ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ケ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




 生薬名・「異名」(出典)・基原
鶏娃草(ケイアイソウ)《陜甘寧青中草薬選》
  1. 異名:「藍雪草」「刺磯松」
  2. 基原:イソマツ科、小藍雪花の全草。


溪黄草(ケイオウソウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「熊胆草」「血風草」「台湾延胡索」「土黄連」
  2. 基原:シソ科、線紋香茶菜の全草。


桂花(ケイカ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「木犀花」
  2. 基原:モクセイ科、木犀(和名:ギンモクセイ)の花。


桂花子(ケイカシ)《江蘇薬材志》
  1. 異名:「桂花樹子」「四季桂子」
  2. 基原:モクセイ科、木犀(和名:ギンモクセイ)の乾燥果実。


花(ケイカ)《植物名実図考》
  1. 異名:「紙末花」「鶏寄」「白清明花」
  2. 基原:マンサク科、花(和名:トキワマンサク)の花。


花根(ケイカコン)《福建民間草薬》
  1. 基原:マンサク科、花(和名:トキワマンサク)の根。


花葉(ケイカヨウ)《植物名実図考》
  1. 基原:マンサク科、花(和名:トキワマンサク)の葉・茎葉。


蛍光(ケイカ)《神農本草経》
  1. 異名
    • 「夜光」「夜照」「宵行」「宵燭」「丹鳥」「丹良」「景天」「救火」「挟火」「(リン)」「然」「照」「放光」
  2. 基原:ホタル科、蛍火虫の全体。


荊芥(ケイガイ)《呉普本草》
  1. 異名:「仮蘇」「姜芥」「鼠実」「鼠」
  2. 基原:シソ科、荊芥の全草。


荊芥根(ケイガイコン)《本草綱目》
  1. 原植物:シソ科、荊芥


鶏羽(ケイカクウ)《神農本草経》
  1. 異名:「鶏翅毛」「鶏翅羽」「鶏」「鶏翅」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の翅羽(翼の羽)。

桂花跌打(ケイカテツダ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「山皮条」「桂花葉子蘭」
  2. 基原:ジンチョウゲ科、毛花瑞香の全体。


桂花露(ケイカロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:モクセイ科、木犀(和名:ギンモクセイ)の花を蒸留して得た液体。


鶏肝(ケイカン)《名医別録》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の肝。


鶏冠花(ケイカンカ)《南本草》
  1. 異名:「鶏公花」「鶏角槍」
  2. 基原:ヒユ科、鶏冠花(和名:ケイトウ)の花序。


鶏冠子(ケイカンシ)《本草拾遺》
  1. 基原:ヒユ科、鶏冠花(和名:ケイトウ)の種子。


鶏冠草(ケイカンソウ)《寧夏中草薬手冊》
  1. 異名:「痔瘡草」「二裂翻白草」「二裂委陵菜」「黄瓜緑草」
  2. 基原:バラ科、叉葉委陵菜の病変によって赤色になったものの全草。


鶏肝散(ケイカンサン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「黒頭草」「香薷」「四稜蒿」
  2. 基原:シソ科、四方蒿の全草。


鶏眼草(ケイガンソウ)《救荒本草》
  1. 異名
    • 「蓮子草」「花花草」「牛黄黄」「人字草」「斑珠科」「公母草」「小蓄片」「妹子草」「紅花草」「地蘭花」「土分化」「満路金鶏」細花草」「白斑鳩窩」「白扁蓄」「紅骨丹」「夜関門」「鋪地竜」「鴛鴦草」
  2. 基原:アメ科、鶏眼草(和名:ヤハズソウ)の全草。


鶏冠苗(ケイカンビョウ)《本草綱目》
  1. 基原:ヒユ科、鶏冠花(和名:ケイトウ)茎葉。


龜血(ケイキケツ)《本草綱目》
  1. 原動物:ウミガメ科、龜(和名:アカウミガメ)


