ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



グリセオール



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




利尿剤
一般名 グリセオール
商品名 グリセオール」「グリセノン」「グリセリンF」「グリセレブ」「グリポーゼ」「グリマッケン」「グレノール」「ヒシセオール」
作用
機序
高浸透圧性脱水作用
グリセリンが代謝あsれてエネルギーとして利用されるとともに脳内代謝過程にはいって代謝を改善する。
眼圧低下作用がある。
効能・
用途
・頭蓋内圧亢進の治療
・頭蓋内浮腫の治療
・頭蓋内圧亢進と頭蓋内浮腫による以下の疾患
「意識障害」
「神経障害」
「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血・頭部外傷・脳腫瘍・脳髄膜炎の自覚症状の改善」
「脳外科手術後の後療法」
「脳外科手術時の脳容積縮小」
「眼内圧下降を必要とする場合」
「眼科手術時の眼容積縮小」




禁忌 先天性のグリセリン代謝異常症・・・→重篤な低血糖
先天性の果糖代謝異常症・・・→重篤な低血糖
成人発症U型シトルリン血症
慎重な
投与
が必要
心臓の機能障害の者
循環器系機能障害の者
腎書貝の者
尿崩症
糖尿病





・グリセリンは、静脈内に投与されると血清浸透圧を上昇させ、脳組織から血管内へ浮腫液を引き込むことで効果を発揮する。

・急性期脳卒中の治療薬として汎用されている


グリセオール副作用(五十音順)
  1. アシドーシス
    • 乳酸アシドーシス →炭酸水素ナトリウムを注射
  2. 腕が痛い
  3. 嘔吐
  4. 悪心
  5. 血圧上昇
  6. 血尿
  7. 血色素尿
  8. 倦怠感
  9. 口渇
  10. 高血糖(非ケトン性高浸透圧性)
  11. 高ナトリウム血症
  12. 頭痛
  13. 低ナトリウム血症
  14. 尿意
  15. 尿潜血反応・・・陽性



関連情報 利尿剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査