ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



悪性黒色腫



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告




悪性黒色腫  
malignant melanoma

早期発見・・・血中の目印

2010年、大阪大学の金田安史教授と大学院生の新保敬史さんらは、皮膚癌の一種である悪性黒色腫の発症の目印となる物質を突き止めた。

悪性黒色腫の腫瘍を調べ、皮膚の細胞の維持に関わる「BPAG1」というタンパク質が腫瘍でも作られていることを確認した。

悪性黒色腫の患者の血液を調べると、BPAG1に結合する抗体の「抗BPAG1抗体」が一部の患者で血中に多く出ており、発症の目印になることが分かった。





ホクロ・・・ガン化しない
Aちゃんの足の裏に、いつのまにか黒いほくろが出来ていることに母親が気付いた。
最近少し大きくなっているようだ。

足の裏のほくろは皮膚ガンになりやすいと聞いたことがある。母親は急に心配になって、皮膚科外来を受診した。

ほくろのガンを悪性黒色腫という。

日本人は白人に比べて発生率は低いが、日本人の悪性黒色腫は足の裏に出来ることが一番多い。

この他、手のひら、爪、唇(口の中)、外陰部にも出来やすい。

成人の場合は今まであったほくろの形や色が急に変わったら、すぐに専門医を受診したほうが良い。

しかし、子供は大人と違って、たとえ足の裏でもふつうのほくろがガンになることはないと言ってもよい。
他の場所も同様である。

子供の悪性黒色腫は、生まれたときから体に広く巨大なアザがある場合、その一部に出来ることがほとんどである。
子供のほくろは、年々、大きさ、色、形が少しづつ変化するのが普通であるし、時には自然に消えてしまう。レーザー照射で消すことも可能だが、普通は外科的切除をする。
ほくろとは、小さな円形のものを指している




クビや脇の下、股間に
黒くザラザラしたブツブツがたくさんできた。


そんな症状があったら、早期の
胃ガンが隠れている可能性がある。



黒色表皮腫と呼ばれ、不定形の黒褐色の発疹が皮膚のこすれやすい部分に出る。

1つひとつは米粒大以下。

触れると硬く盛り上がっていておろし金のような感触だ。

痛みやカユミが生じることもあるが、何も感じない人の方が多い。


黒色表皮腫は
  • 良性型、
    悪性型、
    仮性型
に大別されます。

黒色表皮腫の最大の原因は「胃ガン」だ

胃の腺ガンが出すタンパク質が引き起こす。

糖尿病やある種の先天性疾患が原因のこともあるが数は少なく、中高年の場合は真っ先に胃ガンが疑われる。

X線などでは見えない小さなガンでも、黒色表皮腫はできる。




治療薬
ベムラフェニブ(一般名)・・・商品名「ゼルボラフ」

(分子標的薬)

2011年8月に米ジェネンテックが米国で販売許可を得た分子標的薬。

悪性黒色腫(メラノーマ)の原因であるタンパク質リン酸化酵素「BRAF」の変異タンパク質を阻害する標的薬で、米プレキシコン社が開発し、第一三共が買収した。

臨床試験中、ゼルボラフを投与した患者のうち、約25%で皮膚に新たな扁平上皮ガンが発生した。FDA(米食品医薬品局)はできたガンは手術で切除すれば問題ないと判断し、商品化を認めた。

2012年1月、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者が、その理由を解明した。扁平上皮ガンを発生した患者の大半で、ガン遺伝子として有名なタンパク質リン酸化酵素「RAS」に突然変異が起きていた。
ヤーボイ

2015年、日本で製造販売が承認された。

ヤーボイは、ガンによって抑制された免疫の攻撃力を回復させる「免疫チェックポイント阻害薬」として世界で初めて2011年米国で承認された。

体内のT細胞が、ガン細胞を攻撃するリンパ球の働きを抑制する「CTLA-4」という因子に結合して、その働きを阻害する。

その結果、T細胞の働きが活性化したり、増殖が促されてガン細胞を押さえ込む。






風邪のウイルスで
オンコリスバイオファーマは、風邪のウイルスでがんを破壊する臨床試験を2016年9月から米国で始める方針。

開始するがん治療薬「テロメライシン」は風邪のウイルスであるアデノウイルスの遺伝子を改変して作った。

「腫瘍溶解性ウイルス」の一種。

岡山大学で開発された。

ガン細胞にテロメライシンの本体であるウイルスが感染すると、ガン細胞の内部で増殖し、ガン細胞を破壊する。

前期臨床試験では

22人の固形がん患者に投与し、7人でがんが縮小した。

今回の中期臨床試験では50〜60人の患者に投与し、半年〜1年後にガンが縮小しているかを調べる。



(腫瘍溶解性ウイルス)

はガンの治療方法として有望視されている。

米国ではすでに実用化している。
  • 「イムリジック」
    • 悪性黒色腫に対する治療薬。
  • 米バイオ製薬のアムジェンが発売している。

腫瘍溶解性ウイルスは、単独での使用以外に、「オプジーボ」などの免疫チェックポイント阻害薬との併用療法も期待されている。




メラノーマ 

皮膚ガン
 

免疫機能不全









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