情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ローズマリー






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











シソ科

Rosmarinus officinalis

Rosemary (マンネンロウ)
使


葉。

精油:モノテルペン炭化水素
    シネオール
    ボルネオール
    カンファー
    カンフェン
    ピネン
    リナロール
    ベルベノール

フラボノイド類(ジオスミン)
   
血行を促進し、弱った血管を強化する。
フェノール酸
カルノシン酸
(ロスマリネシン):
  • 体内で分解し、消化管や胆嚢の平滑筋を弛緩する

トリテルペン酸  







効能効果
  • 鎮痛・鎮痙作用はあるが、鎮静作用がない。
         頭痛
         テンカン(少量を使用)
  • 中枢神経を強力に刺激する:
    • ローズマリーはアセチルコリンの分解を防ぐと報告されている6種類の化合物を含有しています。
      しかも、その中の化合物には皮膚から吸収され、血液脳関門を通過すると考えられています。
    • @臭覚の喪失
      A視力の低下
      B感覚神経が冒されたとき
      C運動神経が冒されたとき:一時的な麻痺
      Dすばらしい脳の刺激剤:記憶力を向上させる
  • 消耗性の病気に良い
  • 心臓・肝臓・胆嚢の強壮剤
  • 血中コレステロール値を下げる
  • こわばったり、過労状態の筋肉に有効。
         長距離ランナー
         トレーニング、競技の前に
  • (ローズマリーLゼラニウム):
    • @体組織から余分な体液を排出する働きをするリンパ系を刺激する。
      A長時間立った後の浮腫
      B妊娠後期の脚とくるぶしの浮腫




注意
・妊娠中の服用を避ける。

・多量に使うと、テンカンの発作、中毒を引き起こす。

・少量ならテンカンを治療します。
  • 「葉と花から抽出した精油は特効があり、2〜3滴をこめかみと鼻孔につければ、脳のあらゆる病気に効く。
  • 体内の病気にも症状に応じて1滴、2滴或いは3滴を摂取する。しかし、これは控えめに行わなければならない。それは、これが極めて迅速な浸透力があるからで、従って一度にとる量は少なくしなければならない」ニコラス・カルペッパー




チェック
TNF







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