ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



生薬(ウ)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





ウ 生薬名・「異名」(出典)・基原
烏鴉(ウア)《嘉祐本草》
  1. 異名
    • 「大嘴烏」(ダイシウ)《禽経》
    • 「黒老鴉」(コクロウア)《南本草》
    • 「老鴉」(ロウア)《痘疹論》
    • 「巨烏」(キョカイウ)《禽経》
  2. 基原:カラス科の鳥。大嘴烏鴉(和名:ハシブトカラス)の全身またはその肉。


烏鴉翅羽(ウアシウ)《図経本草》
  1. 異名:鴉翅(アシ)《丹渓心法》


烏鴉胆(ウアタン)《本草綱目》


烏鴉頭(ウアトウ)《証類本草》
  1. 異名:鴉頭(アトウ)《太平聖惠方》


茴香(ウイキョウ)《図経本草》
  1. 異名
    • 「大茴香」(ダイウイキョウ)《朱氏集験医方》
    • 「小茴香」(ショウウイキョウ)《千金方》
    • 「土茴香」(ドウイキョウ)《図経本草》
    • 「野茴香」(ヤウイキョウ)《履巉岩本草》
    • 「殻茴香」(コクウイキョウ)《現代実用中薬》
    • 「殻香」(コクキョウ)《現代実用中薬》
    • 「香子」(キョウシ)《中国薬植志》
    • 「小香」(ショウキョウ)《四川中薬志》
  2. 基原:セリ科の植物。茴香(和名:ウイキョウ)の果実。


茴香茎葉(ウイキョウケイヨウ)《薬性論》
  1. 異名
    • 「茴香菜」(ウイキョウサイ)《千金》
    • 「香糸菜」(キョウシサイ)《植物名実図考》
    • 「草香」(ソウカイキョウ)《本経逢原》


茴香根(ウイキョウコン)《図経本草》


茴香虫(ウイキョウチュウ)《本草衍義》
  1. 異名:香虫(カイコウチュウ)《本草綱目》
  2. 基原:アゲハチョウ科の昆虫。金鳳蝶(キンホウチョウ:和名:キアゲハ)の幼虫。


雨韭(ウキュウ)《本草綱目拾遺》
  1. 異名
    • 「藍鳥花」(ランチョウカ)《植物名彙》
    • 「青茨花」(セイシコカ)《採薬書》
    • 「浮薔」(フショウ)《救荒野譜》
  2. 基原:ミズアオイ科の植物。雨久花(和名:ミズアオイ)の全草。


烏子(ウキュウシ)《本草拾遺》
  1. 異名:「烏茶子」(ウチヤシ)《天宝本草》
  2. 基原:トウダイグサ科、烏(和名:ナンキンハゼ)の種子。


烏木根皮(ウキュウボクコンピ)《本草綱目》
  1. 異名
    • 「烏」(ウキュウ)《摘元方》
    • 「根白皮」(ケンコンハクヒ)《草木便方》
  2. 基原:トウダイグサ科、烏(和名:ナンキンハゼ)のコルク皮を除いた根皮or茎皮。


烏葉(ウキュウヨウ)《本草拾遺》
  1. 異名
    • 「子葉」(ケンシヨウ)《分類草薬性》
    • 「油子葉」(ユシヨウ)《生草薬手冊》
    • 「虹葉」(コウヨウ)《嶺南草薬志》


烏金蛋(ウギョタン)《薬性考》
  1. 基原:コウイカ科の動物。無針烏(ムシンウソオク)または金烏(キンウソク:和名:コウイカ)などの卵包腺。


烏金草(ウキンソウ)《陜西中草薬》
  1. 基原:リンドウ科の植物。異花牙菜(イカショウガサイ)の根を含めた全草。


烏口樹(ウコウジュ)《植物名実図考》
  1. 異名:「烏木」
  2. 基原:アカネ科の植物。烏口樹の葉と果実。


烏骨鶏(ウコッケイ)《本草綱目》
  1. 異名
    • 「烏鶏」(ウケイ)《普済本事方》
    • 「薬鶏」(ヤクケイ)《動物学大辞典》
    • 「武山鶏」(ブザンケイ)《中薬志》
    • 「羊毛鶏」(ヨウモウケイ)《中薬志》
    • 「絨毛鶏」(ジュウモウケイ)《中薬志》
    • 「黒脚鶏」(コクキャクケイ)《中薬志》
    • 「竹糸鶏」(チクシケイ)《陸川本草》
  2. 基原:キジ科の鳥。烏骨鶏(和名:ウコッケイ)の肉、または内臓を去った全体。


