情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ホメオスタシス






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







細胞の情報伝達

ストレス

霊芝

おけつ





ホメオスタシス(Homeostasis)とは?
  • 変化に対して、恒常性を図ろうとする生命の行動原理のこと。


高等動物では、神経ホルモンがホメオスタシスを調節しています。
  1. 神経系による調節・・・・・瞬間的に、神経線維を通じて直接指令を与えます。
  2. ホルモンによる調節・・・・2段階で調節されます。
    たとえば、血糖値が低下すると、下垂体からACTHが分泌されて、その刺激によって副腎皮質ホルモンが分泌されます。







体液のpH
  • [7.4]に保たれ、0.2以上変動すると、生命に危険を及ぼし、[7.0]の中性にでもなれば即死です。

  • 誰も酸性の体液になったことがない。体液

  • [pH7.4]には保つものを緩衝物質と言います。
    • 血液中の重炭酸塩がアルカリ性で、酸性物質が増える傾向があるとこれを中和し、炭酸ガスが酸性で、アルカリ物質が増えるときにこれを中和します。

  • 血液1リットル中のミリモル単位で、重炭酸が炭酸ガスの20倍だとpHは[7.4]に保たれる。

  • 動脈を通じて酸素や栄養素が細胞へ送られ、細胞はそれからエネルギーを作り、老廃物と炭酸ガスを静脈へ捨てます。
    • 老廃物には、硫酸・リン酸・乳酸・焦性ブドウ糖などの酸類を多く含んでいます

  • 酸性物質の炭酸ガスは呼吸によって肺から排泄され、残った酸性物質は腎臓から排泄される。
    • 尿が弱酸性なのは、体液が弱酸性なのではなく、体液を[pH7.4]ぐらいの弱アルカリ性に保つためのホメオスタシスの働きなのです。

  • [pH7.4]以上になる危険があるアルカリ性物質が多い場合には、尿はアルカリ性になります。
    ウサギ や狂信的な菜食主義者も偏食から尿がアルカリ性になります。

  • 肉やご飯を多食したり、気を使いすぎても、血液は酸性にはならない






内臓同士で情報交換?!
  • 2011年、東京大学で開いたシンポジュム「多臓器円環のダイナミクス」の中で、東北大学の片桐秀樹教授は肝臓と体内の脂肪組織を結ぶ神経回路について紹介した。
  • マウス実験で肝臓に脂肪が溜まるようにすると当然脂肪肝になるが、なぜか内臓間にある脂肪組織は減っていた。
  • 肝臓から出た情報が脳を経て脂肪組織に伝わる神経回路があることがわかった。
  • 肝臓が栄養の過剰摂取を検知すると、その情報が神経回路に伝わり脂肪の燃焼を促したのではとみられる。
  • 肥満を防ぐホメオスタシスの仕組みの1つとみられる。
  • 膵臓でインスリンを分泌するランゲルハンス島細胞と肝臓をつなぐ情報回路が見つかっている


霊芝はホメオスタシス(恒常性)を健全にし・・・・おけつを治す
  1. “人体は体の条件にかかわらず、いつも一定した自己の状態を保つ能力を持っており、これをホメオスタシス(生体の恒常性保持)と呼ぶ”
    “ホメオスタシスのバランスが破れた状態が疾病なのだ”
    • アメリカの生理学者ウォーター・キャノン。
  2. 霊芝血液の変性を改善して、ホメオスタシスの能力をよみがえらせます
  3. 鳥類以上の動物は恒温動物で、一定内の体温をいつも保持しています。それは生体内の化学反応が一定度の温度と酸アルカリ平衡の中で、特別の対象にしか働かないためなのです。血液の中の特定の物質が一定に保たれるのも、血液の量や、その成分の濃度が驚くほど精密に一定に保たれるのも。ホメオスタシスの働きによります








TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報漢方薬