情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



アルダクトンA
(スピロノラクトン)





降圧利尿剤/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






副作用
利尿薬
降圧利尿剤
血圧を下げる薬(降圧薬)
高血圧
排尿困難
浮腫





降圧利尿剤
○分類:カリウム保持性利尿薬
抗アルドステロン薬
  • アルドステロン受容体に作用するアルドステロンの拮抗剤であり、血中カリウムを保持する点が他の利 尿薬ともっとも異なる。

一般名
  • スピロノラクトン

商品名
  • 「アボラスノン」アルダクトンA「アルマトール」「アレキサン」「ウルソニン」「スピロノラクトン」「スラクトン」「ダイロパール」「ディーラ」「ノイダブル」「パストレボン」「ピロラクトン」「ペナンチン」「ホクラトン」「マカシー」「メラルコン」「メルタクトン」「ヨウラクトン」「ラクデーン」「ラッカルミン」

作用機序
  • 腎臓に作用し尿量を増し、体内の余分な水分・ナトリウムなどを排泄してむくみをとり、その結果、血圧も下げます。むくみ・ネフローゼ・肝硬変の腹水・高血圧症などに用います。
  • 腎遠位尿細管においてアルドステロンのNa-K交換促進作用に拮抗する。これによってNa及び水の排泄を促進し、体内のKを保持する

効能・用途
  1. 悪性腫瘍に伴う浮腫。腹水。
  2. 栄養失調性浮腫。
  3. 肝性浮腫
  4. 原発性アルドステロン症の診断・症状の改善。
  5. 高血圧症
  6. 心性浮腫
  7. 腎性浮腫
  8. 特発性浮腫






使ってはダメな者
1.
過敏症の履歴がある
2.急性腎不全
3.高カリウム血症
4.無尿





1.冠硬化症(重篤な)
2.冠動脈硬化症
3.減塩療法のとき。
4.高齢者
5.腎障害
6.乳児



1.K剤併用で高K血症
2.降圧剤(ほかの)併用で作用が増強。
3.ノルアドレナリンの血管反応性を低下させる。
4.ミトタンの効果を阻害。







アルダクトンA副作用(五十音順)
  1. 陰痿・・・減量または中止。
  2. ウツ状態になる
  3. ・運動失調
  4. ・嘔吐
  5. 過敏症
    1. 発疹
    2. ジンマシン
  6. 肝機能障害
    1. GOT上昇
    2. GPT上昇
  7. ・肝斑
  8. ・筋ケイレン
  9. 傾眠
  10. ・倦怠感
  11. 高カリウム血症
  12. 月経不順・・・減量または中止。
  13. ・下痢
  14. ・口渇
  15. ・声の低音化。・・・減量または中止。
  16. シビレ感(四肢の)
  17. ・女性型乳房(男性の乳房が女性化)・・・減量または中止。
  18. ・食欲不振
  19. ・神経過敏になる。
  20. ・心悸亢進
  21. ・.ジンマシン
  22. ・頭痛
  23. 精神神経
    1. 眩暈
    2. 頭痛
    3. 四肢のシビレ感
    4. 神経過敏
    5. うつ状態
    6. 不安感
    7. 精神錯乱
    8. 運動失調
    9. 傾眠
  24. ・精神錯乱
  25. 性欲減退・・・減量または中止。
  26. 全身倦怠感
  27. 代謝性アシドーシス
  28. ・多毛(女性)・・・減量または中止。
  29. 脱力感
  30. 乳房腫脹・・・減量または中止。
  31. 低ナトリウム血症
  32. 電解質異常
    1. 高K血症
    2. 低Na血症
    3. 代謝性アシードシス
        →減量または休薬
  33. ・.吐き気
  34. ・発熱
  35. ・BUN値が上昇する。
  36. ・不安感
  37. 不整脈
  38. 閉経後の出血・・・減量または中止。
  39. ・便秘
  40. ・発疹
  41. 無月経・・・減量または中止。
  42. ・めまい




  1. 無顆粒球症
  2. 房室ブロック
  3. 血中カリウム増加
  4. 徐脈
  5. 乳ガン
  6. 薬物相互作用
  7. 高カリウム血症
  8. 低クロール血症
  9. 低ナトリウム血症
  10. 血小板数減少
  11. 発疹
  12. 急性腎不全
  13. 洞房ブロック
  14. 心臓内血栓








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