なおるコム/治るかも 
血色素量(Hb)



TOP広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス



血色素量
(Hb)

ヘモグロビン」「貧血」「血液」「血液検査



【Hb】
hemoglobin
(血色素量) [2A030]「HGB」
⇒ヘモグロビン(血色素)は、骨髄の赤芽球においてヘム(鉄とポルフィリンの複合体)とグロビンの合成によってつくられる。
<1>赤血球中のHbは肺で酸素と炭酸ガスのガス交換を行い、生体内各組織にOを供給し、血液pHを維持する重要な働きを営んでいる
<2>ガス交換機能で酸素と直接結合するのはヘムであるが、ヘムだけではその機能を発揮出来ず、グロビンと一体となって可能である。
<3>Hb量が減少する状態を=貧血という。
   a.赤血球数が正常、Hbが減少・・・・・鉄欠乏性貧血
   b.赤血球数が正常、Hbが増加・・・・・多血症
正常値 男性:13〜17g/dl
女性:12〜15g/dl
高値
を示す疾患
<1>真性多血症
<2>二次性多血症
<3>脱水
<3>ストレス






<1>鉄欠乏性貧血
<2>再生不良性貧血
<3>巨赤芽球性貧血
<4>鉄芽球性貧血
<5>白血病
<6>悪性貧血
<7>溶血性貧血
<8>サラセミア
<9>膠原病
<10>肝硬変
<11>悪性リンパ腫
<12>多発性骨髄腫
<13>悪性腫瘍
<14>感染症
<15>甲状腺機能低下症
<16>消化管の出血



貧血の種類
赤血球の出来方が悪い場合 一次性貧血 @再生不良性貧血(aplastic anemia)
A赤芽球癆(pure cell apkasia)
B鉄芽球性貧血(sidepblastic anemia)
C骨髄異形成症状群(myelodysplastic syndrome)の一分症として現れる貧血
D先天性赤芽球症候群(congenital dyserythroiesis)
他の疾患に続発して起こる貧血 @感染症
A腎不全
B肝疾患
C膠原病
D骨髄に浸潤を及ぼす疾患
      
白血病
       悪性リンパ腫
       骨髄腫
       骨髄線維症
E内分泌疾患:
       甲状腺機能低下症
       下垂体機能低下症
赤血球の成熟に必要な材料不足による貧血 (1)巨赤芽球性貧血(megaloblastic anemia:「MDS」)
(2)鉄欠乏性貧血(iron deficiency anemia:「IDA」)
(3)低栄養症(特に、protein malnutrition)
(4)壊血病
赤血球の燥湿による貧血 <失血性貧血> @急性
A慢性
妊娠による生理的貧血



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス