ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



タキソール
パクリタキセル




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





抗ガン剤
一般名 パクリタキセル(paclitaxel)


[タキソール](Taxol)



ガン細胞の細胞分裂を阻害する。





乳ガン
非小細胞肺ガン
胃ガン
頭頸部ガン
卵巣ガン
・卵巣ガンでは第1選択肢。(60%に末梢神経障害が認められる)



・1日1回210mg/u(体表面積)を3時間で点滴静注し、3週間休薬。これが1クール。
・点滴時に注意事項あり。
・筋肉内投与は禁止。
・血管外へ薬剤が漏れないように注意。
・投与開始後1時間はバイタルサインを頻回にチェック。
・白血球及び好中球の変動に注意。
・皮膚に薬液がついた時・・・直ちに多量の流水で洗い流すこと。






・骨髄抑制に起因した死亡例(たとえば敗血症・脳出血)がある
・過敏反応に起因した死亡例がある。

・重篤な骨髄抑制がある者
・感染症を合併している者
・本剤に過敏歴ある者
・妊婦もしくは妊娠している可能性がある者(動物で移行)



▽放射線照射で[重篤な食道炎][肺臓炎]→中止し処置必要。
▽骨髄抑制→減量又は投与間隔を延長。
▽抗悪性腫瘍薬との併用
▽シスプラチンとの併用・・・・
@タキソールをシスプラチンの後で投与した場合、その逆に比べて骨髄毒性が増強する。
A末梢神経障害が増強する→減量または投与間隔を延長。
▽ドキソルビシンとの併用・・・・
@タキソールをドキソルビシンの前に投与した場合、その逆に比べて骨髄抑制が増強する。
A心毒性が増強する→減量または投与間隔を延長。
▽ビタミンAとの併用
▽アゾール系抗真菌薬(exミコナゾール)との併用
▽マクロライド系抗生剤(exエリスロマイシン)との併用
▽ステロイド系ホルモン剤(exエチニルエストラジオール)との併用
▽ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬(exニフェジピン)との併用
▽テルフェナジンとの併用
▽シクロスポリンとの併用
▽ベラパミルとの併用
▽キニジンとの併用
▽ミダゾラムとの併用
▽フェナセチンとの併用







■骨髄抑制の者・・・増悪する
■腎障害
■高齢者
■アルコールに過敏な者
■間質性肺炎
■肺線維症の者



タキソテールの副作用
  1. アナフィラキシー様症状(0.3%)→中止し処置
    アナフィラキシー様症状 呼吸困難
    低血圧
    発汗
    頻脈
    徐脈
    胸痛
    血管浮腫
    →中止し処置
  2. アルブミン減少
  3. 意識障害
  4. インフルエンザ様症候群
  5. 鬱血性心不全(0.1%)
  6. うつ病
  7. 運動失調
  8. AL-P上昇
  9. LDH上昇
  10. 嚥下障害
  11. 黄疸・・・→中止
  12. 嘔吐
  13. 過敏症
    過敏症 発疹
    発赤
    →中止
    重篤な過敏症を出さないために(リン酸デキサメタゾンなどの)前投薬を必ず行う。

  14. 間質性肺炎(0.5%)→中止しステロイド投与など。
  15. 関節痛・・・投与後2〜3日後に。鎮痛薬の投与。
  16. 肝機能障害(4.4%)→中止
  17. 感覚が異常
    感覚 暗点
    光視症
    視力異常
    眼痛
    耳痛
    舌異常感
    味覚喪失
  18. 眼振
  19. 眼疾患
  20. 期外収縮
  21. 気分変動
  22. 偽膜性大腸炎→激し腹痛・下痢→→中止し処置
  23. 急性呼吸窮迫症候群(0.1%)→中止し処置

    急性呼吸窮迫症候群
    急速に起こる呼吸困難
    低酸素症
    両側性びまん性肺浸潤
    胸部X線異常
    →中止し処置
  24. 急性腎不全(0.2%)→[BUN][血清クレアチニン][Ccr]に異常値→中止。
  25. 虚血性大腸炎→激し腹痛・下痢→→中止し処置
  26. 狭心症
  27. 筋肉痛
  28. 緊張亢進
  29. 頸が痛い
  30. クレアチニン上昇
  31. ケイレン
  32. 傾眠
  33. 血栓性静脈炎(0.4%)→中止。
  34. 血尿
  35. 血糖値が変動
  36. 下痢
  37. 言語障害
  38. 倦怠感
  39. 健忘症
  40. 高血圧
  41. 骨髄抑制→減量又は休薬必要



