ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • アフリカ睡眠病



HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査


寄生虫
リケッチア
感染症
先天性トキソプラズマ症
クリプトスポリジウム









アフリカ睡眠病
2013年、意識障害で死に至る難病「アフリカ睡眠病」を引き起こす寄生虫の生存に必要な酵素の立体構造を東京大学の北潔教授らが明らかにした。


アフリカ睡眠病は、アフリカにいるツェツェバエが刺して寄生虫「トリパノソーマ」が体内に侵入して感染する。


寄生虫は、シアン耐性酸化酵素(TAO)と呼ぶ酵素を使い、ほ乳類の血液内で生き続けるためのエネルギーを作っているという。


これまでの研究で「アスコフラノン」という化合物がTAOの働きを阻害することが知られていた。


北教授らは大腸菌で大量に作ったTAOを結晶化しSPringu-8を使って、立体構造の詳細を明らかにした。



 検査法の臨床試験
2011年、栄研化学とビルゲイツ財団などが資金提供する基金「FIND」は、意識障害などに陥り死に至る難病「アフリカ睡眠病」を高感度で診断できる検査法の治験を始める。

栄研化学の遺伝子増幅技術「LAMP法」を使い、1時間ほどで結果が出るという。
アフリカ睡眠病は、サハラ以南に生息するハエ「ツェツェバエ」に刺されることで寄生虫「トリパノソーマ」が体内に侵入して感染する。発症すると中枢神経に障害をきたし、錯乱状態や意識不明状態に陥って死に至る場合が多い。




アフリカ睡眠病と結核
2013年、北海道大学の鈴木定彦教授と梶野喜一准教授らは、アフリカで多くに死者を招いている「アフリカ睡眠病」と結核を、低価格で素早く検査できるキットを開発した。
1検体当たり約100円で、1時間で感染の有無を診断出来る。
研究チームはこの技術をザンビア共和国に供与した。












    dokutoruaun@gmail.com 
draun 
ツムラ番号
治るコム
よく使う漢方薬
ブログ
漢方薬(症状)
呼吸
針灸
自殺
音楽療法
突然死
栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved