糖尿病
血糖値が高い
HbA1c
1型糖尿病
糖尿病性腎症
低血糖
糖尿病神経障害



経口血糖降下薬
★速効性食後血糖降下薬
一般名 ナテグリニド


「スターシス」「ファスティック」



★アミノ酸から導かれた合成化学薬品です。内服後速やかに吸収されてインスリンの分泌を刺激し、血糖を下げます。
従来の経口血糖降下薬の主力であったスルホニル尿素(SU)系の薬剤([アセトヘキサミド][グリクロピラミド][グリクラジド][グリベンクラミド][クロルプロパミド][トラァミド])は、遅効性・持続性であり、コントロールが困難とされる食後血糖上昇が著しい糖尿病のコントロールに使われます。
ところが、このナテグリドは糖尿病でもインスリン分泌が欠損し、インスリン非依存性の成人発症型で効果を発揮します。
しかも、従来の
SU剤(スルホニル尿素系薬剤)、
α-グルコシダーゼ阻害薬([アカルボース][ボグリボース])、
食事療法、
運動療法
が十分な効果を示さず、特に食後2時間くらいの血糖が200mg/dlを超えるようなタイプの糖尿病に使われます。
★膵臓β細胞膜のスルホニル尿素受容体に結合して、ATP感受性カリウムチャネルを閉塞することによって、細胞外からのCa2+流入を促進し、それによってインスリンの開口分泌を促進します



インスリン非依存型糖尿病における食後血糖推移の改善。
★効果の確認のために定期的に血糖とHbA1cの検査が必要です




使ってはダメな者
インスリン依存性糖尿病
外傷(重篤な)
重症感染症
重症ケトーシス
手術前後
糖尿病性昏睡・前昏睡
妊婦・妊娠している可能性がある者。
本剤に過敏症







アルコール摂取(過度の)している者。
胃腸障害がある者。
栄養不良
肝障害(低血糖の恐れ)
飢餓
虚血性心疾患
高齢者
食事摂取量が不足している者。
腎障害(低血糖の恐れ)
衰弱している者
脳下垂体・副腎機能不全
激しい筋肉運動をしている者。
不規則な食事を摂取している者



併用すると作用が増強する薬剤:
α-グルコシダーゼ阻害薬
アルドース還元酵素阻害薬
インスリン製剤
インスリン抵抗性改善薬
クマリン系薬剤
クロラムフェニコール
サリチル酸製剤
サルファ剤
たんぱく同化ホルモン剤
テトラサイクリン系抗生物質
ピグアナイド系製剤
ピラゾロン系消炎薬
フィブラート系薬剤
フルコナゾール
プロベネシド
β遮断剤
MAO阻害薬
ミコナゾール
●併用すると作用が減弱する薬剤:
イソニアジド
エピネフリン
甲状腺ホルモン
ニコチン酸
ピラジナミド
フェニトイン
フェノチアジン系薬剤
副腎皮質ホルモン
卵胞ホルモン
利尿薬
硫酸グアネチジン



妊婦へ
の影響
授乳中止

●スルホニル尿素系製剤とは併用しない。
★インスリンの分泌を刺激するので、低血糖を起こしやすい条件下では冷汗・脱力感などを起こしやすくなります。
食事が十分摂取できなくて栄養不良・衰弱している者、重い感染症、著しい下痢・嘔吐、肝臓病、腎臓病の患者も低血糖の危険性があります。
★速効性・一過性の薬剤なので、食事の直前(10分以内)に錠剤を内服します。1回120mgまで。2〜3ヶ月間投与して効果が無い場合、他の治療への変更を考慮する






スターシス副作用(五十音順)
  1. 胃腸障害
  2. 胃もたれ感
  3. 黄疸・・・・・中止し処置
  4. 嘔吐
  5. かすみ目
  6. 過敏症→中止する
  7. かゆみ・・・・→中止
  8. 肝機能障害・・・・・中止し処置
  9. 胸部圧迫感
  10. 筋ケイレン
  11. 血清K・・・・上昇
  12. 血小板減少
  13. 下痢
  14. 倦怠感
  15. 口渇
  16. 口内炎
  17. 心筋梗塞・・・・→中止し処置する。
  18. 腎障害
  19. ジンマシン
  20. 頭痛
  21. 舌炎
  22. 多形紅斑・・・・→中止
  23. 低血糖症状


    空腹感
    ふるえ
    冷汗
    めまい
    ふらつき
    動悸
    脱力感
    気分不良
    意識消失
    →通常ショ糖を投与。
    →αグルコシダーゼ阻害薬との併用で低血糖→ブドウ糖投与
  24. 動悸
  25. 突然死
  26. 軟便
  27. 乳酸値・・・上昇
  28. 尿酸・・・・上昇
  29. 熱感
  30. ねむけ
  31. 吐き気
  32. 白血球減少
  33. ピルビン酸・・・上昇
  34. 貧血
  35. 頻尿
  36. 腹痛
  37. 腹部膨満感
  38. 浮腫(顔面浮腫・下肢浮腫)
  39. 便秘
  40. 放屁(おなら)・・・増加
  41. 勃起障害
  42. ほてり
  43. 発疹・・・・→中止
  44. 味覚異常
  45. めまい


平成18年9/1〜12/31厚生労働省
  1. 不安定狭心症1
  2. 低血糖症1
  3. 間質性肺疾患1
  4. 肝障害1
  5. プロトロンビン時間延長1
  6. 胃食道癌



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