ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(テ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





テ 生薬名・「異名」(出典)・基原
蟶殻(テイカク)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:マテガイ科、縊蟶(エキテイ:和名:アゲマキガイ)の殻。


丁癸草(テイキソウ)《生草薬性備要》
  1. 異名
    • 「人字草」「苦地枕」「丁貴草」「二葉人字草」「鋪地草」「一条根」「烏竜草」
  2. 基原:マメ科、丁癸草(和名:スナジマメ)の全草。


丁癸草根(テイキソウコン)《生草薬性備要》
  1. 基原:マメ科、丁癸草(和名:スナジマメ)

魚(テイギョ)《名医別録》
  1. 異名:「粘魚」「額白魚」
  2. 基原:ナマズ科、鮎魚(ネンギョ:和名:ナマズ)の全体or肉。


魚涎(テイギョゼン)《図経本草》
  1. 基原:ナマズ科、鮎魚(ネンギョ:和名:ナマズ)の皮膚から分泌された粘液。

魚尾(テイギョビ)《本草綱目》
  1. 基原:ナマズ科、鮎魚(ネンギョ:和名:ナマズ)の尾。


魚目(テイギョモク)《政和本草》
  1. 基原:ナマズ科、鮎魚(ネンギョ:和名:ナマズ)の目。


定経草(テイケイソウ)《泉州本草》
  1. 異名:「水辣椒」「四方草」「蘭花仔」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、長蒴母草の全草。


泥胡菜(デイコサイ)《救荒本草》
  1. 異名:「牛挿鼻」「石灰菜」「糯米菜」「猫骨頭」
  2. 基原:キク科、泥胡菜(和名:キツネアザミ)の全草。


鵜嘴(テイコシ)《嘉祐本草》
  1. 基原:ガランチョウ科、斑端鵜(和名:ガランチョウ)のくちばし。


鵜脂油(テイコシュ)《本草綱目》
  1. 基原:ガランチョウ科、斑端鵜(和名:ガランチョウ)の脂肪を煮詰めた油。

鵜毛皮(テイコモウヒ)《本草綱目》
  1. 基原:ガランチョウ科、斑端鵜(和名:ガランチョウ)。


泥鰍(デイシュウ)《南本草》
  1. 異名:「鰍(シュウ)」「鰍魚」
  2. 基原:ドジョウ科、泥鰍(和名:ドジョウ)の肉、全体。


泥鰍滑液(デイシュウカツエキ)《四川中薬志》
  1. 基原:ドジョウ科、泥鰍(和名:ドジョウ)の皮膚から分泌される粘液。。


定心散(テイシンサン)《浙江》
  1. 基原:リュウビンタイ科、定心散蓮座蕨の葉柄基部の根茎。


棣棠花(テイトウカ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「地棠」「黄度梅」「地園花」「小通花」「清明花」
  2. 基原:バラ科、棣棠(和名:ヤマブキ)の花、枝葉。


桐葉(テイトウヨウ)《福建民間草薬》
  1. 原植物:クマツヅラ科、ヒギリ

蟶肉(テイニク)《食療本草》
  1. 異名:「蟶腸」
  2. 基原:マテガイ科、縊蟶(イテイ:和名:アゲマキガイ)の肉。


乳(テイニュウ)《開宝本草》
  1. 基原:ギョリュウ科、
    1. 柳(テイリュウ)
    2. 檜柳(カイテイリュウ)
    3. 多枝柳(タシテイリュウ)の樹皮。


柳(テイリュウ)《図経本草》
  1. 異名:「(テイ)」「河柳」「殷」「雨師」「人柳」「春柳」「三眠柳」「長寿仙人柳」「観音柳」「垂糸柳」「西河柳」「紅柳」「山川柳」
  2. 基原:ギョウリュウ科、
    1. 柳(テイリュウ)
    2. 檜柳(カイテイリュウ)
    3. 多枝柳の細い幼枝の葉。


柳花(テイリュウカ)《嶺南採薬録》
  1. 原植物:ギョウリュウ科、
    1. 柳(テイリュウ)
    2. 檜柳(カイテイリュウ)
    3. 多枝柳


釘耙七(テイハシチ)《貴陽民間薬物》
  1. 基原:ヒルムシロ科、眼子菜(和名:ヒルムシロ)の柔らかい根。


定木香(テイモッコウ)《貴州草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、単葉升麻の根茎。


葶藶子(テイレキシ)《神農本草経》
  1. 異名
  2. 基原:アブラナ科、
    1. 独行菜
    2. 北美独行菜(和名:マメグンバイナズナ)
    3. 播娘蒿(和名:クジラグサ)の種子。


滴水珠(テキスイシュ)《江西草薬》
  1. 異名:「石半夏」「水半夏」
  2. 基原:サトイモ科、心葉半夏の塊茎。


雉(テキチ)《食療本草》
  1. 異名:「山雉」「山鶏」
  2. 基原:キジ科、長尾雉の肉。


鉄(テツ)《神農本草経》
  1. 基原:灰黒色の一種の金属。おもに赤鉄鉱、褐鉄鉱、磁鉄鉱から精錬される。
  2. 含まれる炭素量の違いによって
    1. 生鉄(含有炭素量1.7%以上)
    2. 熟鉄(含有炭素量0.2以下)
    3. 鋼鉄(含有炭素量0.2~1.7%)


鉄子(テツカイシ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「鉄鉱叉」
  2. 基原:トウバイ科、梅(ロウバイ:和名:ロウバイ)の根、茎。


鉄子(テツカイシ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「黒毛七」「小山桃児七」
  2. 基原:キンポウゲ科、鉄子の根。


鉄海棠(テツカイドウ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「麒麟花」「老虎」「玉麒麟」「海棠」「万年刺」
  2. 基原:トウダイグサ科、鉄海棠の茎葉、根、乳汁。


鉄海棠花(テツカイドウカ)《全展選編》
  1. 基原:トウダイグサ科、鉄海棠(和名:ハナキリン)の花。


鉄角鳳尾草(テッカクホウビソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「石林珠」「瓜子蓮」「猪宗七」
  2. 基原:チャセンシダ科、鉄角蕨(和名:チャセンシダ)の根を含む全草。

鉄華粉(テツカフン)《開宝本草》
  1. 異名:「鉄霜」「鉄艶粉」
  2. 基原:鉄と酢酸を作用させたのちに生じる銹(シュウ:さび)の粉末。


鉄脚威霊仙葉(テッキャクイレイセンヨウ)《南京民間薬草》
  1. 基原:キンポウゲ科、黄薬子(和名:センニンソウ)の葉。


鉄蕨鶏(テッケツケイ)《貴州草薬》
  1. 異名:「散血連」
  2. 基原:ウラボシ科、多羽新月蕨の根茎。


鉄(テッケン)《植物名実図考》
  1. 異名:「人(ジンケン)」「六合草」「半辺珠」「野黄麻」「鳳眼草」「肉草」「猫眼草」「筒筒草」「田螺草」「寒熱草」「痢疾草」「灯盞窩」
  2. 基原:トウダイグサ科、鉄菜(和名:エノキグサ)の全草。


鉄箍散(テツコサン)《陜西中草薬》
  1. 異名:「鉄板道」「牛舌頭草」
  2. 基原:ムラサキ科、大琉璃草(和名:オオルリソウ)の根皮、葉。


鉄糸七(テッシシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「銅糸草」「鉄糸草」「烏脚槍」「」
  2. 基原:ホウライシダ科、掌葉鉄線蕨(和名:クジャクシダ)の全株。


鉄銹(テツシュウ)《本草拾遺》
  1. 異名:「鉄衣」「鉄線粉」
  2. 基原:鉄を空気中に放置したとき酸化によって生じる赤褐色の銹(シュウ:さび)。


鉄樹花(テツジュカ)《薬性考》
  1. 基原:リュウゼツラン科、朱蕉の花。

鉄樹果(テツジュカ)《植物名実図考》
  1. 異名:「鳳凰蛋」
  2. 基原:ソテツ科、蘇鉄(和名:ソテツ)の種子。


鉄樹葉(テツジュヨウ)《薬性考》
  1. 基原:リュウゼツラン科、朱蕉の葉。


鉄漿(テツショウ)《神農本草経集注》
  1. 基原:生鉄を水に浸し、銹(シュウ:さび)が出た後にできる一種の溶液。


鉄精(テツセイ)《神農本草経》
  1. 異名:「鉄精粉」「鉄花」
  2. 基原:鉄を精錬する炉内の灰燼。


鉄粉(テップン)《本草拾遺》
  1. 基原:鋼鉄を精錬する際にできる粉末。または生鉄を砕いて粉とし、水にさらして選別した細粉。


鉄扇子(テッセンシ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「過壇竜」
  2. 基原:ウラボシ科、灰背鉄線蕨の全草。


鉄線草(テッセンソウ)《南本草》
  1. 異名:「塹頭草」「牛馬根」「行儀芝」「鋪地草」
  2. 基原:イネ科、狗牙根(和名:ギョウギシバ)の全草。


鉄線蓮(テッセンレン)《植物名実図考》
  1. 異名:「番蓮」「威霊仙」
  2. 基原:キンポウゲ科、鉄線蓮(和名:テッセン)の根、全草。


鉄草鞋(テツソウアイ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「豆弁緑」「岩漿草」「公魚藤」
  2. 基原:ガガイモ科、
    1. 琴葉球蘭
    2. 三脈球蘭の葉。


鉄掃竹(テツソウチク)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「野緑豆」「金銀花」
  2. 基原:マメ科、鉄掃帚の全草or草。


跌打老(テツダロウ)《陸川本草》
  1. 異名:「大五托」「五叉虎」
  2. 基原:クスノキ科、輪葉木姜子の茎、葉、根。


跌藤根(テツトウコン)《雲南中草薬》
  1. 基原:マメ科、巴豆藤の根。


鉄馬豆(テツバトウ)《南本草》
  1. 異名:「黄花馬豆」「蝴蝶草」
  2. 基原:マメ科、毛宿苞豆の全草。


鉄馬鞭(テツバベン)《植物名実図考》
  1. 異名:「金銭藤」「野花草」
  2. 基原:マメ科、鉄馬鞭(和名:ネコハギ)の全草。


跌破(テツハロク)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「小角刺」
  2. 基原:イイギリ科、長葉柞木の葉、とげ、種子。


鉄鞭草(テツベンソウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「米湯草」
  2. 基原:マメ科、多花胡枝子の全草、根。


鉄包金(テツホウキン)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「烏竜根」「烏口仔」「細紋勾児茶」
  2. 基原:クロウメモドキ科、老鼠耳(和名:ヒメクマヤナギ)の根。


鉄棒錘(テツボウスイ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「鉄牛七」「一枝箭」「三転半」
  2. 基原:キンポウゲ科、
    1. 鉄棒錘
    2. 伏毛鉄棒錘の塊根。


鉄棒錘茎葉(テツボウスイケイヨウ)《北方常用中草薬手冊》
  1. 基原:キンポウゲ科、
    1. 鉄棒錘
    2. 伏毛鉄棒錘


鉄落(テツラク)《神農本草経》
  1. 異名:「生鉄洛」「鉄液」「鉄屎」「鉄花」
  2. 基原:生鉄を熱して赤くし、外側が酸化したとき叩き落とされた鉄くず。


鉄籬巴果(テツリハカ)《民間常用草薬彙編》
  • 基原:クロウメモドキ科、馬甲子(和名:ハマナツメ)の果実。


天王七(テンオウシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「五転七」「白果七」
  2. 基原:スイカズラ科、羽裂子(ウレツテイシヒョウ:和名:ホザキツキヌキソウ)の根。


