痛風治療薬
一般名 アロプリノール(尿酸生成阻害薬)


「アイディト」「アデノック」「アノプロリン」「アプリノール」「アリスメット」「アロシトール」「アロチーム」「アロック」「アロプリノール」「アロプレックス」「アロリン」「アンジーフ」「ケタンリフト」「lケトブンA」「サイトックD」「ザイロリック」「サロベール」「タナカルミン」「ノイファン」「プロデック」「マサトン」「ミニプラノール」「モナーク」「ユーリック」「リボール」

食物や体内の老廃物などに含まれている細胞の核酸を尿酸にカエル酵素の働きを抑える効果がある。





痛風
高尿酸血症を伴う高血圧症
用法
用量
1日200〜300mg  分2〜3
使



合成亢進型の痛風。
排泄促進薬が無効の場合
尿酸結石のある痛風患者。
腎機能低下が見られる痛風。
悪性腫瘍の化学療法などによる高尿酸血症
使

急性発作の場合・・・大量のNSAIDsで完全に発作を抑え、1ヶ月以上安定状態を維持した後に使用
慢性安定期にある高尿酸血症・・・1週間、睡眠前にコルヒチン1錠で開始後、アロプリノール(100mg・分2)で併用する。その後、血中UA値を見ながら2週ごとに漸増し、血中UA値(5〜6mg/dl)を目標にする。





使ってはダメな者
(禁忌)
本剤の過敏症がある者。





が必要
肝疾患がある者。
肝疾患の既往歴がある者。
腎不全の者。
高齢者→腎機能の低下により高い血中濃度が持続する恐れがある。

メルカプトプリン投与中の者
アザチオプリン投与中の者
ペントスタチン投与中の者



<1>6-マルカオウトプリン、アザチオプリンの分解を抑制する。そのため併用時にはlこれらの使用量を通常の1/3〜1/4に減量する必要がある。
<2>ワルファリン・クロルプロパミドの半減期を延長する。そのため、減量又は投与間隔を延長する必要がある。
<3>動物の肝臓に鉄を蓄積させる(鉄剤とは併用しない)。
<4>テオフィリンの血中濃度を上昇させる。
<5>カプトプリルとの併用で過敏反応が起きる。




服薬指導 水分を多く飲むこと。1日2リットル以上の尿量を維持する
死者17人 2002年までの6年間で、肝機能障害などを起こして17人が死亡していたとして、厚生労働省は2003年3/27、安全性情報を医療機関に出した。





ザイロリックの副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状・・・→中止し処置
  2. 胃部不快感
  3. 黄疸・・・・・→中止し処置
  4. 横紋筋融解症
    横紋筋融解症 筋肉痛
    CK値上昇
    血中ミオグロビン上昇
    尿中ミオグロビン上昇
    脱力感
    →中止し処置
  5. 悪寒(投与を中止し、再投与しないこと)
  6. 過敏性血管炎(肝・腎障害を伴う)
  7. かゆみ・・・・・→中止
  8. 間質性腎炎・・・・・→中止し処置
  9. 間質性肺炎
  10. 肝障害(投与を中止する)
  11. 関節痛・・・・・→中止
  12. 劇症肝炎・・・・→中止
  13. 血小板減少・・・・→(投与を中止する)
  14. 下痢
  15. 好酸球増多・・・・・→中止
  16. 再生不良性貧血・・・→中止
    • 再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。
      腎不全腎不全の増悪,間質性腎炎を含む腎障害があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。
      横紋筋融解症があらわれることがあるので,筋肉痛,脱力感,CK(CPK)上昇,血中及び尿中ミオグロビン上昇等の症状があらわれた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

  17. 紫斑・・・・・→中止
  18. ショック・・・・・・→中止し処置
  19. 食欲不振
  20. 腎機能異常・・・・・→中止
  21. 腎不全・・・・・→中止し処置
  22. Stevens-Johnson症候群・・・→(投与を中止する)
  23. 全身倦怠感
  24. 脱力感
  25. 脱毛
  26. 乳房が大きくなる(女性化乳房)
  27. 軟便
  28. 剥脱性皮膚炎
  29. 発熱(投与を中止し、再投与しないこと)
    発熱 皮膚剥脱
    リンパ節症
    関節痛
    肝障害
    腎機能異常
    好酸球増多
    →直ちに中止し、ステロイド剤投与など
  30. 白血球減少・・・・・→中止
  31. 汎血球減少・・・→中止
  32. 皮疹(投与を中止し、再投与しないこと)
  33. 貧血
  34. 頻脈(投与を中止し、再投与しないこと)
  35. 浮腫
  36. 発疹・・・・・→中止
  37. 末梢神経障害
  38. 味覚異常
  39. 無顆粒球症・・・→中止
  40. Lyell症候群・・・→(投与を中止する)
  41. リンパ節症・・・・・→中止



(平成18年9月1日〜平成18年12月31日)厚生労働省
  1. 無顆粒球症2
  2. 血中ビリルビン増加1
  3. 薬疹6
  4. 薬物過敏症21
  5. 紅斑1
  6. γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加1
  7. 肝機能異常5
  8. 過敏症3
  9. 肝障害2
  10. 好中球減少症1
  11. 皮膚粘膜眼症候群1
  12. 血小板数減少1
  13. 紫斑1
  14. 発熱1
  15. 発疹5
  16. 腎不全1
  17. 横紋筋融解1
  18. スティーブンス・ジョンソン症候群8
  19. 血小板減少症2
  20. 中毒性表皮壊死融解症3
  21. 白血球数減少1
  22. 急性全身性発疹性膿疱症1
  23. 全身紅斑1
  24. 好酸球増加と全身症状を伴う薬疹4
  25. ヒトヘルペスウイルス6血清学的検査陽性2
  26. 骨髄機能不全





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