ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エンブレル



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





ウマチ 広告




抗リウマチ薬
一般名 エタネルセプト
商品名 「エンブレル」
作用機序 完全ヒト型可溶性TNFα/LTαレセプターに働きます。
体内の免疫を抑えます
TNFα
免疫細胞が分泌するタンパク質で、細菌などに対する防御反応を担っている。クローン病や関節リウマチといった自己免疫疾患はTNFαが過剰になり、炎症を引き起こす。
これを抑えるのが「抗TNFα薬」。
抗TNFα薬には、[エンブレル][レミケード][ヒュミラ][シムジア]などがある。
効能・用途
関節リウマチ・・・・過去の治療において、[NSAIDs]及び他の抗リウマチ薬を適切に使っても、疾患に起因する明確な症状が残る場合に使用。
用法用量 10〜25mg/V  1日1回  2回/週 (皮下注射)




警告
結核 敗血症を含む重篤な感染症が報告
感染症 致死的な感染症が報告
79人死亡・・・・2007年11月までに79名が死亡していた。
脱随疾患 多発性硬化症など




禁忌 敗血症の患者、そのリスクを有する者
重篤な感染症
活動性結核
本罪に過敏歴ある者
うっ血性心不全




リウマチ薬でがんリスクが上昇
  • 2009年、8/4、FDA(米食品医薬品局)は日本でも使われている腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬と呼ばれる新しいタイプの関節リウマチ薬について、[小児][青少年]が使用した場合に、ガンの発症リスクが上昇するとして、注意書きで強く警告するように製薬会社に指示した。
    対象は、
    • [レミケード(一般名:インフリキシマブ)]
    • [エンブレル(一般名:エタネルセプト)]
    • [ヒュミラ(一般名:アダリムマブ)]
    など5種類。



エンブレル副作用(五十音順)
  1. 網状赤血球増加
  2. アレルギー反応(重篤)・・・→中止・処置
    アレルギ
    ー反応
    アナフィラキシー
    血管浮腫
    気管支ケイレン
    ジンマシン
    →速やかに
    中止・処置
  3. アルブミン減少
  4. 胃腸炎
  5. 胃部不快感
  6. 咽喉頭疼痛
  7. 咽頭炎
  8. 咽頭不快感
  9. インフルエンザ
  10. ALP上昇
  11. Hb減少
  12. LDH上昇
  13. 悪心
  14. 嘔吐
  15. 咳嗽
  16. 喀痰
  17. 化膿性関節炎
  18. 角膜潰瘍
  19. 滑膜炎
  20. 肩こり
  21. 感覚減退
  22. 肝機能異常
  23. 眼精疲労
  24. 間質性肺炎・・・1〜5%




    発熱
    咳嗽
    呼吸困難
    →X線・CT検査、血液ガス検査
    →中止し、肺炎との鑑別診断(βDグルカン)

