ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



グルトパ(Grtpa)/アクチバシン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





tPA
心筋梗塞症
心臓病
胸痛
心痛
突然死
虚血性心疾患
冠状動脈硬化症
コレステロール値が高い
のどがつまる感じ
心身症
肋間神経痛
広告




t-PA   一般名:アルテプラーゼ(遺伝子組み換え)



一般名:アルテプラーゼ(遺伝子組み換え)
血栓溶解剤
(静注用遺伝子組換えt-PA製剤)


「アクチバシン」「グルトパ」





アクチバシン(tPA副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状・・・→中止処置
    アナフィラキシー 血圧低下
    発汗
    脈拍異常
    呼吸困難
    →中止、処置
  2. AL-P上昇
  3. LDH上昇
  4. 嘔吐
  5. 悪心
  6. カテーテルからの出血
  7. 血圧低下
  8. 血管浮腫・・・→直ちに中止気道確保



    舌の腫脹
    口唇の腫脹
    顔面の腫脹
    咽喉頭の腫脹
    →直ちに中止、
    エピネフリン・ステロイドの投与と、
    気道確保
  9. 血尿
  10. 紅斑
  11. 後腹膜出血・・・→中止後に処置(出血性ショックに注意)
  12. GOT上昇
  13. GPT上昇
  14. 歯肉出血
  15. シャックリ
  16. 出血性脳梗塞・・・→中止し処置必要
  17. 消化性出血・・・→中止後に処置(出血性ショックに注意)
  18. ショック・・・→中止処置
  19. 心タンポナーデ・・・→中止後に処置
  20. 心室細動・・・→中止処置
  21. 心室頻拍・・・→中止処置
  22. 心破裂・・・→中止後に処置
  23. 脳梗塞・・・→観察し処置
  24. 脳出血・・・→中止後に処置(出血性ショックに注意)
  25. 熱感
  26. 肺出血・・・→中止後に処置(出血性ショックに注意)
  27. 発汗
  28. 発熱
  29. 皮下出血
  30. ビリルビン上昇
  31. 貧血





tPAの副作用情報(厚生労働省)
平成18年9/1~平成18年12/31
大動脈瘤破裂1
大動脈解離2
不整脈1
脳ヘルニア3
心タンポナーデ1
心肺停止1
脳出血15
脳梗塞7
急性胆嚢炎2
糖尿病1
胃出血1
血尿2
皮下出血1
出血性脳梗塞54
肝機能異常
筋肉内出血1
心筋梗塞2
膵炎1
胸腔内出血1
肺水腫1
呼吸不全1
スティーブンス・ジョンソン症候群1
くも膜下出血2
血小板減少症1
上部消化管出血1
心室細動2
声帯麻痺1
脳浮腫8
創傷出血1
腹部血腫1
塞栓症1
腹腔内出血1
気管出血








[tPA]
一般名:アルテプラーゼ(遺伝子組み換え)
血栓溶解剤
(静注用遺伝子組換えt-PA製剤)


「アクチバシン」「グルトパ」



フィブリン親和性が高く、血栓に特異的に吸着し、血栓中でプラスミノーゲンをプラスミンにかえる。そのプラスミンがフィブリンを分解することで血栓を溶解する。





○虚血性脳血管障害急性期に伴う機能改善(発症後3時間以内)
34.8万IU/kg(0.6mg/kg)を静注
投与量の上限は3480IU(60mg)
総量の10%を急速投与(1~2分)し残りを1時間で静注。
・本剤投与は発症後できるだけ早期に行う。、
○2013年、発症後3時間から4.5時間に延長した。
○急性心筋梗塞における冠動脈血栓の溶解(発症後6時間以内)
2.9万~43.5万IU/kg(0.5mg/kg~0.75mg/kg)を静注
総量の10%を急速投与し(1~2分)し残りを1時間で静注。
・本剤投与は発症後できるだけ早期に行う。





使


出血している患者
[頭蓋内出血][消化管出血][尿路出血][後腹膜出血][喀血]
くも膜下出血の疑いがある患者
脳出血を起こすおそれがある患者
出血する可能性が高い患者
・消化管出血から21日以内。
・尿路出血から21日以内。
・大手術から14日以内。
・投与前の血小板数が100000/m㎥以下の患者
ヘパリン・経口抗凝固薬を投与中で、
・投与前の「プロトロンビン時間-国際標準値(PT-INR)」が1.7を超える
・活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT) が延長している。
重篤な肝障害
急性膵炎
発症時にけいれん発作が認められた



▽血液凝固阻止作用がある薬剤との併用に注意

▽血小板凝集抑制作用がある薬剤との併用
  • [アスピリン]
    [塩酸クロピドグレル]
    [塩酸チクロピジン]
    [オザグレルナトリウム]
    [ジピリダモール]
    [シロスタゾール]

▽血栓溶解剤との併用・・・[ウロキナーゼ ]
▽アプロチニンとの併用で本剤の効果が低減。




関連情報 tPA心筋梗塞症心臓病胸痛心痛突然死虚血性心疾患冠状動脈硬化症コレステロール値が高いのどがつまる感じ心身症肋間神経痛霊芝」「再生医療






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査