なおるコム/治るかも
毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう
HOME広告通販病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬
アレビアチン
(Aleviatin)


チェック
副作用テンカン」「点頭テンカン」「ケイレンむずむず脚症候群欠伸発作


アレビアチン副作用(五十音順)
  1. ・運動失調
    不随筋運動 ジスキネジア
    舞踏病アテトーゼ
    アステリクシス
  2. .SLE様症状・・・→中止し処置必要
  3. 黄疸・・・・・・・・・・→中止し処置必要
  4. ・嘔吐
  5. ・悪心
  6. ・肝機能
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    γGTP上昇
    →中止
  7. 眼振
  8. .間質性肺炎・・・→中止
  9. ・巨赤芽球貧血・・・・→減量する。
  10. ・クル病(連用すれば)
  11. ・血液障害
    血液障害 再生不良性貧血
    汎血球減少
    無顆粒球症
    単球性白血病
    血小板減少
    溶血性貧血
    赤芽球癆
    →減量または中止
  12. 血管痛
  13. ・血清ALP値の上昇・・・・減量など処置。
  14. ・血清Ca値の低下・・・・減量など処置。
  15. ・血糖値が上昇
  16. ・倦怠感
  17. ・口渇
  18. ・甲状腺機能検査値(T3・T4)に異常が出る。
  19. .強直発作・・・→中止し処置
  20. .呼吸停止・・・→中止し直ちに処置
  21. ・骨軟化症
  22. 再生不良性貧血・・・中止または減量
  23. ・視覚異常
  24. ・歯牙形成不全
  25. ・歯肉増殖(連用すれば)
  26. ・集中力低下
    精神神経 ニューロパシー(末梢神経障害)
    注意力低下
    集中力低下
    反射運動能力低下
    眩暈
    運動失調
    頭痛
    神経過敏
    不眠
  27. 猩紅熱様発疹
    過敏症 猩紅熱様発疹
    ジンマシン様発疹
    中毒疹様発疹
    →中止
  28. 心室細動
  29. .心停止・・・→中止し直ちに処置
  30. Stevens-Johnson症候群・・・→中止し処置必要
  31. ・神経過敏
  32. ・頭痛
  33. ・多毛
  34. 単球性白血病・・・中止または減量
  35. ・タンパク尿
  36. ・中毒疹様発疹
  37. ・注意力低下
  38. ・白内障
  39. ・発熱
  40. 汎血球減少・・・中止または減量
  41. ・反射運動能力が低下する
  42. ・複視
  43. ・不眠
  44. ・便秘
  45. ・麻疹様発疹
    (遅発性)
    過敏症状
    発疹・発熱
    リンパ節腫脹
    肝機能障害
    白血球増加
    好酸球増多
    異型リンパ球出現
    →中止し、処置
  46. 無顆粒球症・・・中止または減量
  47. ・無機P値の低下・・・・減量など処置。
  48. ・めまい
  49. .Lyell症候群(中毒性表皮壊死症)→中止し処置必要
  50. .リンパ節腫脹・・・→減量する。
  51. リンパ腫・・・→減量する。


厚生労働省副作用情報
  • 平成18年9/1〜12/31
    1. 血圧低下1
    2. 意識レベルの低下1
    3. 薬疹1
    4. 薬物過敏症2
    5. てんかん1
    6. 歯肉肥厚1
    7. 溶血性貧血1
    8. 劇症肝炎1
    9. 尿道下裂1
    10. 間質性肺疾患1
    11. 皮膚粘膜眼症候群1
    12. 汎血球減少症1
    13. 小発作てんかん1
    14. 血小板数減少1
    15. スティーブンス・ジョンソン症候群2
    16. 中毒性表皮壊死融解症
  • 平成20年4/1〜9/31
    1. 無顆粒球症
    2. 赤芽球癆
    3. 再生不良性貧血
    4. 先天性白内障
    5. 薬疹
    6. 顆粒級数減少
    7. 溶血性貧血
    8. 肝機能異常
    9. 急性肝炎
    10. 水頭症
    11. イレウス
    12. 間質性肺疾患
    13. 肝障害
    14. リンパ節症
    15. ネフローゼ症候群
    16. 好中球減少症
    17. 肺臓炎
    18. 発熱
    19. 二分脊柱
    20. スティーブンズ・ジョンソン症候群
    21. 治療薬毒性
    22. 中毒性表皮壊死融解症
    23. 急性汎発性発疹性膿疱症
    24. 中毒性皮疹
    25. 好酸球増加と全身症状を伴う薬疹
    26. 炎症
    27. 虹彩障害
  • 平成20年10月1日〜平成21年2月28日
    1. 赤芽球癆1
    2. 水疱1
    3. 血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
    4. チアノーゼ1
    5. 剥脱性皮膚炎1
    6. 播種性血管内凝固1
    7. 薬疹2
    8. 構音障害1
    9. 呼吸困難1
    10. 紅斑1
    11. 多形紅斑4
    12. 肝機能異常3
    13. 免疫グロブリン異常1
    14. 肝障害1
    15. 呻吟1
    16. 眼振1
    17. 発熱2
    18. 発疹1
    19. ショック1
    20. 傾眠2
    21. スティーブンス・ジョンソン症候群4
    22. 治療薬毒性1
    23. 中毒性表皮壊死融解症3
    24. 好酸球増加と全身症状を伴う薬疹2


