薬》
  1. 基原:ザクロ科、
    1. 白石榴
    2. 重弁白石榴の花弁。


白接骨(ハクセツコツ)《浙江民間草薬》
  1. 異名:「玉竜盤」「玉接骨」「玉銭草」「接骨丹」「接骨草」「金不換」
  2. 基原:キツネノゴマ科、小阿西達の根茎、全草。


白千層(ハクセンソウ)《中国薬植図鑑》
  1. 異名:「玉樹」
  2. 基原:フトモモ科、白千層の樹皮。


白千層葉(ハクセンソウヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 原植物:フトモモ科、白千層。


白線蛇(ハクセンダ)《東北動物薬》
  1. 異名:「白脊蛇」「黄脊蛇」
  2. 基原:ヘビ科、黄脊游蛇の全体。


白鮮皮(ハクセンピ)《薬性論》
  1. 異名:「北鮮皮」
  2. 基原:ミカン科、白鮮(和名:ハクセン)の根皮。


白槍杆(ハクソウカン)《科学的民間薬草》
  1. 異名:「根根菜」
  2. 基原:モクセイ科、白槍杆の根皮。


白草莓(ハクソウバイ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「三匹風」「野楊梅」「草莓」「白蒲草」
  2. 基原:バラ科、白草莓の全草。


白側草(ハクソクジ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「白耳菜」「光板」「蒼耳七」「金銭灯塔草」
  2. 基原:ユキノシタ科、白鬚草の根のついた全草。


白蘇梗(ハクソコウ)《中薬形性経験》
  1. 基原:シソ科、白蘇(和名:エゴマ)の茎。


白蘇子(ハクソシ)《飮片新参》
  1. 異名:「玉蘇子」「荏子」
  2. 基原:シソ科、白蘇(和名:エゴマ)の果実。


白蘇葉(ハクソヨウ)《図経本草》
  1. 異名:「荏葉」
  2. 基原:シソ科、白蘇(和名:エゴマ)


白炭(ハクタン)《本草綱目》
  1. 異名:「火炭」「木炭」「無紋炭」
  2. 基原:頑丈でヒビのない木炭で、燃焼させた時、炎が白色を発するもの。


白丁香(ハクチョウコウ)《南本草》
  1. 異名:「雀蘇」「雄雀矢」「青丹」「麻雀糞」
  2. 基原:キンパラ科、麻雀(和名:スズメ)の糞便。


梯(ハクテイ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「露兜」「野菠羅」
  2. 基原:タコノキ科、分叉露兜樹の根。


梯果(ハクテイカ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:タコノキ科、分叉露兜樹の果実。


麦奴(バクド)《本草拾遺》
  1. 異名:「小麦黒勃」「鬼麦」
  2. 基原:イネ科、小麦の果穂が感染した黒穂病菌科の真菌、麦散黒粉(和名:クロポキン)のつくる菌瘤。


白藤(ハクトウ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「大発汗」「断腸薬」「白花藤」「大毛豆」
  2. 基原:マメ科、桂崖豆藤の根、葉。


白頭翁(ハクトウオウ)《神農本草経》
  1. 異名:「野丈人」「白頭公」
  2. 基原:キンポウゲ科、白頭翁(和名:ヒロハオキナグサ)の根。


白頭翁茎葉(ハクトウオウケイヨウ)《日華子諸家本草》
  1. 異名:「白頭翁草」
  2. 基原:キンポウゲ科、白頭翁(和名:ヒロハオキナグサ)


白梅(ハクバイ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「塩梅」「霜梅」
  2. 基原:バラ科、梅(和名:ウメ)の熟していない果実を、塩漬けしたもの。


白梅花(ハクバイカ)《本草綱目》
  1. 異名:「緑梅花」「緑萼梅」
  2. 基原:バラ科、梅(和名:ウメ)の蕾。


白背三七(ハクハイサンシチ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「大肥牛」「三百棒」「石三七」「樹三七」「接骨丹」
  2. 基原:キク科、白子菜の根と根茎。


白背三七茎葉(ハクハイサンシチケイヨウ)《雲南中草薬》
  1. 基原:キク科、白子菜の茎葉。


白背葉(ハクハイヨウ)《南寧市薬物》
  1. 基原:トウダイグサ科、白楸の葉。


白背葉(ハクハイヨウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「三条筋」「三根筋」「糯葉」
  2. 基原:クスノキ科、峨眉山胡椒の根と葉。


白背楊(ハクハイヨウ)《広西植物名録》
  1. 基原:ヤナギ科、銀白楊(和名:ウラジロハコヤナギ)の葉。


白背楊根(ハクハイヨウコン)《嶺南草薬志》
  1. 異名:「白膜根」「白朴根」
  2. 基原:トウダイグサ科、白楸の根。


白馬陰茎(ハクバインケイ)《本草綱目》
  1. 異名:「白馬茎」
  2. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)の雄性外生殖器。


白馬骨(ハクバコツ)《本草拾遺》
  1. 異名:「六月雪」「六月冷」「路辺金」「路辺姜」「満天星」「魚骨刺」「硬骨菜」「鶏脚骨」
  2. 基原:アカネ科、
    1. 白馬骨
    2. 六月雪(和名:ハクチョウゲ)の全草。


白馬骨根(ハクバコツコン)《植物名実図考》
  1. 基原:アカネ科、
    1. 白馬骨
    2. 六月雪(和名:ハクチョウゲ)の根。


白礬(ハクバン)《雷公炮炙論》
  1. 異名:「礬石」「羽沢」「理石」「明礬」「白君」
  2. 基原:鉱物。明礬石を加工し精製してできた結晶。


白飯樹根(ハクハンジュコン)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「魚眼根」
  2. 基原:トウダイグサ科、白飯樹


白飯樹葉(ハクハンジュヨウ)《生草薬性備要》
  1. 基原:トウダイグサ科、白飯樹の枝葉。


白飯豆(ハクハンズ)《陸川本草》
  1. 異名:「四季豆」「竜爪豆」「唐」「唐豆」「竜骨豆」「二生豆」「粉豆」
  2. 基原:マメ科、菜豆(和名:インゲンマメ)の種子。


白皮(ハクヒ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「牛千斤」
  2. 基原:ニシキギ科、騰沖衛矛の樹皮。


白薇(ハクビ)《神農本草経》
  1. 異名
  2. 基原:ガガイモ科、
    1. 直立白薇(和名:フナバラソウ)の根。
    2. 蔓生白薇の根。


白萆薢(ハクヒカイ)《昆明民間常用草薬》
  1. 基原:ユリ科、馬銭葉の根茎。


麦麩草(バクフソウ)《陜西中草薬》
  1. 基原:イラクサ科、細野麻(和名:クサコアカソ)の全草。


麦瓶草(バクヘイソウ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「香炉草」「浄瓶」「梅花瓶」
  2. 基原:ナデシコ科、麦瓶草の全草。


麦花藤(バクヘイカトウ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「風薬」「定心藤」
  2. 基原:クロタキカズラ科、甜果藤の全株orつる茎。


白木(ハクボク)《陸川本草》
  1. 異名:「野黄皮」「鶏卵黄」「小柑」「小郎傘」
  2. 基原:ミカン科、大管の根or根皮。


白補薬(ハクホヤク)《貴州草薬》
  1. 基原:シソ科、白補薬の全草。


白毛夏枯草(ハクモウカゴソウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「金瘡小草」「見血青」「白頭翁」「筋骨草」「破血丹」「散血草」「退血草」「白夏枯草」「筋骨草」「青魚胆草」「地竜胆」「和膠毒草」「活血草」「土犀角」
  2. 基原:シソ科、筋骨草(和名:キランソウ)の全草。


白毛草(ハクモウソウ)《中国沙漠地区》
  1. 異名:「伏地蜈蚣草」
  2. 基原:ムラサキ科、紫筒草の全草。


白毛藤(ハクモウトウ)《百草鏡》
  1. 異名:「蜀羊泉」「鬼目草」「排風」「白幕」「天灯籠」「土防風」「毛風藤」「毛和尚」
  2. 基原:ナス科、白英(和名:ヒヨドリジョウゴ)の全草。


白毛藤根(ハクモウトウコン)《福建民間草薬》
  1. 基原:ナス科、白英(和名:ヒヨドリジョウゴ)の根。


白木耳(ハクモクジ)《本草再新》
  1. 異名:「白耳子」
  2. 基原:キクラゲ科、銀耳(和名:シロキクラゲ)の子実体。



麦門冬(バクモンドウ)《神農本草経》
  1. 異名:「麦冬」
  2. 基原:ユリ科、沿階草(和名:ジャノヒゲ)の塊根。


白葉火草(ハクヨウカソウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「白背艾」「満山香」「大葉艾」
  2. 基原:キク科、白千里光の根、全草。


白楊枝(ハクヨウシ)《本草綱目》
  1. 基原:ヤナギ科、山楊(和名:チョウセンヤマナラシ)の樹。


白葉刺根(ハクヨウシコン)《福建》
  1. 基原:グミ科、福建胡頽子の根。


白楊樹(ハクヨウジュ)《雲南中草薬》
  1. 基原:ヤナギ科、団葉楊の皮、葉。


白楊樹根皮(ハクヨウジュコンピ)《四川中薬志》
  1. 異名:「白楊皮」
  2. 基原:ヤナギ科、山楊(和名:チョウセンヤマナラシ)の根皮。


白楊樹皮(ハクヨウジュピ)《唐本草》
  1. 異名:「白楊皮」
  2. 基原:ヤナギ科、山楊(和名:チョウセンヤマナラシ)の樹皮。


白楊葉(ハクヨウヨウ)《唐本草》
  1. 基原:ヤナギ科、山楊(和名:チョウセンヤマナラシ)の葉


博落回(ハクラクカイ)《本草拾遺》
  1. 異名:「落回」「号筒草」「号筒杆」「三銭三」「山梧桐」「通大海」「通天大黄」
  2. 基原:ケシ科、博落回(和名:タケニグサ)の根つき全草。


伯楽樹(ハクラクジュ)《草薬手冊》
  1. 異名:「山桃樹」
  2. 基原:ブレットシュネイデラ科、鐘萼木の樹皮。


白螺殻(ハクラシカク)《本草綱目》
  1. 異名:「白螺殻」
  2. 基原:タニシ科、方形環稜螺、その同属の古い螺殻。


白蘭花(ハクランカ)《四川中薬志》
  1. 異名:「白蘭」「白玉蘭」
  2. 基原:モクレン科、白蘭花(和名:ギンコウボク)の花。


白欖根(ハクランコン)《嶺南採薬緑》
  1. 基原:カンラン科、橄欖の根。


白竜頭(ハクリュウトウ)《南京民間薬草》
  1. 基原:キク科、山萵苣(サンワキョ:和名:アキノノゲシ)の根。


白梁米(ハクリョウベイ)《名医別録》
  1. 基原:白梁の種仁。


白緑葉(ハクリョクヨウ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「半果」
  2. 基原:グミ科、白緑葉の葉。


白櫟蔀(ハクレキホウ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:ブナ科、白櫟の果実に虫コブをつけている総包。


白郎花(ハクロウカ)《四川中薬志》
  1. 基原:シナノキ科、峨眉椴の根皮。


白臘花(ハクロウカ)《貴州》
  1. 基原:モクセイ科、白臘樹の花。


白臘樹皮(ハクロウジュヒ)《薬用植物学》
  1. 基原:モクセイ科、白臘樹の樹皮。


白臘樹葉(ハクロウジュヨウ)《貴州》
  1. 基原:モクセイ科、白臘樹の葉。


白(ハクロクイ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「白花葉」
  2. 基原:ウコギ科、白の柔らかい枝葉。


馬桂花(バケイカ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:ヤブコウジ科、長円葉酸藤子の果実。


巴戟天(ハゲキテン)《神農本草経》
  1. 異名:「巴戟」「鶏腸風」
  2. 基原:アカネ科、巴戟天の根。


馬蝗果(バコウカ)《文山中草薬》
  1. 基原:バラ科、美麗子の根。


馬甲子根(バコウシコン)《植物名実図考》
  1. 基原:クロウメモドキ科、馬甲子(和名:ハマナツメ)の根。


蝗七(バコウシチ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「紅蝗七」
  2. 基原:イワタバコ科、睫萼長蒴苣苔の根茎。


馬甲子葉(バコウシヨウ)《南寧市薬物志》
  1. 原植物:クロウメッモドキ科、ハマナツメ


破牛膝(ハゴシツ)《寧夏中草薬手冊》
  1. 基原:キンポウゲ科、小花草玉梅の根、全草。


馬骨(バコツ)《食療本草》
  1. 原動物:ウマ科、ウマ


破骨風(ハコツフウ)《分類草薬性》
  1. 異名:「花木通」「破風藤」「破膝風」
  2. 基原:モクセイ科、
    1. 光清香藤
    2. 清香藤の根と茎。


破骨風(ハコツフウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「大金銀花」「苦糖果」
  2. 基原:スイカズラ科、小金銀花の若い枝葉、茎、根。


菠菜(ハサイ)《履巉岩本草》
  1. 異名:「菠稜」「赤根菜」「波斯草」「角菜」「鼠根菜」
  2. 基原:アカザ科、菠菜(和名:ホウレンソウ)の根つき全草。


菠菜子(ハサイシ)《南本草》
  1. 異名:「刺藜」
  2. 基原:アカザ科、菠菜(和名:ホウレンソウ)の果実。


巴山虎(ハサンコ)《嶺南採薬緑》
  1. 異名:「扣子頭」「紫花茄根」「金扣鈕根」
  2. 基原:ナス科、紫花茄(和名:テンジクナスビ)の根。


爬山猴(ハザンコウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「紅孩児」「岩蜈蚣」「野海棠」
  2. 基原:シュウカイドウ科、盾葉秋海棠の全草および根茎。


爬山豆根(ハサンズコン)《貴州民間薬物》
  1. 基原:マメ科、三稜枝杭子梢の根。


馬歯(バシ)《名医別録》
  1. 異名:「馬牙」
  2. 原動物:ウマ科、ウマ


馬歯(バシケン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「馬歯草」「馬」「五行草」「五方草」「長命菜」「安楽菜」「長命」「長寿菜」
  2. 基原:スベリヒユ科、馬歯(和名:スベリヒユ)の全草。


馬歯子(バシケンシ)《開宝本草》
  1. 基原:スベリフユ科、馬歯(和名:スベリヒユ)の種子。


爬樹竜(ハジュリュウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「過山竜」「過江竜」「青竹標」
  2. 基原:サトイモ科、下延崖角藤の根、茎。


芭蕉花(バショウカ)《日華子諸家本草》
  1. 基原:バショウ科、芭蕉(和名:バショウ)の花のつぼみ、花。


芭蕉根(バショウコン)《日華子諸家本草》
  1. 基原:バショウ科、芭蕉(和名:バショウ)の根茎。


芭蕉子(バショウシ)《食療本草》
  1. 基原:バショウ科、芭蕉(和名:バショウ)の種子。


芭蕉葉(バショウヨウ)《本草綱目》
  1. 基原:バショウ科、芭蕉(和名:バショウ)の葉。


馬心(バシン)《名医別録》
  1. 原動物:ウマ科、ウマ。


巴豆(ハズ)《神農本草経》
  1. 異名:「江子」「剛子」「老陽子」「双眼竜」「巴果」「双眼蝦」「紅子仁」「毒魚子」
  2. 基原:トウダイグサ科、巴豆(和名:ハズ)の種子。


巴豆樹根(ハズジュコン)《本草綱目》
  1. 異名:「独行千里」「大葉双眼竜根」
  2. 原植物:トウダイグサ科、巴豆(和名:ハズ)


巴豆油(ハズユ)《本草綱目》
  1. 基原:トウダイグサ科、巴豆(和名:ハズ)の種仁中の脂肪油。


巴豆葉(ハズヨウ)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「双眼竜葉」
  2. 基原:トウダイグサ科、巴豆(和名:ハズ)


馬先蒿(バセンコウ)《神農本草経》
  1. 異名:「馬尿蒿」「練石草」「虎麻」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、返顧馬先蒿(和名:シオガマギク)の茎葉、根。


馬草(バソウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「爛衣草」
  2. 基原:イネ科、皺葉狗尾草の全草。


馬(バソウ)《日華子諸家本草》
  1. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)のたてがみ、or尾の毛。


馬桑根(バソウコン)《草木便方》
  1. 異名:「烏竜鬚」
  2. 原植物:ドクウツギ科、馬桑


馬桑樹皮(バソウジュヒ)《貴州草薬》
  1. 原植物:ドクウツギ科、馬桑


馬桑葉(バソウヨウ)《草木便方》
  1. 基原:ドクウツギ科、馬桑の葉。


巴旦杏仁(ハタンキョウニン)《本草綱目》
  1. 異名:「八担仁」
  2. 基原:バラ科、巴旦杏の乾燥した種子。


八月札(ハチガツサツ)《飮片新参》
  1. 異名:「木通子」「八月瓜」「冷飯包」
  2. 基原:アケビ科、
    1. 木通(和名:アケビ)の果実。
    2. 三葉木通(和名:ミツバアケビ)の果実。
    3. 白木通の果実。


八仙花(ハチセンカ)《植物名実図考》
  1. 異名:「粉団花」「紫陽華」
  2. 基原:ユキノシタ科、繍球(和名:アジサイ)の根、葉、花。


八仙草(ハチセンソウ)《南本草》
  1. 異名:「小茜草」「鋸子草」「紅糸線」「血見愁」
  2. 基原:アカネ科、
    1. 拉拉藤(和名:ヤエムグラ)の全草。
    2. 粗葉拉拉藤の全草。


八目鰻(ハチモクマン)《吉林中草薬》
  1. 異名:「七鰓鰻」
  2. 基原:ヤツメウナギ科、七鰓鰻の全体。


八楞木(ハチリョウボク)《飮片新参》
  1. 異名:「八稜麻」「青竹標」「八面風」「三稜草」
  2. 基原:キク科、風毛菊(和名:ヒナヒゴタイ)の全草。


薄荷(ハッカ)《雷光炮炙侖》
  1. 異名:「南薄荷」「昇陽菜」「夜息花」「薄苛」「猫児薄荷」
  2. 基原:シソ科、
    1. 薄荷(和名:ハッカ)
    2. 家薄荷の全草、葉。


薄荷油(ハッカユ)《重慶堂随筆》
  1. 基原:シソ科、
    1. 薄荷(和名:ハッカ)
    2. 家薄荷の新鮮な茎葉を蒸留して得た芳香油。


薄荷露(ハッカロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:シソ科、
    1. 薄荷(和名:ハッカ)
    2. 家薄荷の新鮮な茎葉の蒸留液。


麦角(バッカク)《国薬的薬理学》
  1. 基原:バッカクキン科の真菌、麦角菌(和名:バッカクキン)がイネ科の植物、黒麦(和名:ライムギ)あんどの子房に寄生して形成された菌核。


八角茴香(ハッカクウイキョウ)《本草品彙精要》
  1. 異名:「船上茴香」「大茴香」「船茴香」「八角香」「八角」
  2. 基原:モクレン科、八角茴香(和名:ダイウイキョウ)の果実。


八角香(ハッカクコウ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:キク科、八角香の根。


白鶴藤(ハッカクトウ)《本草求原》
  1. 異名:「白面水鶏」「銀背藤」「白背糸綢」
  2. 基原:ヒルガオ科、白鶴藤の茎と葉。


白鶴藤根(ハッカクトウコン)《本草求原》
  1. 異名:「白膏薬根」
  2. 基原:ヒルガオ科、白鶴藤。


八角楓花(ハッカクフウカ)《四川中薬志》
  1. 異名:「牛尾巴花」
  2. 基原:ウリノキ科、
    1. 八角楓(和名:シマウリノキ)
    2. 瓜木(和名:モミジウリノキ)の花


八角楓根(ハッカクフウコン)《簡易草薬》
  1. 異名:「白竜鬚」「白金条」
  2. 基原:ウリノキ科、
    1. 八角楓(和名:シマウリノキ)
    2. 瓜木(和名:モミジウリノキ)の根、ひげ根or根皮。


八角楓葉
(ハッカクフウヨウ)《南寧市薬物志》
  1. 基原:ウリノキ科、
    1. 八角楓(和名:シマウリノキ)
    2. 瓜木(和名:モミジウリノキ)の葉。


白鶴霊芝(ハッカクレイシ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「癬草」
  2. 基原:キツネノゴマ科、白鶴霊芝の枝と葉。


八角蓮(ハッカクレン)《福建民間草薬》
  1. 異名:「八角連」「旱八角」「馬眼蓮」「独葉一枝花」「八角盤」
  2. 基原:メギ科、八角蓮(和名:ミヤオソウ)の根茎、根。


(バッカツ)《名医別録》
  1. 異名:「金剛根」「金剛骨」「王瓜草」「金剛頭」「山梨児」「鉄刷子」「馬甲」「冷飯頭」「鶏肝根」「金巴斗」「竜爪菜」「馬鞍宮」
  2. 基原:ユリ科、(和名:サルトリイバラ)の根茎。


葉(バッカツヨウ)《日華子諸家本草》
  1. 原植物:ユリ科、(和名:サルトリイバラ)


白金古欖(ハクキンコラン)《広西中草薬》
  1. 異名:「百解薯」「竹葉薯」「金銀帯」
  2. 基原:ウマノスズクサ科、三筒管の塊根。


白屈菜(ハックツサイ)《救荒本草》
  1. 異名:「地黄連」「土黄連」「山黄連」「仮黄連」「雄黄連」「牛金花」「断腸草」「八歩緊」「山西瓜」
  2. 基原:ケシ科、白屈菜の開花期の地上部。


白屈菜根(ハックツサイコン)《陜西中草薬》
  1. 異名:「小人血七」
  2. 原植物:ケシ科、白屈菜


白降丹(ハッコウタン)《薬材資料彙編》
  1. 異名:「降丹」
  2. 基原:塩化第二水銀と塩化第一水銀の混合結晶。


麦斛(バッコク)《唐本草》
  1. 異名:「果上葉」「霊芝角」「石楊梅」「万年桃」「石蓮子」「石棗子」「石豆」「石萸」
  2. 基原:ラン科、麦斛(和名:ムギラン)の全草。


駁骨草(バッコツソウ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「小功労」
  2. 基原:アカネ科、花葉九節木の全株。


駁骨丹(バッコクタン)《生草薬性備要》
  1. 異名:「接骨草」「四季花」「小葉金不換」「骨砕草」「大力王」「駁骨草」
  2. 基原:キツネノゴマ科、裏籬樵の茎葉。


発藤(ハッサトウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「夜牽牛」「毒根斑鳩菊」「過山竜」
  2. 基原:キク科、細脈斑鳩菊のつる茎および根。


抜毒散(バツドクサン)《南本草》
  1. 異名:「王不留行」「小黄薬」「小抜毒」「小迷馬椿」
  2. 基原:アオイ科、抜毒散の全草。


馬蹄蕨(陸川本草)
  1. 異名:「牛蹄労」「馬蹄樹」「地蓮花」「馬蹄附子」
  2. 基原:リュウビンタイ科、復権蓮座蕨(和名:ヒノタニリュビンタイ)の根茎。


馬蹄根(バテイコン)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「馬蹄蕨」
  2. 基原:リュウビンタイ科、大蓮座蕨の根茎。


馬蹄甲(バテイコウ)《神農本草経集注》
  1. 原動物:ウマ科、ウマ。


馬蹄細辛(バテイサイシン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「山牛蒡」「水葫藘」
  2. 基原:キク科、心葉風毛菊の根。


馬蹄草(バテイソウ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:キンポウゲ科、薄葉驢蹄草(和名:リュウキンカ)の全草、根。


馬蹄葉(バテイヨウ)《四川中薬志》
  1. 異名
  2. 基原:キンポウゲ科、
    1. 驢蹄草
    2. 花葶驢蹄草の全草。


馬刀(バトウ)《神農本草経》
  1. 異名
  2. 基原:マテガイ科、長武蟶(和名:マテガイ)の貝殻。


馬刀肉(バトウニク)《本草綱目》
  1. 基原:マテガイ科、長武蟶(和名:マテガイ)の肉。


馬唐(バトウ)《名医別録》
  1. 異名:「羊麻」「馬飯」
  2. 基原:イネ科、馬唐(和名:ヘンリーヒメシバ)の全草。


馬草(バトウソウ)《河南中草薬手冊》
  1. 異名:「過橋草」
  2. 基原:チェセンシダ科、過山蕨(和名:クモノスシダ)の全草。


馬兜鈴(バトウレイ)《薬性論》
  1. 異名:「葫藘罐」「馬兜零」「兜鈴」「蛇参果」
  2. 基原:ウマノスズクサ科、
    1. 北馬兜鈴(和名:マルバウマノスズクサ)
    2. 馬兜鈴(和名:ウマノスズクサ)の乾燥した成熟果実。


馬肉(バニク)《名医別録》
  1. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)の肉。


馬乳(バニュウ)《神農本草経集注》
  1. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)の乳汁。


馬皮(バヒ)《食療本草》
  1. 原動物:ウマ科、馬(和名:ウマ)


馬尿花(バニョウカ)《植物名実図考》
  1. 異名:「水旋覆」「菜」
  2. 基原:ドチカガミ科、水旃(スイベツ:和名:ドチカガミ)の全株。


馬尿焼(バニョウショウ)《黒竜江中薬》
  1. 異名:「接骨木」「本巴木」
  2. 基原:スイカズラ科、毛接骨木(和名:エゾニワトコ)の根、茎葉。


馬児(バハクジ)《救荒本草》
  1. 異名:「老鼠担冬瓜」「扣子草」「老鼠拉金瓜」
  2. 基原:ウリ科、馬児の全草。


婆婆指甲菜(ババシコウサイ)《救荒本草》
  1. 異名:「瓜子草」「高脚鼠」
  2. 基原:ナデシコ科、粘毛巻耳(和名:オランダミミナグサ)の全草。


婆婆納(ババノウ)《救荒本草》
  1. 異名:「狗担草」「双珠草」「卵子草」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、婆婆納(和名:イヌノフグリ)の全草。


馬尾伸筋(バビシンキン)《江西中薬》
  1. 異名:「牛尾菜」「大伸筋」「百部伸筋」「大葉伸筋」「牛尾伸筋」「水球花」
  2. 基原:ユリ科、長葉牛尾菜(和名:タチシオデ)の根茎、根。


馬尾千金草(バビセンキンソウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「馬尾伸筋草」「飛竜」
  2. 基原:ヒカエノカズラ科、馬尾千金草(和名:ヒモラン)の全草。


馬比木(バヒボク)《貴州草薬》
  1. 異名:「公黄珠子」
  2. 基原:クロタキカズラ科、海桐仮芝竜樹の根皮。


馬尾連(バビレン)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「馬尾黄連」「草黄連」「金糸黄連」
  2. 基原:キンポウゲ科、
    1. 多葉唐松草
    2. 貝加爾唐松草の根茎、根。


馬檳榔(バビンロウ)《本草品彙精要》
  1. 異名:「馬金南」「馬金嚢」「紫檳榔」「水檳榔」「太極子」
  2. 基原:フウチョウソウ科、
    1. 水檳榔
    2. 馬檳榔の種子。


破布草(ハフソウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「土石蚕」「冬虫草」「水蘇」
  2. 基原:シソ科、野甘露の全草or根。


破布葉(ハフヨウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「布渣葉」
  2. 基原:シナノキ科、破布葉の葉。


馬辺繍球(バヘンシュウキュウ)《広西薬植名録》
  1. 基原:ユキノシタ科、西南球の根、葉、茎の随。


馬鞭草(バベンソウ)《名医別録》
  1. 異名:《鳳頸草》「紫頂竜芽」「狗牙草」「鶴膝風」「苦練草」「土荊芥」「紅藤草」
  2. 基原:クマツヅラ科、馬鞭草(和名:クマツヅラ)の地上部or根のついた全草。


馬宝(バホウ)《飮片新参》
  1. 異名:「鮓答」「馬結石」
  2. 基原:ウマ科、馬(和名:ウマ)の胃腸の中にできた結石。


巴茅果(バホウカ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「牛草果」
  2. 基原:イネ科、五節芒(和名:トキワススキ)の根茎部葉鞘内の虫コブ。


馬勃(バボツ)《名医別録》
  1. 異名:「馬(バヒ)」「馬菌」「薬苞」「人頭菌」「地煙」「鶏腎菌」
  2. 基原:ホコリタケ科、
    1. 脱皮馬勃
    2. 大頽馬勃
    3. 紫頽馬勃の乾燥子実体。


波羅蜜(ハラミツ)《本草綱目》
  1. 異名:「婆那娑(バナサ)」「天婆羅」「牛肚子果」
  2. 基原:クワ科、木波羅(和名:バラミツ)の果実。


波羅蜜核中仁(ハラミツカクチュウジン)《本草綱目》
  1. 基原:クワ科、木波羅(和名:バラミツ)の種仁。


波羅蜜樹液(ハラミツジュエキ)《広西中草薬》
  1. 基原:クワ科、木波羅(和名:バラミツ)の樹幹から流出した樹脂。


波羅蜜葉(ハラミツヨウ)《広西薬植名録》
  1. 基原:クワ科、木波羅(和名:バラミツ)の葉。


婆羅門皂莢(バラモンソウキョウ)《本草拾遺》
  1. 異名:「阿梨去伐」「阿勒勃」「清瀉山扁豆」
  2. 基原:マメ科、臘腸樹(和名:ナンバンサイカチ)の果実。


馬蘭(バラン)《本草拾遺》
  1. 異名:「紫菊」「馬蘭頭」「階前菊」「」鶏児腸」「竹節草」「馬蘭菊」「田菊」「灯盞細辛」
  2. 基原:キク科、馬蘭(和名:コヨメナ)の全草、根。


馬陸(バリク)《神農本草経》
  1. 異名:「百足」「千足」「千脚虫」「刀環虫」
  2. 基原:マルヤスデ科、約安巨馬陸あるいはその他のヤスデ類の全虫。


馬卵(バリュウラン)《陸川本草》
  1. 異名:「蕨著」「麻雀蛋」「猫蛋果」「涼水果」「蛇蛋参」
  2. 基原:シノブ科、腎蕨(和名:タマシダ)の塊茎。


波稜瓜(ハリョウカ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ウリ科、波稜瓜の果実。


馬藺花
(バリンカ)《本草綱目》
  1. 異名:「馬楝花」「劇茘花」「旱蒲花」
  2. 原植物:アヤメ科、馬藺(バリン:和名:ネジアヤメ)


