毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

リフレックス
(Reflex)

ミルタザピン



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬



抗うつ薬



抗うつ薬
一般名 ミルタザピン mirtazapine
(ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬)
商品名 [リフレックス][レメロン]



中枢のシナプスα2アドレナリン自己受容体およびヘテロ受容体に対して拮抗作用を示す。
中枢のセロトニン及びノルアドレナリンの療法の神経伝達物質を増強する。


・用

うつ病
うつ状態
用法
用量
1日15mgを初期用量とし、15〜30mgを1日1回就寝前に経口。
  • 1日45mgを超えない範囲で適宜増減
  • 増量は1週間以上の間隔を開けて1日用量として15mgずつ行う




  1. 本剤の成分に過敏歴ある者
  2. MAO阻害薬を服用中、あるいは投与中止後2週間以内



MAO阻害薬



  1. CYP3A4阻害薬・・・作用増強の可能性
    • HIVプロテアーゼ阻害剤
    • ケトコナゾール
    • エリスロマイシン
  2. CYP3A4誘導剤・・・作用増強のおそれ
    • カルバマゼピン
    • フェニトイン
    • リファンピシン
  3. シメチジン
  4. 鎮静剤
  5. アルコール
  6. セロトニン作用薬
    • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬
    • L-トリプトファン含有製剤
    • トリプタン系薬剤
    • トラマドール
    • リネゾリド
  7. セイヨウオトギリソウ含有食品
  8. ワルファリン


  1. 肝機能障害・・悪化
  2. 腎機能障害
  3. 自殺念慮
  4. 躁うつ病患者
  5. 脳の器質的障害
  6. 統合失調症の素因がある者
  7. 衝動性が高い併存障害を有する者
  8. テンカン患者
  9. 緑内障、眼圧が高い者
  10. 排尿困難の者








リフレックスの副作用(五十音順)
  1. ・アカシジア
  2. ・悪夢
  3. ・異常感
  4. ・異常な夢
  5. ・胃の不快感
  6. ・運動過多
  7. ・AL-P上昇
  8. ・LDH上昇
  9. ・易刺激性
  10. ○黄疸
  11. ・嘔吐
  12. ・おくび
  13. ・悪心
  14. ・γ-GTP上昇
  15. ・顆粒球減少
  16. ・感覚鈍麻
  17. ○肝機能障害・・・中止し処置
    1. GOT上昇
    2. GPT上昇
  18. ・眼瞼浮腫
  19. ・関節痛
  20. ・起立性低血圧
  21. ・胸痛
  22. ・筋力低下
  23. ・口の錯感覚
  24. ○ケイレン
  25. ・傾眠
  26. ・激越
  27. ・血小板減少症
  28. ・血圧上昇
  29. ・下痢
  30. ・幻覚
  31. ・倦怠感
  32. ・口渇
  33. ・口内乾燥
  34. ・構音障害
  35. ・紅斑
  36. ・好酸球増多
  37. ・好中球増多
  38. ○好中球減少症・・・感染症の徴候→中止処置
  39. ○抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)・・・中止
    1. 低Na血症
    2. 低浸透圧血症
    3. 尿中Na排泄量の増加
    4. 高張尿
    5. ケイレン
    6. 意識障害
  40. ・再生不良性貧血
  41. ・錯感覚
  42. ・錯乱
  43. ・GOT上昇
  44. ・GPT上昇
  45. ・視覚障害
  46. ・四肢不快感
  47. ・失神
  48. ・嗜眠
  49. ・上腹部痛
  50. ・振戦
  51. ・頭痛
  52. ・静止不能症候群
  53. ・精神運動の不穏
  54. ○セロトニン症候群・・・中止し、体冷却、水分補給。
    1. 下痢
    2. 固縮
    3. 高血圧
    4. 興奮
    5. 自律神経不安定
    6. 発汗
    7. 発熱
    8. 不安
    9. 頻脈
    10. ミオクローヌス
  55. ・躁病
  56. ・体位性めまい
  57. ・体重減少
  58. ・体重増加
  59. ・多汗症
  60. ・注意力障害
  61. ・動悸
  62. ・尿糖陽性
  63. ・尿タンパク陽性
  64. ・白血球減少
  65. ・白血球増多
  66. ・ビリルビン上昇
  67. ・疲労
  68. ・頻尿
  69. ・浮腫
  70. ・不安
  71. ・不正子宮出血
  72. ・不動性めまい
  73. ・不眠症
  74. ・腹痛
  75. ・腹部膨満
  76. ・ヘモグロビン減少
  77. ・便秘
  78. ・末梢性浮腫
  79. ・末梢冷感
  80. ・ミオクローヌス
  81. ○無顆粒球症
  82. ・リンパ球減少



『NaSSA』
・・・2009年9月に
“効き始めるのが早い”国内の臨床試験を担当した木下利彦・関西医科大学教授。
うつ病と診断された患者280人を対象に、プラセボを投与した群との比較試験を実施。
新薬は平均すると飲み始めて1週間でウツ症状が軽減した。
一般に抗うつ薬は効果がでるまで約2週間必要だった。



NaSSAの評価
効き始めるのが早い
国内の臨床試験を担当した木下利彦・関西医科大学教授
効果が高い
2009年1月、抗うつ薬12種類について117の治験結果を解析し医学誌に発表(名古屋市立大学の国際チーム)
抗うつ効果そのものは既存薬とほとんど変わらなかった
第三相試験を担当した、村崎光邦・北里大学名誉教授
とても画期的な新薬が登場したという訳ではない。新薬は従来の薬の欠点を補うだろう。
イライラ感が強い患者ではNaSSAを使うといったように使い分けができる。
うつ病患者の9割でみられる睡眠障害を解消できた患者が多かった。
野村総一郎・防衛医科大学教授(日本うつ病学会理事長)
副作用がきつくてこれまでの抗うつ薬が使いにくかった患者にとって、選択肢が増える
古川壽亮・名古屋大学教授




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス