情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





アバスチン






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






抗ガン剤




抗がん剤
一般名 ベバシズマブ


「アバスチン」

ヒトVEGF(ヒト血管内皮増殖因子)と特異的に結合することで、VEGFと血管内皮細胞上に発現するVEGF受容体との結合を阻害する。
その結果、腫瘍組織でも血管新生を抑制し、腫瘍の増殖を阻害する。





  1. 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸ガン
  2. 悪性神経膠腫
    • 2013年、脳腫瘍の一種である悪性神経膠腫に使用が認められた。2〜3週間に1回、点滴投与。
  3. 卵巣ガン
    • 2013年11月、卵巣ガンの効能を取得
(適用外使用)
  1. HER2陰性の転移性乳がん
  2. 進行期非小細胞肺がん患者
  3. 転移性の大腸ガン
  4. 胃細胞ガン





本剤に過敏歴ある者
脳転移を有する患者








  1. 消化管など腹腔内の炎症を合併(消化管穿孔)
  2. 手術の術創が治癒していない患者(創傷治癒遅延)
  3. 先天性出血素因(出血)
  4. 凝固系異常(出血)
  5. 抗凝固剤投与(出血)
  6. 血栓塞栓症の既往歴ある者
  7. 高血圧症(悪化)
  8. 高齢者
  9. 妊娠・妊娠の可能性ある者





アバスチンベバシズマブ)
副作用
(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状・・・・・中止し処置必要
    1. ジンマシン
    2. 呼吸困難
    3. 口唇浮腫
    4. 咽頭浮腫
  2. INR増加
  3. ALP上焦
  4. 可逆性後白質脳症症候群
    1. けいれん発作
    2. 頭痛
    3. 精神状態変化
    4. 視覚障害
    5. 皮質盲
  5. 感覚神経障害
  6. 肝機能異常
  7. 間質性肺炎
  8. 筋骨格痛
  9. 逆流性食道炎
  10. 傾眠
  11. 血小板数減少
  12. 血栓塞栓症・・・・中止し処置
    1. 脳血管発作
    2. 一過性脳虚血発作
    3. 心筋梗塞
    4. 狭心症
    5. 脳虚血
    6. 脳梗塞
    7. 深部静脈血栓症
    8. 肺塞栓症
  13. 血中アルブミン減少
  14. 血中コレステロール増加
  15. 血中ナトリウム減少
  16. 血中P減少
  17. 血中Cl減少
  18. 高K血症
  19. 高血糖
  20. 高血圧
  21. 高血圧性クリーゼ・・・・中止し処置、再投与禁止
  22. 高血圧性脳症
  23. 好中球減少症
  24. 好中球数増加
  25. 呼吸困難
  26. 紅斑
  27. CRP上昇
  28. 色素沈着
  29. 失神
  30. 出血・・・重度出血では中止し処置、再投与禁止
    1. 吐血
    2. 下血
    3. 喀血(肺出血)
    4. 脳出血
    5. 鼻出血
    6. 歯肉出血
    7. 膣出血
  31. しゃっくり
  32. ショック
  33. 消化管穿孔
  34. 消化管瘻・・・中止し処置、再投与禁止
  35. 上室性頻脈
  36. 食欲不振
  37. 神経痛
  38. 赤血球数減少
  39. 創傷治療遅延・・・創傷が治癒するまで中止
  40. 総タンパク減少
  41. 爪囲炎
  42. 脱毛症
  43. 腸閉塞
  44. 帯状疱疹
  45. 爪の障害
  46. 低酸素症
  47. 手足症候群
  48. 尿タンパク陽性
  49. 尿中血陽性
  50. 尿中クレアチニン増加
  51. 尿中ブドウ糖陽性
  52. 尿中P減少
  53. ネフローゼ症候群
  54. 背部痛
  55. 肺高血圧症
  56. 剥脱性皮膚炎
  57. 白血球数減少
  58. 白血球増加
  59. 発生障害
  60. 歯の脱落
  61. BUN増加
  62. 鼻炎
  63. 鼻漏
  64. 皮膚乾燥
  65. 皮膚剥脱
  66. 皮膚変色
  67. 疲労倦怠感
  68. 貧血
  69. フィブリオノゲン増加
  70. フィブリンDダイマー増加
  71. プロトロンビン時間延長
  72. ヘマトクリット減少
  73. 発疹
  74. 末梢性運動ニューロパシー
  75. 末梢性感覚ニューロパシー
  76. 味覚異常
  77. 味覚錯誤
  78. めまい(浮動性)




特許延長が可能に
  • 2015年11/17、最高裁第3小法廷
  • 成分が同じ医薬品でも用法用量を変更すれば特許期間の延長が認められるとする判決が確定した。
  • 特許庁はこれまで、同じ成分や効能の医薬品がある場合、特許期間の延長を認めていなかった。






TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