ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(チ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





 生薬名・「異名」(出典)・基原
雉(チ)《名医別録》
  1. 異名:「華虫」「疏趾」「野鶏」「雉鶏」「山鶏」
  2. 基原:キジ科、雉(和名:コウライキジ)の肉あるいは全体。


雉肝(チカン)《聖済総録》
  1. 原動物:キジ科、雉(和名:コウライキジ)


竹衣(チクイ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「金竹衣」
  2. 基原:イネ科、金竹の桿無いの衣膜


竹黄(チクオウ)《本草綱目》
  1. 異名:「天竺黄」「竹膏」「天竹黄」「竹糖」
  2. 基原:イネ科、青皮竹などに寄生する竹黄蜂により穴が開き、竹の節の間に溜まった傷の流液が、乾いて固まってできた塊状の物質。


竹黄(チクオウ)《浙江》
  1. 基原:ニクザ菌科の真菌、竹黄の子実体。


竹魚(チクギョ)《本草綱目》
  1. 異名:「足魚」「野魚」
  2. 基原:コイ科、野魚(ヤリョウギョ)の肉。


竹鶏(チクケイ)《食物本草》
  1. 異名:「山菌子」「泥滑滑」
  2. 基原:キジ科、竹鶏(和名:コジュケイ)の肉。


竹巻心(チクケンシン)《生草薬性備要》
  1. 異名:「竹針」「竹心」
  2. 基原:イネ科、淡竹(和名:ハチク)の巻いてまだ開いていない幼葉。


竹根七(チクコンシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「竹根参」「竹節七」
  2. 基原:ユリ科、開口箭の根茎。


竹実(チクジツ)《神農本草経》
  1. 基原:イネ科、タケ類の頴果。


竹茹(チクジョ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「竹皮」「青竹茹」「麻巴」「竹二青」
  2. 基原:イネ科、淡竹(和名:ハチク)の茎桿を外皮を去ってから削った中間の層。


竹精(チクセイ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:新竹の管脈内の液汁、竹を割ってこれをとる。


竹節香附(チクセツコウブ)《中薬志》
  1. 異名:「両頭尖」
  2. 基原:キンポウゲ科、紅脊銀蓮花(和名:オクノアズマイチゲ)の根茎。


竹節三七(チクセツサンシチ)《百草鏡》
  1. 異名:
    • 「土参」「土精」「竹根七」「竹節参」「甜七」「竹節人参」「竹節七」「白三七」「水三七」「明七」「鶏頭七」「野三七」
  2. 基原:ウコギ科、大葉三七の竹状を呈する根茎。


竹節七(チクセツシチ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「捜山虎」「小万年青」
  2. 基原:ユリ科、捜山虎の根茎。


竹節草(チクセツソウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「竹節葉」「竹菜」「倭青草」
  2. 基原:ツユクサ科、竹筋草(和名:シマツユクサ)の全草。


竹節蓼(チクセツリョウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「百足草」「観音竹」「蜈蚣竹」
  2. 基原:タデ科、竹節蓼(和名:カンキチク)の全草。


竹蠹虫(チオクトチュウ)《本草綱目》
  1. 基原:ヒラタキクイムシ科、竹蠹虫(和名:ヒラタキクイムシ)の幼虫。


竹蠹虫末(チオクトチュウシュマツ)《本草綱目》
  1. 異名:「竹屑」
  2. 基原:ヒラタキクイムシ科、竹蠹虫(和名:ヒラタキクイムシ)の幼虫が竹桿を食べた後の屑。。


竹蜂(チクホウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「笛師」「留師」「竹密蜂」「竹筒蜂」「熊蜂」「烏蜂」
  2. 基原:ミツバチ科、竹蜂の全体。


竹葉(チクヨウ)《名医別録》
  1. 異名:「淡竹葉」
  2. 基原:イネ科、淡竹(和名:ハチク)の葉。


竹葉菜(チクヨウサイ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「馬耳草」「竹菜」「竹竹菜」「火柴頭」「千日晒」
  2. 基原:ツユクサ科、飯包草(和名:マルバツユクサ)の全草。


竹葉椒(チクヨウショウ)《図経本草》
  1. 異名:「狗花椒」「花胡椒」「捜山虎」「野花椒」「山胡椒」「万花針」
  2. 基原:ミカン科、竹葉椒(和名:フユザンショウ)の果実。


竹葉蕉(チクヨウショウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「戈燕」
  2. 基原:クズウコン科、竹葉蕉の根茎。


竹葉椒根(チクヨウショウコン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「土花椒根」「見血飛」「散血飛」
  2. 基原:ミカン科、竹葉椒(和名:フユザンショウ)の根皮、根。


竹葉椒葉(チクヨウショウヨウ)《湖南薬物志》
  1. 原植物::ミカン科、竹葉椒(和名:フユザンショウ)


竹葉参(チクヨウジン)《陜西中草薬》
  1. 異名:「白竜鬚」「白毛七」「竹節参」「竹根七」「老虎姜」
  2. 基原:ユリ科、広東万寿竹の根および根茎。


竹葉馬豆(チクヨウバトウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「鉄馬豆」
  2. 基原:マメ科、細葉牧地香豌豆(和名:レンリソウ)の全草。


竹葉防風(チクヨウボウフウ)《南本草》
  1. 異名:「鶏足防風」「西防風」「雲防風」
  2. 基原:セリ科、竹葉防風の根。

竹葉蘭(チクヨウラン)《貴州薬植目録》
  1. 異名:「黄竹参」「竹葉参」
  2. 基原:ツユクサ科、紫背鹿衡草の根、全株。


竹葉蓮(チクヨウレン)《湖南薬物志》
  1. 異名:「地藕」
  2. 基原:ツユクサ科、竹葉花(和名:ヤブミョウガ)の根茎あるいは全草。


竹子油(チクリュウシユ)《陜西中草薬》
  1. 基原:タケネズミ科、竹鼠の脂肪油。


竹肉(チクリュウニク)《本草綱目》
  1. 基原:タケネズミ科、竹鼠の肉。


竹林消(チクリンショウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ユリ科、単茎算盤七の根。


竹林標(チクリンヒョウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:ノウゼンカズラ科、硬骨凌霄(和名:ヒメノウゼンカズラ)の根あるいは葉。

竹瀝(チクレキ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「竹汁」「淡竹瀝」「竹油」
  2. 基原:イネ科、淡竹(和名:ハチク)の茎を火で炙って流れ出た液汁。


雉子筵(チシエン)《陜西草薬》
  1. 異名:「満山紅」「経如草」
  2. 基原:バラ科、莓葉委陵菜(和名:キジムシロ)の全草。


雉子筵根(チシエンコン)《中草薬通訊》
  1. 基原:バラ科、莓葉委陵菜(和名:キジムシロ)の根、根茎。


地耳草(チジソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:
    • 「田基黄」「水榴子」「香草」「合掌草」「跌水草」「七寸金」「一条香」「寸金草」「金鎖匙」「紅孩児」「劉寄奴」「田辺菊」「子草」「光明草」「観音蓮」「小王不留行」「雷公箭」「土防風」「黄花仔」
  2. 基原:オトギリソウ科、地耳草(和名:ヒメオトギリ)の全草。


地荀(チジュン)《嘉祐本草》
  1. 異名:「地瓜児」「地荀子」「地藕」「水三七」「野三七」
  2. 基原:シソ科、地瓜児苗の根茎。


蜘蛛(チチュ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「蛛蛛」「癩癩蛛」「円蛛」「網虫」「社公」「網工」」
  2. 基原:コガネグモ科、大腹円網蛛(和名:オニグモ)などの全虫。


蜘蛛果(チチュカ)《貴州草薬》
  1. 異名:「沙参」「紅果参」
  2. 基原:キキョウ科、披針葉金銭豹(和名:タンゲブ)の根。


蜘蛛香(チチュウカ)《本草綱目》
  1. 異名:「豆豉菜根」「九転香」「雷公七」「馬蹄香」「連香草」「烏参」「養血蓮」
  2. 基原:オミナエシ科、
    1. 心葉纈草(シンヨウケツソウ)
    2. 闊葉纈草(カツヨウケツソウ:和名:カノコソウ)の根茎。


蜘蛛蛻殻(チチュウゼイカク)《本草綱目》
  1. 異名:「蜘蛛殻」
  2. 基原:コガネグモ科、大腹円網蛛(和名:オニグモ)の抜け殻。


蜘蛛抱蛋(チチュホウタン)《植物名実図考》
  1. 異名
    • 「一葉」「飛天蜈蚣」「甘心蜈蚣」「地蜈蚣」「土里蜈蚣」「蜈蚣草」「一寸十八節」「竹葉伸筋」「竜骨草」「蓼葉伸筋」
  2. 基原:ユリ科、蜘蛛抱蛋(和名:ハラン)の根茎。


蜘蛛網(チチュモウ)《名医別録》
  1. 異名:「蜘蛛膜」「蜘蛛糸」
  2. 基原:コガネグモ科、大腹円網蛛(和名:オニグモ)の網糸。


蟷(チットウ)《本草拾遺》
  1. 異名:「土蜘蛛」「」
  2. 基原:トタテグモ科、蟷の全虫。


雉脳(チノウ)《本草綱目》
  1. 原動物:キジ科、雉(和名:コウライキジ)


雉尾(チビ)《本草綱目》
  1. 基原:キジ科、雉(和名:コウライキジ)の尾羽。


知母(チモ)《神農本草経》
  1. 異名:
    • 「連母」「野蓼」「地参」「水参」「堤母」「児草」「鹿列」「水鬚」「苦心」「穿地竜」
  2. 基原:ユリ科、知母(和名:ハナスゲ)の根茎。


茶子(チャシ)《本草綱目》
  1. 異名:「茶実」
  2. 基原:ツバキ科、茶(和名:チャ)の果実。


茶子心(チャシシン)《陸川本草》
  1. 異名:「油茶」
  2. 基原:ツバキ科、油茶(和名:アブラツバキ)の種子。


茶子餅(チャシヘイ)《広東中医》
  1. 異名:「茶枯」「茶麩」
  2. 基原:ツバキ科、油茶(和名:アブラツバキ)の種子を絞り、脂肪油を除いた後のかす。


茶子木花(チャシボクカ)《陸川本草》
  1. 基原:ツバキ科、油茶(和名:アブラツバキ)の花。
  • 茶樹根(チャジュコン)《本草綱目拾遺》
    1. 基原:ツバキ科、茶(和名:チャ)の根。


茶油(チャユ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「楂油(サユ)」
  2. 基原:ツバキ科、油茶(和名:アブラツバキ)の種子の脂肪油。


茶葉(チャヨウ)《本草便読》
  1. 異名:「苦茶」「茗(メイ)」「荼(ト)」
  2. 基原:ツバキ科、茶(和名:チャ)の嫩葉。


地楡(チユ)《神農本草経》
  1. 異名:「白地楡」「赤地楡」「紫地楡」「山紅棗根」「岩地」「山棗参」「蕨苗参」
  2. 基原:バラ科、地楡(和名:ワレモコウ)の根、根茎。


虫牙薬(チュウガヤク)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「三叉金」「傷寒頭」「牛尾草」「馬鹿尾」
  2. 基原:シソ科、三葉香茶菜の全体or根。


虫荀(チュウジュン)《新中医薬》
  1. 基原:イネ科、淡竹(和名:クロチク)の荀で、虫食いにより枯れしなびたものを虫のついたまま乾燥させたもの。


虫豆(チュウトウ)《広西薬植名録》
  1. 基原:マメ科、虫豆の全株。


虫白(チュウハクロウ)《本草会編》
  1. 異名:「虫」「木」「樹」「膏」
  2. 基原:カタカイガラムシ科、白虫(和名:イボタロウカイガラムシ)の雄が、モクセイ科の植物、白樹、女貞およびネズミモチ属などの植物の枝や幹に群棲し、分泌した白色の質を精製したもの。


了棒(チュウリョウボウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「追風棍」「風債」「風柴」
  2. 基原:トウダイグサ科、白桐樹の根、葉。


虫蓮(チュウレン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「海参」
  2. 基原:バラ科、矮地楡の根。


