ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アピラコール(Apiracohl)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



血圧を下げる
一般名 塩酸トドラジン


「アピラコール」「エカラコール」「ヒドラプロン」



末梢血管拡張作用と弱いアドレナリン作用によって降圧作用を示す。
脳血流量や腎血流量は減少させない。





本態性高血圧症



1日30〜120mg 分3〜4(増減)





1)重度の肝機能検査値が異常の者→悪化の恐れ
2)虚血性心疾患
3)心不全
4)リウマチ性僧帽弁疾患の者→悪化の恐れ
5)頭蓋内出血急性期
6)本剤の過敏歴ある者



ほかの降圧薬との併用→降圧作用が増強する




アピラコール副作用(五十音順)
  1. SLE様症状
  2. 黄疸
  3. 嘔吐
  4. 顔面熱感
  5. K値が低下
  6. 狭心症発作を誘発する
  7. 劇症肝炎・・・重篤な肝障害・・・→中止し処置。定期検査
  8. 倦怠感
  9. 口内のあれ
  10. GOT上昇
  11. GPT上昇
  12. 湿疹・・・・・→中止
  13. 心悸亢進
  14. 心電図異常
  15. ジンマシン・・・・→中止
  16. 頭痛
  17. 精力減退
  18. 頻脈
  19. 浮腫
  20. 発疹・・・・→中止
  21. めまい











関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査