芋梗(ウコウ)《本草衍義》
  1. 異名
    • 「芋茎」(ウケイ)《湖南薬物志》
    • 「芋荷杆」(ウカカン)《民間常用草薬彙編》
  2. 基原:サトイモ科の植物。芋(ウ:和名サトイモ)の葉柄。


烏骨藤(ウコットウ)《貴州民間薬物》
  1. 基原:バンレイシ科の植物。白葉瓜馥木(ハクヨウカフクボク)の根。

鬱金(ウコン)《薬性論》
  1. 異名:「黄鬱」(オウウツ)《石薬爾雅》
  2. 基原:ショウガ科の植物。
    1. 姜黄(キョウオウ:和名:ウコン)の塊根。
    2. 鬱金(ウコン:和名:ハルウコン)の塊根。
    3. 莪朮(ガジュツ:和名:ガジュツ)の塊根。


鬱金香(ウコンコウ)《神農本草拾遺》
  1. 異名
    • 「鬱香」(ウコウ)《太平御覧》
    • 「紅藍花」(コウランカ)《本草綱目》
    • 「紫述香」(シジュツコウ)《本草綱目》
  2. 基原:ユリ科の植物。鬱金香(和名:チューリップ)の花。


鬱金香根(ウコンコウコン)《現代実用中薬》
  1. 基原:ユリ科の植物。鬱金香(和名:チューリップ)の鱗茎と根。


芋児七(ウジシチ)《陜西中草薬》
  1. 異名
    • 「仏手七」(ブッシュシチ)《中国経済植物志》
    • 「黄花三七」(オウカサンシチ)《浙江中薬資源名録》
    • 「玉児七」(ギョクジシチ)《中国経済植物志》
    • 「獅児七」(シジシチ)《陜西中草薬》
    • 「屍児七」(シジシチ)《陜西草薬》
  2. 基原:ユリ科の植物。
    1. 延齢草(エンレイソウ:和名:シロバナエンエイソウ)の根茎。
    2. 白花延齢草(和名:オオバナエンレイソウ)の根茎。


烏頭附子尖(ウズブシセン)《本草綱目》
  1. 異名
    • 「川烏頭尖」(センウズセン)《養生必用方》
    • 「附子尖」(ブシセン)《小児衛生総微論方》
    • 「川烏尖」(センウセン)《澹寮方》
  2. 基原:川烏頭や附子の先端のとがった部分。


烏騒風(ウソウフウ)《分類草薬性》
  1. 異名
    • 「烏骨鶏」(ウコツケイ)《四川中薬志》
    • 「黒烏骨」(コクウコツ)《四川中薬志》
    • 「黒骨頭」(コクコツトウ)《中国経済植物志》
    • 「鉄夾藤」(テツキョウトウ)《中国経済植物志》
  2. 基原:ガガイモ科の植物。青蛇藤の茎。


烏賊魚肉(ウゾクギョニク)《名医別録》
  1. 基原:コウイカ科の動物。
    1. 無針烏(ムシンウソク)の肉
    2. 金烏(キンウソク:和名:コウイカ)の肉。

烏賊魚腹中墨(ウゾクギョフクチュウボク)《本草拾遺》
  1. 基原:コウイカ科の動物。無針烏や金烏(和名:コウイカ)などの墨袋にある墨。


烏蛇(ウダ)《薬性論》
  1. 異名
    • 「黒花蛇」(コクカダ)《本草綱目》
    • 「黒烏梢」(コクウショウ)《四川中薬志》
    • 「剣脊烏梢」(ケンセキウショウ)《本草衍義》
    • 「剣脊蛇」(ケンセキダ)《中薬志》
    • 「青蛇」(セイダ)《現代実用中薬》
    • 「青大将」(セイタイショウ)《浙江中薬手冊》
    • 「黄風蛇」(オイウフウダ)《生物学通報》
    • 「三稜子」(サンリョウシ)《》四川中薬志
  2. 基原:ヘビ科の動物。烏梢蛇の内臓を去った全体。


