ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



マグラックス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





胃腸薬 広告




塩類下剤
一般名 酸化マグネシウム (カマ)(カマグ)
magnesium oxide
商品名 「軽カマ」「酸化マグネシウム」「重カマ」「重質カマグG」「マグミット」
作用機序 酸化マグネシウムは胃酸を中和して攻撃因子を抑え、胃壁を保護する。
中和で生じた塩化マグネシウムは腸に移行して腸液のアルカリで炭酸水素マグネシウムとなり、塩類下剤として瀉下作用を発揮する。





以下の疾患における制酸作用と症状の改善
胃十二指腸潰瘍
胃炎(急慢性胃炎・薬剤性胃炎)
神経性食思不振
胃下垂
胃酸過多
便秘症
尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防
細粒・・・83%m  830mg/g
錠・・・・・200・250・330・500mg
用法用量 制酸剤・・・1日0.5〜1.0g 数回に分服
緩下剤・・・1日2g 分3又は就寝前に




併用禁忌 へキサミン・・・効果を減弱する
併用注意 テトラサイクリン抗生物質
ニューキノロン系抗菌薬
エチドロン酸二
セフジニル・・・同時に服用しない
ポリスチレンスルホン酸・・・アルカローシスの報告あり。
大量の牛乳・・・ミルクアルカリシンドローム
カルシウム製剤・・・高カルシウム血症
活性型ビタミンD3製剤・・・高マグネシウム血症
ジギタリス製剤・・・服用間隔をあける
鉄剤・・・服用間隔をあける
慎重に 腎障害・・・マグネシウム貯留によって
心機能障害・・・・徐脈の恐れ
下痢
高齢者
高マグネシウム血症・・・が悪化する
  • 便秘症の患者では、腎機能が正常な場合や通常用量以下の投与であっても、重篤な転帰をたどる例が報告されている。




注意 長期・大量投与で・・・・
  • 腸管内に結石をつくり腸閉塞の報告アリ。





関連情報 胃腸薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査