馬藺根(バリンコン)《本草綱目》
  1. 原植物:アヤメ科、馬藺(バリン:和名:ネジアヤメ)


馬藺子(バリンシ)《唐本草》
  1. 異名:「茘実」「馬楝子」「馬蓮子」
  2. 基原:アヤメ科、馬藺(バリン:和名:ネジアヤメ)の種子。


馬藺葉(バリンヨウ)《本草綱目》
  1. 原植物:アヤメ科、馬藺(バリン:和名:ネジアヤメ)


馬鹿花(バロクカ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「小豆花」「紫梗藤」
  2. 基原:マメ科、馬鹿花の根


番茄(バンカ)《陸川本草》
  1. 異名:「西紅柿」「番李子」「金橘」
  2. 基原:ナス科、番茄(和名:トマト)の新鮮な果実。


斑鳩(ハンキュウ)《嘉祐本草》
  1. 異名:「錦鳩」「祝鳩」
  2. 基原:ハト科、山斑鳩(和名:キジバト)などの肉。


斑鳩占(ハンキュウセン)《貴州草薬》
  1. 異名:「神仙豆腐柴」「斑鳩葉豆腐」「小青樹」
  2. 基原:クマツヅラ科、長柄臭黄荊の根、葉。


斑鳩木(ハンキュウボク)《広西薬植名録》
  1. 異名:「月中風」「白沈沙」「硬骨過山竜」「鹹蝦花」
  2. 基原:キク科、茄葉斑鳩菊の葉、根、全草。


番杏(バンキョウ)《質問本草》
  1. 異名:「白番杏」「白紅菜」
  2. 基原:ツルナ科、番杏(和名:ツルナ)の全草。


半夏(ハンゲ)《神農本草経》
  1. 異名:「地文」「水玉」「守田」「示姑」「麻芋果」「三歩跳」「地鷓鴣」「地茨菇」「老黄嘴」「野芋頭」「地巴豆」「天落星」「麻芋子」「狗刀菜」「地雷公」
  2. 基原:サトイモ科、半夏(和名:カラスビシャク)の塊茎。


半夏(ハンゲキク)《韓氏医通》
  1. 基原:半夏に小麦粉、姜汁などを加えてつくった剤。


胖血藤(ハンケットウ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「毛血藤」「百解薬」「蕎葉細辛」
  2. 基原:タデ科、牛皮消蓼の根。


斑地錦(ハンジキン)《浙江省天目山薬植志》
  1. 異名:「血筋草」
  2. 基原:トウダイグサ科、斑地錦(和名:コニシキソウ)の全草。


胖児草(ハンジソウ)《峨眉薬植》
  1. 異名:黒脚杆
  2. 基原:アカネ科、尖葉仮耳草の全草。


番瀉葉(バンシャヨウ)《飮片新参》
  1. 異名
  2. 基原:マメ科、
    1. 狭葉番瀉(和名:チンネベリセンナ)
    2. 尖葉番瀉(和名:アレクサンドリアセンナ)の小葉。


伴蛇蓮(ハンジャレン)《広西薬植名録》
  1. 異名:「拳参」「鶏爪大王」「馬峰七」
  2. 基原:タデ科、革葉蓼の根茎。


半春蓮(ハンシュレン)《江西草薬》
  1. 異名
  2. 基原:ラン科、小花蜻蘭(和名:トンボソウ)の根茎。


番薯(バンショ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「朱薯」「山芋」「甘薯」「紅山薬」「土瓜」「地瓜」
  2. 基原:ヒルガオ科、番薯(和名:アメリカイモ)の塊根。


番薯藤(バンショトウ)《嶺南採薬緑》」
  • 基原:ヒルガオ科、番薯(和名:アメリカイモ)の茎葉。


半支蓮(ハンシレン)《江西民間草薬》
  1. 異名:「松葉牡丹」「仏甲草」「万年草」
  2. 基原:スベリヒユ科、大花馬歯(和名:マツバボタン)の全草。


半枝蓮(ハンシレン)《江蘇植薬志》
  1. 異名:「通経草」「紫連草」「牙刷草」「野夏枯草」「偏頭草」「四方草」「再生草」
  2. 基原:シソ科、半枝蓮の全草。


番石榴乾(バンセキリュウカン)《広西中薬志》
  1. 基原:フトモモ科、番石榴(和名:バンジロウ)の乾燥した未成熟な幼果。


番石榴皮(バンセキリュウヒ)《嶺南採薬録》
  1. 基原:フトモモ科、番石榴(和名:バンジロウ)の根皮、樹皮。


番石榴葉(バンセキリュウヨウ)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「鶏矢茶」
  2. 原植物:フトモモ科、番石榴(和名:バンジロウ)


半載葉(ハンセツヨウ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「金辺蓮」「半節葉」「半節観音」
  2. 基原:トケイソウ科、葉西番蓮の全草。


胖大海(ハンタイカイ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「安南子」「大洞果」「通大海」
  2. 基原:アオギリ科、胖大海の種子。


