ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ト)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)








 生薬名・「異名」(出典)・基原
土阿魏(ドアギ)《採薬書》
  1. 基原:クマツヅラ科、臭梧桐(和名:クサギ)の根皮をついてとった液汁を凝結させたもの。


土一枝蒿(ドイッシコウ)《文山中草薬》
  1. 異名:「野一枝蒿」「白花一枝蒿」「一枝蒿」「蜈蚣草」「飛天蜈蚣」「刀口傷皮」「馬茴香」「刀口薬」「千葉蓍」
  2. 基原:キク科、西南蓍草の全草。


藤烏頭(トウウズ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「血烏」「蔓烏頭」「藤烏」「羊角七」
  2. 基原:キンポウゲ科、瓜葉烏頭の塊根。


豆黄(トウオウ)《食療本草》
  1. 異名:「大豆黄」
  2. 基原:マメ科、大豆(和名:ダイズ)の種皮が黒色の種子を蒸して加工したもの。


藤黄(トウオウ)《海薬本草》
  1. 基原:オトギリソウ科、藤黄の膠質の樹脂。


桃花(トウカ)《神農本草経》
  1. 基原:バラ科、桃(和名:モモ)または、山桃の花。


冬瓜(トウガ)《神農本草経集注》
  1. 異名:「白瓜」「白冬瓜」「東瓜」「枕瓜」「菰(キュウ)」「水芝」「地芝」
  2. 基原:ウリ科、冬瓜(和名:トウガ)の果実。


灯蛾(トウガ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「飛蛾」「火花」
  2. 基原:ヒトリガ科、灯蛾(和名:ヒトリガ)の全虫。


糖芥(トウカイ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:アブラナ科、披散糖芥(ヒサントウカイ)の種子。


豆角柴(トウカクサイ)《貴州草薬》
  1. 基原:西南子梢(セイナンコウシショウ)の根。


冬瓜子(トウガシ)《唐本草》
  1. 異名:「白瓜子」「瓜子」「瓜弁」「冬瓜仁」
  2. 基原:ウリ科、冬瓜(和名:トウガ)の種子。


冬瓜(トウガジョウ)《図経本草》
  1. 異名:「冬瓜練」
  2. 基原:ウリ科、冬瓜(和名:トウガ)の果。


冬瓜藤(トウガトウ)《日華子諸家本草》
  1. 基原:ウリ科、冬瓜(和名:トウガ)の茎。


冬瓜葉(トウガヨウ)《日華子諸家本草》
  1. 原植物:ウリ科、冬瓜(和名:トウガ)


当帰(トウキ)《神農本草経》
  1. 異名:「乾帰」
  2. 基原:セリ科、当帰(和名:カラトウキ)の根。


東菊(トウギク)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「細薬」「牙陥薬」「細牛舌片」
  2. 基原:キク科、東菊(和名:アズマギク)の全草。


冬葵根(トウキコン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「葵根」「土黄蓍」
  2. 原植物:アオイ科、フユアオイ


冬葵子(トウキシ)《神農本草経》
  1. 異名:「葵子」
  2. 基原:アオイ科、冬葵(和名:フユアオイ)の種子。


冬葵葉(トウキヨウ)《名医別録》
  1. 異名:「冬葵苗葉」「冬菜」
  2. 基原:アオイ科、冬葵(和名:フユアオイ)の若い苗、葉。。


糖橘紅(トウキッコウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「香金板」「甜橘紅」
  2. 基原:ミカン科植物の柑橘類の果皮(外層皮)を糖霜(粉砂糖)で加工したもの。


当帰藤(トウキトウ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「大力王」「虎尾草」
  2. 基原:ヤブコウジ科、小花酸藤子の根orつる。


桃金娘花(トウキンジョウカ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「崗稔花」
  2. 原植物:フトモモ科、テンニンカ。


鬧狗薬(ドウクヤク)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「小鶏骨常山」「見血飛」
  2. 基原:キョウチクトウ科、小鶏骨常山の葉。


倒桂牛(トウケイギュウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「大牛昴」「朝天子」
  2. 基原:マメ科、多毛葉雲実(和名:ジャケツイバラ)の根、茎皮。


檸鶏児果(ドウケイジカ)《内蒙古中草薬》
  1. 基原:マメ科、小葉錦鶏児の果実。


桃茎白皮(トウケイハクヒ)《名医別録》
  1. 異名:「桃皮」「桃樹皮」「桃白皮」
  2. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)
    2. 山桃のコルク皮を取り除いた樹皮。


蒿(トウコウ)《千金》
  1. 異名:「同蒿」「蓬蒿菜」「菊花菜」「蒿菜」
  2. 基原:キク科、蒿(和名:シュンギク)の茎葉。


桃膠(トウコウ)《名医別録》
  1. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)
    2. 山桃などの樹皮より分泌する樹脂。


