ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(タ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





 生薬名・「異名」(出典)・基原
大一面鑼(ダイイチメンラ)《四川中薬志》
  1. 異名:「白毛草」
  2. 基原:イワタバコ科、大一面鑼の全草または根。


大一枝箭(ダイイッシセン)《南本草》
  1. 異名:「鉄色箭」「鹿葱」「祖先花」「岩大蒜」
  2. 基原:ヒガンバナ科、黄花石蒜(和名:ショウキズイセン)の鱗茎。


大烏泡(ダイウホウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「倒生根」「黄水泡」
  2. 基原:バラ科、大烏泡の根。


大烏泡根(ダイウホウコン)《分類草薬性》
  1. 異名:「烏泡」
  2. 基原:バラ科、川莓の根あるいは葉。


大黄(ダイオウ)《神農本草経》
  1. 異名:「将軍」「火参」「黄良」「錦紋大黄」「川軍」「峻」
  2. 基原:タデ科、
    1. 掌葉大黄
    2. 唐古特大黄
    3. 薬用大黄の根茎。


大黄茎(ダイオウケイ)《唐本草》
  1. 基原:タデ科、
    1. 掌葉大黄
    2. 唐古特大黄
    3. 薬用大黄の地上茎or幼芽。


大黄蜂子(ダイオウホウシ)《神農本草経》
  1. 異名:「露蜂房子」
  2. 基原:スズメバチ科、大黄蜂(和名:キボシアシナガバチ)の幼虫。


大花衛矛果(ダイカエイボウカ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:ニシキギ科、大花衛矛の果実。


大萼鹿角藤(ダイガクロッカクトウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「土杜仲」
  2. 基原:キョウチクトウ科、大萼鹿角藤の巻つき茎。


大鵝児腸(ダイガジチョウ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「黒牽牛」「寸金草」「通経草」
  2. 基原:ナデシコ科、大繁縷(和名:オオヤマハコベ)の全草または根。


大火草根(ダイカソウコン)《重慶草薬》
  1. 異名:「大頭翁」「土白頭翁」
  2. 基原:キンポウゲ科、大火草の根。


大過路黄(ダイカロオウ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「姜花草」「痰薬」
  2. 基原:サクラソウ科、聚葉珍珠菜の全草。


大九股牛(ダイキュウコギュウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「緑天麻」
  2. 基原:カエデ科、多檳槭(タビンセキ)の根。


大九節鈴(ダイキュウセツレイ)《雲南中草薬》
  1. 基原:ブドウ科、艾葉酸藤(ガイヨウサイレントウ)の根。


帯魚(タイギョ)《本草従新》
  1. 異名:「鞭魚」「帯柳」「海刀魚」
  2. 基原:タチウオ科、帯魚の肉。


大魚鰾花(ダイギョウヒョウカ)《峨眉薬植》
  1. 基原:ユリ科、粉葉玉簪(フンヨウギョクシン:和名:トウギボウシ)の根、花。


大金牛草(ダイキンギュウソウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:
    • 「金不換」「紫背金牛」「大蘭草」「肥児草」「午後合」「大金不換」「金牛遠志」
  2. 基原:ヒメハギ科、金不換(和名:シンチクヒメハギ)の根つき全草or根。


大金銀花(ダイキンギンカ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:スイカズラ科、山金銀花の全草。


大金香炉(ダイキンコウロ)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「石老虎」「仮豆稔」「自爆牙郎」
  2. 基原:ノボタン科、展毛野牡丹の根、葉。


大金銭草(ダイキンセンソウ)《重慶草薬》
  1. 異名:
    • 「神仙対坐草」「地蜈蚣」「蜈蚣草」「過路黄」「銅銭草」「野花生」「仙人対坐草」「四川大金銭草」「一串銭」「臨時救」「黄疸草」「銅銭花」「大連銭草」「遍地黄」「小茄」
  2. 基原:サクラソウ科、過路黄の全草、あるいは根つき全草。


大金刀(ダイキントウ)《湖南薬物志》
  1. 異名:「青巻蓮」「肺経草」「青竹標」
  2. 基原:ウラボシ科、盾蕨(ジュンケツ)の全草。


大金髪蘚(ダイキンハツセン)《中国薬植志》
  1. 異名:「独根草」「小松柏」「眼丹薬」「万年杉」「一口血」
  2. 基原:スギゴケ科、大金髪蘚(和名:ウマスギゴケ)の全草。


大狗尾草(ダイクビソウ)《江西草薬》
  1. 異名
  2. 基原:イネ科、大狗尾草(和名:アキノエノコログサ)の全草or根。


大苦溜溜(ダイクリュウリュウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「螺旋茄」「百両金」「苦涼菜」
  2. 基原:ナス科、旋花茄の全体。