猪(チョイ)《薬対》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ。


長瓦韋(チョウガイ)《高源中草薬治療手冊》
  1. 異名:「札柏」
  2. 基原:ウラボシ科、長瓦韋の全草。


長管仮茉莉(チョウカンカマツリ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「牙英転乾亮」
  2. 基原:クマツヅラ科、長管仮茉莉の全草。


釣杆柴(チョウカンサイ)《貴州本草》
  1. 異名:「釣魚竿」
  2. 基原:バラ科、中華繍線梅の根。


吊干麻(チョウカンマ)《貴州草薬》
  1. 異名:「馬断腸」「蘿蔔薬」「大馬桑」「酸棗子藤」「大釣魚竿」「老虎麻」
  2. 基原:ニシキギ科、苦皮藤の根、全草。


長杆蘭(チョウカンラン)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「竹蘭」「石玉」「草姜」
  2. 基原:ラン科、竹葉蘭(和名:ナリヤラン)の全草、根茎。


釣魚竿(チョウギョカン)《草木便方》
  1. 異名:「小釣魚竿」「腹水草」「一串魚」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 毛脈腹水草
    2. 寬葉腹水草
    3. 長穂腹水草の全草。


長距蘭(チョウキョラン)《峨眉薬植》
  1. 異名:「水麦冬」「舌唇蘭」「竜爪参」
  2. 基原:ラン科、舌唇蘭(和名:ツレサギソウ)の根の付いた全草。


調経草(チョウケイソウ)《貴州草薬》
  1. 基原:ニシキギ科、冬青衛矛(和名:マサキ)の根。


丁香(チョウコウ)《薬性論》
  1. 異名:「丁子香」「支解香」「雄丁香」「公丁香」
  2. 基原:フトモモ科、丁香の蕾。


丁香根(チョウコウコン)《開宝本草》
  1. 原植物:フトモモ科、丁香


丁香枝(チョウコウシ)《本草綱目》
  1. 原植物:フトモモ科、丁香


丁香樹皮(チョウコウジュヒ)《海薬本草》
  1. 異名:「丁香皮」
  2. 原植物:フトモモ科、丁香


丁香油(チョウコウユ)《薬性考》
  1. 基原:フトモモ科、丁香の乾燥させた蕾を蒸留して得られる精油(古代では多くは母丁香から搾り取った油である)


丁香露(チョウコウロ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:フトモモ科、丁香の乾燥した花蕾の蒸留液。


張公魚(チョウコウギョ)《陸川本草》
  1. 異名:「七星魚」「花財魚」
  2. 基原:タイワンドジョウ科、月鱧(ゲツレイ)の肉。


丁公藤(チョウコウトウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「包公藤」
  2. 基原:ヒルガオ科、丁公藤(和名:ホルトカズラ)の根、茎。


雕骨(チョウコツ)《本草綱目》
  1. 基原:ワシタカ科、金雕(和名:イヌワシ)の骨格。


地羊鵠(チョウジャク)「四川常用中草薬」
  1. 異名:「斑鳩窩」「三月黄花」「小花生藤」
  2. 基原:マメ科、百脈根(和名:セイヨウミヤコグサ)の全草および花。


長春花(チョウシュンカ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「雁来紅」「日日新」「四時春」「三万花」
  2. 基原:キョウチクトウ科、長春花(和名:ニチニチソウ)の全草。


長春七(チョウシュンシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「長虫七」
  2. 基原:セリ科、長春七の根。


釣樟根皮(チョウショウコンピ)《名医別録》
  1. 異名:「光狗棍根皮」
  2. 基原:クスノキ科、大葉釣樟(和名:クロモジ)の根、根皮。


貼生石韋(チョウセイセキイ)《広西薬植名録》
  1. 異名:「上樹咳」「石頭蛇」
  2. 基原:ウラボシ科、貼生石韋の全草。


吊竹梅(チョウチクバイ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「水竹草」「白帯草」「紫背金牛」「鶏舌黄」「紅舌草」「百毒散」「鴨舌紅」
  2. 基原:ツユクサ科、吊竹梅の全草。


朝天罐(チョウテンカン)《貴陽民間薬草》
  1. 異名:「張天剛」「張天罐」「七孔蓮」「紫金鐘」「大金鐘」「痢疾罐」「天罐子」
  2. 基原:ノボタン科、朝天罐の根、果枝。