烏蛇膏(ウダコウ)《本草綱目》
  1. 基原:ヘビ科の動物。烏梢蛇の脂肪。


烏蛇胆(ウダタン)《本草綱目》
  1. 基原:ヘビ科の動物。烏梢蛇の胆。


烏蛇皮(ウダヒ)
  1. 基原:ヘビ科の動物。烏梢蛇の皮。


烏蛇卵(ウダラン)《本草綱目》
  1. 異名:蛇蛋(ダタン)《四川中薬志》
  2. 基原:ヘビ科の動物。烏梢蛇の卵。


芋頭(ウトウ)《本草衍義》
  1. 異名
    • 「土芝」(ドシ)《名医別録》
    • 「芋根」(ウコン)《漢書》
    • 「芋」(ウジョウ)《中国医学大辞典》
  2. 基原:サトイモ科の植物。芋(ウ:和名:サトイモ)の塊茎。


芋頭花(ウトウカ)《民間常用草薬彙編》
  1. 異名:「芋苗花」(ウビョウカ)《生草薬性備要》


烏豆根(ウトウコン)《貴州民間薬物》
  1. 異名:「山豆根」
  2. 基原:マメ科の植物。西南槐樹(セイナンカイジュ)の根。


烏奴竜胆(ウヌリュウタン)《西蔵常用中草薬》
  1. 基原:リンドウ科の植物。烏奴竜胆の全草。


烏梅(ウバイ)《神農本草経集注》
  1. 異名
    • 「梅実」(バイジツ)《神農本草経》
    • 「熏梅」(クンバイ)《現代実用中薬》
    • 「桔梅肉」(キツバイニク)《現代実用中薬》
  2. 基原:バラ科の植物。梅(バイ:和名:ウメ)の乾燥した未成熟の果実。


烏飯子(ウハンシ)《南本草》
  1. 異名
    • 「烏飯果」(ウハンカ)《南本草》
    • 「米飯果」(ベイハンカ)《南本草》
    • 「純陽子」(ジュンヨウシ)《南本草》
    • 「冷飯果」(レイハンカ)《雲南中草薬》
  2. 基原:ツツジ科の植物。烏鴉果(ウアカ)の果実。


禹白附(ウビャクブ)《中薬志》
  1. 異名
    • 「牛白附」(ギュウダイビャクブ)《中薬志》
  2. 基原:サトイモ科の植物。独角蓮の塊茎。


烏連(ウヒョウレン)《貴州民間薬物》
  1. 異名
    • 「山羊臭」(サンヨウシュウ)《貴州民間薬物》
    • 「如意草」(ニョイソウ)《貴州民間薬物》
    • 「烏j泡連」(ウホウレン)《貴州民間薬物》
  2. 基原:スミレ科の植物。(カン:和名:スミレサイシン)の全草及び根茎。


烏木屑(ウボクセツ)《本草綱目》
  1. 基原:カキ科の植物。烏木(和名:コクタン)の木屑。


烏薬(ウヤク)《本草拾遺》
  1. 基原:クスノキ科の植物。烏薬(和名:テンダイウヤク)の根。


烏薬花(ウヤクカ)《南本草》
  1. 基原:クマツヅラ科の植物。常山(和名:クサギ)の花。


烏薬子(ウヤクシ)《証類本草》
  1. 基原:クスノキ科の植物。烏薬(和名:テンダイウヤク)の果実。


芋葉(ウヨウ)《日華子諸家本草》
  1. 異名:「芋荷」「芋苗」


羽葉三七(ウヨウサンシチ)《中国薬植志》
  1. 異名
    • 「紐子三七」(チュウシサンシチ)《中国薬植志》
    • 「複羽裂参」(フクウレツジン)《中国種子植物分類学》
    • 「黄連三七」(オウレンサンシチ)《四川中薬志》
    • 「羽葉竹節参」(ウヨウチクセツジン)《中薬志》
  2. 基原:ウコギ科の植物。羽葉三七の根茎。


羽葉丁香(ウヨウチョウコウ)《寧夏中草薬手冊》
  1. 異名:「山沈香」
  2. 基原:モクセイ科の植物。羽葉丁香の根もしくは枝幹。


禹余糧(ウヨリョウ)《神農本草経》
  1. 異名
    • 「石脳」(セキノウ)《神農本草経》
    • 「禹哀」(ウアイ)《呉普本草》
    • 「太一余糧」(タイイツヨリョウ)《神農本草経》
    • 「白余糧」(ハクヨリョウ)《陶弘景》
    • 「禹糧石」(ウリョウセキ)《中薬志》
  2. 基原:酸化物類の鉱物。褐鉄鉱の一種。


烏欖(ウラン)《本草綱目》
  1. 異名
    • 「烏橄欖」(ウカンラン)《海槎余録》
    • 「木威子」(モクイシ)《本草拾遺》
  2. 基原:カンラン科の植物。烏欖(和名:クロカンラン)の果実。