大(ダイケイ)《神農本草経集注》
  1. 異名:
    • 「馬」「虎」「鶏脚刺」「山牛蒡」「山羅蔔」「牛口刺」「馬刺草」「馬刺刺」「牛口舌」「土紅花」「鳥不朴」「牛不臭」
  2. 基原:キク科、大(和名:ノアザミ)の全草、根。


大戟(ダイゲキ)《神農本草経》
  1. 異名:「下馬仙」
  2. 基原:
    1. トウダイグサ科、大戟(和名:タカトウダイ)
    2. アカネ科、紅芽大戟の根。


大血藤(ダイケットウ)《簡易草薬》
  1. 異名:
    • 「血藤」「紅藤」「紅皮藤」「五花血藤」「赤沙藤」「蕨心藤」「活血藤」「花血藤」「過血藤」「八卦藤」「黄鶏藤」「山紅藤」「紅血藤」「黄省藤」「魚藤」「千年健」「大活血」「血通」「血木通」「血陳根」「半血蓮」「穿尖竜」「五花七」「大血通」「五花血通」
  2. 基原:アケビ科、大血藤の茎。


大剣葉木(ダイケンヨウボク)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「竹節蘭」
  2. 基原:リュウゼツラン科、三花剣葉木の根。


大香附子(ダイコウブシ)《貴州草薬》
  1. 異名:「」三稜草」
  2. 基原:カヤツリグサ科、磚子苗の全草、根。


大紅袍(ダイコウホウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「豆弁柴」「砕米果」
  2. 基原:ヤブコウジ科、鉄仔の根、全草。


大黒蒿(ダイコクコウ)《雲南中草薬》
  1. 基原:キク科、密花艾納香の全株。


大黒頭草(ダイコクトウソウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「黄薬」「大黄薬」「一号黄薬」「吊吊黄」「小香薷」
  2. 基原:シソ科、垂花香薷の全草。


大黒薬(ダイコクヤク)《昆明民間常用草薬》
  1. 基原:キク科、翼茎旋覆花の根。


大虎耳草(ダイコジソウ)《貴州草薬》
  1. 基原:キニノシタ科、大虎耳草の全草。


大蓑衣藤根(ダイサイトウコン)《陜西中草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、粗歯鉄線蓮の根。


対叉疔薬(タイサチョウヤク)《貴州草薬》
  1. 異名:「飛蛾草」「羊諦草」「半截葉」「四方台」
  2. 基原:トケイソウ科、杯葉西番蓮の全草、根。


大蒜(ダイサン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「胡蒜」「葫」「独蒜」「独頭蒜」
  2. 基原:ユリ科、大蒜(和名:ニンニク)の鱗茎。


大刺児菜(ダイシジサイ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「大」
  2. 基原:キク科、大刺児菜の全草。


太子参(タイシジン)《本草従新》
  1. 異名:「孩児参」「童参」
  2. 基原:ナデシコ科、異葉仮繁縷(和名:ワダソウ)の塊根。


大沙葉(ダイシャヨウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「大葉満天星」
  2. 基原:アカネ科、大沙葉の茎と葉。


大樹跌打(ダイジュテツダ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:トウダイグサ科、黄桐の樹皮と葉。


漿果(ダイショウカ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「牛子」「大山枇杷」
  2. 基原:クワ科、異葉榕(イヨウヨウ)の果実。


漿柴胡(ダイショウサイコ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「竹葉青」「痩地草」「細防風」
  2. 基原:キク科、漿柴胡の全草。


漿参(ダイショウジン)《昆明民間常用中草薬》
  1. 異名:「万丈深」「馬尾参」「還陽参」
  2. 基原:キク科、漿柴胡の根。


待宵草(タイショウソウ)《中国高等植物図鑑》
  1. 異名:「香待宵草」「夜来香」「月下香」「月見草」
  2. 基原:アカバナ科、待宵草(和名:マツヨイグサ)の根。


大蕉皮(ダイショウヒ)《広東中薬》
  1. 基原:バショウ科、甘蕉(和名:バナナ)の果皮。


大二郎箭(ダイジロウセン)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「蝦子草」「過江藤」
  2. 基原:クマツヅラ科、大二郎箭の全草。


大伸筋(ダイシンキン)《雲南中草薬》
  1. 基原:モクレン科、小花五味子の根。


大人血七(ダイジンケツシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「野人血草」「大金盆」
  2. 基原:ケシ科、人血草の根つき全草、根。