倒鉤刺(トウコウシ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「小烏泡」「散血草」「刺茶」
  2. 基原:バラ科、三葉懸鉤子の全株。


倒扣草(トウコウソウ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「牛舌大黄」「牛舌頭」「魚鱗菜」「牛七風」「白牛七」「倒将草」「倒呑呑」「粘身草」「鴨脚節」
  2. 基原:ヒユ科、粗毛牛膝の全草。


刀口薬(トウコウヤク)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「大葉一枝箭」
  2. 基原:キク科、三花耳風の葉。


稲殻芒(トウコクボウ)《本草拾遺》
  1. 異名:「稲隠」
  2. 基原:イネ科、稲(トウ:和名:イネ)の果実上ののぎ。


透骨香(トウコツコウ)《貴陽民間薬草》
  1. 異名:「透骨草」「満山香」「万里香」「九里香」「芳香草」「満天香」「小透骨草」「透骨消」
  2. 基原:ツツジ科、雲南白珠樹の茎葉。


透骨香根(トウコツコウコン)《貴陽民間薬草》
  1. 異名:「捜山虎」
  2. 基原:ツツジ科、雲南白珠樹の根。


透骨草(トウコツソウ)《霊秘丹薬箋》
  1. 基原:
    1. トウダイグサ科、地構葉(ジコウヨウ)の全草。
    2. ツリフネソウ科、鳳仙(和名:ホウセンカ)の全草。


銅骨七(ドウコツシチ)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「白接骨連」「紅接骨連」「疔薬」「血烏」
  2. 基原:キンポウゲ科、西南銀蓮花の根茎、葉。


桐根(トウコン)《重慶草薬》
  1. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 泡桐(ホウトウ)の若い根、根皮。
    2. 毛泡桐(和名:キリ)の若い根、根皮。


桃根(トウコン)《証類本草》
  1. 異名
  2. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)の根ないし根皮。
    2. 山桃の根ないし根皮。


菜(トウサイ)《食物本草》
  1. 異名:「烏菜(ウトウサイ)」
  2. 基原:アブラナ科、菜(トウカサイ)の全草。

倒札竜(トウサツリュウ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「倒毒散」
  2. 基原:バラ科、刺懸鉤子(和名:サナギイチゴ)の根。


灯盞細辛(トウサイシン)《雲南中草薬》
  1. 異名:「地頂草」「灯盞花」「地朝陽」「双葵花」「東菊」
  2. 基原:キク科、短葶飛蓬の全草。


藤三七(トウサンシチ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「藤子三七」
  2. 基原:ツルムラサキ科、藤三七のむかご。

桃子(トウシ)《日用本草》
  1. 異名
  2. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)の成熟した果実。
    2. 山桃の成熟した果実。


桃枝(トウシ)《本草綱目》
  1. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)の若枝。
    2. 山桃の若枝。


橙子(トウシ)《食性本草》
  1. 異名:「橙」「王橙」「金橙」「金球」
  2. 基原:ミカンン科、香橙(和名:ユズ)の果実。


橙子核(トウシカク)《図経本草》
  1. 基原:ミカン科、香橙(和名:ユズ)の種子。


橙子皮(トウシヒ)《開宝本草》
  1. 基原:ミカン科、香橙(和名:ユズ)の果皮。


桐子花(トウシカ)《重慶草薬》
  1. 基原:トウダイグサ科、油桐(和名:シナアブラギリ)の花


藤子甘草(トウシカンゾウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「土甘草」「鶏血藤」「
  2. 基原:マメ科、毛果魚藤のつるor根。


桃耳七(トウジシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「小葉蓮」「鶏素苔」
  2. 基原:メギ科、鬼臼の根およぶ根茎。


塘虱魚(トウシツギョ)《本草求原》
  1. 異名:「角魚」「暗釘魚」「鬚子鮎」
  2. 基原:子鮎(コシネン)んも全体or肉。


砂(ドウシャ)《唐本草》
  1. 異名:「北庭砂」「赤砂」「黄砂」「気砂」
  2. 基原:ハロゲン化物類の鉱物。砂(ドウシャ)の結晶。
  3. 原鉱物:塩化アンモン石


檸条(ドウジョウ)《中草薬心医療法資料》
  1. 基原:マメ科、中間錦鶏児の全草。


檸条花(ドウジョウカ)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 基原:マメ科、中間錦鶏児の花。


檸条根(ドウジョウコン)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 基原:マメ科、中間錦鶏児の根。


