ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アデノシン



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告







アデノシン(Adenosine)
アデノシン はアデニンとリボースからなるヌクレオシドの1つ。

  • (アデニン)
    核酸を構成する5種類の塩基のうちの1つ。
    (リボース)
    糖の一種で五炭糖に分類される。
    核酸塩基と結合してヌクレオシドを形作っている。



アデノシンは生体内で重要な役割をになっている。 


カフェインによりその作用が抑制される。

アデノシンとカフェインの分子構造はよく似ている




薬用人参からまず見つかったのはアデノシンである。
これは核酸の一種で、局所ホルモンとして注目の物質。

つぎにみつかったのは、グルタミン酸5個とグルタミン、グルコースをそれぞれ1個からなる糖ペプチドである。

薬用人参に含まれるアデノシンや糖ペプチド、八味地黄丸を構成するボタンピ(牡丹皮)には、ノルアドレナリンの脂肪分解作用を抑えるだけでなく、インスリンによる脂肪合成作用を促進する働きがある。




眠気 脳が疲労するとアデノシンを産生し、それが受容体タンパク質に結合すると、脳の活動が低下し、それが特異的な受容体タンパク質に結合すると、脳の活動が低下し、眠気を催す。 
カフェインの分子構造はアデノシンに類似しており、競合的酵素阻害薬としてアデノシン受容体に結合してアデノシンの作用を抑える。 
その結果、アデノシンの抑制効果が軽減され、脳の細胞機能が活性化されて眠気を覚ます。
頭痛 アデノシンは脳の血管内径を拡大させて頭痛を引き起こす
そのためアデノシンの作用を阻害するカフェインは多くの頭痛薬に含まれている





アデノシンの構造





関連情報 アデノシン三リン酸(ATP)
エネルギー」「活性酸素
ミトコンドリア」「イオン
コエンザイムQ10」「貧血」「







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査