大豆黄巻(ダイズオウケン)《神農本草経》
  1. 異名:「大豆巻」「大豆檗」「黄巻」「黄巻皮」「豆黄巻」
  2. 基原:マメ科、大豆(和名:ダイズ)の種子(黒大豆)が発芽したのち日干ししたもの。


大青根(ダイセイコン)《福建民間草薬》
  1. 異名:「臭根」「野地骨」「土地骨皮」
  2. 基原:クマツヅラ科、路辺青(和名:マキバクサギ)の根。


大青草(ダイセイソウ)《蘇州本産薬材》


大青葉(タイセイヨウ)《唐本草》
  1. 異名:「大青」
  2. 基原:
    1. クマツヅラ科、路辺青
    2. タデ科、蓼藍(和名:アイ)
    3. アブラナ科、菘藍
    4. アブラナ科、草大青
    5. キツネノゴマ科、馬藍(和名:リュウキュウアイ)などの葉まあは枝葉。


大石韋(ダイセキイ)《浙江中薬資源名録》
  1. 基原:ウラボシ科、矩円線蕨(和名:オオバヤリノホラン)の全草。


大接骨丹(ダイセッコツタン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「水東瓜」「水五加」「接骨草樹」
  2. 基原:ミズキ科、歯葉叨里木(ショウトウリボク)の根、花、葉。


対節樹根(タイセツジュコン)《貴州草薬》
  1. 異名:「小紅米果根」
  2. 基原:クマツヅラ科、紅紫珠の根。


対節葉(タイセツヨウ)《貴州草薬》
  1. 基原:キツネノゴマ科、対節葉の葉。


対節葉根(タイセツヨウコン)《貴州草薬》
  1. 原植物:キツネノゴマ科、対節葉


大箭(ダイセン)《四川常用中草薬》
  1. 基原:オモダカ科、窄葉沢瀉(和名:ヘラオッモダカ)の全草。


大筌麻(ダイセンマ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「大銭麻」「蝎子草」「蕁麻」
  2. 基原:イラクサ科、大蝎子草の全草、根。


大棗(タイソウ)《神農本草経》
  1. 異名:「乾棗」「美棗」「良棗」「紅棗」
  2. 基原;クロウメモドキ科、棗(和名:ナツメ)の熟した果実。


大草(ダイソウク)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「草蔲」「草豆蔲」
  2. 基原:ショウガ科、艶山姜(和名:ゲットウ)の種子。


大巣菜(ダイソウサイ)《本草綱目》
  1. 異名:「垂水」「巣菜」「野豌豆」「野麻豌」「野菜豆」
  2. 基原:マメ科、大巣菜(和名:オオヤハズエンドウ)の全草。


玳玳花(タイタイカ)《薬材資料彙編》
  1. 異名:「枳殻花」「代代花」
  2. 基原:ミカン科、玳玳花の蕾。


大対経草(ダイタイケイソウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「大花金糸桃」「老君茶」
  2. 基原:オトギリソウ科、突脈金糸桃の全草。


対対参(タイタイジン)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「壮精丹」
  2. 基原:ラン科、長距鳥足蘭の根。


大地棕根(ダイチソウコン)《四川中薬志》
  1. 基原:ヒガンバナ科、大葉仙茅の根茎。


大茶根(ダイチャコン)《広西薬植名録》
  1. 異名:「大洋藤」「玉葉金花」「膠鳥藤」
  2. 基原:アカネ科、齧状玉葉金花の茎葉。

大茶薬根(ダイチャヤクコン)《嶺南草薬志》
  1. 異名:「大茶根」「断腸草根」「猪人参」
  2. 基原:フジウツギ科、胡蔓藤の根、根皮。

椎(ダイツイ)《河南中草薬手冊》
  1. 基原:マメ科、刺果甘草(和名:イヌカンゾウ)の果実。

大丁草(ダイテイソウ)《本草綱目》
  1. 異名:「焼金草」「苦馬菜」「米湯菜」「鶏毛蒿」「竜根草」
  2. 基原:キク科、大丁草(和名:センボンヤリ)の全草、根付き全草。


大根(ダイテイコン)《生草薬性備要》
  1. 基原:木藍の根。


耐冬果(タイトウカ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「黒牛筋」「刀口薬」
  2. 基原:バラ科、小葉子の葉


大頭狗(ダイトウク)《陸川本草》
  1. 異名:「土子」
  2. 基原:コオロギ科、油葫藘の全虫。


大透骨消(ダイトウコツショウ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「透骨消」
  2. 基原:ツツジ科、地檀香の根、葉。


大透骨草(ダイトウコツソウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 基原:ツツジ科、尾葉越橘の全草。


