ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



トポテシン(Topotecin)
カンプト


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




抗ガン剤
一般名 塩酸イリノテカン
商品名 [カンプト][トポテシン]



・抗腫瘍性アルカロイドであるカンプトテシンから合成された。
・T型DNAトポイソメラーゼを阻害することでDNA合成を阻害する。





■A法での効能
・小細胞肺ガン
・非小細胞肺ガン
・乳ガン(手術不能また再発)
・有棘細胞ガン
■A法またはB法での効能
・子宮頸ガン
・卵巣ガン
・胃ガン(手術不能また再発)
・結腸ガン(手術不能また再発)
・直腸ガン(手術不能また再発)
■C法での効能
・悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)
【A法】
・1日1回、100mg/u。
・1週間間隔で3〜4回点滴静注
・2週間休薬(少なくとも)
以上が1クールで、これをくり返す。
【B法】
・1日1回、150mg/u
・2週間間隔で2〜3回点滴静注
・3週間休薬(少なくとも)
以上が1クールで、これをくり返す。
【C法】
・1日1回、40mg/u
・3日間連続点滴静注。
・これを1週ごとに2〜3回くり返す。
・2週間休薬(少なくとも)
以上が1クールで、これをくり返す。




骨髄機能を抑制・・・重症感染症を併発し致命的となることあり。
感染症を合併
下痢(水様便)・・・脱水、循環不全、電解質で致命的に。
腸管麻痺(腸閉塞)
間質性肺炎(肺線維症)の者
多量の腹水
多量の胸水
黄疸
硫酸アタザナビル投与中の者
本剤に過敏歴ある者







▽肝障害がある者
▽腎障害がある者
▽糖尿病患者
▽全身衰弱が著しい者
▽高齢者




硫酸アタザナビルとの併用は禁忌。
ほかの抗悪性腫瘍薬との併用に注意。
放射線との併用に注意。
末梢性筋弛緩剤との併用に注意(筋収縮作用が増強される)。
CYP3A4阻害薬との併用に注意
@アゾール系抗真菌薬との併用に注意
[イトラコナゾール][ケトコナゾール[フルコナゾール][ミコナゾール]
Aマクロライド系抗生剤との併用に注意
Bグレープフルーツジュース
CYP3A4誘導薬との併用
[フェニトイン][カルバマゼピン][フェノバルビタール]
[セントジョーンズワート][リファンピシン]






○点滴静注で使用。
○重篤な過敏反応の恐れ→[呼吸困難][血圧低下]→中止し処置。
○骨髄抑制と高度の下痢・・・重篤な副作用
○細胞毒性があるので、調整時は手袋着用。
○授乳・・・中止
○高齢者・・慎重に

2008年、本剤投与前の副作用をチェック出来る診断薬が承認された。


副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状
    • 呼吸困難
      血圧低下
    • →中止し処理
  2. アルブミン減少
  3. 胃潰瘍
  4. 意識症状
  5. 咽頭炎(5%未満)
  6. ALP上昇(5%未満)
  7. LDH上昇(5%未満)
  8. LDH低下
  9. 黄疸(0.06%)→定期検査が必要
  10. 嘔吐(50%以上)
  11. 悪寒
  12. 悪心(50%以上)
  13. かすみ目
  14. かゆみ(5%未満)
  15. カルシウム値異常
  16. 肝機能障害(1.1%)→定期検査が必要
  17. 間質性肺炎(0.9%)→中止など処置。
  18. γGTP上昇(5%未満)
  19. 関節痛
  20. 顔面紅潮
  21. 気管支炎(5%未満)
  22. 狭心症発作(0.02%)
  23. 胸痛
  24. 急性腎不全(0.05%)→定期検査が必要、減量や休薬。
  25. クレアチニン上昇
  26. ケイレン
  27. 傾眠
  28. 血圧低下
  29. 血小板減少(27.2%)→減量や休薬が必要
  30. 血小板増加
  31. 血尿
  32. 下痢(高度な下痢)→44.3%→減量や休薬が必要
    • 塩酸イリノテカンがしつこい下痢を引き起こすメカニズムは、生体内活性代謝産物であるSN-38という物質が遅延性の下痢の原因と考えられえています。SN-38は肝臓でグルクロン酸抱合を受け、消化管へ排泄されます。その後、β-グルクロニダーゼによる加水分解をへて、SN-38となって再び腸管粘膜を刺激して下痢を引き起こします。
    • 「黄U」という生薬がβ-グルクロニダーゼによる加水分解を阻害して、腸管への刺激を無くします

