ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




アカラシア






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










アカラシア
achalasia=「弛緩不全」「噴門無弛緩症」

  • 消化管の接合部で平滑筋弛緩が出来なくなること。
    特に、壁内神経節細胞の変性、、退化によって嚥下に伴う食道-胃括約筋の弛緩が不能になるこを指す
  • アカラジアとは本来は、消化管の相接する2つの器官の接合部の平滑筋が弛緩障害を起こしてて通過障害に陥ることを意味するが実際には食道と胃の接合部である噴門の解放困難症にだけ用いられている ←→食道裂孔ヘルニア
  • 食道下部から噴門部の、頑固で持続的な機能的通過障害と、拡大を起こす神経筋疾患
  • 70%の者に嘔吐が見られる。


副作用でアカシジアになる医薬品








食道アカラシア
とは
  • 食道の運動障害の1つで、胸につかえ感を覚えたり飲食物が就寝中に口に戻ったりすることがある。
  • 日本医科大学付属病院の岩切勝彦助教授は「きちんと治療すればつかえ感などが無くなり、QOLがぐんと高まる。軽症の場合は診断が付かないことがあるが、軽視せずに専門医に診てもらうことが大切」と語る。

  • 口から入った水や食物は食道を通って胃に入りますが、このとき食道の一部が収縮し胃に向かって順々に伝搬します。いわゆる蠕動運動で、これによって寝転がっていてもも逆立ちしていても飲食物は胃に送り込まれます。
    普通は飲食物が食道にはいると同時に食道下部の括約筋が開きます。この下部食道括約筋が開かなくなったり、開きが悪くなったりするのが食道アカラシアです
  • 同時に蠕動異常も見られます。

  • 下部食道括約筋は胃から食道への逆流を防いでいますが、必要なときに開かないと飲食物が食道に滞留してしまいます。








食道アカラシアの病態
  • 下部食道括約筋(LES)の弛緩障害による食物の通過障害をきたす疾患。

  • 食道アカラシアは食道の運動が異常になって起こる。
    食道と胃の境がゆるまないため、食物が通らなくなる病気で、20代〜40代に多い。

  • 水も食べ物もつかえる感覚があり、年とともに進行する。
    1. [胃ガン][食道ガン]との区別が必要。
    2. 食道の圧検査が必要。










食道アカラシアの症状

  • 胸のつかえ
  • 食べ物がつかえる
  • 胸痛
  • 食欲が無くなったり
  • 急いで食べると食物を吐く
  • 就寝中に咳やヨダレで枕を汚す


  • 食道アカラシアの患者数は10万〜20万人に1人と言われている。
    女性にやや多く、年齢差はない。

  • 検査は、直径4mmの細い管を鼻から食道に入れて、下部食道括約筋が十分に開くかどうかをみる内圧検査をします







食道アカラシアの検査
  1. 胸部X線・・・・食道陰影の出現、胃泡の消失
  2. 胸部CT・・・拡張した食道ならびに残渣の貯留
  3. 上部消化管造影
  4. 食道内圧測定
    • @遠位食道の蠕動波の消失
      A下部食道括約筋弛緩の欠如
      BLES圧の上昇
  5. 内視鏡



食道アカラシアの治療
  • 食道に風船を入れて、開かなくなった下部食道括約筋を広げるバルーン拡張術があります。
    または、手術で下部食道括約筋を広げます





チェック
関連情報
嘔吐
吐き気
嚥下困難







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