ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ウブレチド



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




自律神経系
一般名 臭化ジスチグミン
商品名 [ウブテック][ウブレチド][デニスパン]
作用
機序
ChE阻害作用
アセチルコリ作用を増強する
抗クラーレ作用
胃運動亢進作用
縮瞳作用
効能
・用途
重症筋無力症
手術後および神経因性膀胱などの低緊張性膀胱における排尿困難
用法
用量
1日5〜20mg 分1〜4(増減)
コリン作動性クリーゼを防ぐために、通常成人1日5mgから開始し、患者状態を観察しながら症状により適宜増減する。




消化管または尿路の器質的閉塞がある者→消化機能を亢進させ、悪化の恐れあり。
迷走神経緊張症→緊張を増強する恐れ
脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム)を投与中の者
本剤の成分の過敏歴ある者



副交感神経抑制薬(硫酸アトロピン・・・)→相互に作用が拮抗する
コリン作動薬(塩化ベタネコール)→相互に作用を増強する
ChE阻害薬(塩酸ドネベジル)→相互に作用を増強する





気管支喘息・・・・悪化の恐れ
甲状腺機能亢進症・・・悪化の恐れ
徐脈や心疾患がある者
消化性潰瘍
テンカン
パーキンソン病患者
高齢者


重大な副作用
  1. 狭心症
  2. コリン作動性クリーゼ
  3. 不整脈 ・・・・→直ちに中止処置
    • 心房細動
      房室ブロック
      洞停止

副作用
  1. 胃腸症状
  2. 嘔気
  3. 嘔吐
  4. 悪心
  5. 胸部圧迫感
  6. 筋ケイレン
  7. 筋力低下
  8. 血清ChE値低下
  9. 下痢
  10. 口渇
  11. GOT上昇
  12. GPT上昇
  13. 舌のしびれ
  14. 自律神経失調
  15. 心窩部不快感
  16. 神経痛が悪化
  17. 睡眠障害
  18. 頭痛
  19. 線維性クローヌス
  20. テネスムス(しぶり腹)
  21. 全身倦怠感
  22. 動悸
  23. にきび
  24. 尿失禁
  25. 尿道痛
  26. 発汗
  27. 発熱
  28. 頻尿
  29. 不快感
  30. 腹痛
  31. 腹鳴
  32. 便失禁
  33. 耳なり
  34. めまい
  35. 流唾
  36. 流涙



コリン作動性クリーゼ
  • クリーゼは、コリンエステラーゼ阻害薬(抗ChE薬)による治療中におこる呼吸困難を伴うアセチルコリン過剰症状の急激な悪化とされ、人工呼吸を要する状態と説明されている。
  • 投与開始2週間後以内に発現しやすい
  • (症状)・・・・・・徐脈、腹痛、下痢、発汗、唾液分泌過多、縮瞳、呼吸困難、血清コリンエステラーゼの低下、線維束攣縮
  • (措置)・・・直ちに中止し、硫酸アトロピン0.5〜1mgを静注。さらに、必要に応じて人工呼吸、気道切開など。






関連情報 自律神経作用薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査