檸条(ドウジョウシ)《中国沙漠地区薬用植物》
  1. 基原:マメ科、中間錦鶏児の種子。


東子(トウショウシ)《本草拾遺》
  1. 異名:「沙蓬米」「沙米」「登相子」
  2. 基原:アカザ科、沙逢(シャホウ)の種子。


藤商陸(トウショウリク)《広西民間常用草薬》


倒触傘(トウショクサン)《貴陽蜜柑薬草》
  1. 基原:バラ科、薔薇苺(ショウビバイ:和名:コジキイチゴ)の根。


党参(トウジン)《本草従新》
  1. 異名:「上党人参」「黄参」「獅頭参」「中霊草」
  2. 基原:キキョウ科、党参(和名:ヒカゲツルニンジン)の根。


灯心草(トウシンソウ)
  1. 異名:「虎鬚草」「赤鬚」「灯心」「鉄灯心」「虎酒草」「猪矢草」
  2. 基原:イグサ科、灯心草(和名:イ)の茎髄or全草。


灯心草根(トウシンソウコン)《開宝本草》
  1. 基原:イグサ科、灯心草(和名:イ)の根、根茎。


刀豆(トウズ)《救荒本草》
  1. 異名:「刀豆子」「大刀豆」「関刀豆」「馬刀豆」「刀巴豆」
  2. 基原:マメ科、刀豆(和名:ナアマメ)の種子。


刀豆殻(トウズカク)《医林纂要》
  1. 基原:マメ科、刀豆(和名:ナアマメ)の果殻。


刀豆根(トウズコン)《医林纂要》
  1. 原植物:マメ科、刀豆(和名:ナアマメ)


銅錘玉帯草(ドウスイギョクタイソウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「地茄子草」「地浮萍」「地子」「地扣子」「馬蓮草」「紅頭帯」
  2. 基原:キキョウ科、銅錘玉帯草の全草。


銅錘草(ドウスイソウ)《四川中薬志》
  1. 異名:「大酸味草」「地麦子」「水酸芝」「柴酢漿草」「大老鴉酸」
  2. 基原:カタバミ科、銅錘草(和名:ムラサキカタバミ)の全株、根。


倒水蓮(ドウスイレン)《四川中薬志》
  1. 基原:キンポウゲ科、峨眉唐松草の全草。


倒生根(トウセイコン)《重慶草薬》
  1. 異名:「過江竜」「両頭草」「烏竜毛」「烏泡倒触傘」
  2. 基原:バラ科、挿田泡(和名:トックリイチゴ)の根。


冬青子(トウセイシ)《本草拾遺》
  1. 異名:「冬青実」「凍青樹子」
  2. 基原:モチノキ科、冬青(和名:ナミノキ)の果実。


冬青皮(トウセイヒ)《日華子諸家本草》
  1. 異名:「冬青木皮」
  2. 基原:モチノキ科、冬青(和名:ナミノキ)の樹皮。


冬青葉(トウセイヨウ)《本草拾遺》
  1. 異名:「四季青葉」
  2. 基原:モチノキ科、冬青(和名:ナミノキ)


凍青葉(トウセイヨウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 基原:クスノキ科、楠(テンテイナン)の葉。


倒生蓮(トウセイレン)《四川常用中草薬》
  1. 異名:「倒水蓮」「花老鼠」「金鶏尾」「石上鳳尾草」
  2. 基原:チャセンシダ科、長葉鉄角蕨の根のついた全草。


倒赤傘(トウセキサン)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:キク科、倒赤傘の全草。


銅銭麻黄(ドウセンマオウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:マメ科、中国宿苞豆の根。

稲草(トウソウ)《南本草》
  1. 異名:「稲藁」「稲桿」
  2. 基原:イネ科、稲(和名:イネ)の茎葉。


糖茶(トウチャヒョウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ユキノシタ科、糖茶の茎枝の皮、あるいは果実。

藤仲(トウチュウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「槍花葉」「毛葉藤仲」「大葉鹿角藤」
  2. 基原:キョウチクトウ科、弁裂鹿角藤の根、茎、茎皮。


冬虫夏草(トウチュウカソウ)《本草従新》
  1. 異名
  2. 基原:バッカクキン科、冬虫夏草菌(和名:フユムシナツクサタケ)の子実体と、その寄生であるコウモリガ科の昆虫、虫草蝙蝠蛾などの幼虫の死体との複合体。


倒吊筆葉(トウチュウヒツヨウ)《常用中草薬手冊》
  1. 原植物:キョウチクトウ科、倒吊筆。

倒吊蝋燭(トウチョウロウソク)《生草薬性備要》
  1. 異名:「神仙蝋燭」
  2. 基原:キョウチクトウ科、倒吊筆の根、茎。


藤杜仲(トウトチュウ)《陸川本草》
  1. 異名:「土杜仲」「紅杜仲」
  2. 基原:キョウチクトウ科、
    1. 杜仲藤
    2. 毛杜仲藤の茎or根。


桃南瓜(トウナンカ)《中医雑志》
  1. 異名:「金瓜」「吊瓜」「看瓜」
  2. 基原:ウリ科、桃南瓜の果実。


桃仁(トウニン)《神農本草経集注》
  1. 異名:「桃核仁」
  2. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)
    2. 山桃の種子。


頭髪七(トウハツシチ)「陜西中草薬」
  1. 異名:「黒糸草」
  2. 基原:サルオガセ科、亜州樹髪の糸状体。


桐皮(トウヒ)《神農本草経》
  1. 異名:「白桐皮」「桐木皮」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 泡桐
    2. 毛泡桐(和名:キリ)の樹皮。


橙皮(トウヒ)《嶺南採薬録》
  1. 異名:「黄果皮」「理陳皮」
  2. 基原:ミカン科、甜橙(和名:アマダイダイ)の果皮。


豆腐(トウフ)《図経本草》
  1. 基原:マメ科、大豆(和名:ダイズ)の種子の加工製品。


豆腐泔水(トウフカンスイ)《随息居飲食譜》
  1. 異名:「豆腐泔」
  2. 基原:豆腐を絞るときにたれる淡い乳白色の液。

豆腐渣(トウフサ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「雪花菜」
  2. 基原:豆腐をつくるときに、汁をこして残ったかす。

豆腐渣果(トウフサカ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:ヤマモガシ科、蘿蔔樹の根、葉。

豆腐漿(トウフショウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「豆漿」
  2. 基原:マメ科、大豆(和名:ダイズ)の種子よりつくる汁。


豆腐皮(トウフヒ)《本草綱目》
  1. 異名:「豆腐衣」
  2. 基原:豆腐漿を煮たあと、表面に凝固した薄い膜。


東風橘根(トウフウキツコン)《嶺南採薬録》
  1. 基原:ミカン科、酒餅の根。


東風菜(トウフウサイ)《中国薬植志》
  1. 異名:「仙白草」「山白菜」「白雲草」
  2. 基原:キク科、東風菜(和名:シラヤマギク)の全草。

東風菜根(トウフウサイコン)《中国薬植志》
  1. 異名:「鑽山狗」「草三七」
  2. 基原:キク科、東風菜(和名:シラヤマギク)


豆弁緑(トウベンリョク)《植物名実図考》
  1. 異名:「豆弁如意草」「瓜子細辛」「岩筋草」「石上開花」「岩花」
  2. 基原:コショウ科、豆弁緑の全草、根。


東方烏毛蕨葉(ヨウホウウモウケツヨウ)《野生薬植図説》
  1. 基原:シシガシラ科、烏毛蕨(和名:ヒリュウシダ)の嫩葉(ドンヨウ)。


東方狗脊(トウホウクセキ)《中国薬植図鑑》
  1. 異名
  2. 基原:シシガシラ科、東方狗脊蕨(和名:コモチシダ)の根茎。


銅棒錘(ドウボウスイ)《陜西中草薬》
  1. 基原:ケシ科、条裂黄菫の塊根。


桐木(トウボク)《本草綱目》
  1. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 泡桐
    2. 毛泡桐(和名:キリ)の木材。


東北回蒿(トウホクカイコウ)《中国薬植図鑑》
  1. 基原:キク科、東北回蒿の花蕾。


檸檬(ドウモウ)《嶺南菜薬録》
  1. 異名:「黎檬子」「檸果」「夢子」「里木子」
  2. 基原:ミカン科、
    1. 黎檬(和名:カントンレモン)
    2. 洋檸檬(和名:レモン)の果実。


檸檬葉(ドウモウアンヨウ)《広西中薬志》
  1. 基原:フトモモ科、檸檬(和名:リモンユーカリ)の葉。


檸檬根(ドウモウコン)《陸川本草》
  1. 基原:ミカン科、
    1. 黎檬(和名:カントンレモン)
    2. 洋檸檬(和名:レモン)の根。

檸檬皮(ドウモウヒ)《広西中薬志》
  1. 基原:ミカン科、
    1. 黎檬(和名:カントンレモン)
    2. 洋檸檬(和名:レモン)の果皮。


檸檬葉(トウモウヨウ)《生草薬性備要》
  1. 基原:ミカン科、
    1. 黎檬(和名:カントンレモン)
    2. 洋檸檬(和名:レモン)の葉。


豆油(トウユ)《本草綱目》
  1. 基原:マメ科、大豆(和名:ダイズ)の種子から絞った脂肪油。


桐油(トウユ)《日華子諸家本草》
  1. 異名:「桐子油」
  2. 基原:トウダイグサ科、油桐(和名:シナアブラギリ)の種子を絞った油。


桐葉(トウヨウ)《神農本草経》
  1. 異名:「白桐葉」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、
    1. 泡桐
    2. 毛泡桐(和名:キリ)の葉。


桃葉(トウヨウ)
  1. 基原:バラ科、
    1. 桃(和名:モモ)
    2. 山桃の葉。


橙葉(トウヨウ)《嶺南採薬録》
  1. 基原:ミカン科、甜橙(和名:アマダイダイ)の葉。


鬧羊鼻花(ドウヨウカ)《本草綱目》
  1. 異名:「躑躅花」「驚羊花」「老虎花」「石棠花」「老鴉花」
  2. 基原:ツツジ科、羊躑躅(ヨウテキチョク)の花序。


銅蘿傘(ドウラサン)《広西民間常用草薬》
  1. 異名:「胡豆」「岩藤」「楊桃葉蘿傘」
  2. 基原:マメ科、庭藤(和名:ニワフジ)の根、全草。

棠梨(ドウリ)《本草綱目》
  1. 異名:「杜」「杜梨」「杜棠」「野梨」
  2. 基原:バラ科、棠梨の果実。


棠梨枝葉(ドウリショウ)《本草綱目》
  1. 原植物:バラ科、棠梨。


冬里麻(トウリマ)《峨眉薬植》
  1. 異名:「柳莓」「水麻」
  2. 基原:イラクサ科、水麻の枝葉、根。

銅緑(ドウリョク)《本草綱目》
  1. 異名:「銅青」
  2. 基原:銅器の表面に二酸化炭素または酢酸の作用によって生じる緑色の銹。


凍緑刺(ドウリョクシ)《湖南薬物志》
  1. 異名:「鴨屎樹」「野苦楝子」
  2. 基原:クロウメモドキ科、円葉鼠李の茎葉、根皮。


螳螂(トウロウ)《名医別録》
  1. 異名
  2. 基原:カマキリ科、
    1. 大刀螂(和名:オオカマキリ)
    2. 小刀螂(アw名:コカマキリ)などの全虫。


灯籠果(トウロウカ)《吉林中草薬》
  1. 異名:「醋栗」「狗葡萄」
  2. 基原:ユキノシタ科、山麻子(和名:ザリコミ)の果実。


灯籠草(トウロウソウ)《陸川本草》
  1. 異名:「泡泡草」「打頭泡」「心不干」「灯籠泡」「鬼灯籠」「水灯籠草」「打ト草」
  2. 基原:ナス科、灯籠草(和名:ブドウホオズキ)の全株。


螳螂跌打(トウロウテツダ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「硬骨散」
  2. 基原:サトイモ科、石柑子の茎、葉。


東莨(トウロウトウ)《中国薬植図鑑》
  1. 異名:「唐充」
  2. 基原:ナス科、東莨(和名:ハシリドコロ)の根茎。


吐煙花(トエンカ)《常用中草薬手冊》
  1. 基原:イラクサ科、吐煙花の全草。


土燕窩(ドエンカ)《四川中薬志》
  1. 基原:アマツバメ科、褐背金糸燕の唾液が、岩穴などで凝結してできた塊。


土黄連(ドオウレン)《南本草》
  1. 異名:「鶏足黄連」「三顆針」
  2. 基原:メギ科、
    1. 九蓮小檗
    2. 湖北小檗の根あるいは茎葉。


土遠志(ドオンジ)《広西中薬志》
  1. 基原:サクラソウ科、奇異排草の根。


土瓜(ドカ)《南本草》
  1. 異名:「土瓜」「土蛋」
  2. 基原:ヒルガオ科、土瓜の塊根。


土瓜狼毒(ドカロウドク)《南本草》
  1. 基原:トウダイグサ科、土瓜狼毒の根。


肝(トカン)《名医別録》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古もしくは家などの肝臓。


菟血(トケツ)《本草綱目》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古もしくは家などの血。

都咸子(トカンシ)《本草拾遺》
  1. 基原:ウルシ科、鶏腰果の果実(カシューナッツ)。


菟葵(トキ)《唐本草》
  1. 異名:「天葵」
  2. 基原:アオイ科、菟葵の茎葉。


土羌活(ドキョウカツ)《四川中薬志》
  1. 異名:「山羌活」「路辺羌」
  2. 基原:ショウガ科、姜花(和名:ハナシュクシャ)の根茎。


土銀花葉(ドギンカヨウ)《広東中薬》
  1. 基原:スイカズラ科、山銀花の葉。


独一味(ドクオイチミ)《四川中薬志》
  1. 基原:シソ科、独一味の根、根茎、あるいは全草。


毒魚藤(ドクギョトウ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「白薬根」
  2. 基原:マメ科、毛蕊鶏血藤の根、茎、葉。