天王七果実(テンオウシチカジツ)《陜西中草薬》
  1. 基原:スイカズラ科、羽裂子(ウレツテイシヒョウ:和名:ホザキツキヌキソウ)の果実。


天王七葉(テンオウシチヨウ)《陜西中草薬》
  1. 基原:スイカズラ科、羽裂子(ウレツテイシヒョウ:和名:ホザキツキヌキソウ)の葉。

甜遠志(テンオンジ)《南本草》

甜瓜(テンカ)《開宝本草》
  1. 異名:「甘瓜」「香瓜」「果瓜」「熟瓜」
  2. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の果実。


甜瓜花(テンカカ)《図経本草》
  1. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の花。


甜瓜茎(テンカケイ)《開宝本草》
  1. 異名:「甜瓜蔓」「香瓜藤」
  2. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)。


甜瓜根(テンカコン)《南本草》
  1. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の根。


甜瓜子(テンカシ)《開宝本草》
  1. 異名:「甘瓜子」
  2. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の種子。


甜瓜皮(テンカヒ)《開宝本草》
  1. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の果皮。

甜瓜葉(テンカヨウ)《嘉祐本草》
  1. 基原:ウリ科、甜瓜(和名:マクワウリ)の葉。


崖爬藤(テンガイハトウ)《紅河中草薬》
  1. 異名:「三爪竜」「三角楓」「飛蜈蚣」
  2. 基原:ブドウ科、崖爬藤の全草。


天茄子(テンカシ)《南本草》
  1. 異名:「刺天茄」「金鈕頭」「五宅茄」「仮茄子」「満天星」「天星子」「刺茄」
  2. 基原:ナス科、紫花茄(和名:テンジクナスビ)の果実、種子、葉。


天花粉(テンカフン)《雷公炮炙論》
  1. 異名:「楼根」「蔞根」「白薬」「天瓜粉」「花粉」「屎瓜根」「蔞粉」
  2. 基原:ウリ科、楼(和名:シナカラスウリ)の根。


天葵(テンキ)《南本草》
  1. 異名:「紫背天葵」「雷丸草」「小烏頭」「早銅銭草」
  2. 基原:キンポウゲ科、天葵(和名:ヒメウズ)の全草。


天葵子(テンキシ)《分類草薬性》
  1. 異名:「紫背天葵子」「千年老鼠屎」「地丁子」「野烏頭子」
  2. 基原:キンポウゲ科、天葵(和名:ヒメウズ)の塊根。


天脚板(テンキャクバン)《峨眉薬植》
  1. 基原:ミズキ科、桃葉珊瑚(和名:アカサンゴ)の葉。


天脚板果(テンキャクバンカ)《峨眉薬植》
  1. 基原:ミズキ科、桃葉珊瑚(和名:アカサンゴ)の果実。


天韭(テンキュウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「天蒜」
  2. 基原:ユリ科、玉簪葉韭(ギョクシンヨウキュウ)の全草。


天牛(テンギュウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「天水牛」「八角児」
  2. 基原:カミキリムシ科、
    1. 星天牛
    2. 桑天牛orその他の近縁昆虫の全虫。


魚(テンギョ)《本草拾遺》
  1. 異名:「含光」「黄魚」「頬魚」
  2. 基原:チョウザメ科、鰉魚(コウギョ)の肉。


魚肝(テンギョカン)《本草拾遺》
  1. 基原:チョウザメ科、鰉魚(コウギョ)の肝。


甜杏仁(テンキョウニン)《本草従新》
  1. 基原:バラ科、
    1. 杏(和名:セイヨウアンズ)
    2. 山杏(和名:アンズ)の部分栽培種で、味の甘い乾燥した種子。


天蕎麦根(テンキョウバクコン)《李氏草秘》
  1. 異名:「金鎖銀開」「野蕎子」「透骨消」「麦三七」
  2. 基原:タデ科、天蕎麦(和名:シャクチリソバ)の根、根茎。


鶏骨常山(テンケイコツジョウザン)《中薬材品種論述》
  1. 基原:キョウチクトウ科、鶏骨常山の枝葉。


天香炉(テンコウロ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「天吊香」「山牡丹」「七星墜地」「化痰草」
  2. 基原:ノボタン科、金錦香(和名:ヒメノボタン)の根つき全草、根。


