情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




リステリア症







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









リステリア症
  • 「自然界に広く分布するリステリア菌に感染し、髄膜炎や敗血症などに罹患する者が日本国内で年間83名と推計されると2003年11月厚生労働省の実態調査で判明。
     欧米ではナチュラルチーズなどを介した集団中毒が近年頻発している。
  • 厚生労働省は1988年にフランス産チーズから菌が検出されて以来、ナチュラルチーズを規制している。


リステリア菌(Listeria monocytogenes
  • は運動性のあるグラム陽性桿菌で、土中や河川水などに広く分布し、感染してから発症するまで最大3ヶ月と長いため感染原因を特定するのが難しく国内で食中毒と確定したケースは無い。
  1. 体力が低下した人や乳幼児、高齢者が発症しやすく、38〜39℃の発熱などを引き起こす。
  2. 重症になると、髄膜炎敗血症を引き起こし、妊婦が死産することもある。

  • 2001〜2002年、ベッド数100以上の救急病院を対象に、過去の感染患者数を調査。773病院から回答があり、重症事例95名のうち9名が死亡。いずれも60歳以上で、糖尿病や肺疾患などで免疫力が低下していた人が多かった。
    • この調査とは別に、各地の衛生研究所などで過去の食品サンプル検査結果を収集すると、食肉や総菜のハムサラダスモークサーモンなど幅広い食品から菌が検出された。


ブルセラ











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用