  25. 関節痛
  26. 関節脱臼
  27. 感冒・・・・40%以上・・・→症状に応じて処置
  28. 気管狭窄
  29. 気管支炎
  30. 気管支拡張症
  31. 気管支肺異形成症
  32. 期外収縮
  33. クレアチニン上昇
  34. 結核
  35. 血圧上昇
  36. 血液障害
    血液障害 再生不良性貧血
    汎血球減少
    白血球減少
    好中球減少
    血小板減少
    貧血
    →速やかに検査
    投薬中止
  37. 血小板減少
  38. 血痰
  39. 血尿
  40. 月経不順
  41. 結膜炎
  42. 結膜充血
  43. 下痢
  44. 光線過敏症
  45. 抗dsDNA抗体の陽性化を伴うループス様症候群・・・・→中止
  46. 口角炎
  47. 口唇炎
  48. 口内炎
  49. 好酸球増加
  50. 好中球減少
  51. 好中球増加
  52. 高血圧
  53. 紅斑
  54. コレステロール上昇
  55. 嗄声
  56. 残尿感
  57. GOT上昇
  58. GPT上昇
  59. 色素性母斑
  60. 四肢不快感
  61. 歯周炎
  62. 歯髄炎
  63. 歯痛
  64. 歯肉炎
  65. 湿疹
  66. シビレ感
  67. 上気道炎・・・→症状に応じて処置
  68. 手根管症候群
  69. 臭覚異常
  70. 消化性潰瘍
  71. 食欲不振
  72. 腎盂腎炎
  73. 腎結石
  74. 靱帯障害
  75. ジンマシン
  76. 膵炎
  77. 頭痛
  78. 脊椎症
  79. 舌苔
  80. 赤血球増加
  81. 赤血球減少
  82. 喘息
  83. 創傷感染
  84. 総タンパク増加
  85. 掻痒症
  86. 体重減少
  87. たこ(胼胝)
  88. 脱随疾患・・・→中止・処置
    脱随疾患 多発性硬化症
    視神経炎
    横断性脊髄炎
    →中止・処置
  89. 脱毛
  90. タンパク尿
  91. 潮紅
  92. 爪感染
  93. ツメ周囲炎
  94. ツメの異常
  95. 鉄欠乏性貧血
  96. 動悸
  97. 軟便
  98. 難聴
  99. 乳腺炎
  100. 尿糖
  101. 尿路感染
  102. 尿沈渣
  103. 眠気
  104. 膿瘍
  105. 肺炎・・・・・・→中止・処置
  106. 歯の知覚過敏
  107. 敗血症・・・→中止・処置
  108. 白癬
  109. 白血球減少
  110. 白血球増加
  111. 白血球分画異常
  112. 白内障
  113. 麦粒腫
  114. 発熱の持続+咽喉痛+蒼白・・・→速やかに検査投薬中止
  115. 鼻炎
  116. 鼻閉
  117. 鼻漏
  118. 皮膚炎
  119. 皮膚乾燥
  120. 皮膚血管炎(白血球破壊性を含む)
  121. ビリビリ感
  122. 日和見感染症(真菌感染症)・・・→中止・処置
  123. BUN増加
  124. 頻脈
  125. 不安
  126. 浮腫
  127. 腹痛
  128. 腹部膨満
  129. 副鼻腔炎
  130. 不眠
  131. ヘマトクリット減少
  132. 扁桃炎
  133. 便秘
  134. 発疹
  135. 味覚異常
  136. 虫歯(齲歯)
  137. 目が乾く
  138. 目のちらつき感
  139. めまい(浮動性めまい)
  140. 腰痛
  141. リンパ球増加
  142. ループス様症候群




(副作用)ネフローゼ症候群
67歳、女性(エタネルセプト症例)   (厚生労働省
基礎疾患:関節リウマチ
問題薬剤:エタネルセプト
使用理由:難治性関節リウマチ
投与期間:2週間
併用薬剤:メトトレキサート
経過
  • 関節リウマチに対してメトトレキサート 6mg/週より開始され、約3ヶ月投与。
  • 症状の改善がないため、エタネルセプト 50mg/週を併用投与。
    投与開始時、尿蛋白陰性、血清クレアチニン 0.7mg/dL、BUN 18mg/dL、血清総蛋白7.2g/dL、血清アルブミン4.1g/dL、血清総コレステロール213mg/dL。

  • 投与開始後2週間で両下腿に著明な浮腫を認めた。このときの検査結果は尿蛋白 5.9g/日、血清クレアチニン 0.9mg/dL、血清尿素窒素22.4mg/dL、血清総蛋白4.9g/ dL 、血清アルブミン2.6g/ dL 、血清総コレステロール322mg/ dL であった。エタネルセプトがネフローゼ症候群の原因薬剤と推測し、投与を中止した。
  • 投与中止1ヶ月後、両下腿の浮腫は軽快した。
    投与中止3ヶ月後、特に自覚症状なく、尿蛋白 1.2g/日、血清クレアチニン 0.8mg/ dL 、血清尿素窒素19.4mg/ dL 、血清総蛋白6.6g/ dL 、血清アルブミン3.5g/ dL 、血清総コレステロール226mg/ dL であった。


















関連情報 ウマチ






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査