天胡(テンコズイ)《千金》
  1. 異名:「鶏腸菜」「滴滴金」「肺風草」「満天星」「過路蜈蚣草」「小葉金銭草」
  2. 基原:セリ科、天胡(和名:チドメグサ)の全草。


菜根(テンサイコン)《本草綱目》
  1. 基原:アカザ科、菜(テンサイ)の根。

天山花楸(テンザンカシュウ)《新疆中草薬手冊》
  1. 異名:「花楸」
  2. 基原:バラ科、天山花楸の若枝、皮、果実。


展枝唐松草(テンシトウショウソウ)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 異名:「堅唐松草」
  2. 基原:キンポウゲ科、展枝唐松草の全草。


天漿殻(テンショウカク)《現代実用中薬》
  1. 異名:「天将殻」「」
  2. 基原:ガガイモ科、蘿(ラマ:和名:ガガイモ)の果実の殻。


牙菜(テンショウガサイ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「走胆薬」「肝炎草」「青魚胆」
  2. 基原:リンドウ科、牙菜の全草。


常山(テンジョウザン)《植物名実図考》
  1. 異名:「烏薬」「臭牡丹」「臭茱莉」
  2. 基原:クマツズラ科、常山の根および茎葉。


田唇烏蠅翼(デンシンウヨウヨク)《全展資料選編》
  1. 異名:「「水老虎」「水百足」「黄花児」
  2. 基原:マメ科、田基豆(和名:ネムリハギ)の全草。


天水蟻草(テンスイギソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「下白鼠草」「山果花」「大葉化鼠」「破蟻草」「黄花草」「大葉青花」「大白艾」「毛鼠肉」「雷公青」「大水牛草」
  2. 基原:キク科、秋鼠草(和名:アキノハハコグサ)の全草。


瑞香(テンズイコウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「桂花矮陀陀」「黄山皮条」「桂花岩陀」「野瑞香」
  2. 基原:ジンチョウゲ科、瑞香の全株。


天青地白(テンセイジハク)《質問本草》
  1. 異名:「毛女児菜」「清明草」「野清明草」「父子草」「細葉鼠草」「毛水蟻」「雷公青「錦鶏舌」「小葉金鶏舌」「棉花草」「菠蘿草」
  2. 基原:キク科、日本鼠草(和名:チチコグサ)の全草。


天生草(テンセイソウ)《雲暗中草薬》
  1. 異名:「山韭菜」「蛇咬薬」「大蘭花参」
  2. 基原:ユリ科、小鷺蘭(ショウロシラン)の根。


甜石榴(テンセキリュウ)《南本草》
  1. 異名:「天漿」「甘石榴」
  2. 基原:ザクロ科、石榴(和名:ザクロ)の一種で甘い果実。


田旋花(デンセンカ)《寧夏中草薬手冊》
  1. 異名:「拉拉菀」「野牽牛」「曲節藤」
  2. 基原:ヒルガオ科、田旋花(和名:セイヨウヒルガオ)の全草、花。


天仙子(テンセンシ)《図経本草》
  1. 異名:「莨子」「牙痛子」
  2. 基原:ナス科、莨(ロウトウ:和名:ヒヨス)の種子。


天仙藤(テンセントウ)《図経本草》
  1. 異名:「三百両銀」「馬兜苗」「馬兜鈴藤」「香藤」「痒辣菜」
  2. 基原:ウマノスズクサ科、馬兜鈴(和名:ウマノスズクサ)の茎葉。

甜草(テンソウ)《江西草薬》
  1. 異名:「山甘草」「野甘草」
  2. 基原:アカネ科、広州耳草の全草。

田葱(デンソウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「中葱」
  2. 基原:タヌキアヤメ科、田葱(和名:タヌキアヤメ)の全草。

