ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(マ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





 生薬名・「異名」(出典)・基原
槐花(マイカイカ)《食物本草》
  1. 異名:「徘徊花」「筆頭花」
  2. 基原:バラ科、槐(和名:ハマナス)の咲いたばかりの花。


槐露(マイカイロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:バラ科、槐(和名:ハマナス)の花の蒸留液。


麻黄(マオウ)《神農本草経》
  1. 異名:「竜沙」「卑相」「狗骨」
  2. 基原:マオウ科、
    1. 草麻黄(和名:マオウ)
    2. 木賊麻黄
    3. 中麻黄の草質茎。


麻黄根(マオウコン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「苦椿菜」
  2. 基原:マオウ科
    1. 草麻黄(和名:マオウ)
    2. 木賊麻黄
    3. 中麻黄の根および根茎。


麻花(マカ)《名医別録》
  1. 異名:「烏麻花」
  2. 基原:クワ科、大麻(和名:アサ)の雄株の花枝。


麻根(マコン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「麻青根」
  2. 基原:基原:クワ科、大麻(和名:アサ)の根


麻皮(マヒ)《本草綱目》
  1. 基原:基原:クワ科、大麻(和名:アサ)の茎皮部の繊維。


麻(マカツ)《本草綱目》
  1. 異名:「脂麻」
  2. 基原:ゴマ科、脂麻(和名:ゴマ)の茎。


麻滓(マシ)《本草綱目》
  1. 異名:「麻油滓」「麻枯餅」
  2. 基原:ゴマ科、脂麻(和名:ゴマ)の種子を絞って脂肪油を去ったあとのかす。


菇(マコ)《日用本草》
  1. 異名:「鶏足磨菇」
  2. 基原:ハラタケ科、菇(和名:ハラタケ)の子実体。


麻口皮菇薬(マコウヒシャク)《湖南薬物志》
  1. 異名:「総管皮」「満山香」「四皮麻」
  2. 基原:キカン科、柄果花椒の根皮または樹皮。


馬銭子(マチンシ)《本草綱目》
  1. 異名:「番木鼈」「牛銀」「馬前」「大方八」
  2. 基原:フジウツギ科、馬銭の熟した種子。


茉莉花(マツリカ)《本草綱目》
  1. 異名:「小南強」「木梨花」
  2. 基原:モクセイ科、茉莉の花。


茉莉花露(マツリカロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:モクセイ科、茉莉の花の蒸留液。


茉莉根(マツリコン)《本草綱目》
  1. 基原:モクセイ科、茉莉


茉莉葉(マツリヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 原植物:モクセイ科、茉莉


磨盤草(マンバソウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「金花草」「耳響草」「白麻」
  2. 基原:アオイ科、磨盤草(和名:シマイチビ)の全草。


磨盤草子(マバンソウシ)《中草薬手冊》
  1. 基原:アオイ科、磨盤草(和名:シマイチビ)種子。


麻腐(マフ)《薬鏡》
  1. 異名:「胡麻腐」
  2. 基原:ゴマ科、脂麻(和名:ゴマ)の種子を緑豆の真粉と混ぜ合わせた加工品。


麻瘋樹(マフウジュ)《広西中草薬》
  1. 基原:トウダイグサ科、麻瘋樹の葉と樹皮。


麻布七(マフシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「破骨七」「麻布袋」「九連環」「花花七」「竜骨七」
  2. 基原:キンポウゲ科、高烏頭(和名:シナノレイジンソウ)の根。


麻(マフン)《神農本草経》
  1. 異名:「麻勃」「青葛」
  2. 基原:クワ科、大麻(和名:アサ)の若い果穂。


麻葉(マヨウ)《薬性論》
  1. 異名:「火麻頭」
  2. 基原:クワ科、大麻(和名:アサ)の葉。


麻妹条葉(ママイジョウヨウ)《貴州草薬》
  1. 基原:ニシキギ科、粉背南蛇藤の葉。


麻油(マユ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「脂麻油」「胡麻油」「生油」「香油」
  2. 基原:ゴマ科、脂麻(和名:ゴマ)の種子から搾り取った脂肪油。


麻葉繍球(マヨウシュウキュウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「山茴香」
  2. 基原:バラ科、繍球繍線菊(和名:イワガサ)の根、根皮。


麻葉繍球果(マヨウシュウキュウカ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:バラ科、繍球繍線菊(和名:イワガサ)の果実。


麻柳果(マリュウカ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「一群鴨」
  2. 基原:クルミ科、楓楊の果実。


