ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ニ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






ニ 生薬名・「異名」(出典)・基原
肉蓯蓉(ミクジュヨウ)《神農本草経》
  1. 異名:「蓯蓉」「地精」「肉松蓉」「金荀」
  2. 基原:ハマウツボ科、
    1. 肉蓯蓉
    2. 蓯蓉
    3. 迷肉蓯蓉などの肉質茎。


肉豆蔲(ニクズク)《薬性論》
  1. 異名:「豆蔲」「肉果」
  2. 基原:ニクズク科、肉豆蔲(和名:ニクズク)の種子。


肉豆蔲衣(ニクズクイ)《中薬志》
  1. 異名:「肉豆蔲花」「玉果花」
  2. 基原:ニクズク科、肉豆蔲(和名:ニクズク)の仮種皮。


肉爬皂(ニクハソウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「水指甲」
  2. 基原:ツリフネソウ科、肉爬皂の全草or根。


二色内風消(ニショクナイフウショウ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「両色五味子」「北五味子」「香蘇子」
  2. 基原:マツブサ科、二色内風消の根及び根茎、果実をつけることもある。


二色補血草(ニショクホケツソウ)《甘粛中草薬手冊》
  1. 異名:「補血草」「匙葉草」
  2. 基原:イソマツ科、二色補血草の根つき全草。


肉桂(ニッケイ)《唐本草》
  1. 異名:「牝桂」「紫桂」「大桂」「辣桂」「桂皮」「玉桂」
  2. 基原:クスノキ科、肉桂(和名:ケイ)の幹皮と枝皮。


肉桂油(ニッケイユ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「桂皮油」
  2. 基原:クスノキ科、肉桂(和名:ケイ)の樹皮、枝、葉を蒸留して得た芳香油。


日照瓢払草(ニッショウヒョウフツソウ)《浙江民間常用草薬》
  1. 異名:「鵝草」
  2. 基原:カヤツリグサ科、日照瓢払草(和名:ヒデリコ)の全草。


乳香(ニュウコウ)《名医別録》
  1. 異名:「燻陸香」「馬尾香」「乳頭香」「西香」「天沢香」「摩勒香」「多加羅香」「浴香」
  2. 基原:カンラン科、氏乳香樹(カシニュウコウジュ)の膠質の樹脂。


入地金牛(ニュウジキンギュウ)《本草求原》
  1. 異名:「蔓椒」「豕椒(シショウ)」「猪椒」「狗椒」「金椒」「山椒」「両辺針」「上山虎」「出山虎」
  2. 基原:ミカン科、両面針(和名:テリハザンショウ)の根または枝葉。


入地蜈蚣(ニュウジゴコウ)《広西薬植図志》
  1. 異名:「水蜈蚣」
  2. 基原:ミヤコジマハナワラビ科、七指蕨(雨医:ミヤコジマハナワラビ)の根茎。


乳白香青(ニュウハクコウセイ)《青海常用中草薬手冊》
  1. 異名:「大予香艾」
  2. 基原:キク科、乳白香青の乾燥した全草。


乳腐(ニュウフ)《嘉祐本草》
  1. 異名:「乳餅」
  2. 基原:牛乳などの乳類の加工品。


尿桶弓(ニョウトウキョウ)《陸川本草》
  1. 異名:「水腫木」「火傷木」「山木香」「羊角」「三角果」
  2. 基原:マメ科、亮葉囲涎樹(和名:タマザキゴウカン)の枝と葉。


二葉舞鶴草(ニヨウブカクソウ)「甘粛中草薬手冊」
  1. 基原:ユリ科、二葉舞鶴草(和名:ヒメカイズルソウ)の全草。


尿泡草(ニョウホウソウ)《陜甘寧青中草薬選》
  1. 異名:「羊卵泡」
  2. 基原:マメ科、苦馬豆の果実。


人参(ニンジン)《神農本草経》
  1. 異名:「鬼蓋」「神草」「血参」「黄参」「地精」「土精」「百尺杵」「孩児参」
  2. 基原:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)の根。


人参花(ニンジンカ)《中薬志》
  1. 原植物:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)


人参果(ニンジンカ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「人頭七」
  2. 基原:ラン科、角盤蘭(和名:クシロチドリの全草。)


人参子(ニンジンシ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)の果実。


人参鬚(ニンジンシュ)《本経逢原》
  1. 基原:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)の細い支根、ひげ根。


人参条(ニンジンジョウ)《本草従新》
  1. 基原:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)の根茎上にある不定根。


人参葉(ニンジンヨウ)《増訂偽薬条弁》
  1. 異名:「参葉」
  2. 原植物:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)


人参蘆(ニンジンロ)《本草蒙筌》
  1. 異名:「竹節参」
  2. 基原:ウコギ科、人参(和名:オタネニンジン)の根茎。


忍冬藤(ニンドウトウ)《神農本草経》
  1. 異名:「千金藤」「忍冬草」「金銀藤」「金銀花藤」「老翁鬚」「鴛鴦草」
  2. 基原:スイカズラ科、忍冬(和名:スイカズラ)の茎葉。


寧波洩疏(ニンポウソウソ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「老鼠竹」「空心付常山」
  2. 基原:ユキノシタ科、寧波洩疏の葉および根。


人面子(ニンメンシ)《本草綱目》
  1. 基原:ウルシ科、人面子の果実。


人面子根皮(ニンメンシコンピ)《嶺南採薬録》
  1. 原植物:ウルシ科、人面子


生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査