ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ヒベルナ(Hiberna)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




止血薬
一般名 塩酸プロメタジン
商品名 [ヒベルナ][ピレチア]
作用
機序
抗ヒスタミン薬の中では、鎮静/催眠作用が強い
抗ケイレン作用がある。
心臓脈菅系には抑制的に作用する。
効能・
用途
振戦麻痺/パーキンソニズム
  • (内服)1日25〜200mg 分服 (増減)
  • (注射)1回5〜50mg 皮下注/筋注
麻酔前投与
人工(薬物)冬眠
感冒など上気道炎に伴うクシャミ・鼻汁・咳嗽
アレルギー性鼻炎
枯草熱
血管運動性浮腫
皮膚疾患に伴うかゆみ
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 皮膚聶y症
  • 薬疹
  • 中毒疹
ジンマシン
動揺病




フェビチアジン系化合物またはその類似化合物に過敏歴ある者
昏睡状態にある者・・・悪化の恐れ
バルビツール酸誘導体/麻酔薬などの中枢神経抑制薬の強い影響下・・・中枢神経抑制薬の作用が延長し増強される。
緑内障
前立腺肥大などの下部尿路の閉塞性疾患・・・抗コリン作用から排尿困難の恐れ。
2足未満の乳幼児



○相互に抗コリン作用が増強される
  • 抗コリン作用を有する薬剤
    1. 腸管麻痺 (食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部膨満or弛緩、腸内容物のうっ滞)をきたし、麻痺性イレウスに移行する恐れあり。
    2. 腸管麻痺が現れたら・・・・→中止
  • 中枢神経抑制薬
  • アルコール
  • 降圧薬



中毒症状(過量投与)
  • (徴候.症状)
    • 傾眠
    • 意識消失
    • 低血圧
    • 口渇
    • 瞳孔散大
    • 呼吸障害
    • 錐体外路症状
    • 幻覚
    • ケイレン
  • (処置)
    • 対症療法、補助療法で対処
    • エピネフリンは使用できない(血圧低下の恐れ)




ヒベルナ副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群(Syndrome malin)




    抗精神病薬および抗うつ薬との併用において
    本剤および併用薬の減量又は中止により、
    発熱
    無動緘黙
    意識障害
    強度の筋強剛
    不随意運動
    嚥下困難
    頻脈
    血圧変動
    発汗

    症状が出たら
    体冷却
    水分補給
    発症時には、白血球増加、血清CK上昇が見られる
  2. 嘔吐
  3. 悪心
  4. 顆粒球減少・・・・・→中止
  5. 肝障害・・・・・・・・→中止
  6. 起立性低血圧
  7. ケイレン
  8. 血圧上昇
  9. 下痢
  10. 倦怠感
  11. 口渇
  12. 光線過敏症・・・・・→中止
  13. 興奮
  14. 視覚障害
  15. 食欲不振
  16. 神経過敏
  17. 振戦
  18. 頭痛
  19. 低血圧
  20. 乳児睡眠時無呼吸発作
  21. 乳児突然死症候群(SIDS)
  22. 眠気
  23. 発汗
  24. 白血球減少・・・・・・→中止
  25. 頻脈
  26. 不安感
  27. 不眠
  28. 発疹・・・・・・・→中止
  29. 耳なり
  30. めまい








関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査