毒芹根(ドクキンコン)《中草薬新医療法》
  1. 異名:「走馬芹」
  2. 基原:セリ科、毒芹(和名:ヤナギバドクゼリ)の根。


毒椒(ドクショウ)《四川中薬志》
  1. 基原:バラ科、爪弁花椒の根皮。


禿瘡花(トクソウカ)《陜西中草薬》
  1. 異名:「禿子花」
  2. 基原:ケシ科、禿瘡花の根をつけた全草。


独葉一枝花(ドクヨウイッシカ)《南本草》
  1. 異名:「雨流星草」「腎子草」
  2. 基原:ラン科、扇唇舌喙蘭の全株。


独葉一枝槍(ドクヨウイッシソウ)《常用中草薬単方》
  1. 異名:「独葉一枝花」「華無柱蘭」
  2. 基原:ラン科、細葶無柱蘭(和名:ヒナラン)の全草および塊茎。


独葉白芨(ドクヨウビャクギュウ)《雲中草薬》
  1. 異名:「糯白芨」「小白芨」
  2. 基原:ラン科、雲南独蒜蘭の塊茎。


土荊芥(ドケイガイ)《生草薬性備要》
  1. 異名:「紅沢蘭」「天仙草」「鉤虫草」「殺虫芥」「虎骨香」「鵝脚草」
  2. 基原:アカザ科、土荊芥(和名:アリタソウ)の果穂のついた全草。


杜茎山(トケイザン)《図経本草》
  1. 異名:「土垣山」「山茄子」
  2. 基原:ヤブコウジ科、杜茎山(和名:イズセンリョウ)の根、葉。


土荊皮(ドケイヒ)《薬材資料彙編》
  1. 異名:「土槿皮」「荊樹皮」「金銭松皮」
  2. 基原:マツ科、金銭松(和名:イヌカラマツ)も樹皮、根皮。


杜鵑花(トケンカ)《本草綱目》
  1. 異名:「山石榴」「艶山花」「山茶花」「虫鳥花」「灯盞紅花」「清明花」
  2. 基原:ツツジ科、杜鵑花(和名:タイワンヤマツツジ)の花、果実。


杜鵑花根(トケンカコン)《浙江民間常用草薬》
  1. 異名:「翻山虎」
  2. 基原:ツツジ科、タイワンヤマツツジ


杜鵑花葉(トケンカヨウ)《浙江民間常用草薬》
  1. 原植物:ツツジ科、タイワンヤマツツジ


杜衡(トコウ)《名医別録》
  1. 異名:「懐」「杜鹵」「土杏」「土細辛」「馬辛」「南細辛」
  2. 基原:ウマノスズクサ科、杜衡の根茎、根、全草。


土香薷(ドコウジュ)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「小葉薄荷」「野荊芥」「白花茵」「五香草」「土茵」「対葉接骨丹」
  2. 基原:シソ科、牛至の全草。


土香榧(ドイコウヒ)《浙江天目山薬植志》
  1. 異名:「粗榧」「血榧」「木榧」
  2. 基原:イヌガヤ科、中国粗榧の種子。


土牛膝(ドゴシツ)《図経本草》
  1. 異名:「杜牛膝」
  2. 基原:ヒユ科、
    1. 牛膝の野生種
    2. 柳葉牛膝(和名:ヤナギイノコズチ)
    3. 粗毛牛膝などの根と根茎。


菟骨(トコツ)《名医別録》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古もしくは家あんdの骨格。


土三七(ドサンシチ)《西蔵常用中草薬》
  1. 異名:「菊三七」「天青地紅」
  2. 基原:キク科、菊葉千里光の全草もしくは根。


菟糸(トシ)《神農本草経》
  1. 異名:「玉女」「唐」「菟蘆」丘」「火炎草」「野狐糸」「金糸草」「豆馬黄」「豆寄生」「吐血糸」「黄乱糸」
  2. 基原:ヒルガオ科、
    1. 菟糸子(和名:ハマネナシカズラ)
    2. 大菟糸子(和名:ネナシカズラ)の全草。


菟糸子(トシシ)《神農本草経》
  1. 異名:「菟糸実」「竜鬚子」「吐糸子」「蘿糸子」「黄蘿子」「豆鬚子」
  2. 基原:ヒルガオ科、
    1. 菟糸子(和名:ハマネナシカズラ)
    2. 大菟糸子(和名:ネナシカズラ)の種子。


耳傘(トジサン)《救荒本草》
  1. 異名:「七里麻」「一把傘」「雨傘草」「南天扇」「竜頭七」
  2. 基原:キク科、耳草(和名:ホソバヤブレガサ)の根、全草。


耳草(トジソウ)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「和気草」「土玉竹」「白蝶花」
  2. 基原:ラン科、竜頭蘭の塊根。