龜筒(ケイキトウ)《本草綱目》
  1. 基原:ウミガメ科、龜(和名:アカウミガメ)の皮および鱗甲。


鶏脚刺(ケイキャクシ)《貴陽民間薬草》
  1. 異名:「刺黄」「刺黄連」「刺小檗」「三顆針」「玉妹刺」
  2. 基原;メギ科、安徽小檗の根。


魚(ケイギョ)《開宝本草》
  1. 異名:「水豚」「桂魚」「錦鱗魚」「豚」「母猪殻」
  2. 基原:スズキ科、魚(和名:ケツギョ)の肉。


魚胆(ケイギョタン)《本草綱目》
  1. 原動物:スズキ科、魚(和名:ケツギョ)


桂金灯(ケイキントウ)《救荒本草》
  1. 異名
  2. 基原:ナス科、酸漿(和名:ホオズキ)の宿存萼。あるいは果実のついた宿存萼。


鶏桂骨草(ケイケイコツソウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:シソ科、刺蕊草の全草。


鶏血(ケイケツ)《名医別録》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の血。


鶏血七(ケイケツシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「紅血児」「蜈蚣七」「紅孩児」「鶏心七」「倒生蓮」
  2. 基原:タデ科、中華抱茎蓼の根茎。


鶏血藤(ケイケットウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「血風藤」
  2. 基原:マメ科、花豆、白花油麻藤、香花岩豆藤、亮葉岩豆藤のつる。


鶏血李(ケイケツリ)《分類草薬性》
  1. 基原:バラ科、杏李(和名:ベニスモモ)の根or葉。


鶏公柴(ケイコウサイ)《植物名実図考》
  1. 基原:スイカズラ科、飯湯子の根。


鶏穀草(ケイコクソウ)《広西民間常用草薬》
  1. 異名:
    • 「竹節草」「蜈蚣草」「過路蜈蚣草」「紫穂茅香」「粘人草」「粘身草」「鬼殻草」
  2. 基原:イネ科、竹節草(和名:オキナワミチシバ)の全草・根。


鶏骨香(ケイコツコウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「山豆根」「木沈香」「土沈香」「黄牛香」「滾地竜」「過山香」
  2. 基原:トウダイグサ科、鶏骨香の根。


鶏骨菜(ケイコツサイ)《四川中薬志》
  1. 基原:スイカズラ科、垂枝双楯の根。


鶏骨草(ケイコツソウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「黄頭草」「大黄草」「猪腰草」「紅母鶏草」
  2. 基原:マメ科、広東相思子の根つき全草。


迎山紅(ゲイザンコウ)《吉林中草薬》
  1. 異名:「満山紅」「映山紅」
  2. 基原:ツツジ科、迎紅杜鵑(和名:カラムラサキツツジ)の葉。


鶏子(ケイシ)《神農本草経》
  1. 異名:「鶏卵」「鶏蛋」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の卵。


鶏子黄(ケイシオウ)《名医別録》
  1. 異名:「鶏卵黄」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の卵黄。


鶏子殻(ケイシカク)《日華子諸家本草》
  1. 異名:「鶏卵殻」「混沌池」「混沌皮」「鳳凰蛻」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の卵殻。


鶏子白(ケイシハク)《神農本草経集注》
  1. 異名:「鶏卵白」《鶏子清》
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の卵白。


桂子(ケイシ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「天竺桂実」
  2. 基原:クスノキ科、天竺桂(和名:ヤブニッケイ)の果実。


桂枝(ケイシ)《唐本草》
  1. 異名:「柳桂」
  2. 基原:クスノキ科、肉桂(和名:ケイ)の若枝。


実(ケイジツ)《唐本草》
  1. 異名:「麻子」「」空麻子」
  2. 基原:アオイ科、麻(和名:イチビ)の種子。


鶏屎藤(ケイシトウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:
    • 「清風藤」「鶏矢藤」「香藤」「五香藤」「甜藤」「母狗藤」「臭狗藤」「臭藤」「臭藤根」「斑鳩飯」「女青」
  2. 基原:アカネ科、鶏屎藤(和名:ヘクソカズラ)の全草・根。