烏欖根(ウランコン)《嶺南採薬録》


烏欖仁(ウランニン)《本草綱目》
  1. 基原:カンラン科の植物。烏欖(和名:クロカンラン)の核内の種仁。


烏欖葉(ウランヨウ)《生草薬性備要》


烏柳根(ウリュウコン)《中国砂漠地区薬用植物》
  1. 異名
    • 「小紅柳」
  2. 基原:ヤナギ科の植物。烏柳の根とひげ根。


烏竜擺尾(ウリュウハイビ)《湖南薬物志》
  1. 異名
    • 「烏泡」(ウホウ)《湖南薬物志》
    • 「黒烏泡」(コクウホウ)湖南薬物志
    • 「灰山泡」(ハイザンホウ)《》広西薬植名録
  2. 基原:バラ科の植物。灰白毛莓の根と葉。


烏莓(ウレンバイ)《唐本草》
  1. 異名
    • 「抜」(バツ)《爾雅》
    • 「虎葛」(コカツ)《爾雅》
    • 「竜尾」(リュウビ)《爾雅》
    • 「赤葛」(セキカツ)《本草綱目》
    • 「五葉莓」(ゴヨウバイ)《陶弘景》
    • 「五爪竜草」(ゴショウリュウソウ)《医学正伝》
    • 「五竜草」(ゴリュウソウ)《本草述》
    • 「五爪藤」(ゴソウトウ)《中国土農薬志》
    • 「五爪金竜」(ゴショウキンリュウ)《浙江民間草薬》
    • 「五甲藤」(ゴコウトウ)《湖南薬物志》
    • 「五将草」(ゴショウソウ)《草薬手冊》
    • 「止血藤」(シケツトウ)《南京地区常用中草薬》
    • 「黄眼藤」(オウガントウ)《上海常用中草薬》
  2. 基原:ブドウ科の植物。烏莓(和名:ヤブガラシ)の全草または根。


芸香草(ウンコウソウ)《四川中薬志》
  1. 異名
    • 「諸葛草」(ショカツソウ)《種子植物名称》
    • 「香茅草」(コウボウソウ)《雲南中草薬》
  2. 基原:イネ科の植物。芸香草の全草。


雲牛膝(ウンゴシツ)《中薬形性経験鑑別法》
  1. 異名:「土牛膝」南本草
  2. 基原:ヒユ科の植物。紅褐粗毛牛膝(和名:ムラアサキイノコズチ)の根。


雲実(ウンジツ)《神農本草経》
  1. 異名:「馬豆」(バトウ)《図経本草》
  2. 基原:マメ科の植物。雲実(和名:シナジャケツイバラ)の種子。


雲実根(ウンジツコン)《本草綱目》
  1. 基原:マメ科の植物。雲実(和名:シナジャケツイバラ)の根or根皮。


(ウンダイ)《唐本草》
  1. 異名
    • 「胡菜」(コサイ)《通俗文》
    • 「寒菜」(カンサイ)《百病方》
    • 「青菜」(セイサイ)《髄息居飲譜》
    • 「紅油菜」(コウユサイ)《四川中薬志》
  2. 基原:アブラナ科の植物。油菜の若い茎と葉。


子(ウンダイシ)《千金》
  1. 基原:アブラナ科の植物。油菜の種子。


雲南茜草(ウンナンセンソウ)《雲南中草薬》
  1. 異名:「小茜草」
  2. 基原:アカネ科、雲南茜草の根または全草。


雲霧七(ウンムシチ)《陜西中草薬》
  1. 基原:キンポウゲ科、秦嶺翠雀花の根。


雲母(ウンモ)《神農本草経》
  1. 異名
    • 「雲珠」(ウンシュ)《神農本草経》
    • 「雲華」(ウンカ)《神農本草経》
    • 「雲英」(ウンエイ)《神農本草経》
    • 「雲砂」(ウンサ)《神農本草経》
    • 「千層玻」(センソウハ)《四川中薬志》
  2. 基原:珪酸塩類の鉱物。白雲母。


生薬名・「異名」(出典)・基原


関連情報 生薬の薬性・薬向
生薬の帰経
生薬名・異名:基原
生薬の修治
漢方薬の選び方 
漢方薬(症候/病名)
漢方薬(50音順)
漢方薬(ツムラ)
漢方医学の分量
漢方の証
生薬

熱証・寒証
実証・虚証

漢方書籍










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査