ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



キャッスルマン病



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



キャッスルマン病
Castleman's disease

@1956年、アメリカの病理医・キャッスルマン(Castleman)が初めて原因不明の病気として報告した

Aキャッスルマン病はリンパ節が腫れ、慢性的な炎症反応が出る病気で、
  1. 食欲不振
  2. 倦怠感
  3. 体重の減少
  4. 発熱
などを伴う。


BIL6(インターロイキン6)が体内に過剰に出来ることが関係していると見られる。

C1999までの10年間に国内で報告された患者数は558人

D治療薬・・・・「アクテムラ」
難病指定
2017年、国内患者数、1500人(推計)が対象。









関連情報 胃がもたれる
不安
うつ病







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査