鶏屎藤果(ケイシトウカ)《中国薬植図鑑》
  1. 原植物:アカネ科、鶏屎藤(和名:ヘクソカズラ)


鶏屎白(ケイシハク)《神農本草経》
  1. 異名:「鶏矢」「鶏糞」「鶏子糞」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の糞便の白色部分。


桂樹根(ケイジュコン)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「桂根」「桂花根」
  2. 基原:モクセイ科、木犀(和名:ギンモクセイ)の根、根皮。


鶏樹条(ケイジュジョウ)《東北常用中草薬手冊》
  1. 異名:「鶏樹条子」「糯米条」
  2. 基原:スイカズラ科、鶏樹条莢迷(和名:カンボク)の若枝・葉。


鶏樹条果(ケイジュジョウカ)《吉林中草薬》
  1. 基原:スイカズラ科、鶏樹条莢迷(和名:カンボク)の果実。


荀(ケイジュン)《食物本草》
  1. 基原:イネ科、竹(和名:タイワンマダケ)の苗。


迎春花(ゲイシュンカ)《本草綱目》
  1. 異名:「金梅」「黄梅」「清明花」「金腰帯」
  2. 基原:モクセイ科、迎春花(和名:オウバイ)の花。


迎春花葉(ゲイシュンカヨウ)《本草綱目》
  1. 原植物:モクセイ科、迎春花(和名:オウバイ)


鶏草(ケイジュンソウ)《重慶本草》
  1. 異名:「白側耳」「水側耳」
  2. 基原:ユキノシタ科、鶏眼梅花草の根を含む全草。


鶏(ケイショウ)《本草綱目》
  1. 異名:「鶏菌」「鶏菜」
  2. 基原:シメジ科、鶏の子実体。


鶏腎参(ケイジンジン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「対対参」
  2. 基原:ラン科、厚弁玉鳳花の塊根。


鶏腎草(ケイジンソウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「鶏腎子」「腰子草」「腎経草」「双仁」
  2. 基原:ラン科、鶏腎草の全草。


鶏(ケイソ)《本草綱目》
  1. 異名:「鶏喉」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の嚢(餌ぶくろ)。


鶏爪枝皮(ケイソウシヒ)《陸川本草》
  1. 基原:バンレイシ科、仮鷹爪の樹皮。


鶏爪草(ケイソウソウ)《四川中薬志》
  1. 基原:キンポウゲ科、鶏爪草の全草。


鶏爪(ケイソウロク)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「鶏捶」
  2. 基原:アカネ科、鶏爪(和名:シナミサオノキ)の株全体。


鶏子(ケイソシ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「野茘枝」「山覆盆」
  2. 基原:ミズキ科、頭状四照花の葉・果実。


鶏子花(ケイソシカ)《貴州本草》
  1. 異名:「牛舌片」
  2. 基原:ラン科、細毛火焼蘭(和名:エゾスズラン)の全草。


鶏胆(ケイタン)《名医別録》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の胆嚢。


鶏蛋花(ケイタンカ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「蛋黄花」「大季花」
  2. 基原:キョウチクトウ科、鶏蛋花(和名:トガリバインドソケイ)の花。



鶏蛋参(ケイタンジン)《昆明薬植調査》
  1. 異名:「補血草」「牛尾参」「金銭壺盧」
  2. 基原:キキョウ科、金線吊葫藘の根。


桂竹糖芥(ケイトクトウガイ)《東北薬植志》
  1. 異名:「打水水花」「金盞盞花」
  2. 基原:アブラナ科、桂竹糖芥(和名:エゾスズシロ)の全草。


鶏腸(ケイチョウ)《神農本草経》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の腸。


桂丁(ケイチョウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「肉桂子」「桂子」「桂丁香」
  2. 基原:クスノキ科、肉桂(和名:ケイ)の若い果実。


鶏腸狼毒(ケイチョウロウドク)《南本草》
  1. 異名:「順水竜」
  2. 基原:トウダイグサ科、乳漿大戟(和名:ハギクソウ)の根。


景天(ケイテン)《神農本草経》
  1. 異名
    • 「火母」「火丹草」「火焔草」「土三七」「戒火」「慎火」「慎火草」「救火」「護花草」「辟火」「火丹草」「八宝草」「胡豆七」
  2. 基原:ベンケイソウ科、景天(和名:ベンケイソウ)の全草。