耳風(トジフウ)《峨眉薬植》
  1. 異名:「心肺草」「石鳳丹」
  2. 基原:キク科、光葉兎児風の全草。


子毛(トシモウ)《内蒙古中草薬》
  1. 基原:キク科、西伯利亜艾菊の全草。


土砂仁(ドシャジン)《中薬志》
  1. 基原:ショウガ科、和山姜(和名:ハナミョウガ)の果実、種子。


土常山(ドジョウザン)《図経本草》
  1. 基原:ユキノシタ科、
    1. 臘蓮繍球
    2. 傘形繍球(和名:ヤクシマアジサイ)の根。


杜松実(トショウジツ)《国薬的薬理学》
  1. 異名:「杜松子」
  2. 基原:ヒノキ科、杜松(和名:ネズ)の果実。


土箭(ドセンギ)《四川上陽中草薬》
  1. 基原:ジンチョウゲ科、一把香の根。


土千年健(ドセンエンケン)《南本草》
  1. 異名:「千年矮」「土千年剣」
  2. 基原:ツツジ科、烏鴉果の根。


土千年健葉(ドセンエンケンヨウ)《南本草図説》
  1. 源植物:ツツジ科、烏鴉果。


土大黄(ドダイオウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「吐血草」「金不換」「救命王」「箭頭草」「紅筋大黄」「癬薬」「土三七」「血当帰」「止血草」「化血連」
  2. 基原:タデ科、土大黄(和名:マダイオウ)の根。


土大黄葉(ドダイオウヨウ)《植物名実図考》
  1. 異名:「金不換葉」
  2. 源植物:タデ科、土大黄(和名:マダイオウ)。


奴柘刺(ドシャシ)《本草拾遺》
  1. 基原:クワ科、小柘樹(和名:カカツガユ)の辣刺。


杜仲(トチュウ)《神農本草経》
  1. 異名:「思仙」「木綿」「思仲」「糸連皮」「糸綿皮」
  2. 基原:トチュウ科、杜仲(和名:トチュウ)の樹皮。


土中聞(ドチュウブン)《昆明民間常用草薬》
  1. 異名:「鶏脚参」「象牙参」「鶏脚玉蘭」
  2. 基原:ショウガ科、土中聞の根。


土丁桂(ドチョウケイ)《福建民間草薬》
  1. 異名:「毛辣花」「銀糸草」「過飢草」「銀花草」「白毛草」「毛将軍」「石楠花」「瀉痢」
  2. 基原:ヒルガオ科、土丁桂(和名:アサガオカラクサ)の全草。


独角芋(ドッカクウ)《紅河中草薬》
  1. 異名:「紅半夏」「紅芋頭」「紅水芋」「石芋頭」「五彩芋」
  2. 基原:サトイモ科、花葉杯芋(和名:カラジューム)の塊茎。


独角蓮(ドッカクレン)《中国薬植志》
  1. 異名:「野半夏」「玉如意」「剪刀草」「副本一粒紅」
  2. 基原:サトイモ科、独角蓮の全草。


独活(ドッカツ)《神農本草経》
  1. 異名:「独滑」「長生草」「独揺草」
  2. 基原:
    1. セリ科、重歯毛当帰
    2. セリ科、毛当帰(和名:シシウド)
    3. セリ科、紫茎独活(和名:コバノヨロイグサ)
    4. セリ科、興安白(和名:ヨロイグサ)
    5. セリ科、牛尾独活
    6. セリ科、軟毛独活
    7. ウコギ科、食用木(和名:ウド)の根と根茎。


独脚烏(ドッキャクウキュウ)《陸川本草》
  1. 基原:ブドウ科、白粉藤の根およびつる状茎。


独脚烏葉(ドッキャクウキュウヨウ)《広東中草薬》
  1. 基原:ブドウ科、白粉藤の葉。


独脚柑(ドッキャクカン)《生草薬性備要》
  1. 異名:「乾草」「金鎖匙」「鹿草」「地蓮芝」
  2. 基原:ゴマノハグサ科、独脚金の全草。


独蕨箕(ドッケツキ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 異名:「蕨箕参」
  2. 基原:ハナワラビ科、絨毛陰地蕨の根。