麻柳葉(マリュウヨウ)《草木便方》
  1. 基原:クルミ科、楓楊の葉。


蔓烏頭(マンウズ)《東北薬用植物原色図志》
  1. 異名:「細葉蔓烏頭」「鶏頭草」
  2. 基原:キンポウゲ科、蔓烏頭の塊茎。


蔓荊子(マンケイシ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「蔓荊実」「荊子」「蔓青子」
  2. 基原:クマツヅラ科、
    1. 単葉蔓荊(和名:ハマゴウ)
    2. 蔓荊(和名:ミツバハマゴウ)の果実。


蔓荊子葉(マンケイシヨウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「白背葉」
  2. 基原:クマツヅラ科、
    1. 単葉蔓荊(和名:ハマゴウ)
    2. 蔓荊(和名:ミツバハマゴウ)の葉、枝葉。


満江紅(マンコウコウ)《本草綱目》
  1. 異名:「紅浮萍」「草無根」
  2. 基原:アカウキクサ科、満江紅(和名:アカウキクサ)の全草。


満江紅根(マンコウコウコン)《貴州民間方薬集》
  1. 原植物:アカウキクサ科、満江紅(和名:アカウキクサ)


蔓胡頽子(マンコタイシ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「桂香柳」「抱君子」「半春子」
  2. 基原:グミ科、蔓胡頽子(和名:ツルグミ)の果実。


蔓胡頽子根(マンコタイシコン)《常用中草薬手冊》
  1. 基原:グミ科、蔓胡頽子(和名:ツルグミ)の根、根皮。


蔓胡頽子葉(マンコタイシヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 基原:グミ科、蔓胡頽子(和名:ツルグミ)の枝葉。


満山紅(マンザンコウ)《東北常用中草薬手冊》
  1. 異名:「映山紅」「山崩子」
  2. 基原:ツツジ科、興安杜鵑(和名:エゾムラサキツツジ)の葉。


満山紅根(マンザンコウコン)《医薬衛生科技資料》
  1. 基原:ツツジ科、興安杜鵑(和名:エゾムラサキツツジ)の根。


万寿菊(マンジュギク)《植物名実図考》
  1. 異名:「臭芙蓉」「金菊」「黄菊」「紅花」「蜂窩菊」「金鶏菊」
  2. 基原:キク科、万寿菊(和名:センジュギク)の花序。


万寿菊葉(マンジュギクヨウ)《南寧市薬物志》
  1. 原植物:キク科、万寿菊(和名:センジュギク)


万丈深(マンジュウシン)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「馬尾参」「細草」「竹葉青」「刷把細辛」「漿参」
  2. 基原:キク科、万丈深の根。


万丈深茎葉(マンジョウシンケイヨウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 基原:キク科、万丈深の茎葉。


曼陀茄根(マンダカコン)《雲南中草薬》
  1. 基原:ナス科、曼陀茄の根。


曼陀羅根(マンダラコン)《陸川本草》
  1. 基原:ナス科
    1. 白曼陀羅(和名:チョウセンアサガオ)
    2. 毛曼陀羅の根。


曼陀羅子(マンダラシ)《本草綱目》
  1. 異名:「酔葡萄」「天茄子」「酔仙桃」「六軸子」
  2. 基原:ナス科
    1. 白曼陀羅(和名:チョウセンアサガオ)
    2. 毛曼陀羅の果実、種子。


曼陀羅葉(マンダラヨウ)《現代実用中薬》
  1. 基原:ナス科
    1. 白曼陀羅(和名:チョウセンアサガオ)
    2. 毛曼陀羅の葉。


満天星(マンテンセイ)《陜西中草薬》
  1. 基原:ミズゴケ科、細葉泥炭蘇の全草。


万年松(マンネンショウ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:ヒカゲノカズラ科、万生松の全草。


万年青花(マンネンセイカ)《本草綱目拾遺》
  1. 原植物:ユリ科、万年青(和名:オモト)。


万年青根(マンネンセイコン)《薬性考》
  1. 異名:「開口剣」「牛尾七」「白河車」「竹根七」「青竜胆」
  2. 基原:ユリ科、万年青(和名:オモト)の根、根茎。


万年青葉(マンネンセイヨウ)《本草新編》
  1. 原植物:ユリ科、万年青(和名:オモト)


鰻魚(マンレイギョ)《名医別録》
  1. 異名:「白」「風鰻」「白鰻」「鰻魚」
  2. 基原:ウナギ科、鰻(和名:ウナギ)の全体、肉。


鰻魚血(マンレイギョケツ)《本草綱目》
  1. 原動物:ウナギ科、鰻(和名:ウナギ)


鰻魚膏(マンレイギョコウ)《本草綱目》
  1. 基原:ウナギ科、鰻(和名:ウナギ)の脂肪。


鰻魚骨(マンレイギョコツ)《本草綱目》
  1. 原動物:ウナギ科、鰻(和名:ウナギ)




生薬名・「異名」(出典)・基原



関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査