景天三七(ケイテンサンシチ)《江蘇薬材志》
  1. 異名:「土三七」「八仙草」「」「血山草」
  2. 基原:ベンケイソウ科、景天三七(和名:ホソバノキリンソウ)の全草。


景天三七根(ケイテンサンシチコン)《中国薬植図鑑》
  1. 異名:「生三七」「広三七」「小種三七」「三百棒」
  2. 基原:ベンケイソウ科、景天三七(和名:ホソバノキリンソウ)


鶏頭(ケイトウ)《神農本草経》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の頭。


鶏肚腸草(ケイトチョウソウ)《浙江民間常用草薬》
  1. 異名:「小鶏草」「魚肚腸草」
  2. 基原:ナデシコ科、賽繁縷(和名:ミドリハコベ)の全草。


鶏内金(ケイナイキン)《本草蒙筌》
  1. 異名:
    • 「鶏裏黄皮」「鶏」「鶏内黄皮」「鶏皮」「鶏黄皮」「鶏食皮」「鶏膝子」「鶏合子」「鶏中金」「化石胆」「化骨胆」
  2. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の乾燥させた砂嚢の内膜。


鶏肉(ケイニク)《神農本草経》
  1. 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)


鶏肉参(ケイニクジン)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「角蒿」
  2. 基原:ノウゼンカズラ科、鶏肉参の根。


鶏脳(ケイノウ)《唐本草》
  • 基原:キジ科、家鶏(和名:ニワトリ)の脳。


桂皮(ケイヒ)《神農本草経集注》
  1. 基原:クスノキ科、
    1. 天竺桂(和名:ヤブニッケイ)の樹皮。
    2. 陰香(和名:ジャワケイ)の樹皮。
    3. 細葉香桂の樹皮
    4. 川桂などの樹皮。


軽粉(ケイフン)《本草拾遺》
  1. 異名:「汞粉」「水銀粉」「銀粉」「峭粉」
  2. 基原:粗製塩化第一水銀の結晶。


桂木乾(ケイボクカン)《広東中薬》
  1. 異名:「狗果」「臙脂公」
  2. 基原:クワ科、桂木の果実。


鶏麻(ケイマ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「双珠母」
  2. 基原:バラ科、鶏麻(和名:シロヤマブキ)の果実・根。


麻(ケイマ)《唐本草》
  1. 基原:アオイ科、麻(和名:イチビ)の全草・葉。


麻根(ケイマコン)《蜀本草》
  1. 基原:アオイ科、麻(和名:イチビ)の根。


鶏毛狗(ケイモウク)《寧夏中草薬手冊》
  1. 異名:「地棉花」
  2. 基原:キク科、蒙古久苓草の根生葉の葉柄部と茎基部の白い絨毛の団塊。


桂葉素馨(ケイヨウソケイ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「嶺南茉莉」「大黒骨頭」「鴨色蓋」
  2. 基原:モクセイ科、桂葉素馨の全草。


桂蘭(ケイラン)《福建民間草薬》
  1. 異名:「折鶴蘭」「吊蘭」「匍匐蘭」
  2. 基原:ユリ科、桂蘭(和名:オリスルラン)の全草。


鶏草(ケイレイソウ)《内蒙古中草薬》
  1. 異名:「長肉芽草」
  2. 基原:マメ科、多葉棘豆の全草。


戟葉石葦(ゲキヨウセキイ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ウラボシ科、戟葉石葦の全草。


夏至草(ゲシソウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「夏枯草」「白花夏枯」「灯籠」「風輪草」
  2. 基原:シソ科、夏至草の全草。