大銅銭菜(ダイソウセンサイ)《貴州草薬》
  1. 基原:セリ科、中華天胡の全草。


大頭陳(ダイトウチン)《嶺南菜薬録》
  1. 異名:「千捶草」「土夏枯草」「地松茶」「仮薄荷」「神麹草」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、球花毛麝香の花をつけた全草。


大独葉草(ダイドクヨウソウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「化血丹」
  2. 基原:キク科、大独葉草の根と葉。


大粘薬(ダイネンヤク)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「土升麻」
  2. 基原:イラクサ科、紅霧水葛の根、葉。


大肺筋草(ダイハイキンソウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「肺経草」「半辺蓮」「血経草」「烏兜」「一支箭」
  2. 基原:セリ科、薄片変豆菜の全草。


大麦(ダイバク)《神農本草経集注》
  1. 異名:「牟麦」「飯麦」「赤膊麦」
  2. 基原:イネ科、大麦(和名:オオムギ)の果実。


大麦(ダイバクカツ)《本草綱目》
  1. 基原:イネ科、大麦(和名:オオムギ)の生長した後の黄色く枯れた茎桿。


大麦醋糟(ダイバクサクソウ)《食療本草》
  1. 基原:大麦で酢を製造したあとに残ったかす。


大麦苗(ダイバクビョウ)《本草綱目》
  1. 基原:イネ科、大麦(和名:オオムギ)幼苗


太白花(タイハクカ)《陜西中草薬》
  1. 基原:ハナゴケ科、雀児石蕊の枝状体。


太白菊(タイハクギク)《陜西中草薬》
  1. 異名:「肺経草」
  2. 基原:キク科、太白菊の全草。


太白三七(タイハクサンシチ)《陜西中草薬》
  1. 基原:セリ科、紅花芹の根。


太白小紫菀(タイハクショウシオン)《陜西中草薬》
  1. 基原:キク科、垂頭菊の全株。


太白参(タイハクジン)《陜西中草薬》
  1. 異名:「太白洋参」「黒洋参」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 大衛馬先蒿
    2. 粗野馬先蒿
    3. 鄧氏馬先蒿
    4. 美観馬先蒿などの根茎。


大白頂草(ダイハクチョウソウ)《貴州草薬》
  1. 基原:キク科、大白頂草の全草。


太白貝母(タイハクバイモ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「太貝」
  2. 基原:ユリ科、太白貝母の鱗茎。


大白薬(ダイハクヤク)《雲南中草薬選》
  1. 異名
  2. 基原:ガアイモ科、大白薬の全株。

太白鹿角(タイハクロッカク)《陜西中草薬》
  1. 異名:「太白針」「細石蕊」
  2. 基原:ハナゴケ科、匙石蕊の地衣体。


対馬耳蕨(タイバジケツ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「小葉金鶏尾巴草」
  2. 基原:オシダ科、対馬耳蕨(和名:ヒメカナワラビ)の全草と根茎。


対馬耳蕨根(タイバジケツコン)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:オシダ科、対馬耳蕨(和名:ヒメカナワラビ)根茎。

大発汗(ダイハッカン)《文山中草薬》
  1. 基原:マメ科、白花藤蘿(和名:シラフジ)の根。


大駁骨(ダイバッコツ)《広西中薬志》
  1. 異名:「竜頭草」「大骨風」「大駁骨丹」「接骨木」「大骨砕」「大接骨」
  2. 基原:キツネノゴマ科、鴨嘴花の枝葉。


大駁骨丹(ダイバッコツタン)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「鴨仔花」「大還魂」「大接骨草」「大駁節」「鴨公青」「救命王」
  2. 基原:キツネノゴマ科、黒葉爵床の茎葉。


大飛揚(ダイヒヨウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「蝴蝶風」「羊蹄藤」「夜合葉」
  2. 基原:マメ科、馬鞍羊蹄甲の枝葉、根。


大飛揚草(ダイヒヨウソウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「大飛羊」「飛揚」「節節花」「白乳草」「母草」
  2. 基原:トウダイグサ科、飛揚草の全草、あるいは根のついた全草。


大尾揺(ダイビョウ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「斑草」「猫尾草」「象鼻草」
  2. 基原:ムラサキ科、大尾揺(和名:ナンバンルリソウ)の全草、根。


大風子(ダイフウシ)《本草衍義補遺》
  1. 異名:「大楓子」
  2. 基原:イイギリ科、大風子の成熟した種子。


大風子油(ダイフウシユ)《本草綱目》
  1. 異名:「大風油」
  2. 基原:イイギリ科、大風子の種仁の脂肪油。


大腹皮(ダイフクヒ)《薬譜》
  1. 異名:「檳榔皮」「大腹毛」「茯毛」
  2. 基原:ヤシ科、檳榔の果皮。

大浮萍(ダイフヒョウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「水浮萍」
  2. 基原:サトイモ科、水浮蓮の全草。


太平莓(タイヘイバイ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「老虎」
  2. 基原:バラ科、太平莓の全草。


大泡通(ダイホウツウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「大通塔」「柴厚朴」「野巴戟」
  2. 基原:ウコギ科、穂序鵞掌柴の根、根皮。

大泡通皮(ダイホウツウヒ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:ウコギ科、穂序鵞掌柴の茎皮。

大泡通葉(ダイホウツウヨウ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:ウコギ科、穂序鵞掌柴の葉。


大苞葉千斤拔(ダイホウヨウセンキンバツ)《貴州草薬》
  1. 異名:「麒麟尾」「山羅蔔」
  2. 基原:マメ科、大苞葉千斤拔の根。

大苞葉千斤拔葉(ダイホウヨウセンキンバツヨウ)《貴州草薬》
  1. 基原:マメ科、大苞葉千斤拔の葉。

大母猪藤(ダイボチョトウ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「野葡萄」
  2. 基原:ブドウ科、大葉烏莓の根と葉。

大子薬(ダイボツシヤク)《貴州民間薬物》
  1. 基原:イワタバコ科、歪冠苦苣苔の根。

玳瑁(タイマイ)《開宝本草》
  1. 基原:ウミガメ科、玳瑁(和名:タイマイ)の甲片。


玳瑁肉(タイマイニク)《食性本草》
  1. 原動物:ウミガメ科、玳瑁(和名:タイマイ)

大麻薬(ダイマヤク)《雲南中草薬》
  1. 異名:「麻里麻」「麻三段」「「大豆莢」
  2. 基原:マメ科、豆(レンヘントウ)の根あるいは葉。


大毛紅花(ダイモウコウカ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「大巴巴葉」「大紅毛葉」
  2. 基原:アオギリ科、大翅子樹の樹皮。


大毛桐子根(ダイモウトウシコン)《四川中薬志》
  1. 基原:トウダイグサ科、毛桐の根。


大夜関門(ダイヤカンモン)《貴州草薬》
  1. 異名:「関門草」「羊蹄風」
  2. 基原:マメ科、多脈要羊蹄甲の葉。

大夜関門根(ダイヤカンモンコン)《貴州草薬》
  1. 基原:マメ科、多脈要羊蹄甲の根。


大葉葉(ダイヨウアンヨウ)《中国薬植図鑑》
  1. 基原:フトモモ科、大葉(ダイヨウアン)の葉。

大葉雲実(ダイヨウウンジツ)《貴州草薬》
  1. 異名:「鉄藤」「刺藤」
  2. 基原:マメ科、大葉雲実の枝、果実、根。

大葉沿階草(ダイヨウエンカイソウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「八宝鎮心丹」
  2. 基原:ユリ科、大葉沿階草の塊根。

大葉花椒(ダイヨウカショウ)《湖南薬物志》
  1. 異名:「見血飛」「山枇杷」「岩花椒」「鑽山虎」「単面針」
  2. 基原:ミカン科、大葉花椒の果実or種子。

大葉花椒茎葉(ダイヨウカショウケイヨウ)《湖南薬物志》
  1. 基原:ミカン科、大葉花椒の茎皮or葉。

大葉金花草(ダイヨウキンカソウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「野黄連」「水黄連」「雪仙草」「上樹細辛草」「金花草」「細葉鳳凰尾」
  2. 基原:イノモトソウ科、烏蕨(ウケツ)の全草or根状茎。

大葉香薷(ダイヨウコウジュ)《常用中草薬配方》
  1. 異名:「熱草」
  2. 基原:シソ科、疎花薺(和名:ヒメジソ)の全草。

大葉鉤藤(ダイヨウコウトウ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「大鉤丁」「双鉤藤」
  2. 基原:アカネ科、大葉鉤藤の鉤ある茎、枝。

大葉鉤藤根(ダイヨウコウトウコン)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:アカネ科、大葉鉤藤の根。

大葉菜(ダイヨウサイ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「山扁柏」「水柏枝」「石上柏」
  2. 基原:イワヒバ科、深緑巻柏(和名:オニクラマゴケ)の全草。