長筒馬先蒿(チョウトウバセンコウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ゴマノハグサ科、長筒馬先蒿の花。

吊灯籠(リョウトウロウ)《広西中薬志》
  1. 異名:「白背風」
  2. 基原:トベラ科、両広海桐の枝葉。


疔毒草(チョウドクソウ)《吉林中草薬》
  1. 基原:スミレ科、裂葉菫菜(和名:ナンザンスミレ)の全株。


地楊梅(チヨウバイ)《本草拾遺》
  1. 基原:イグサ科、地楊梅(和名:スズメノヤリ)の全草or果実。


吊白葉(チョウハクヨウ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「粉桐葉」
  2. 基原:スイカズラ科、水紅木の葉、根、花


貂尾(チョウビ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:イタチ科、紫貂(和名:クロテン)の尾、毛皮。


跳皮樹(チョウヒジュ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:モクセイ科、銹毛白槍杆(シュウモウハクソウカン)の樹皮。


鳥不宿(チョウフショク)《採薬書》
  1. 異名:「鳥不踏」「鳥不停」
  2. 基原:ウコギ科、
    1. 刺楸(和名:ハリギリ)
    2. 木(ソウボク)の茎枝。


葉細辛(チョウヨウサイシン)《中草薬土方》
  1. 異名:「山薯」「土細辛」
  2. 基原:ウマノスズクサ科、茨菇葉細辛の全株。


長葉山芝麻(チョウヨウサンシマ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「野芝麻」「山芝麻」
  2. 基原:アオギリ科、長葉山芝麻の全株。


長葉紫珠(チョウヨウシシュ)《福建民間草薬》
  1. 異名
  2. 基原:クマツヅラ科、黄毛紫珠(別名:ビロードムラサキ)の根、茎、葉。


釣蘭(チョウラン)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「金辺吊蘭」蘭草
  2. 基原:ユリ科、吊蘭の全草or根つき全草。


丁榔皮(チョウロウヒ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「松楊木皮」
  2. 基原:ミズキ科、椋子木(和名:クマイミズキ)の樹皮。


猪牙皂(チョガソウ)《名医別録》
  1. 異名:「皂莢」「皂角」「猪牙皂角」「牙皂」
  2. 基原:マメ科、皂莢のすでに衰えたか、傷ついたあとに結んだ果実。


猪肝(チョカン)《千金方》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪血(チョケツ)《名医別録》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪骨(チョコツ)《神農本草経集注》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪脂膏(チョシコウ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「猪膏」「猪脂」「猪脂肪」
  2. 基原:イノシシ科、猪(和名:ブタ)の脂肪油。


猪心(チョシン)《名医別録》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪腎(チョジン)《名医別録》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪髄(チョズイ)《本草綱目》
  1. 基原:イノシシ科、ブタの脊髄あるいは骨髄。


猪胆(チョタン)《名医別録》
  1. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪腸(チョチョウ)《食療本草》
  1. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪蹄(チョテイ)《千金》
  1. 異名:「猪四足」
  2. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)

猪蹄甲(ヨテイコウ)《本草綱目》
  1. 異名:「猪懸蹄」「猪爪甲」「猪退」
  2. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪肚(チョト)《神農本草経集注》
  1. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪肉(チョニク)《神農本草経集注》
  1. 基原:イノシシ科、猪(和名:ブタ)の肉。


猪脳(チョノウ)《名医別録》
  1. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪肺(チョハイ)《千金方》
  1. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪脾(チョヒ)《図経本草》
  1. 異名:「草鞋底」「聯貼」
  2. 原動物:イノシシ科、猪(和名:ブタ)


猪膚(チョフ)《湯液本草》
  1. 異名:「猪皮」
  2. 基原:イノシシ科、猪(和名:ブタ)の皮膚、


猪(チョホウ)《本草綱目》
  1. 異名:「猪尿胞」「猪胞」
  2. 基原:イノシシ科、猪(和名:ブタ)の膀胱。


直萼黄金(チョクガクオウゴン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「半枝蓮」「小黄」「屏風草」
  2. 基原:シソ科、直萼黄の全草。


楮茎(チョケイ)
  1. 基原:クワ科、構樹(和名:カジノキ)の樹枝。


楮実(チョジツ)《名医別録》
  1. 異名:「穀実」「穀子」「楮桃」「角樹子」「穀樹子」
  2. 基原:クワ科、構樹(和名:カジノキ)の果実。


楮樹根(チョジュコン)《分類草薬性》
  1. 異名:「穀樹子根」
  2. 基原:クワ科、楮樹(和名:カジノキ)の若い根、根皮。


楮樹白皮(チョジュハクヒ)《本草綱目》
  1. 異名:「穀木皮」「穀白皮」「楮樹皮」
  2. 基原:クワ科、楮樹(和名:カジノキ)の樹皮の皮部。


楮仔笠(チョシリュウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「山葛」「大力牛」「鶏頭薯」「鶏頭子」
  2. 基原:マメ科、楮仔笠の塊根。


猪草(チョソウソウ)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「石中珠」「猪毛漆」「鉄糸草」「岩浮萍」「魚鱗草」
  2. 基原:ホウライシダ科、
    1. 鉄線蕨(和名:ホウライシダ)
    2. 白背鉄線蕨の全草。


楮頭紅(チョトウコウ)《四川中薬志》
  1. 基原:ノボタン科、楮頭紅の全草。


樗白皮(チョハクヒ)《薬性論》
  1. 異名:「樗皮」「苦椿皮」
  2. 基原:ニワウルシ科、臭椿(和名:ニワウルシ)の根or幹の内皮。


楮皮間白汁(チョヒカンハクジュウ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「穀枝汁」「穀樹汁」「構膠」
  2. 基原:クワ科、構樹(和名:カジノキ)の茎皮部の乳汁。


苧麻花(チョマカ)《医林纂要》
  1. 原植物:イラクサ科、ナンバンカラムシ


苧麻根(チョマコン)《薬性論》
  1. 異名:「苧根」「苧麻頭」
  2. 基原:イラクサ科、苧麻(和名:ナンバンカラムシ)の根。


苧麻皮(チョマヒ)《本草備要》
  1. 基原:イラクサ科、苧麻(和名:ナンバンカラムシ)の茎皮。


苧麻葉(チョマヨウ)《本草綱目》
  1. 原植物:イラクサ科、苧麻(和名:ナンバンカラムシ)


猪毛(チョモウ)《本草綱目》
  1. 原動物:イノシシ科、ブタ


猪靨(チョヨウ)《本草綱目》
  1. 異名:「猪気子」
  2. 基原:イノシシ科、猪(和名:ブタ)の甲状腺体。


猪毛蕨(チョモウケツ)《雲南中草薬選》
  1. 異名:「緑爬山虎」「大蕨菜」「青竹標」
  2. 基原:ウラボシ科、光亮密網蕨の根茎。


猪毛菜(チョコウサイ)《華北中薬手冊》
  1. 異名:「刺蓬」
  2. 基原:アカザ科、猪毛菜の全草。


猪毛草(チョモウソウ)《峨眉薬植》
  1. 異名:「小鳳尾草」
  2. 基原:ワラビ科、狭葉鳳尾蕨の根、茎葉。


楮葉(チョヨウ)《名医別録》
  1. 異名:「構葉」「穀樹葉」「醤黄葉」
  2. 基原:クワ科、構樹(和名:カジノキ)の葉。


樗葉(チョヨウ)《本草綱目》
  1. 異名:「樗木葉」
  2. 基原:ニガキ科、臭椿(和名:ニワウルシ)の葉。


樗葉花椒皮(チョヨウカショウヒ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:ミカン科、樗葉花椒(和名:カラズサンショウ)の樹皮。


猪蓼子草(チョリョウシソウ)《分類草薬性》
  1. 基原:タデ科、
    1. 節蓼(和名:オオイヌタデ)
    2. 鐘花蓼の全草、根。


猪参(チョリョウジン)《四川中薬志》
  1. 異名:「観音竹」「土洋参」「蛇蓼子」「大一枝箭」
  2. 基原:ラン科、小長距蘭(和名:オオバノトンボソウ)の全草、根のついた全草。


