ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



あくび


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品





不安

ストレス

不随運動
広告





あくびの漢方薬
甘麦大棗湯


小建中湯
  1. 食後に多い

消風散





あくび chasmus
欠伸

疲れたときや退屈を覚えるとき、あるいは空腹の時によく出る。
中枢神経の異常或いは疲労に伴って生じる一種の不随運動と見られていた。

疲労などで血中の酸素が不足しているとき、あくびによって空気を吸い込むことで、酸素を補給するとの説が長年信じられてきた。

しかしこの説は今では否定されている。


あくびをしても、体内に取り込まれる空気の量は通常の呼吸と比べてさほど増えず、血中の酸素濃度も上昇しないことが分かったため。


米国の心理学者が、氷などで頭を冷やすと、あくびが出にくくなることから、あくびが脳を冷やすのに役立っているという説を唱えた。
この説に対しては、カゼなどで熱があるときには、頻繁にアクビをかきそうだが、実際はそうではない。


人間は緊張した場面でもアクビをする。
  • パラシュートで降下しようとする人が、直前に良くアクビするという。
  • 他人がアクビをするのをみて、つられてアクビする、伝染のメカニズムもよく分かっていない。


統合失調症自閉症の人はアクビの伝染が起こりにくいという報告もある。


人間以外では、サルやネズミなどの哺乳類、爬虫類、鳥類などの多くもアクビする。
ライオンのオスとメスが交尾をする直前に、相次いで大きなアクビをするのが観察されている。
2010年、アクビをテーマにした国際会議がパリで開かれた。




関連情報 不安」「ストレス」「不随運動









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング