ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ヘ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




 
苹果(ヘイカ)《南本草》
  1. 異名:「頻婆」「天然子」「超凡子」「平波」
  2. 基原:バラ科、苹果(和名:セイヨウリンゴ)の果実。


苹果皮(ヘイカヒ)《南本草図説》
  1. 基原:バラ科、苹果(和名:セイヨウリンゴ)の果皮。


苹果葉(ヘイカヨウ)《南本草》
  1. 基原:バラ科、苹果(和名:セイヨウリンゴ)の葉。


米砕花(ベイサイカ)《貴州草薬》
  1. 異名:「梅養東」
  2. 基原:ツバキ科、米砕花の根。


瓶爾小草(ヘイジジョウソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「独葉一枝槍」「一支箭」「蛇舌草」「蛇咬一支箭」「独脚黄」「矛盾草」
  2. 基原:ハナヤスリ科、瓶爾小草(和名:ヒロハハナヤスリ)の全草。


箆子舒筋草(ヘイシジョキンソウ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「牛肋巴」「舒筋草」
  2. 基原:ウラボシ科、歯牙毛蕨(和名:イヌケホシダ)の根茎。


米仔蘭(ベイシラン)《広西薬植名録》
  1. 異名:「樹蘭」「千里香」「魚子蘭」「蘭花米」
  2. 基原:センダン科、米仔蘭の花あるいは枝葉。


箆梳剣(ヘイソケン)《福建中草薬》
  1. 異名:「山鴨蕨」「手指甲」「舌子風」「小石剣」「分金草」「天蜈蚣」「青根」
  2. 基原:ウラボシ科、単葉双蓋蕨の全草。


米麦(ベイバクショウ)《唐本草》
  1. 基原:米または麦を蒸炒したのち、磨って粉にしたもの。


米飯花果(ベイハンカカ)《貴州民間薬物》
  1. ツツジ科、米飯花の果実。


米皮糠(ベイヒコウ)《本草綱目》
  1. 異名:「細糠」「殻白皮」「米糠」
  2. 基原:イネ科、稲(和名:イネ)の種皮。


米油(ベイユ)《本草綱目拾遺》
  • 異名:「粥油」
  • 基原:米の粥を煮たとき表面に浮いてくる濃い液体。


薜茘(ヘイレイ)《本草拾遺》
  1. 異名:「木蓮藤」「石壁蓮」「木瓜藤」「風不動」「石竜藤」「補血王」「追骨風」「大鼓藤」「木隆谷」「木隆冬」
  2. 基原:クワ科、薜茘(和名:オオイタビ)の茎および葉。


薜茘根(ヘイレイコン)《福建中草薬》
  1. 原植物:クワ科、オオイタビ


米露(ベイロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:新米または稲の蒸留液。


辟汗草(ヘキカンソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「品川萩」「鉄掃把」「散血草」「鶏頭花草」「敗毒草」「香馬料」
  2. 基原:マメ科、草木犀(和名:シナカワハギ)の全草。


壁虎(ヘキコ)《本草綱目》
  1. 異名:「守宮」「壁宮」「蝎虎」「天竜」
  2. 基原:ヤモリ科、無蹼壁虎(ムボクヘキコ)の全身。


壁銭(ヘキセン)《本草拾遺》
  1. 異名:「壁虫」
  2. 基原:ヒラタグモ科、壁銭(和名:ヒラタグモ)の全虫。


壁銭幕(ヘキセンバク)《本草拾遺》
  1. 異名:「壁蚕繭」
  2. 基原:ヒラタグモ科、壁銭(和名:ヒラタグモ)の卵嚢。


(ヘキテイ)《本草拾遺》
  1. 異名:「鴨」「油鴨」「(テイ)」
  2. 基原:アビ科、小の肉または全体。


碧桃乾(ヘキトウカン)《飮片新参》
  1. 異名:「桃奴」《干桃》「気桃」
  2. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)
    2. 山桃の未成熟の果実。


鼈血(ベツケツ)《本草綱目》
  1. 原動物:スッポン科、シナスッポン


鼈甲(ベッコウ)《神農本草経》
  1. 異名:「上甲」「鼈殻」「団魚甲」「鼈蓋子」
  2. 基原:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)の背甲。


鼈甲膠(ベッコウコウ)《衛生宝鑑》
  1. 基原:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)の背甲を煎じ煮詰めた膠塊。


鼈脂(バツシ)《本草綱目》
  1. 異名:「鼈膏」「鼈油」
  2. 基原:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)の脂肪。


鼈胆(ベツタン)《本草綱目》
  1. 原動物:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)


雉(ヘツチ)《本草拾遺》
  1. 異名:「赤」「金鶏」「錦鶏」
  2. 基原:キジ科、紅腹錦鶏の肉。


鼈頭(ベットウ)《唐本草》
  1. 異名:「鼈首」
  2. 原動物:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)


鼈肉(ベツニク)《名医別録》
  • 原動物:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)


鼈卵(ベツラン)《本草蒙筌》
  1. 基原:スッポン科、中華鼈(和名:シナスッポン)の卵。


秘魯香膠(ペルーコウコウ)《薬用植物学》
  1. 異名:「抜爾徹摩」
  2. 基原:マメ科、秘魯香膠樹(和名:ペルーバルサムノキ)の樹脂。


遍山紅(ヘンザンコウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「暴牙郎」「満山紅」「三葉藤」
  2. 基原:ノボタン科、尖子木の全株または根。


弁子草根(ベンシソウコン)《雲南中草薬》
  1. 基原:マメ科、小葉三点金の根。


偏翅唐松草根(ヘンシトウショウソウコン)《中国薬植志》
  1. 異名:「馬尾黄連」
  2. 基原:キンポウゲ科、偏翅唐松草の根及び根茎。


扁豆(ヘンズ)《名医別録》
  1. 異名:「南扁豆」「峨眉豆」「茶豆」「南豆」「小刀豆」「樹豆」「藤豆」
  2. 基原:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)の白色種子。


扁豆衣(ヘンズイ)《安微薬材》
  1. 異名:「扁豆皮」
  2. 基原:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)の乾燥した種皮。


扁豆花(ヘンズカ)《図経本草》
  1. 異名:「南豆花」
  2. 基原:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)


扁豆根(ヘンズコン)《生草薬性備要》
  1. 原植物:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)


扁豆藤(ヘンズトウ)《本草綱目》
  1. 原植物:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)


扁豆葉(ヘンズヨウ)《名医別録》
  1. 原植物:マメ科、扁豆(和名:フジマメ)


弁蕊唐松草
(ベンズイトウショウソウ)《華北中薬手冊》
  1. 異名:「花唐松草」「馬尾黄連」
  2. 基原:キンポウゲ科、弁蕊唐松草の根。


扁青(ヘンセイ)《神農本草経》
  1. 異名:「白青」「碧青」「石青」「大青」
  2. 基原:炭酸塩類鉱物。藍銅鉱の鉱石。


鞭打繍球(ベンダシュウキュウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「紅頂珠」「地草果」「紅豆草」「四季草」「金銭草」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、羊膜草の全草、根。


変蛋(ヘンタン)《医林纂要》
  1. 異名:「皮蛋」「松花蛋」
  2. 基原:鴨蛋を、石灰、草灰(草木灰)、塩などで漬けたもの。


遍地金(ヘンチキン)《南本草》
  1. 異名:「鍋巴草」「蟻草」
  2. 基原:オトギリソウ科、遍地金の全株。


蓄(ヘンチク)《神農本草経》
  1. 異名:「竹」「竹」「編竹」「扁蓄」「扁竹」「烏蓼」「疳積薬」「竹節草」「地蓼」「牛筋草」
  2. 基原:タデ科、蓄(和名:ニワヤナギ)の全草。


扁竹根(ヘンチクコン)《分類草薬性》
  1. 異名:「土知母」「鴨児参」「下捜山虎」「鉄扁担」
  2. 基原:アヤマ科、蝴蝶花の根茎。


扁竹蘭(ヘンチクラン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「白跌打」「見血封口」
  2. 基原:ユリ科、柄葉開口箭の根茎。


扁藤(ヘントウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「腰帯藤」「扁骨風」「羊帯風」
  2. 基原:ブドウ科、扁担藤のつる、根。


扁藤葉(ヘントウヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 基原:ブドウ科、扁担藤の葉。


蝙蝠(ヘンプク)《神農本草経》
  1. 異名:「服翼」「天鼠」「伏翼」「仙鼠」「夜燕」
  2. 基原:ヒナコウモリ科、蝙蝠(和名:トウヨウヒナコウモリ)の全体。


蝙蝠葛(ヘンプクカツ)《中国薬植志》
  1. 異名:「蝙蝠藤」「黄条香」「防已葛」
  2. 基原:ツヅラフジ科、蝙蝠葛(和名:コウモリカズラ)のつる茎。


蝙蝠葛根(ヘンプクカッコン)《中国薬植志》
  1. 異名:「山花子根」「光光葉根」「狗葡萄根」
  2. 基原:ツヅラフジ科、蝙蝠葛(和名:コウモリカズラ)の根茎。


鞭葉鉄線蕨(ベンヨウテッセンケツ)《貴州草薬》
  1. 異名:「岩蝨子」「過山竜」
  2. 基原:ウラボシ科、鞭葉鉄線蕨の全草。


扁蕾(ヘンライ)《内蒙古中草薬》
  1. 基原:リンゴウ科、中国編蕾の全草。





生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査