  33. 倦怠感
  34. 好中球減少(60.2%)→減量や休薬が必要
  35. 高血圧
  36. 口内炎(5%未満)
  37. 興奮
  38. 呼吸困難(5%未満)
  39. 骨髄機能抑制・・・→減量や休薬が必要
    • 白血球減少
      血小板減少
      好中球減少
      貧血
      重症感染症
      敗血症
      肺炎
      DIC
  40. コリン作動性症候群
  41. 色素沈着(5%未満)
  42. しびれ
  43. シャックリ(5%未満)
  44. Ccr低下
  45. CRP上昇
  46. GOT上昇(5%未満)
  47. GPT上昇(5%未満)
  48. 消化管出血(0.1%)→中止など処置。
  49. 上気道炎(5%未満)
  50. 静脈血栓症→中止など処置。
  51. ショック
  52. 食道炎(5%未満)
  53. 食欲不振(5〜50%未満)
  54. 小腸炎(0.04%)
  55. 心筋梗塞(0.01%)→中止など処置。
  56. 心電図異常
  57. 心室性期外収縮(0.05%)→中止など処置。
  58. 心房細動
  59. ジンマシン
  60. 徐脈
  61. 頭痛
  62. 精神症状
  63. 総タンパク減少
  64. 体重減少
  65. 帯状疱疹
  66. 大腸炎(0.1%)
  67. 脱水
  68. 脱毛(5〜50%未満)
  69. 脱力感
  70. タンパク尿
  71. 腸管穿孔(0.02%)→中止など処置。(死亡例あり)。硫酸モルヒネとの併用に注意。
  72. 腸管運動亢進
  73. 腸管麻痺(1.7%)→中止など処置。
  74. 腸閉塞(0.4%)→中止など処置。
  75. 電解質異常
  76. 動悸
  77. 疼痛
  78. 糖尿
  79. 吐血
  80. 尿ウロビリノゲン値異常
  81. 尿酸値異常
  82. 尿沈渣異常(5%未満)
  83. 粘膜炎
  84. 肺塞栓症→中止など処置。
  85. 発汗
  86. 発熱
  87. 白血球減少(73.4%)→減量や休薬が必要
  88. 白血球増加
  89. BUN上昇
  90. Pao2低下(5%未満)
  91. 鼻炎
  92. ビリルビン上昇(5%未満)
  93. 頻脈
  94. 貧血(57.1%)→減量や休薬が必要
  95. 不安感
  96. 不穏
  97. 腹水
  98. 腹痛(5〜50%未満)
  99. 腹部膨満感(5%未満)
  100. 浮腫(5%未満)
  101. 乏尿
  102. 発赤(5%未満)
  103. 発疹(5%未満)
  104. 味覚異常
  105. 無力感
  106. めまい
  107. 腰痛
  108. 抑うつ状態



抗ガン剤内包カプセル
ミセル化抗ガン剤
  • 2010年、日本化薬は超微少カプセルの原料を量産する。ポリエチレングリコールとポリアミノ酸を合成し、数ナノbのひも状にする。
    微粒子抗ガン剤は血液中に投与すると患部にだけ集まり薬剤を放出するため、少量でも効果がある。日本化薬のNK012は抗ガン剤「カンプトテシン」の有効成分を内包、米国で難治性乳ガンと小細胞肺ガンを対象に臨床試験中。




関連情報 抗ガン剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査