猪苓(チョレイ)《神農本草経》
  1. 異名:「豕零(シレイ)」「猪屎」「苓」「地烏桃」「野猪食」
  2. 基原:サルノコシカケ科、猪苓(和名:チョレイマイタケ)の乾燥した菌核。


猪籠草(チョロソウ)《陸川本草》
  1. 異名:「補虫草」「猪仔籠」「」
  2. 基原:ウツボグサ科、猪籠草(和名:ウツボカズラ)の茎と葉。


陳芥菜鹵汁(チンガイサイロジュウ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:芥菜を漬けた古い漬け汁。


陳火腿骨(チンカタイコツ)《本草綱目拾遺》


陳壺盧瓢(チンコロヒョウ)《本草綱目》
  1. 異名:「旧壺盧瓢」「破瓢」
  2. 基原:ウリ科、瓢瓜または苦葫蘆(和名:ヒョウタン)の老いてよく熟した果皮。


枕材(チンザイ)《本草拾遺》
  1. 基原:クスノキ科、大葉釣樟(和名:クロモジ)の木材。


珍珠(チンシュ)《開宝本草》
  1. 異名:「真珠」「真朱」「蚌珠」「珠子」
  2. 基原:
    1. ウグイスガイ科、珍珠貝
    2. ウグイスガイ科、馬氏珍珠貝
    3. イシガイ科、三角帆蚌(和名:ヒレイケチョウガイ)
    4. イシガイ科、褶紋冠蚌(和名:カラスガイ)
    5. イシガイ科、背角無歯蚌(和名:ドブガイ)などの貝類動物の珍珠嚢の中にできる無核珍珠。


珍珠菜(チンシュサイ)《南京民間薬草》
  1. 異名:「矮桃」「狗尾巴草」「山地楡」「黄参草」「山馬尾」「蓼子草」「狼尾草」
  2. 基原:サクラソウ科、虎尾珍珠菜(和名:オカトラノオ)の根or全体。


珍珠傘(チンシュサン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「紫緑果根」
  2. 基原:ヤブコウジ科、多斑紫金牛の全株。


珍珠草(チシュソウ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「日開夜閉」「陰陽草」「真珠草」「山皂角」「油柑草」
  2. 基原:トウダイグサ科、葉下珠(和名:コミカンソウ)の全草、根付き全草。


珍珠梅(チンシュバイ)《東北常用中草薬手冊》
  1. 異名:「八木条」「珍珠杆」「花児杆」
  2. 基原:バラ科、
    1. 高叢珍珠梅
    2. 東北珍珠梅(和名:エゾホザキナナママド)の茎の皮。


珍珠風(チンシュフウ)《草木便方》
  1. 異名:「珍珠柳」「魚子」「漆大白」
  2. 基原:クマツヅラ科、珍珠風の根あるいは枝葉。


珍珠風子(チンジュフウシ)《中国薬植志》
  1. 基原:クマツヅラ科、珍珠風の種子。


珍珠母(チンジュボ)《飮片新参》
  1. 異名:「珠牡」「珠母」「明珠母」
  2. 基原:
    1. ウグイスガイ科、珍珠貝(和名:クロチョウガイ)
    2. ウグイスガイ科、馬氏珍珠貝(和名:アコヤガイ)
    3. イシガイ科の数種類の川貝の貝殻の真珠層。


珍珠蓮(チンシュレン)《雲南中草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、毛髪唐松草の根。


珍珠蓮根(チンシュレンコン)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:クワ科、珍珠蓮のコン。


珍珠露水草(チンシュロスイソウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「露水草」「鶏冠参」
  2. 基原:ツユクサ科、蛛糸毛藍耳草の根。


陳倉米(チンソウベイ)《食性本草》
  1. 異名:「陳米」「火米」「紅栗」
  2. 基原:長いあいだ貯蔵した粳米。


陳冬菜鹵汁(チントウサイロジュウ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:塩漬けした冬菜の古くなった漬け汁。


椿白皮(チンハクヒ)《食療本草》
  1. 異名:「香椿皮」
  2. 基原:センダン科、香椿(和名:チャンチン)の樹皮、あるいは根皮の師部。


椿葉(チンヨウ)《本草綱目》
  1. 異名:「椿木葉」「椿尖葉」
  2. 基原:センダン科、チャンチン





関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査