情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



注意欠陥・多動性障害
ADHD





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






キレる 
多動性障害
 
集中力がない
 
うつ病
  
やる気がない





注意欠陥・多動性障害
ADHD=Attention Deficit / Hyperactivity Disorder


  • 発達障害の1つ 。
    • ・人の話をしっかり聞かず、
    • ・忘れっぽく、
    • ・計画的に物事を進められない。
  • 主に小児の症状と考えられてきたが、思春期以降にも、実はADHDだと分かる例もある。


ADHDは、不注意、衝動性、多動性の症状がある。
  • ・細かいことに注意がいかなかったり、
  • ・途中で相手の言葉を遮って話し始めてしまったり、
  • ・落ち着きが無くジットしているのが苦手
  だったりする。
  1. 注意欠陥
  2. 多動性
  3. 衝動性


成人の場合、
  • ・仕事が完結できない。
  • ・気分のコントロールがうまくいかない、
  • ・人間関係がうまくいかない
  などの特徴がある。


脳内の神経伝達物質「ノルアドレナリン」の働きに問題があると考えられている。






ADHDの主な症状
不注意 (注意欠陥)
  • (子ども)
    1. 興味のないものに長く注意を向けたり集中するのが苦手。
    2. 周囲でちょっとした動きや物音がするとそちらに意識がいく。
    3. ものをよくなくす。
  • (大人)
    1. 細かいことに注意がいかない
    2. 仕事や家事が最後までやり遂げられない。
    3. 注意しているのに遅刻する
    4. 大事な約束を忘れる

多動性
  • (子ども)
    1. 授業中に席にジーと座っていることが苦手。
    2. 先生の指示を聞かずに歩き回る
    3. 席は立たないがひっきりなしに体を動かしたり、ものをいじったり、授業に集中できない。
    4. 思い立ったら後先考えずに行動する。
  • (大人)
    1. そわそわして手足を動かす
    2. 椅子の上でモジモジする。
    3. しゃべりすぎる

衝撃性
  • (子ども)
    1. 質問を聞かずに話し始める
    2. 通りの向こうから気になるものが見えたら、安全を確認せずに飛び出す。
    3. 順番を並んでいても、自分の順番が来るまで待てない。
  • (大人)
    1. 人の話し中に話し始める
    2. 質問が終わる前に答えてしまう。
    3. 人のものを断りも無く使い始める。









教育現場の認知が低い
  • 落ち着きが無く、集中力に欠け、苛立ちを抑えきれない子供が増えている。その原因として最近、注目されているのが、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と呼ばれる病気だ。米国ではすでに300万人が治療を受けているが、日本では学校や親の認知度も低く、対応が遅れている。学級崩壊の一員と考える向きもあるだけに一刻も早い対応が望まれている。
    都内に住む小学校1年生のA君は授業中、じっとしていることが出来ない。車の前に突然飛び出して親を驚かせたことも。大学病院の精神科を受診したところ、ADHDという聞き慣れない病気と診断された。
      ・出現率は5.3%
    「ADHDの診断基準には米国精神学医学会が作った[DSM-W]と世界保健機関 が作った[ICD-10]と呼ばれるものがある。DSMは不注意の症状を9項目、多動性と衝動性の症状を9項目挙げ、それぞれ6つ以上の症状が少なくとも6ヶ月以上持続するする場合としている。これらの症状は学校、家庭、診察室などのうち2カ所以上で現れ、7歳以前の発症を条件にしている。

  • 国立精神衛生研究所のグループが画像処理技術を使ってADHDの子供の脳を調べたところ、注意を司る大脳などの一部が小さくなっていることを突き止めた。

  • シカゴ大学やカリフォルニア大学は、ADHDの子供の多くにドーパミンという神経伝達物質の受容体とトランスポーターというタンパク質の遺伝子の異常を報告している。

  • 市川副院長は「患者の7〜8割は大きくなると普通の人と変わらなくなるが、2〜3割は治らない」と指摘する。
  • 治療法としては、「自信をつけさせることが第一」(市川副院長)という。
    • “ほめて育てる”
    • “すぐにほめる”
  • ADHDの子供は周りから怒られたり、怠け者などと言われ、自己評価が下がっている。市川副院長は「良い点を伸ばすようにほめることを心掛けることが大切」と強調する。注意をするときもクドクド言うのではなく、「こうした方がうまくいく」などと分かりやすく注意する方が良いという。

  • ・投薬で改善効果
    「米国ではメチルフェニデートなどの薬も治療に使われている。約3割で著しい改善、軽度の改善も含めると7割近い患者で効果があるという。この薬は覚醒作用があるため、不眠や食欲不振などの副作用があり、通常は朝と昼の2回投与されている。日本でも軽度鬱病や睡眠障害の薬として認可されているが、ADHDには対象にされておらず、患者の中には認可を求める声もある





  • エジソンも
    • 発明王エジソンも、ADHDだったと言われる

  • 疑似体験
    • 2008年、ヤンセンファーマはADHDを疑似体験できる装置「バーチャルADHD」を開発した。

キレる
  • 児童期に注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断された子供の一部が、思春期に入って『行為障害』になり、さらにその一部が『反社会性人格障害』に移行すると考えられている。

  • アメリカでは1960年頃から脳の微細な障害であるADHDに関心が集まり、その有病率は小学生から高校生までの子供の4〜16%に達するとされた。日本でも約3%がADHDとの見方もある

遺伝子(マイクロRNA484)に問題
  • 2016年、山下俊英・大阪大学教授のチームが発表。
  • 神経細胞のもととなる神経幹細胞は増殖しながら神経細胞を生み出すが、マイクロRNA484が重複すると神経幹細胞に影響を与えて異常を引き越す。
  • マイクロRNA484を重複して持つマウスを作製し実験。
  • 胎児期には大脳皮質で神経細胞が過剰に作られ、生まれた後は落ち着き無く動き回った。








治療薬
  • ストラテラ(一般名:アトモキセチン塩酸塩)
  • コンサータ(一般名:メチルフェニデート)
    • 中枢神経を刺激してドーパミンやノルアドレナリンを増やすことでADHDの症状である、不注意や衝動性、多動性を抑える効果が見込める。
    • 登録した医師と医療機関からしか処方されない。
    • 処方量も厳しく管理されている。








キレる 
多動性障害
 
集中力がない
 
うつ病
  
やる気がない











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用