胃がもたれる  
不安  
うつ病
   






キャッスルマン病
Castleman's disease
  1. 1956年、アメリカの病理医・キャッスルマン(Castleman)が初めて原因不明の病気として報告した
  2. キャッスルマン病ははリンパ節が腫れ、慢性的な炎症反応が出る病気で、
    1. 食欲不振
    2. 倦怠感
    3. 体重の減少
    4. 発熱
    などを伴う。
  3. IL6(インターロイキン6)が体内に過剰に出来ることが関係していると見られる。
  4. 1999までの10年間に国内で報告された患者数は558人
  5. 治療薬・・・・「アクテムラ」



チェック
胃がもたれる」「不安



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