    白血球減少(59.7%)
    好中球減少(53.5%)
    ヘモグロビン減少(27.4%)
    ヘマトクリット値減少(5.2%)
    赤血球減少(6.4%)
    血小板減少(10.6%)
    汎血球減少
    →減量又は休薬必要
    骨髄の抑制が続くと・・・
    尿路感染(2.2%)
    上気道感染(4.4%)
    敗血症0.9%)
    帯状疱疹(1.1%)
    肺炎(1.1%)
  42. 骨痛
  43. 嗄声
  44. さむけ
  45. GOT上昇
  46. GPT上昇
  47. 色素沈着
  48. 思考異常
  49. 失神
  50. 歯肉炎
  51. 出血
  52. 出血性大腸炎→激し腹痛・下痢→→中止し処置
  53. 消化管壊死→中止し処置
  54. 消化管潰瘍(0.1%)→中止し処置
  55. 消化管出血(0.1%)→中止し処置
  56. 消化不良
  57. ショック(0.2%)→中止し処置
  58. 食欲不振
  59. 心筋梗塞(0.1%)
  60. 心伝導障害→中止。
  61. 心悸亢進
  62. 心室細動
  63. 心房細動
  64. 心電図異常
  65. 心肥大
  66. 振戦
  67. ジンマシン
  68. 膵炎(0.1%)→血清アミラーゼ値に異常→中止
  69. 頭痛
  70. スティーブンスジョーンズ症候群→中止し処置
  71. 背中が痛い
  72. 譫妄
  73. 総タンパク減少
  74. 体重が変化
  75. 脱毛
  76. 腸管穿孔(0.1%)→中止し処置
  77. 腸管閉塞(1.7%)→中止し処置
  78. 腸管麻痺(0.1%)
    腸管麻痺 食欲不振
    吐き気
    嘔吐
    ひどい便秘
    腹痛
    腹部膨満感
    →麻痺性イレウスに移行の場合

    中止し処置必要
  79. 注射部が痛い
  80. 直腸疼痛
  81. 直腸障害
  82. 中毒性表皮壊死症→中止し処置
  83. 爪の障害
  84. 爪変色掻痒
  85. 低血圧
  86. 電解質異常
  87. 疼痛
  88. 難聴(0.2%)→中止。
  89. 尿失禁
  90. 尿タンパク
  91. 尿閉
  92. 脳卒中(0.1%)→中止。
  93. 肺梗塞(0.1%)→中止。
  94. 肺水腫(0.1%)→中止。
  95. 肺線維症(0.1%)→中止しステロイド投与など。
  96. 播種性血管内凝固症候群(DIC)(0.1%)→[血小板数][血清FD
  97. P値][血漿フィブリン濃度]に異常→中止し処置。
  98. 発熱・・・高頻度で起きる。解熱剤の投与。
  99. 斑状丘疹性皮疹
  100. BUN上昇
  101. 皮膚潰瘍
  102. 皮膚疾患
  103. 皮膚腫脹
  104. 表皮剥離
  105. ビリルビン上昇
  106. 貧血・・・・→減量する
  107. 不安
  108. 不正出血
  109. 不整脈
  110. 不全麻痺→減量する
  111. 不随運動
  112. 不眠
  113. 浮腫
  114. 腹痛
  115. 腹部腫脹
  116. 腹部膨満感
  117. 便秘
  118. 片麻痺・・・・(0.1%)→減量する
  119. 末梢神経障害(41.2%)→減量する
  120. マヒ・・・・・・(0.1%)→減量する
  121. 耳鳴り(0.4%)→中止。
  122. 無力症
  123. 酩酊感
  124. 眼が乾く
  125. めまい
  126. 腰痛




血液検査を頻回にする必要がある。





タキソールとタキソテールは,薬剤名が類似していることからこれまでも処方間違え等による事故が報告されており,死亡に至った事例もある。いずれも乳癌等に適応を持つ抗腫瘍性植物成分製剤であるが,1回の用量が約3倍違うことからタキソールを投与するべきところをタキソテールに取り違えた場合,致命的な結果を招くおそれがある。今般,関係企業2社においてタキソール,タキソテールともに,一般名をより強調して表示することで取り違えの防止を促す表示の改善が図られた(図1,図2参照)。
 抗がん剤の場合,誤使用による健康被害が重大であり,徹底した事故防止対策を講じる必要があることから,医療機関において両剤を採用している場合には,レジメンによる計画的な処方を実施したり,処方に一般名を併記するなど処方に当たっての条件を明確にするとともに薬歴管理の徹底,調剤・投薬時のダブルチェックなど二重,三重の対策を徹底されたい。

2009年、京都大学再生医科学研究所の玄丞烋・准教授らは、タキソールの効果を高める技術を開発したと発表。
タキソールはイチイの葉から抽出し合成した抗ガン剤。水に溶けにくいため、ひまし油とエタノールを混ぜた溶液を加えて製剤化しているが、投与した患者の3割でアレルギー症状などの副作用が出ていた。
研究チームは、代替血漿などに使われる多糖『デキストラン』を利用し水に溶けやすくした。デキストランにアミノ基をつけ。タキソールと混ぜた。ひまし油などを使わないので、安全性が高まった。
さらに、タキソールがガン細胞だけを攻撃するよう工夫した。







2014年、岡山大学の妹尾昌治教授と岡山理科大学の浜田博喜教授らは、パクリタキセルに糖の分子を結合させて細胞に取り込まれにくくし、脂質で作った100ナノbのカプセルに包んだ。
カプセル表面にはガン細胞だけに結合する「抗体」(タンパク質)で覆い、ガン細胞に集まりやすくした。
マウス実験では、通常の点滴では死ぬ量の抗がん剤をカプセルに包んで投与しても死ななかった。



関連情報 抗ガン剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査