対葉散花(ダイヨウサンカ)《湖南薬物志》
  1. 異名:「猪婆子藤」「小魚辣樹」
  2. 基原:スイカズラ科、宜昌莢の茎と葉、根。

対葉四塊瓦(タイヨウシカイガ)《貴陽民間薬草》
  1. 異名:「四葉蓮」「四塊瓦」「四児風」「四葉箭」「四葉金」「四葉麻」
  2. 基原:センリョウ科、及己(和名:フタリシズカ)の茎葉。

大葉紫珠(ダイヨウシシュ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「仮大艾」「白骨風」「大風葉」
  2. 基原:クマツヅラ科、大葉紫珠の根、葉。

大葉蛇総管(ダイヨウジャソウカン)《広西中草薬》
  1. 異名:「藿香」「山薄荷」「藍花柴胡」
  2. 基原:シソ科、顕脈香茶葉の全草。


太陽針(タイヨウシン)《陜西中草薬》
  1. 基原:タマゴケ科、平珠蘇の全草。

大葉千斤拔根(ダイヨウセンキンバツコン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「天根不倒」「千斤紅」
  2. 基原:マメ科、大葉千斤拔(和名:エノキマメ)の根。


対葉草(ダイヨウソウ)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 異名:「牛心朴」「牛心秧」
  2. 基原:ガガイモ科、華北白前の全草。


対葉豆(タイヨウトウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:マメ科、有翅決明(和名:ハネセンナ)の葉。


大葉楠根(ダイヨウナンコン)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:クスノキ科、大葉楠の根。


大葉白頭翁(ダイヨウハクトウオウ)《四川中薬志》
  1. 意味江:「一面青」「山萩」「大火草」
  2. 基原:キク科、香青(和名:ヤハズハハコ)の全草or根つき全草。


大葉馬尾連(ダイヨウバビレン)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:キンポウゲ科、大葉唐松草の根と根茎。


大葉鳳尾(ダイヨウホウビ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「双鳳尾」「金鶏尾」「鳳尾草」「井口辺草」「井辺草」
  2. 基原:ワラビ科、鳳尾蕨の全草。


対葉林(タイヨウリン)《貴州草薬》
  1. 基原:ガガイモ科、柔毛吊灯花の全草。


対葉林根(タイヨウリンコン)《貴州草薬》
  1. 基原:ガガイモ科、柔毛吊灯花の根。

大葉狼豆柴(ダイヨウロウトウサイ)《貴州草薬》
  1. 基原:マメ科、梯氏木藍(和名:リュウキュウコマツナギ)の根。

大葉狼豆柴葉(ダイヨウロウトウサイヨウ)《貴州草薬》
  1. 基原:マメ科、梯氏木藍(和名:リュウキュウコマツナギ)の葉。


大良姜(ダイリョウキョウ)《広西中草薬》
  1. 異名:「山姜」「良姜」
  2. 基原:ショウガ科、大高良姜(和名:ナンキョウソウ)の根茎。


大緑藤(ダイリョクトウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:ブドウ科、大緑藤の茎とつる。


大狼毒(ダイロウドク)《南本草》
  1. 基原:トウダイグサ科、大狼毒の根。


糯芋(ダウ)《雲南中草薬》
  1. 基原:アカバナ科、柳蘭(和名:ヤナギラン)の根、


打火草(ダカソウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「香青」
  2. 基原:キク科、尼泊爾香青の全草。


多花八角蓮(タカハッカクレン)《湖南薬物志》
  1. 基原:メギ科、多花八角蓮の塊茎。


多花野牡丹(タカヤボタン)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「野広石榴」
  2. 基原:ノボタン科、多花野牡丹の全株。


沢漆(タクシツ)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「漆茎」「猫児眼睛草」「五鳳草」「五盞灯」「五点草」「馬虎草」「竜虎草」「倒毒傘」「乳漿草」
  2. 基原:トウダイグサ科、沢漆(和名:トウダイグサ)の全草。


沢瀉(たくしゃ)《神農本草経》
  1. 異名:「水瀉「」「芒芋」「沢芝」「及瀉」
  2. 基原:オモダカ科、沢瀉(和名:サジオモダカ)の塊茎。


沢瀉実(たくしゃじつ)《名医別録》
  1. 基原:オモダカ科、沢瀉(和名:サジオモダカ)の果実。


沢瀉葉(たくしゃヨウ)《名医別録》
  1. 基原:オモダカ科、沢瀉(和名:サジオモダカ)の葉。


啄木鳥(タクボクチョウ)《本草綱目》
  1. 異名:「山啄木」「火老鴉」
  2. 基原:キツツキ科、緑啄木鳥の肉or全体。


托腰散(タクヨウサン)《四川常用中草薬》
  1. 基原:ガガイモ科、朱砂藤の根。


沢蘭(タクラン)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「虎蘭」「竜棗」「虎蒲」「小沢蘭」「風薬」「蛇王草」「蛇王菊」「地環秧」「甘露秧」
  2. 基原:シソ科、地瓜児苗の茎葉。