(ケツ)《食経》
  1. 異名:「蕨菜」「蕨」「竜頭菜」「鼈脚」「如意草」「三叉蕨」「猫爪子」「蕨児菜」
  2. 基原:ワラビ科、蕨(ケツ)の若葉。


月季花(ゲッキカ)《本草綱目》
  1. 異名:
    • 「四季花」「月月紅」「月記」「月月開」「月月花」「月光紅」「月季紅」「月貴花」「長春花」
  2. 基原:バラ科、月季花(和名:コウシンバラ)の半分開いた花。


月季花根(ゲッキカコン)《東本草》
  1. 異名:「月月開根」「月月紅根」
  2. 基原:バラ科、月季花(和名:コウシンバラ)


月季花葉(ゲッキカヨウ)《湖南薬物志》
  1. 基原:バラ科、月季花(和名:コウシンバラ)
  • 月桂子(ゲッケイシ)《本草拾遺》
    1. 異名:「月桂実」
    2. 基原:クスノキ科、月桂(和名:ゲッケイジュ)の果実。



血竭(ケッケツ)《雷公炮炙論》
  1. 異名:「麒麟血」「木血竭」
  2. 基原:ヤシ科、麒麟竭(和名:キリンケツヤシ)の果実と樹幹中の樹脂。


結血蒿(ケツケッコウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:キク科、毛蓮蒿の全草。


血見愁(ケツケンシュウ)《東北薬植志》
  1. 異名:「大葉藜」「大葉灰菜」「雑灰藜」「八角灰菜」
  2. 基原:アカザ科、大葉藜(和名:ウスバアカザ)の全草。


月見草(ゲッケンソウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「夜来香」
  2. 基原:アカバナ科、紅萼月見草(和名:オオカツヨイグサ)の根。


蕨根(ケツコン)《本草綱目》
  1. 異名:「烏角」「小角」
  2. 基原:ワラビ科、蕨(和名:ワラビ)の根茎。


結根草莓(ケツコンソウバイ)《青蔵高原薬物図鑑》
  1. 基原:バラ科、結根草莓の全草。


蕨菜(ケツサイ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「竜爪菜」「鋸菜」
  2. 基原:ワライ科、蕨菜の根茎。


血参(ケツジン)《雲南中草薬選》
  1. 基原:キク科、山菊の全草。


纈草(ケツソウ)《科学的民間薬草》
  1. 異名:「鹿子草」「甘松」「七里香」「香草」「蜘蛛草」
  2. 基原:オミナエシ科、纈草の根・根茎。


血藤(ケットウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「大血藤」「活血藤」「黄皮血藤」「気藤」「鉄骨散」「香石藤」
  2. 基原:モクレン科、
    1. 翼梗五味子のつる・根。
    2. 華中五味子のつる・根。


血人参(ケツニンジン)《貴陽民間薬草》
  1. 基原:マメ科、緑陽胡枝子(和名:キハギ)の根


血榧(ケツヒ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「臭榧」
  2. 基原:イチイ科、南方紅豆杉の種子。


血風藤(ケツフウトウ)《広西中草薬》
  1. 異名:「青藤」「鉄牛入石」「青筋藤」
  2. 基原:クロウメモドキ科、翼核果の根・茎。


蕨麻(ケツマ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「人参果」「蓬莱花」
  2. 基原:バラ科、鵝絨委陵菜(和名:トウツルキンバイ)の塊根。


血満草(ケツマンソウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「接骨薬」「接骨丹」「接骨木」「大血草」「血管草」「苛草」
  2. 基原:スイカズラ科、紅山花の全草・根。


決明子(ケツメイシ)《神農本草経》
  1. 異名:「草決明」「羊明」「千里光」「馬蹄子」「仮緑豆」「羊角豆」「羊尾豆」「猪骨明」「芹決」「馬蹄決明」
  2. 基原:マメ科、決明(和名:コエビスグサ)の成熟した種子。


血余(ケツヨ)《本草蒙筌》
  1. 異名:「乱髪」「髪」
  2. 基原:人の頭髪


(ケン)《神農本草経》
  1. 異名:「菜」「青香」
  2. 基原:ヒユ科、(和名:ヒユ)の茎葉。


剣花(ケンカ)《広東中薬》
  1. 異名:「量天尺花」「七星剣花」「曇花」「竜骨花」
  2. 基原:サボテン科、量天尺の花。


芫花(ゲンカ)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「芫」「去水」「敗花」「児草」「頭痛花」「悶頭花」「毒魚」「老鼠花」「九竜花」「小葉金腰帯」「芫条花」
  2. 基原:ジンチョウゲ科、芫花(和名:フジモドキ)の花蕾。


蜆殻(ケンカク)《神農本草経集注》」
  1. 基原:シジミ科、河蜆(和名:タイワンシジミ)、またはその近縁動物の貝殻。


芫花根(ゲンカコン)《呉普本草》
  1. 異名:「黄大戟」「蜀桑」「金腰帯」「鉄牛皮」
  2. 基原:ジンチョウゲ科、芫花(和名:フジモドキ)


黔桂酔魂藤(ケンケイスイコントウ)《広西植物名録》
  1. 異名:「老鴉花」
  2. 基原:ガガイモ科、黔桂酔魂藤の根・全草。


見血清(ケンケツセイ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「毛慈姑」「岩芋」「立地好」
  2. 基原:ラン科、脈羊耳蘭(和名:コクラン)の全草。


見血飛(ケンケツヒ)《貴州草薬》
  1. 異名:「黄俶」「刺三加」「紅三百棒」「散血飛」
  2. 基原:ミカン科、刺異葉花椒の根・根皮。


元元草(ゲンゲンソウ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「茘枝草」
  2. 基原:シソ科、元元草(和名:シソバタツナミソウ)の全草。


甲(ゲンコウ)《本草拾遺》
  1. 基原:スッポン科、(和名:スッポン)の甲羅。


膏(ゲンコウ)《食療本草》
  1. 異名:「脂」
  2. 基原:スッポン科、(和名:スッポン)の脂肪。


胆(ゲンタン)《本草綱目》
  1. 原動物:スッポン科、(和名:スッポン)


肉(ゲンニク)《神農本草経集注》
  1. 原動物:スッポン科、(和名:スッポン)



懸鉤茎(ケンコウケイ)《本草拾遺》
  1. 基原:バラ科、懸鉤子(和名:ビロードイチゴ)の茎。


懸鉤根(ケンコウコン)《本草拾遺》
  1. 異名:「木苺根」
  2. 基原:バラ科、懸鉤子(和名:ビロードイチゴ)の根・根皮。


懸鉤子(ケンコウシ)《本草拾遺》
  1. 基原:バラ科、懸鉤子(和名:ビロードイチゴ)の茎。


牽牛子(ケンゴシ)《雷公炮炙論》
  1. 異名:「金鈴」「黒牽牛」「白牽牛」「草金鈴」
  2. 基原:ヒルガオ科、
    1. 牽牛(和名:アサガオ)の種子
    2. 毛牽牛(和名:マルバアサガオ)の種子。


根(ケンコン)《石薬爾雅》
  1. 異名:「地筋」
  2. 原植物:ヒフ科、ヒユ


実(ケンジツ)《神農本草経》
  1. 異名:「子」「菜子」
  2. 基原:ヒフ科、(和名:ヒユ)の種子。


原蚕蛾(ゲンサンガ)《名医別録》
  1. 異名:「晩蚕蛾」
  2. 基原:カイコガ科、家蚕蛾(和名:カイコ)の雄の全虫体。


原蚕子(ゲンサンシ)《証類本草》
  1. 異名:「蚕種」
  2. 基原:カイコガ科、家蚕蛾(和名:カイコ)の卵 。


原蚕沙(ゲンサンシャ)《本草綱目》
  • 異名:「原蚕屎」「蚕沙」「晩蚕沙」「晩蚕矢」「二蚕沙」「馬鳴肝」」
  • 基原:カイコガ科、家蚕蛾(和名:カイコ)の幼虫の乾燥した糞便。


顕子草(ケンシソウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「岩高梁」
  2. 基原:イネ科、顕子草(和名:タキキビ)の全草。


