ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アルブミン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 アルブミン蛋白分画
低アルブミン血症
タンパク質
血清タンパク質
低タンパク血症
免疫グロブリン
βリポタンパク
糖タンパク質
ドーピング
アルブミン製剤
尿素窒素
アミノ酸
糖鎖



アルブミンalbumenAlb
アルブミン
  • 卵白(albumen)を語源とし、卵白の構成タンパク質のうちの約65%を占める主成分タンパク質に対して命名された。
  1. 血液や組織液中に広く分布
    • 血清アルブミンは血液の浸透圧の調整や、脂肪酸輸送に関与する。
  2. 血清総タンパク質の60〜70%をアルブミンが占める。
  3. アルブミンは血液の浸透圧を維持したり、種々の物質を運送するなどの働きがあります。浸透圧が低下するとむくみが起きます。
    • そのため、浮腫があるときには、必ず血清アルブミン値を調べましょう


アルブミンは・・・肝臓で作られる
  • アルブミンは肝臓でつくられ、血液中に4g/dLあります。
  • 人体の血液量は体重の約1/12なので、体重60kgの成人で約5gの血液が流れているので、約200gのアルブミンが含まれている。



アルブミンの働き
アルブミンはカルシウムビタミンなどの栄養素を細胞に運び、細胞からは不要物を回収します。


アルブミン量が少なくなると、血液の浸透圧が低下して毛細血管壁から血漿が漏れやすくなり、組織液がたまって局所にむくみ(浮腫)が生じます。

これが、一般的な浮腫です。



リンパ管の吸収低下やリンパの流出減少によって生じる浮腫が「リンパ浮腫」です。




血清 含まれるタンパク質のうち、アルブミンとグロブリンの比率はほぼ同じ
リンパ リンパは分子量が低いアルブミンの方が約60%多い。
そのため血液より粘性が低い
アルブミンは
肝臓で作られ、血液中には4g/dLあります。
人体の血液量は体重の1/12、
体重60kgの人
約5gの血液が流れています。
約200gのアルブミンが含まれています。
カルシウムやビタミンなどの栄養素を細胞に運び、細胞からは不要物を回収します。
アルブミンの量が少なくなると、血液の浸透圧が低下して毛細血管壁から血漿が漏れやすくなり、組織液がたまって局所に“むくみ”が生じます。これが一般的な「浮腫」です。
リンパ管の吸収低下やリンパ管の流出が減少することで生じる浮腫が“リンパ浮腫”です。




アルブミンが低下する原因
には


@合成が低下する
  1. 肝硬変
  2. 炎症性疾患


A尿や大便、分泌液などに漏れる
  1. ネフローゼ症候群
  2. 吸収不良症候群
  3. やけど


B代謝が亢進する
  1. 甲状腺機能亢進症
  2. 炎症性疾患


C栄養不良
  1. 低栄養


低アルブミン血症
アルブミン蛋白分画





血清 含まれるタンパク質のうち、アルブミンとグロブリンの比率はほぼ同じ
リンパ リンパは分子量が低いアルブミンの方が約60%多い。
そのため血液より粘性が低い
アルブミンは
肝臓で作られ、血液中には4g/dLあります。
人体の血液量は体重の1/12、
体重60kgの人
約5gの血液が流れています。
約200gのアルブミンが含まれています。
カルシウムやビタミンなどの栄養素を細胞に運び、細胞からは不要物を回収します。
アルブミンの量が少なくなると、血液の浸透圧が低下して毛細血管壁から血漿が漏れやすくなり、組織液がたまって局所に“むくみ”が生じます。これが一般的な「浮腫」です。
リンパ管の吸収低下やリンパ管の流出が減少することで生じる浮腫が“リンパ浮腫”です。




余命の予知因子
  • 肝臓で合成されるアルブミンというタンパク質は『余命の予知因子』といわれているように、アルブミンの合成能力が高い人は健康で長生きし、合成能力が低い人ほど、10年後の死亡率が高くなることが分かってきました

☆末期がんの余命を予測する項目の1つ



ヒト血漿中の
最重要タンパク質
分子量 血漿中濃度
(mg/100cm3
相対濃度
プレアルブミン+アルブミン 55.3%
プレアルブミン 61000 10〜40
アルブミン 69000 3900〜5500
α1グロブリン 4.8%
酸性α1グリコプロテイン 44000 70〜110
酸性α1リポプロテイン 200000 290〜770
α1アンチトリプシン 54000 200〜400
α1アンチキモトリプシン 68000 30〜60
α2グロブリン 8.2%
セルロプラスミン 132000 15〜60
α2アクログロブリン 720000 150〜350
ハプトグロブリン 100000 100〜200
βグロブリン 11.2%
βリポプロテイン 2400000 220〜740
トランスフェリン 80000 200〜400
β1cグロブリン 80〜140
フィブリノーゲン 341000 200〜450
γグロブリン 20.5%
γGグロブリン 150000 800〜1800
γAグロブリン 160000 90〜450
γMグロブリン 900000 60〜250
γDグロブリン 0.3〜40
丸善「数値で見る生物学」p220



食品が含むアレルギー物質を測定
2013年、東京工科大学の斉木博教授らは、食品などに含まれるアレルギー物質を従来の1/10量で測定できる技術を開発した。


卵が含む「アルブミン」などのタンパク質で、アトピー性皮膚炎や呼吸障害を引き起こす人がいる。


ゆでた蒸気にソバの成分がわずかにあってもアレルギー反応を起こすなど個人差がある。


新技術は、
  1. まずアレルギー物質を溶かした液体に、蛍光を放つ抗体を一定量入れる。
  2. 次に、特殊なビーズの隙間に液体を流し、アレルギー物質と結合した分を取り除く。
  3. 余った抗体をビーズ表面にくっつける
  4. ビーズの蛍光を測ることで濃度が分かる。30分でOK。

アルブミン水溶液を使った実験では、1gあたり90マイクロcでも測定できた。








関連情報 アルブミン蛋白分画
低アルブミン血症
タンパク質」「血清タンパク質」「低タンパク血症」「免疫グロブリン」「βリポタンパク」「糖タンパク質」「ドーピング」「アルブミン製剤」「尿素窒素」「アミノ酸」「糖鎖






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査