多茎野豌豆(アケイヤエンドウ)《高源中草薬治療手冊》
  1. 基原:マメ科、多茎野豌豆の全草。


甲(タコウ)《神農本草経》
  1. 異名:「魚甲(タギョウコウ)」
  2. 基原:アリゲーター科、揚子鰐(和名:ヨウスコウワニ)の体鱗。


肉(タニク)《名医別録》
  1. 基原:アリゲーター科、揚子鰐(和名:ヨウスコウワニ)の肉。


多刺緑絨蒿(タシリョクジュウコウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ケシ科、多刺緑絨蒿の全草。


多蕊蛇菰(タズイジャコ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「土蓯蓉」
  2. 基原:ツチトリモチ科、多蕊蛇菰の全株。


多穂石柯葉(タスイセキカヨウ)《常用中草薬単方》
  1. 異名:「甜茶(テンチャ)」
  2. 基原:ブナ科、多穂石(タスイカ)の葉。


多穂蓼(タスイリョウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「辣蓼」「水蓼」
  2. 基原:タデ科、多穂蓼の全草。

蛇蛻(ダゼイ)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「竜子衣」「竜子単衣」「弓皮」「竜皮」「蛇附」「蛇皮」「蛇蛻皮」「青竜皮」「長虫皮」
  2. 基原:ヘビ科
    1. 黒眉錦蛇(和名:サキシマシジオ)
    2. 錦蛇(和名:シュウダ)
    3. 烏梢蛇
    4. 赤鏈蛇(和名:アカマダラ)など多種の蛇の抜け殻。

獺肝(タツカン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「水獺肝」
  2. 基原:イタチ科、水獺(和名:カワウソ)の肝臓。


獺骨(タツコツ)《神農本草経集注》
  1. 原動物:イタチ科、カワウソ。

獺四足(タツシソク)《名医別録》
  1. 異名:「獺爪」
  2. 基原:イタチ科、カワウソ


韃胆(タツタン)《図経本草》
  1. 原動物:イタチ科、カワウソ


韃肉(タツニク)《名医別録》
  1. 原動物:イタチ科、カワウソ

韃皮毛(タツヒモウ)《本草拾遺》
  1. 原動物:イタチ科、カワウソ


韃新菊(ダツシンギク)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:キク科、韃新菊の頭花。


脱力草(ダツリキソウ)《江蘇薬材志》
  1. 異名:「野蚊子草」「水白参」「瞿麦沙参」「白花瞿麦」「蛇王草」「白葫藘」
  2. 基原:ナデシコ科、蠅子草(ヨウシソウ)の根つき全草。


糯稲根鬚(ダトウコンシュ)《本草再新》
  1. 基原:イネ科、稲(和名:イネ)の根茎および根。


多頭風輪菜(タトウフウリンサイ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「漫胆草」「小益母草」「走馬灯籠草」
  2. 基原:シソ科、多頭風輪菜の全草。

駝乳(ダニュウ)《飮膳正要》
  1. 基原:ラクダ科、双峰駝の乳汁。


打破碗花花(ダハワンカカ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「野綿花根」「大頭翁」
  2. 基原:キンポウゲ科、打破碗花花の根。


糯米(ダベイ)《千金》
  1. 異名:「稲米」「江米」「元米」
  2. 基原:イネ科、稲(和名:イネ)、糯稲の種仁。


糯米泔(ダベイカン)《本草綱目》
  1. 異名:「粘米泔水」
  2. 基原:糯米をといたときの2回目のとぎ水。


打米花(ダベイカ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「馬郎花」「白花藤」「小元宝」
  2. 基原:ヒルガ科、翼萼藤の根または全草。

糯米藤(ダベイトウ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「糯米菜」「糯米草」「玄麻根」「紅米藤」「霧水葛」「鉄節草」「小粘薬」
  2. 基原:イラクサ科、糯米団(和名:ツルマオ)の全草。


多葉花椒(タヨウカショウ)《貴州本草》
  1. 異名「小葉刺椒」
  2. 基原:ミカン科、多葉花椒も根。


唐古特青蘭(タングートセイラン)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「智洋顧」
  2. 基原:シソ科、唐古特青蘭の根をふくめた全草。


唐古特馬尿泡(タングートバニョウホウ)《陜甘寧青中草薬選》
  1. 異名:「馬尿泡」「羊尿泡」
  2. 基原:ナス科、唐古特馬尿泡の種子と根。


膏(タンコウ)《唐本草》
  1. 異名:「脂」「猪膏」「油」「土猪油」
  2. 基原:イタチ科、猪(チョカン)の脂肪油。


骨(タンコツ)《食療本草》
  1. 異名:「土猪骨」
  2. 基原:イタチ科、猪(チョカン)の獅子の骨。


肉(タンニク)《唐本草》
  1. 異名:「猪肉」
  2. 基原:イタチ科、猪(チョカン)の肉。


檀香(ダンコウ)《名医別録》
  1. 異名:「白檀」「白檀香」「黄檀香」「真檀」
  2. 基原:ビャクダン科、檀香の中心材。


檀香泥(ダンコウデイ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:ビャクダン科、檀香の芯材からとれる樹脂。。

檀香油(ダンコウユ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:ビャクダン科、檀香の芯材を蒸留して得た精油。


檀根(ダンコン)《本草拾遺》
  1. 基原:マメ科、黄檀の根皮。


単根木(タンコンボク)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「艾角青」「山辣椒樹」「独根木」
  2. 基原:キョウチクトウ科、海南狗牙花の根。


単根木葉(タンコンボクヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 基原:キョウチクトウ科、海南狗牙花の葉。


淡菜(タンサイ)《孟詵》
  1. 異名:「殻菜」「海陸」「紅蛤」「珠菜」
  2. 基原:イガイ科、厚殻胎貝と、その他のイガイ類の貝肉。

胆星(タンショウ)《本草綱目》
  1. 異名:「胆南星」
  2. 基原:天南星に牛胆汁を混ぜて製した加工品。


単条草(タンジョウソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「星宿菜」「霊疾草」「小硼砂」
  2. 基原:サクラソウ科、沢珍珠菜(和名:トウサワトラノオ)の全草。


丹参(タンジン)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「赤参」「山参」「紫丹参」「紅根」「紫党参」「山紅蘿蔔」「紅参」「山蘇子根」「朶朶花根」
  2. 基原:シソ科、丹参(和名:タンジン)の根。

淡豆豉(タンズシ)《本草彙言》
  1. 異名:「香(コウシ)」「淡豉(タンシ)」
  2. 基原:マメ科、大豆の種子を蒸して加工したもの。


断節参(ダンセツジン)《紅河中草薬》
  1. 異名:「対節参」「青洋参」
  2. 基原:ガガイモ科、昆明杯冠藤の根。


淡竹殻(タンチクカク)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:イネ科、淡竹の皮。

淡竹根(アンチクコン)《本草拾遺》
  1. 異名:「恒生骨」
  2. 基原:イネ科、淡竹の根茎。


淡竹荀(タンチクジュン)《食物本草》
  1. 異名:「中母荀」
  2. 基原:イネ科、淡竹の苗。

淡竹葉(タンチクヨウ)《本草綱目》
  1. 異名:
    • 「竹葉門冬青」「竹葉麦冬」「長竹葉」「淡竹米」「地竹」「山冬」「金竹葉」「土麦門」
  2. 基原:イネ科、淡竹葉(和名:ササクサ)の全草。

単刀根(タントウコン)《南寧市薬物志》
  1. 異名:「竜眼参」「鉄蘿傘」「広檀木」
  2. 基原:マメ科、儀花の根。

単頭紫菀(タントウシオン)《浙江民間常用草薬》
  1. 異名:「喉風草」「百条根」「牛舌草」「野白菊」
  2. 基原:キク科、陀螺紫菀の全草。

単頭紫菀根(タントウシオンコン)《浙江民間常用草薬》
  1. 基原:キク科、陀螺紫菀の根。

胆礬(タンバン)《本草品彙精要》
  1. 異名:「石胆」「君石」「黒石」「銅勒」「基石」「石液」「製石液」
  2. 基原:硫酸塩類の鉱物。胆礬の結晶体、または人工的に製した含水硫酸銅。

蛋不老(タンフロウ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「白花蛋不老」「地胡椒」「六月雪」「仁砂草」
  2. 基原:トウダイグサ科、広東地構葉の全草。

胆木(タンボク)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「山熊胆」「熊胆樹」「烏檀」
  2. 基原:アカネ科、胆木の枝や樹皮。

淡味当薬(タンミトウヤク)《浙江民間常用草薬》
  1. 異名:「苦草」「烏金散」
  2. 基原:リンゴウ科、当薬の全草。

単葉血盆草(タンヨウケツボンソウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「破蘿子」「反背紅」「朱砂草」「血盆草」「紅青菜」「紅五匹」
  2. 基原:シソ科、単葉血盆草の全草。

生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査