点地梅(テンチバイ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:サクラソウ科、大紅花天地梅の全草。


甜茶(テンチャ)《飮片新参》
  1. 異名:「蜜香草」「甘茶」
  2. 基原:ユキノシタ科、
    1. 臘蓮球(ロウレンシュウキュウ)
    2. 傘形球花(和名:ヤクシマアジサイ)の若葉。


甜橙(テントウ)《南本草》
  1. 異名:「黄果」「橙子」「広橘」「雪柑」
  2. 基原:ミカン科、甜橙(和名:アマダイダイ)の成熟した果実。


点頭菊(テントウギク)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:キク科、点頭菊の全草。


南抗子梢(テンナンコウシショウ)《貴州草薬》
  1. 異名:「乾枝柳」「三葉豆」
  2. 基原:マメ科、南抗子梢の根。


天南星(テンナンショウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「虎掌」「虎膏」「半夏精」「南星」「虎掌南星」「薬狗丹」「蛇六殻」「蛇芋」「蛇包殻」
  2. 基原:サトイモ科、
    1. 天南星
    2. 東北天南星(和名:ヒロハテンナンショウ)
    3. 異葉天南星(和名:マイズルテンナンショウ)などの塊茎。


天泡子(テンホウシ)《分類草薬性》
  1. 異名:「水灯籠」「灯籠草」「沙灯籠」「黄灯籠」「打額泡」「天泡草」「王母珠」「小酸漿」
  2. 基原:ナス科、黄胡娘(和名:センナリホオズキ)の全草or果実。


天蓬草(テンホウソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「雀舌草」「雪裏花」「寒草」「瓜子草」「指甲草」
  2. 基原:ナデシコ科、雀舌草の全草あるいは根を含めた全草。


天麻(テンマ)《雷公炮炙論》
  1. 異名:「明天麻」「水洋芋」「鬼督郵」
  2. 基原:ラン科、天麻(和名:オニオヤガラ)の根茎。


天麻茎葉(テンマケイヨウ)《本草拾遺》
  1. 原植物:ラン科、天麻(和名:オニオヤガラ)


天麻子(テンマシ)《本草拾遺》
  1. 異名:「還筒子」
  2. 基原:ラン科、天麻(和名:オニオヤガラ)の果実。


天名精(テンメイセイ)《神農本草経》
  1. 異名:「豕首」「蝦蟇藍」「天門精」「玉門精」「蟾蜍蘭」「鹿活草」「杜牛膝」「土牛膝」「皺面草」「鶴虱草」「野煙」「山煙」「癩蛤蟆草」
  2. 基原:キク科、天名精(和名:ヤブタバコ)の根、茎葉。


天目木姜子(テンモクモクキョウシ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「芭蕉楊」
  2. 基原:クスノキ科、天目木姜子の根、洋、果実。

天目木蘭(テンモクモクラン)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:モクレン科、天目木蘭の花のつぼみ。


天文草(テンモンソウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「擬千日菊」「散血草」「便意銅水草」
  2. 基原:キク科、金鈕扣(キンチュウコウ:和名:ヒメセンニチモドキ)の全草。

天門冬(テンモンドウ)《神農本草経》
  1. 異名:「天冬」「大当門根」
  2. 基原:ユリ科、天門冬(和名:クサスギカズラ)の塊根。


天雄(テンユウ)《神農本草経》
  1. 異名:「白幕」
  2. 基原:附子または草烏頭の長くて細いもの。


田螺(デンラ)《薬性論》
  1. 異名:「黄螺」
  2. 基原:タニシ科、中国円田螺あるいはその同属動物の全体。


田螺(デンラエン)《本草求原》
  1. 基原:タニシ科、中国円田螺(和名:マルタニシ)の貝殻の蓋。

田螺殻(デンラカク)《名医別録》
  1. 基原:タニシ科、中国円田螺(和名:マルタニシ)の殻。


天羅水(テンラスイ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「糸瓜水」
  2. 基原:ウリ科、
    1. 糸瓜(和名:ヘチマ)
    2. 粤糸瓜(和名:トカドヘチマ)も茎中の汁。

生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査