ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



トリルダン(Triludan)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





抗アレルギー薬
一般名 テルフェナジン
商品名 「トリルダン」
作用
機序
1.ヒスタミンなどのケミカルメディエータの遊離抑制と直接拮抗作用を有する。
2.ロイコトリエンの産生と遊離の抑制と拮抗作用を有する。
3.好酸球・好中球などの炎症細胞の遊走・浸潤抑制作用。
4.活性酸素産生抑制作用を示す。
5.気道および鼻粘膜の過敏性を低下させ
効能・
用途
アレルギー性鼻炎
気管支喘息
湿疹
ジンマシン
皮膚炎
皮膚掻痒症




使ってはダメな者
禁忌
1.イトラコナゾール・ミコナゾール又はエリスロマイシン投与中。
2.重篤な肝障害ある者。
3.QT延長を起こしやすい者。
4.本剤過敏歴がある者
慎重な投与
が必要

1.以下の薬剤を投与中の者:
 オレアンドマイシン 
 クラリスロマイシン
 ジョサマイシン
 フルコナゾール
2.肝障害がある者
3.心疾患がある者
4.
高齢者
相互作用 ★併用を禁止する薬剤:
イトコナゾール
エリスロマイシン
ミコナゾール



妊婦へ
の影響
有益性が危険性を上回る場合のみ使用可能。
授乳婦への投与は避ける。
小児へ
の影響
安全性は確立していない。








(五十音順)
胃痛
胃部不快感
嘔吐
肝障害
QT延長
倦怠感
口渇
失神
心停止
頭痛
頭重感
動悸
熱感
眠気
吐き気
便秘
発疹
めまい



(警告)
  • 本剤の未変化体およびカルボン酸型代謝物は薬理作用を持つ。
  • 下記の(1)または(2)の要因により代謝が阻害され、テルフェナジン未変化体の血中濃度が上昇した場合、まれに
    • 「QT延長」
    • 「心室性不整脈(torsades de poitesを含む)」
    などの心血管系副作用が現れることがあり、
  • 外国では心停止(死亡を含む)の報告がある。
    1. イトコナゾール、ミトコナゾール又はエリスロマイシン投与中。
    2. 重篤な肝障害。
    3. QT延長を起こしやすい患者、失神が現れた場合は投与を中止し、心電図検査を行う











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