ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



エフピー(FP)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





MAO-B阻害薬
一般名 塩酸セレギリン
商品名 「エフピー」
作用機序 MAO-B(モノアミン酸化酵素B型)選択的阻害効果。
効能
・用途
パーキンソン病
用法
用量
1日1回2.5mgを朝食後に服用、から開始し、
2週間ごとに1日量として2.5mgづつ増量し、
最適投与量を決めて維持する。
標準維持量・・・1日7.5mg
レボドパ含有製剤と併用する。
1日量5.0mgのとき・・・朝食後・昼食後に分服。
1日量7.5mgのとき・・・朝食後5.0mg、昼食後2.5mg
1日量10mgを超えないこと。




本剤と「三環系抗うつ剤」との併用はできない。
本剤を投与後三環系抗うつ剤を投与するには、14日間以上の間隔をあける必要がある。
1日10mgを超えてはいけない。




本剤に過敏歴ある者
塩酸ペチジン(オビスタン・・)投与中の者→高度の興奮、精神錯乱が発現する恐れ。
非選択的MAO阻害剤(サフラジン)投与中の者→高度の起立性低血圧が発現
統合失調症またはその既往歴ある者→精神症状が悪化
覚醒剤・コカインなどの中枢興奮薬の依存or既往歴ある者
三環系抗うつ剤(アミトリプチリン・・)を投与中or中止後14日間の者→以下の副作用と死亡例あり。
[高血圧][失神][不全収縮][発汗][テンカン][動作障害][精神障害][筋強剛]
SSRI(フルボキサミン・・)投与中の者
SNRI(ミルナシプラン・・)投与中の者



CYP2D6および3A4の阻害作用を有する製剤(シメチジン、硫酸キニジン、塩酸プロバノフェン、ハロペリドール、エリスロマイシン、ジョサマイシン、クロリスロマイシン、イトラコナゾール、フルコナゾール、ミコナゾール、クロトリマゾール、エチニルエストラジオール、ペラパミル、ジルチアゼム・・)との併用→毒性が増強
レセルピン誘導体との併用→作用減弱(脳内ドパミン減少)
・フェノチアジン系薬剤(クロルプロマジン・・)との併用
・ブチロフェノン系薬剤
スルピリド
塩酸トラゾドン
交感神経興奮剤(塩酸エフェドリン・・)


重篤な肝障害ある者
重篤な腎障害がある者
高齢者
心・脳循環器系障害
狭心症







(中毒)
過量投与によってMAO-B阻害の選択的阻害作用が低下し、非選択的MAO阻害による副作用がでることがある




失神
ケイレン
激越
幻覚
神経過敏
自殺的行為
痴呆
不安
不眠
ふるえがひどくなる
眠気
無動症が悪化
妄想
抑うつ

(対策)
気道確保
人工呼吸器


催吐・活性炭投与・胃洗浄


ケイレンなど
→ジアゼパム点滴静注


過度の低血圧
→補液の点滴静注


ショック
→ヒドロコルチゾン静注


高体温症
→塩酸クロルプロマジン


ショック
血圧上昇
血圧低下
起立性低血圧
心悸亢進
紅潮
不整脈
発汗
その他 超高熱
呼吸抑制
不全




エフピーの副作用
  1. 悪性症候群




    急激な減量・中止で
    高熱
    意識障害
    高度の筋硬直
    不随意運動
    血清CK上昇
    →再投与後、減量するとともに、体冷却、水分補給。
  2. 胃潰瘍・・・・→中止
  3. 胃痛
  4. ウツ症状
  5. 嘔吐
  6. 悪心
  7. 体のこわばり
  8. 起立性低血圧
  9. 狭心症・・・心電図モニター
  10. 胸部不快感
  11. 緊張低下
  12. 血清CK上昇
  13. 下痢
  14. 幻覚・・・・・・→減量・休薬または中止
  15. 倦怠感
  16. 構音障害
  17. 口渇
  18. 興奮
  19. 錯乱・・・・・・→減量・休薬または中止
  20. GOT上昇
  21. GPT上昇
  22. ジストニア(筋緊張異常)
  23. しびれ
  24. 食欲不振
  25. 視野狭窄
  26. 頭痛
  27. 頭重感
  28. 精神症状
  29. 譫妄・・・・・・→減量・休薬または中止
  30. 体重減少
  31. 多汗
  32. 多夢
  33. 低血糖(意識障害、昏睡)・・・→中止し処置
  34. 排尿困難
  35. 発熱
  36. 白血球減少
  37. 不安
  38. 不随意運動
  39. 不眠
  40. 浮腫
  41. 腹痛
  42. 便秘
  43. 発疹・・・・・・→中止
  44. ほてり
  45. 妄想・・・・・・→減量・休薬または中止
  46. 味覚異常
  47. 味覚低下



















関連情報 パーキンソン病
セロトニン症候群 








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査