ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(フ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




 
  1. 蕪荑(ブイ)《神農本草経》
    1. 異名:「蕪荑仁」「山楡子」「無荑」
    2. 基原:ニレ科、大果楡の果実の加工品。


  2. 蕪荑醤(ブイショウ)《名医別録》
    1. 基原:ニレ科、大果楡の果実を麦麹などと加工してつくった味噌。


  3. 扶木皮(フイボクヒ)《本草拾遺》
    1. 異名:「扶楊木」
    2. 基原:バラ科、唐棣(トウテイ)の樹皮。


  4. 鳧羽(フウ)《陸川本草》
    1. 基原:ガンカモ科、緑頭鴨(和名:マガモ)の羽毛。


  5. 鳧肉(フニク)《本草綱目》
    1. 基原:ガンカモ科、緑頭鴨(和名:マガモ)の肉。


  6. 風花菜(フウカサイ)《抗原中草薬治療手冊》
    1. 基原:アブラナ科、風花菜(和名:スカシタゴボウ)の全草。


  7. 楓荷梨(フウカリ)《江西草薬》
    1. 異名:「偏荷楓」「鴨脚木」「半荷風」「五加皮」「半辺楓」「鴨掌柴」
    2. 基原:ウコイ科、樹参の根および茎。


  8. 風気草(フウキソウ)《貴州民間薬物》
    1. 異名:「汗蘇麻」「乳癰薬」
    2. 基原:キク科、下田菊(和名:ヌマダイコン)の全草。


  9. 楓香寄生(フウコウキセイ)《生草薬性備要》
    1. 異名:「蝦蚶草」「栗寄生」「柿寄生」「扁枝寄生」
    2. 基原:ヤドリギ科、扁枝樹寄生の枝葉。


  10. 楓香樹根(フウコウジュコン)《本草綱目》
    1. 異名:「楓果根」「杜東根」
    2. 原植物:マンサク科、楓香


  11. 楓香樹皮(フウコウジュヒ)《唐本草》
    1. 異名:「楓皮」
    2. 基原マンサク科、楓香


  12. 楓香樹葉(フウコウジュヨウ)《本草綱目》
    1. 原植物:マンサク科、楓香


  13. 風車児(フウシャジ)《中医薬実験研究》
    1. 基原:ヤマノイモ科、日本薯蕷(和名:ヤマノイモ)の果実。


  14. 風車藤(フウシャトウ)《常用中草薬彩色》
    1. 異名:「鴨牛葉」「紅竜」
    2. 基原:キントラノオ科、風車藤(和名:ウスバサルノオ)の古い茎。


  15. 風箱樹花(フウソウジュカ)《常用中草薬手冊》
    1. 基原:アカネ科、風箱樹の花序。


  16. 風箱樹根(フウソウジュコン)《常用中草薬手冊》
    1. 異名:「水楊梅」「朱楊梅根」
    2. 基原:アカネ科、風箱樹の根or根皮


  17. 風箱樹葉(フウソウジュヨウ)《草薬手冊》
    1. 基原:アカネ科、風箱樹の葉、or柔らかい若い芽。


  18. 風藤(フウトウ)《浙江中薬資源》
    1. 異名:「小木蓮」
    2. 基原:クワ科、爬藤榕の根、茎。


  19. 風藤草根(フウトウソウコン)《南本草》
    1. 基原:キンポウゲ科、黄毛鉄線蓮の根。


  20. 布朗耳蕨(プーランジケツ)《高原中草薬治療手冊》
    1. 基原:オシダ科、布朗耳蕨(和名:ホソイノデ)の全草。


  21. 楓柳皮(フウリュウヒ)《唐本草》
    1. 異名:「楓楊皮」
    2. 基原:クルミ科、楓楊の樹皮。


  22. 風輪菜(フウリンサン)《球荒本草》
    1. 異名:「蜂窩草」「節節草」「熊胆草」「落地梅花」「九塔草」
    2. 基原:シソ科、風輪菜(和名:オキナワクルマバナ)の全草。


  23. 不灰木(フカイボク)《開宝本草》
    1. 異名:「無灰木」
    2. 基原:ケイ酸塩類の鉱物。角閃石綿(カクセンセキメン:和名:イシワタ)。


  24. 武靴藤(ブカトウ)《実用中草薬》
    1. 基原:ガガイモ科、匙羹藤の根または嫩枝葉。


  25. 複羽葉欒樹(フクヨウランジュ)《貴州草薬》
    1. 異名
    2. 基原:ムロクジ科、複羽葉欒樹の根、根皮、花。


  26. 伏牛花(フクギュウカ)《開宝本草》
    1. 基原:アカネ科、虎刺(和名:アリドオシ)の花。


  27. 鰒魚(クフギョ)《神農本草経集注》
    1. 異名:「鮑魚」「石決明肉」「明目魚」「鏡面魚」
    2. 基原:ミミガイ科、
      1. 九孔鮑
      2. 盤大鮑の肉。


  28. 福寿草(フクジュソウ)《現代実用中薬》
    1. 異名:「長春菊」「雪蓮」「献歳菊」「氷里花」「雪蓮花」
    2. 基原:キンポウゲ科、側金盞花(和名:フクジュソウ)の根つき全草。


  29. 福参(フクジン)《薬性考》
    1. 異名:「建人参」「建参」「土当帰」「土人参」
    2. 基原:セリ科、大歯当帰の根。


  30. 茯神(ブクシン)《名医別録》
    1. 異名:「伏神」
    2. 基原:サルノコシカケ科、茯苓の菌核の中間にマツの根を天然に抱いたもの(茯神木)の白色部分。


  31. 茯神木(ブクシンボク)《本草綱目》
    1. 異名:「黄松節」「松節」「茯神心」
    2. 基原:サルノコシカケ科、茯苓の菌核の中の松根。


  32. 腹水草(フクスイソウ)《浙江中薬手冊》
    1. 異名:「疔瘡草」「釣魚竿」「翠馬草」「両頭蛇」「両頭根」「驚天雷」「過山竜」「一条筋」
    2. 基原:ゴマノハグサ科、
      1. 腋生腹水草(和名:トラノオスズカケ)
      2. 腹水草(和名:スズカケソウ)の茎葉、根。


  33. 蝮蛇(フクダ)《名医別録》
    1. 異名:「反鼻」「(キ)」「方勝板」「土錦」「草上飛」七寸子「土公蛇」「土球子」「地扁蛇」
    2. 基原:クサリヘビ科、蝮蛇(和名:マムシ)の内臓を去った全体。


  34. 蝮蛇骨(フクダコツ)《本草拾遺》
    1. 基原::クサリヘビ科、蝮蛇(和名:マムシ)の骨


  35. 蝮蛇脂(フクダシ)《本草拾遺》
    1. 基原::クサリヘビ科、蝮蛇(和名:マムシ)の脂肪。


  36. 蝮蛇蛻皮(フクダゼイヒ)《唐本草》
    1. 原動物::クサリヘビ科、蝮蛇(和名:マムシ)


  37. 蝮蛇胆(フクダタン)《唐本草》
    1. 原動物::クサリヘビ科、蝮蛇(和名:マムシ)


  38. 蔔地風毛菊(フクチフウモウギク)《高源中草薬治療手冊》
    1. 基原:キク科、蔔地風毛菊の全草。


  39. 布狗尾(フクビ)《海南島常用中草薬手冊》
    1. 異名:「土狗尾」「猫公樹」
    2. 基原:マメ科、長穂猫尾草の全草。


  40. 覆盆子(フクボンシ)《神農本草経集注》
    1. 異名:「覆盆」「小托盤」
    2. 基原:バラ科、
      1. 掌葉覆盆子(和名:ゴショイチゴ)
      2. 挿田泡(和名:トックリイチゴ)の未成熟な偽果。


  41. 覆盆子根(フクボンシコン)《本草綱目》
    1. 基原:バラ科、
      1. 掌葉覆盆子(和名:ゴショイチゴ)
      2. 挿田泡(和名:トックリイチゴ)の根。


  42. 覆盆子葉(フクボンシヨウ)《本草拾遺》
    1. 異名:「西国草」
    2. 基原:バラ科、
      1. 掌葉覆盆子(和名:ゴショイチゴ)
      2. 挿田泡(和名:トックリイチゴ)の茎葉。


  43. 複葉披麻草根(フクヨウヒマソウコン)《昆明民間常用草薬》
    1. 基原:キンポウゲ科、複葉披麻草の根。


  44. 茯苓(ブクリョウ)《神農本草経》
    1. 異名:「茯菟」「茯霊」「茯苓」「伏苓」「松苓」「松薯」「雲苓」
    2. 基原:サルノコシカケ科、茯苓(和名:ブクリョウ)の乾燥した菌核。


  45. 茯苓皮(ブクリョウヒ)《本草綱目》
    1. 異名:「苓皮」
    2. 基原:サルノコシカケ科、茯苓(和名:ブクリョウ)の菌核の外皮。


  46. 布荊(フケイ)《雲南思茅中草薬選》
    1. 異名:「五指疳」「山紫荊」
    2. 基原:クマツヅラ科、山牡荊(和名:オウニンジンボク)の根or樹幹の心材。


  47. 附子(ブシ)《神農本草経》
    1. 基原:キンポウゲ科、烏頭(栽培品)の傍生塊根(子根)。


  48. 附地菜(フジサイ)《植物名実図考》
    1. 異名:「鶏腸」「地胡椒」
    2. 基原:ムラサキ科、附地菜(和名:タビラコ)の全草。


  49. 普茶(フジチャ)《本経逢原》
    1. 異名:「普雨茶」「大葉茶」
    2. 基原:ツバキ科、普茶(和名:アッサムチャ)の葉。


  50. 浮小麦(フショウバク)《本草彙言》
    1. 基原:水でとぐと浮き上がるしぼんだ軽い小麦。


  51. 蕪菁(ブセイ)《名医別録》
    1. 異名:「鬚(シュ)」「蔓菁」「大芥」「芥(カイ)」「九英菘」「諸葛菜」「台菜」「鶏毛菜」「狗頭芥」「大頭菜」
    2. 基原:アブラナ科、蕪菁(和名:カブ)の塊根と葉。


  52. 蕪菁花(ブセイカ)《証類本草》
    1. 原植物:アブラナ科、蕪菁(和名:カブ)


  53. 蕪菁子(ブセイシ)《名医別録》
    1. 異名:「蔓菁子」
    2. 基原:アブラナ科、蕪菁(和名:カブ)の種子。


  54. 釜臍墨(フセイボク)《四声本草》
    1. 異名:「月下灰」「鍋下墨」「鍋底墨」「鍋底灰」
    2. 基原:雑草を燃やしたあと、鍋底に付着する灰。


  55. 扶桑花(フソウカ)《本草綱目》
    1. 異名:「花上花」「大紅花」「土紅花」「大紅牡丹花」「吊鐘花」
    2. 基原:アオイ科、朱槿(シュキン:和名:ブッソウゲ)の花。


  56. 扶桑根(フソウコン)《民間常用草薬彙編》
    1. 基原:アオイ科、朱槿(シュキン:和名:ブッソウゲ)の根。


  57. 扶桑葉(フソウヨウ)《本草綱目》
    1. 基原:アオイ科、朱槿(シュキン:和名:ブッソウゲ)の葉。


  58. 仏葵(フツキ)《四川常用中草薬》
    1. 異名:「銹草」
    2. 基原:ナス科、単花紅糸線の全草。


  59. 福建胡頽子葉(フッケンコタイショウ)《新療法与》
    1. 原植物:グミ科、福建胡頽子


  60. 仏甲草(ブッコウソウ)《図経本草》
    1. 異名:「火焼草」「火焔草」「仏指甲」「半支連」「万年草」「狗牙弁」「土三七」「猪牙歯」「養鶏草」
    2. 基原:ベンケイソウ科、仏甲草の全草。


  61. 仏指甲(ブッシコウ)《南本草》
    1. 異名:「瓦松」「瓦花」「石花」「石根」「九頭獅子草」「岩如意」
    2. 基原:ベンケイソウ科、仏指甲の茎葉。


  62. 仏手花(ブッシュカ)《随息居飲食譜》
    1. 異名:「仏柑花」
    2. 基原:ミカン科、仏手の花と蕾。


  63. 仏手柑(ブッシュカン)《南本草》
    1. 異名:「仏手」「仏手香檬」「蜜羅柑」「福寿柑」「五指疳」
    2. 基原:ミカン科、仏手の果実。


  64. 仏手柑根(ブッシュカンコン)《民間常用草薬彙編》
    1. 基原:ミカン科、仏手の根。


  65. 仏手露(ブッシュロ)《本草綱目拾遺》
    1. 基原:ミカン科、仏手の果実の蒸留液。


  66. 仏肚花(フツトカ)《浙江民間常用草薬》
    1. 異名:「岩白菜」「虎皮」「小荷草」
    2. 基原:イワタバコ科、仏肚花の全草、根。


  67. 葡萄(ブドウ)《神農本草経》
    1. 異名:「草竜珠」「山葫蘆」
    2. 基原:ブドウ科、葡萄(和名:ブドウ)の果実。


  68. 葡萄根(ブドウコン)《食療本草》
    1. 原植物:ブドウ科、葡萄(和名:ブドウ)


  69. 葡萄藤葉(ブドウトウヨウ)《本草綱目》
    1. 原植物:ブドウ科、葡萄(和名:ブドウ)


  70. 腐巴(フハ)《本草綱目拾遺》
    1. 異名:「鍋炙」「豆腐鍋巴」
    2. 基原:豆漿(トウショウ)を煮る際に、鍋底にできた焦げ。


  71. 腐沫(フマツ)《本草綱目拾遺》
    1. 基原:豆腐泔水の表面に集まった浮沫。


  72. 腐婢(フヒ)《神農本草経集注》
    1. 基原:クマツヅラ科、豆腐木(和名:ハマクサギ)の茎、葉。


  73. 腐婢根(フヒコン)《湖南薬物志》
    1. 基原:クマツヅラ科、豆腐木(和名:ハマクサギ)の根。


  74. 浮萍(フヒョウ)《唐本草》
    1. 異名:「水萍」「水花」「萍子草」「水白」「水蘇」「浮萍草」「水簾」「九子萍」「田萍」
    2. 基原:ウキクサ科、
      1. 紫背浮萍(和名:ウキクサ)
      2. 青萍(和名:コウキクサ)の全草。


  75. 扶芳藤(フホウトウ)《本草拾遺》
    1. 異名:「岩青杠」「万年青」「衛生草」「千斤藤」「山百足」「対葉腎」「拾絡藤」「藤衛矛」「坐転藤」「換骨筋」「鉄草鞋」
    2. 基原:ニシキギ科、扶芳藤(和名:リュウキュウツルムラサキ)の茎葉。


  76. 芙蓉菊根(フヨウギクコン)《福建中草薬》
    1. 原植物:キク科、モクビャクコウ。


  77. 文冠果(ブンカンカ)《東北常用中草薬手冊》
    1. 異名:「文冠花」「文冠木」
    2. 基原:ムクロジ科、文冠果の木材、枝葉。


  78. 糞箕篤(フンキトク)《嶺南採薬録》
    1. 異名:「田鶏草」「鉄板膏薬草」
    2. 基原:ツヅラフジ科、糞箕篤の全草または根茎、根。


  79. 文蛤(ブンゴウ)《神農本草経》
    1. 異名:「花蛤」「黄蛤」「円蛤」「白利殻」
    2. 基原:マルスダレガイ科、文蛤の貝殻。


  80. 分心木(ブンシンボク)《山西中薬志》
    1. 異名:「胡桃夾」「胡桃隔」
    2. 基原:クルッミ科、胡桃(和名:セイヨウグルミ)の果実の核内にある木質の隔膜。


  81. 粉霜(フンソウ)《本草品彙精要》
    1. 異名:「白雪」「水銀霜」「白霊砂」「白粉霜」
    2. 基原:軽粉の精製品。


  82. 粉団花(フンダンカ)《本草綱目拾遺》
    1. 異名:「球」
    2. 基原:ユキノシタ科、
      1. 円錐球(和名:ノリウツギ)
      2. 大花円錐球(和名:ミナズキ)の花。


  83. 粉団花根(フンダンカコン)《本草綱目拾遺》
    1. 異名:「土常山」
    2. 基原:ユキノシタ科、
      1. 円錐球(和名:ノリウツギ)
      2. 大花円錐球(和名:ミナズキ)の根。


  84. 文竹(ブンチク)《福建民間草薬》
    1. 異名:「蓬莱竹」
    2. 基原:ユリ科、文竹の全草。


  85. 粉背蕨(フンハイケツ)《江西民間草薬》
    1. 異名:「鉄脚鳳尾草」「鶏脚草」「岩飛蛾」
    2. 基原:ワラビ科、粉背蕨の全草。


  86. 粉苞苣(フンホウキョ)《西蔵常用中草薬》
    1. 異名:「細葉苦菜」
    2. 基原:キク科、粉苞苣の全草。


  87. 文魚(ブンヨウギョ)《本草拾遺》
    1. 異名:「(ヨウ)」「飛魚」
    2. 基原:トビウオ科、燕魚の肉。


  88. 粉葉地錦(フンヨウジキン)《浙江天目山薬植志》
    1. 基原:ブドウ科、粉葉爬山虎の根、つる茎。


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査