抗テンカン薬
一般名:
フェニトイン  phenytoin (PHT)


[アレビアチン][ジフェニルヒダントイン][ヒダントール]
[フェニトイン][複合アレビアチン][ヒダントールD]
[ヒダントールE][フダントールF]



◎脳の中枢に作用して、ケイレンを抑制します。
◎高位中枢のシナプスにおける反復刺激後の伝達増強作用を抑制する。
◎膜安定化作用(ニューロンのNa+電流抑制作用によって、発作活性の伝播を制限する)
◎小脳興奮による抑制系の賦活作用で大脳皮質の活動を抑える





テンカンのケイレン発作:
  強直間代発作(全般ケイレン発作、大発作)
  焦点発作
自律神経発作
精神運動発作



1日200〜300mg 分3
静注:1回125〜250mg(50mg/分を超えない速度)



使ってはダメな者
ヒダントイン系薬の過敏症
洞性徐脈
高度刺激伝導障害





必要
肝障害
血液障害
甲状腺機能低下
高齢者
衰弱者
薬物過敏症



1.併用すると相互の薬物の作用が増強する。
[ジスルフィラム][イソニアジド][PAS][ワルファリン]
2.[アセタゾラミド]との併用でクル病・骨軟化症になる。
3.併用すると、本剤の作用が増強する。
[エトスクシミド][テガフール][フルコナゾール][ミコナゾール][ゾニサミド]
4.テオフィリンの血中濃度を低下させる。
5.甲状腺ホルモン剤の作用が減弱する。
6.併用すると、本剤の血中濃度が変動またはこれらの血中濃度が低下する。[カルバマゼピン][バルプロ酸]


中毒 ◎トラフ値:
5〜20µg/ml(小児)
10〜20µg/ml(成人)
◎中毒症状:
[眼振][運動失調][傾眠][構音障害][意識障害]
治療有効濃度(10〜20µg/ml)付近でのフェニトインの血清中濃度は、投与量に比例して上昇しない。そのため、投与量の増やし方がわずかでも著しい血中濃度の上昇が見られることがある。
血中濃度(PHT)をモニタリングしながら投与。
トラフ値・・・・
薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物の濃度。薬の血中濃度は、急襲後に最高濃度となり、平衡状態に達した後、時間の経過とともに代謝・排泄によって一定の速度で減少する。
従ってトラフ値は投与直前値となる。


妊婦へ
の影響
プリミドンとの併用で奇形→単独投与。



液体窒素で
  • 2014年、名城大学の丹羽敏幸教授らは、水に溶けにくい医薬品を微細化して腸から吸収しやすくなる技術を開発した。
  • 液体窒素の中でドライアイスの粉と一緒にかき混ぜることで、粉末状の医薬品を1マイクロbよりも小さいサイズに粉砕する技術を開発した。
  • フェニトインを粉砕したところ、90%以上が水に溶けるようになった。
  • 通常では20%しか溶けず、腸から吸収しにくかった。

健康情報
(50音順)

よく使う漢方薬
病院でもらった漢方薬
健康診断
病気の予防
老化予防
長寿
食薬毒
栄養療法
宝石療法
音楽療法
色彩療法
針灸
副作用
病院
突然死
盗聴







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