突厥雀(トッケツジャク)《本草拾遺》
  1. 基原:サケイ科、毛腿沙鶏(和名:サケイ)の肉。

独行千里(ドッコウセンリ)《常用中草薬彩色図譜》
  1. 異名:「釦鈕子」
  2. 基原:フウチョウソウ科、膜葉槌果藤の根と葉。


吐鉄(トテツ)《食物本草》
  1. 異名:「泥螺」「麦螺」「土螺」
  2. 基原:タマゴカイ科、泥螺の肉。


土田七(ドデンシチ)《常用中草薬手冊》
  1. 異名:「姜三七」「竹葉三七」
  2. 基原:ショウガ科、土田七の塊茎。


土当帰(ドトウキ)《本草綱目》
  1. 基原:ウコギ科、食用木(和名:ウド)の根茎、根。


土当帰(ドトウキ)《吉林中草薬》
  1. 基原:セリ科、大独活(和名:オニノダケ)の根。


頭骨(トトウコツ)《名医別録》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古あるいは家などの頭骨。


肉(トニク)《名医別録》
  1. 基原:ウサギ科、
    1. 蒙古
    2. 東北
    3. 高原
    4. 華南
    5. 家などの肉。


脳(トノウ)《名医別録》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古あるいは家などの脳。


皮毛(トヒモウ)《唐本草》
  1. 基原:ウサギ科、蒙古あるいは家などの皮毛。


土党参(ドトウジン)《貴州民間方薬集》
  1. 異名:「土羊乳」「対月参」「野党参」「土人参」「土洋参」「南人参」「土参」「土沙参」「川人参」「紫党参」「浮萍参」
  2. 基原:キキョウ科、金銭豹(和名:ツルギキョウ)の根。


土人参(ドニンジン)《南本草》
  1. 異名:「水人参」「参草」「土高麗参」「土洋参」「土参」「紫人参」「土紅参」「飛来参」「瓦参」「福参」
  2. 基原:スベリヒユ科、櫨蘭の根。


土人参葉(ドニンジンヨウ)《福建中草薬》
  1. 基原:スベリヒユ科、櫨蘭の葉。


土貝母(ドバイモ)《本草従新》
  1. 異名:「土貝」「大貝母」「地苦胆」
  2. 基原:ウリ科、仮貝母の塊茎。


土八角(ドハッカク)《四川中薬志》
  1. 異名:「土大香」
  2. 基原:シキミ科、
    1. 紅茴香
    2. 雲南茴香の果実。


土半夏(ドハンゲ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:サトイモ科、土半夏の塊茎。


土白芨(ドビャクギュウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ラン科、二葉舌唇蘭の塊茎。


土百部(ドビャクブ)《中薬材手冊》
  1. 異名:「千錘打」
  2. 基原:ユリ科、羊歯天門冬の塊根。


土白蘞(ドビャクレン)《生草薬性備要》
  1. 異名:「老鼠瓜」「山熊胆」「金糸瓜」「老鼠黄瓜」「天瓜」
  2. 基原:ウリ科、馬児(バハクジ)もしくは茅瓜(ボウカ)の塊根。


土附(ドフ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名:「土部」「蕩魚」「蕩部」「吐哺」「菜花魚」「鮒魚」「土哺」
  2. 基原:カワアナゴ科、塘鱧魚(和名:ドンコ)の全体。


土附子(ドブシ)《本草綱目拾遺》
  1. 基原:カワアナゴ科、塘鱧魚(和名:ドンコ)の卵子。


土茯苓(ドブクリョウ)《南本草》
  1. 異名:「禹余糧」「白余糧」「過山竜」「硬飯」「土萆薢」「冷飯頭」「山帰来」
  2. 基原:ユリ科、土茯苓の根茎。


土蜂(ドホウ)《神農本草経》
  1. 異名:「馬蜂」
  2. 基原:チツバチ科、土蜂の全体。


土蜂子(ドホウシ)《神農本草経》
  1. 基原:チツバチ科、土蜂の幼虫。


土牡蠣(ドボレイ)《四川中薬志》
  1. 基原:イシガイ科、川南珠蚌の沈積貝殻。


土木賊(ドモクゾク)《広東中薬》
  1. 異名:「木賊」「接骨蕨」「馬人参」「節節草」「頭眼草」「筆頭草」
  2. 基原:トクサ科、筆管草の全草、根。


土木香(ドモッコウ)《図経本草》
  1. 異名:「青木香」
  2. 基原:キク科、土木香(和名:オオグルマ)の根。


肚拉(タラツ)《四川中薬志》
  1. 異名:「都拉」「都拉参」「蘿蔔参」
  2. 基原:マツムシソウ科、西南嚢包花の根。


土児(ドランジ)《救荒本草》
  1. 異名:「地栗子」「土蛋」「羅漢参」「九連珠」「土鶏蛋」
  2. 基原:マメ科、土児(和名:ホドイモ)の塊根。


土良姜(ドリョウキョウ)《昆明薬植調査》
  1. 基原:ショウガ科、草果薬の根茎。


土連翹(ドレンギョウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:オトギリソウ科、土連翹の果実。


土連翹(ドレンギョウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 基原:アカネ科、土連翹の樹皮。


土連翹葉(ドレンギョウヨウ)《雲南思茅中草薬選》
  1. 源植物:アカネ科、土連翹。

曇花(ドンカ)《陸川本草》
  1. 異名:「瓊花」「金鉤蓮」
  2. 基原:サボテン科、曇花の花。


敦盛草(トンセイソウ)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:ラン科、西蔵杓蘭の根・


鈍葉薔薇(ドンヨウショウビ)《浙江天目山薬植志》
  1. 基原:バラ科、鈍葉薔薇の根。

生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査