ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アキネトン(塩酸ビペリデン)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告



パーキンソン病治療薬
一般名 塩酸ビペリデン biperiden HCI


[アキネトン][タスモリン][ビカモール]



抗コリン作用によってパーキンソン病様症状(錐体外路症状)を改善する。





1.特発性パーキンソニズム
2.その他のパーキンソニズム:パーキンソン
  脳炎後
  動脈硬化性
  中毒性
3.向精神薬投与によるパーキンソニズム・ジスキネジアアカシジア





使ってはダメな者
重症筋無力症
本剤に過敏症
緑内障





が必要
1.肝障害
2.高温環境にある者。
3.高齢者
4.腎障害
5.テンカン
6.動脈硬化性パーキンソン症候群
7.頻拍傾向の者。
8.不整脈
9.尿路閉塞性疾患



1.以下の薬物との併用で作用が増強される:
  フェノチアジン系薬
  三環系抗ウツ薬
  MAO阻害薬
  レセルピン系薬
2.抗コリン作働薬との併用で腸管マヒ・マヒ性イレウスが起きる。






アキネトン副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群・・・減量または中止。
    1. 発熱
    2. 無動緘黙
    3. 意識障害
    4. 強度の筋強剛
    5. 不随意運動
    6. 嚥下困難
    7. 頻脈
    8. 血圧の変動
    9. 発汗
    10. 白血球増加
    11. 血清CK値上昇
    12. ミオグロビン尿
        ↓
    低冷却・水分補給などの全管理。減量
  2. 依存形成の恐れがあります。・・・気分高揚など。
  3. ・胃部不快感
  4. ・嘔吐
  5. ・悪心
  6. ・肝障害
  7. ・気分高揚
  8. ・血圧上昇
  9. ・血圧低下
  10. ・下痢
  11. ・幻覚
  12. 口渇
  13. ・口内炎
  14. ・視調節障害
  15. 消化器症状
    1. 口渇
    2. 悪心・嘔吐
    3. 便秘
    4. 食欲不振
    5. 口内炎
    6. 胃部不快感
    7. 下痢
  16. 嗜眠
  17. ・食欲不振
  18. 精神神経・・・→減量または休薬
    1. 幻覚
    2. 譫妄
    3. 精神錯乱
    4. 不安
    5. 嗜眠
    6. 記憶障害
  19. ・精神錯乱
  20. ・譫妄
  21. ・尿閉
  22. ・排尿困難
  23. ・パーキンソン症状の増悪(大量投与で)
  24. ・不安感
  25. ・便秘
  26. ・発疹・・・・・中止する


妊婦への影響・・・投与しないことが望ましい。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