ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アドリアシン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



抗ガン剤
塩酸ドキソルビシン(アドリアマイシン)(DXR)


[アドリアシン]



腫瘍細胞のDNAとcomplexを形成することで、DNAポリメラーゼ反応、RNAポリメラーゼ搬送を阻害し、DNA・RNAの生合成を抑制する。



悪性リンパ腫(細網肉腫・リンパ肉腫・ホジキン病)
肺ガン
○胃ガン
○胆嚢がん
○胆管ガン
○膵臓がん
○肝ガン
○結腸ガン
○直腸ガン
○乳ガン
○骨肉腫
A法:1日1回 10mg、4〜6日間連続投与。
静脈内ワンショット投与後、7〜10日間休薬
以上を1クールとし、2〜3クール繰り返す。
B法:1日1回 20mg、2〜3日間連続投与。
静脈内にワンショット投与後、7〜10日間休薬
以上を1クールとし、2〜3クール繰り返す
C法:1日1回 20〜30mg 3日間連続投与。
静脈内にワンショット投与後、18日間休薬
以上を1クールとし、2〜3クール繰り返す










(アドリアシン+シクロホスファミド)
1日1回静注投与(1日量60mg/u)後、20日間休薬
以上を1クールとし、4クールを繰り返す。
・手術可能で術前に
・術後の化学療法




(アドリアシン+シスプラチン)
1日1回静注投与(1日量60mg/u)後、20日間休薬
以上を1クールとし、4クールを繰り返す。
・術後化学療法
・転移や再発時の化学療法





(アドリアシン+イホスファミド)
1日量20〜30mg/u、1日1回、3日間連続静注投与を1クールとし、
休薬後、3〜4週繰り返す。




(アドリアシン+イホスファミド)
1日量20〜30mg/u、1日1回、3日間連続静注投与を1クールとし、
休薬後、3〜4週繰り返す。
(アドリアシン+シスプラチン)
1日量20mg/u。1日1回、3日間連続静注または点滴静注。その後3週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。





(アドリアシン+硫酸ビンクリスチン+リン酸デキサメタゾンナトリウム)
1日量9mg、輸液に希釈し24時間持続静注、これを4日間連続し、その後休薬し3〜4週間繰り返すのを1クールとする。







(アドリアシン+他の悪性腫瘍薬)
・ユーイング肉腫ファミリー腫瘍
・横紋筋肉腫
・神経芽腫
・網膜芽腫
・肝芽腫
・腎芽腫



1日1回、30〜60mgを20から40mlの生食に、1〜2mg/mlになるように溶解し、連日(又は週2〜3回)、膀胱内に注入。

|




[シスプラチン]+[メトトレキサート]+[硫酸ビンブラスチン]+[塩酸ドキソルビシン]を併用し、成人1回70mg/uを静注。

○標準的投与法・・・
1日目にメトトレキサート(30mg/u)
2日目に硫酸ビンブラスチン(3mg/u)+塩酸ドキソルビシン(30mg/u)+シスプラチン(70mg/u)を静注。
15、22日目にメトトレキサート(30mg/u)+硫酸ビンブラスチン(3mg/u)を
静注。
以上を1クールとして、4週間ごとに繰り返す








▽投与前の心臓部・縦隔への放射線照射
▽心毒性を有する抗悪性腫瘍薬





アドリアシン副作用(五十音順)
  1. 萎縮膀胱(0.9%)・・・→中止し処置
  2. 嘔吐
  3. 悪心
  4. 肝障害
  5. 血小板減少
  6. 胸痛・・・→中止
  7. 下痢
  8. 倦怠感
  9. 好中球減少
  10. 口内炎
  11. 色素沈着
  12. 食欲不振
  13. ショック・・・→中止し処置
  14. 心筋障害・・・→中止
  15. 心電図以上・・・→中止
  16. 心不全・・・→中止
  17. 腎障害
  18. 頭痛
  19. 脱毛
  20. タンパク尿
  21. 白血球減少
  22. 汎血球減少
  23. 貧血
  24. 頻脈・・・→中止
  25. 不整脈・・・→中止
  26. 発疹
(備考)
  • 急性心毒性を不整脈として出現する。
    投与量が500mg/uを超えると心不全として慢性心毒性がでやすい。





効果2倍に・・・PEGを2種類
  • 2009年、岩手医科大学の佐塚泰之教授らと日油は、既存の抗ガン剤の効果を2倍に高める方法を開発した。
    抗ガン剤を150ナノbの脂質のカプセルに入れた上で、2種類の高分子化合物をカプセル表面にくっつけた。
    ガンのマウス実験では死滅したガン細胞数が従来比2倍になった。
    抗ガン剤は、血管の穴を通しやすい大きさなの脂質製のカプセルに入れて注射すると、患部に到達しやすくなり薬効が高まる。すでに抗ガン剤の「ドキソルビン」を直径が100〜200ナノbのカプセルに入れた「ドキシル」が実用化されている。ドキシルはカプセル表面に「PEG2000」と呼ぶポリエチレングリコール(PEG)がつけてあり、免疫の影響を受けにくい。
    岩手医大のチームは、ドキソルビシンを150ナノbの脂質製カプセルに入れ、カプセル表面にはPEG2000とPEG500の2種類を取り付けた。これを卵巣ガンのマウスの血中に投与したところ、従来のドキシルと比べて2倍のガン細胞が死滅した。




関連情報 ガン」「悪性腫瘍のリンパ節転移腰が痛い
リンパ腫」「首のシコリ






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査