飯団根(ハンダンコン)《広西薬植名録》
  1. 異名:「入地麝香」「過山香」「鑽地風」
  2. 基原:モクレン科、冷飯団の根皮、葉。


飯団藤(ハンダントウ)《陸川本草》
  1. 異名:「風沙藤」「過山風」「十八症」「黒老虎」「血藤」「酒飯団」
  2. 基原:モクレン科、冷飯団の茎、葉。


斑竹花(ハンチクカ)《重慶草薬》
  1. 基原:イネ科、剛竹(和名:マダケ)の花。


斑竹殻(ハンチクカク)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「斑竹衣」
  2. 基原:イネ科、剛竹(和名:マダケ)の荀の皮。


斑竹根
(ハンチクコン)《草木便方》
  1. 基原:イネ科、剛竹(和名:マダケ)の根茎、根。


盤腸草(バンチョウソウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「南瓜陰芽」
  2. 基原:ウリ科、南瓜(和名:ニホンカボチャ)の実の中に発芽した幼芽。


蛮刀背(バントウハイ)《四川常用中草薬》
  1. 基原:キクラソウ科、爪哇珍珠菜の全草。


半楓荷根(ハンフウカコン)《嶺南採薬録》
  1. 基原:アオギリ科、翻白葉樹の根。


半楓荷葉(ハンフウカヨウ)《広西中草薬》
  1. 基原:アオギリ科、翻白葉樹の葉。


半辺旗(ハンペンキ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「甘草蕨」「甘草鳳尾蕨」「半辺蓮」「半辺蕨」「単辺旗」
  2. 基原:ワラビ科、半辺旗(和名:オオアマクサシダ)の根がついた全草。


半辺銭(ハンペンセン)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「羅端草」「土豆草」「馬蹄金」「」
  2. 基原:マメ科、鋪地蝙蝠草(和名:ホオズキハギ)の全株。


半辺蘇(ハンペンソ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「野蘇」「火胡麻」「野魚香」
  2. 基原:シソ科、香薷(コウジュ和名:ナギナタコウジュ)の全草。


半辺蓮(ハンペンレン)《本草綱目》
  1. 異名:「蛇舌草」「蛇利草」「急解索」「魚尾花」「半辺菊」「半辺旗」「半辺花」「児草」「小蓮花草」「腹水草」「吹血草」「疳積草」「金菊草」「金鶏舌」「瓜仁草」「片花蓮」
  2. 基原:キキョウ科、半辺蓮(和名:ミゾカクシ)の根つき全草。


斑茅(ハンボウ)《草薬手冊》
  1. 異名:「大密」「芭茅」
  2. 基原:イネ科、斑茅(和名:ヨシススキ)の根。


斑茅花(ハンボウカ)《草薬手冊》
  1. 基原:イネ科、斑茅(和名:ヨシススキ)の花穂。
  • 斑(ハンミョウ)《神農本草経》
    1. 異名:「斑猫」「竜尾」「斑菌」「竜苗」「羊米虫」「斑」「竜」「花殻虫」「章瓦」
    2. 基原:ツチハンミョウ科、
      1. 南方大斑
      2. 黄黒小斑の乾燥した全虫。


番木瓜(バンモッカ)《現代実用中薬》
  1. 異名:「石瓜」「万寿果」「乳瓜」「番瓜」「木瓜」「広西木瓜」「木冬瓜」
  2. 基原:パパイヤ科、番木瓜(和名:パパイヤ)の果実。


番木瓜葉(バンモッカヨウ)《中国樹木分類学》
  1. 基原:パパイヤ科、番木瓜(和名:パパイヤ)の葉。


斑葉蘭(ハンヨウラン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「銀線盆」「九層蓋」「野洋参」「小将軍」「麻葉青」「竹葉青」「肺角草」「滴水珠」
  2. 基原:ラン科、
    1. 大斑葉蘭(和名:ミヤマウズラ)
    2. 小斑葉蘭(和名:ヒメミヤマウズラ)の全草。


斑葉蘭根(ハンヨウランコン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「野洋参根」
  2. 基原:ラン科、
    1. 大斑葉蘭(和名:ミヤマウズラ)
    2. 小斑葉蘭(和名:ヒメミヤマウズラ)の根茎、根。。
  • 板藍根(バンランコン)《本草綱目》
    1. 異名:「青根(テンセイコン)」「根(テンコン)」
    2. 基原:
      1. アブラナ科、菘藍(和名:ホソバタイセイ)の根茎、根。
      2. アブラナ科、草大青(和名:タイセイ)の根茎、根。
      3. キツネノゴマ科、馬藍(和名:リュウキュウアイ)の根茎、根。


盤竜七(バンリュウシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「石白菜」「地白菜」
  2. 基原:ユキノシタ科、泰嶺岩白菜の根茎。


盤竜参(バンリュウジン)《植物名実図考》
  1. 異名:
    • 「授草」「猪草」「蘭」「猪牙参」「勝杖草」「一葉一枝花」「一枝槍」「馬牙七」「鯉魚草」「反皮索」「大葉青」「笑天竜」
  2. 基原:ラン科、盤竜参(和名:ネジバナ)の根、全草。


繁縷(ハンロウ)《図経本草》
  1. 異名:「繁婁」「滋草」「鵝腸菜」「五爪竜」
  2. 基原:ナデシコ科、繁縷(和名:コハコベ)の茎、葉。

生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査