芡実(ケンジツ)《本草綱目》
  1. 異名
    • 「烏頭」「鶏頭」「鶏頭実」「鶏頭果」「鶏頭苞」「鶏」「雁頭」「刺蓮藕」「」
  2. 基原:スイレン科、芡(和名:オニバス)の熟した種子。


芡実茎(ケンジツケイ)《本草綱目》
  1. 異名:「鶏頭菜」
  2. 基原:スイレン科、芡(和名:オニバス)の花茎。


芡実根(ケンジツコン)《本草綱目》
  1. 基原:スイレン科、芡(和名:オニバス)の根。


芡実葉(ケンジツヨウ)《本草綱目》
  1. 異名:「鶏頭盤」「刺荷葉」
  2. 基原:スイレン科、芡(和名:オニバス)の茎。


拳参(ケンジン)《図経本草》
  1. 異名:
    • 「山蝦子」「倒根草」「紫参」「破傷薬」「刀剪薬」「刀槍薬」「蝦参」「回頭参」「石蚕」「山柳柳」「馬峰七」
  2. 基原:タデ科、拳参(和名:イブキトラノオ)などの根茎。


玄参(ゲンジン)《神農本草経》
  1. 異名:「黒参」「元参」「重台」「鬼蔵」「正馬」「逐馬」「鹿腸」「鹹」「端」「玄台」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、玄参の根。


建神(ケンシンキク)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「泉州神」「百草」
  2. 基原:麦粉、麩皮伊予美多種類の薬物を混ぜ、発酵させてつくった劑。


玄精石(ゲンセイセキ)《本草綱目》
  1. 異名:
    • 「太陰玄精」「太陰玄精石」「太乙玄精石」「陰精石」「玄英石」
  2. 基原:長い年月が経過して生成した小型片状の石膏石。


蜆肉(ケンニク)《唐本草》
  1. 原動物:シジミ科、河蜆


蜆肉海棠(ケンニクカイドウ)《梧州草薬》
  1. 異名:「蜆肉秋海棠」
  2. 基原:シュウカイドウ科、四季海棠(和名:シキザキベゴニア)の花・葉。


巻柏(ケンパク)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「石蓮花」「豹足」「不死草」「神投時」「交時」「求股」「回陽草」長生草「「長生不死草」「環魂草」「万年松」「岩松」「仏手草」「打不死」「老虎爪」「万年青」
  2. 基原:イワヒバ科、巻柏(和名:イワヒバ)の全草。


蓬(ケンホウ)《救荒本草》
  1. 異名
  2. 基原:アカザ科、灰縁蓬(和名:マツナ)の全草。


元宝草(ゲンホウソウ)《本草従新》
  1. 異名:
    • 「当帰草」「小連翹」「紅旱蓮」「茅草香子」「灯台」「双合合」「対葉草」「宝心草」「穿心草」「仏心草」「蛇開口」
  2. 基原:オトギリソウ科、元宝草(和名:ツキヌキオトギリ)の全草。


剣麻(ケンマ)《梧州草薬》
  1. 異名:「菠羅麻」
  2. 基原:リュウゼツラン科、剣麻(和名:サイザルアサ)の葉。


玄明粉(ゲンメイフン)《薬性論》
  1. 異名:「白竜粉」「風化硝」
  2. 基原:芒硝が風化して結晶水を失ってできた無水硫酸ナトリウム。


絹毛苣(ケンモウキョ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:キク科、絹毛苣の全草。


黔羊蹄甲(ケンヨウテイコウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「馬蹄葉」
  2. 基原:マメ科、黔羊蹄甲の葉と根。


剣葉鉄樹葉(ケンヨウテツジュヨウ)《広西民間常用草薬》
  1. 基原:リュウゼツラン科、剣葉朱蕉の葉。


建蘭花(ケンランカ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:ラン科、建蘭(和名:スルガラン)の花。


建蘭根(ケンランコン)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「土続断」「蘭根」
  2. 基原:ラン科、建蘭(和名:スルガラン)の根。


建蘭葉(ケンランヨウ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:ラン科、建蘭(和名:スルガラン)の葉。

生薬名・「異名」(出典)・基原



関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査