ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



クロレラ


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





海藻
スピルリナ
コンブ
ワカメ
モズク
エタノール
広告





クロレラ緑藻類の1つ
  • 1977年、東京を中心に光過敏症が発生した。
  • (講談社「天然の毒」p130参照)

相互作用
  1. 光過敏症が起きる
    • タラボルフィンナトリウム
    • ポルフィマートナトリウム
  2. 作用減弱
    • ワルファリンカリウム

細胞の老化を防ぐ
  • 2008年、京都府立医科大学の松田修准教授と岸田綱郎博士研究院は、細胞が老化すると原因とされる活性酸素の働きを抑える能力が高いクロレラを発見した。水中にすむ『J005』という種で、これまで健康食品などに使われてきたクロレラに比べて、活性酸素を抑える能力は最大で4倍の差があった。

ヤエヤマクロレラ
  • 2011年、クロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大。
    同社は石垣島の工場に直径45mの培養プール11基、同30mの培養プールを13基保有。同島周辺に自生するクロレラを種株として屋内で無菌培養したうえ、屋外の培養プールに移し、大量培養している。
    石垣島で採取したクロレラは台湾などの海外産に比べて葉緑素の含有量が多いのが特徴。





クロレラの遺伝子を導入して冷凍保存
  • 2013年、九州大学の本城賢一准教授らは農作物などの品質を保ちながら凍結保存する技術を開発した。
  • 凍結しても生存可能な藻類のクロレラが持つタンパク質に着目した。


人間に対する有効性
  • 国立健康・栄養研究所は、人間に対する有効性については「信頼できるデータが見当たらない」とする。






関連情報 海藻」「スピルリナ」「コンブ」「ワカメ」「モズク」「エタノール






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査