ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アイリッシュ・モス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





海藻

コンブ

モズク

スピルリナ
広告



アイリッシュ・モス
=「トチャカ」Chondrus crispus;Algae
  1. 「アイリッシュ・モス」と「グラダーラック(ケルプ)」「ダルス」などの海藻は、栄養失調・病後の回復・老化・ヴァータ過剰状態・甲状腺ホルモン異常に効果を持つハーブです。
  2. 身体の基本的な血漿組織であるラサに作用して体液を増し、ミネラルを補給して、回復を促進させ、若返りまる。
  3. 乾燥したカパや肺の中にたまったアーマ(毒)を柔らかくして取り除きます
  4. 腺の炎症を抑え、栄養を補給し、浮腫を去ります
  5. 皮膚や粘膜の乾燥や炎症を抑えます
薬用部 全草
塩味・甘み・渋味
薬力源 (弱い)熱性




甘味





血漿・筋肉・脂肪




呼吸器系・泌尿器系

1.鎮咳作用
2.軟滑作用
3.去痰作用
4.抗凝固作用
5.滋養強壮作用



アイリッシュ・モスの成分
  1. カラギーナン
  2. 含硫多糖体:ガラクトースとアンヒドロガラクトースからなる。
  3. タンパク質
  4. ヨード塩
  5. ビタミン
アイリッシュ・モスの効能効果
  1. 気管支炎
  2. 結核
  3. 衰弱
  4. セキ
  5. 腺の肥大(甲状腺・リンパ腺・前立腺)
  6. 肌の乾燥・シワ
  7. 病後の回復期:.「重症の肺疾患の回復期に、約15gを0.5リットルの水に入れて煮立たせ、毎日、分2」
  8. 老化.
アイリッシュ・モスの毒性と禁忌
  1. 動物実験では、多量のカラギーナンの分解物を投与すると、小腸と大腸に潰瘍が出来る
  2. カラギーナンを25%飼料に混ぜて動物を飼育すると肝硬変を起こす。
  3. 胃腸・肝臓疾患がある者には禁忌。
  4. 抗凝固剤を飲んでいる者は控える





関連情報 海藻







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査