ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アロディニア



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





帯状疱疹
PHN
ヘルペス
発疹
水痘
広告



アロディニア
激痛は・・・催眠誘発物質が関与

帯状疱疹 などで激しい痛みが起きる仕組みの一端を、関西医科大学と大阪バイオサイエンス研究所の共同グループが突き止めた。
様々な病気で痛みが伝わる仕組みの解明や、痛みを和らげる治療法の開発につながる成果だ。


帯状疱疹では衣服が体に擦れるだけで電気が走ったような激しい痛みを感じる。
この痛みは専門的には『アロディニア』と呼ばれる。

この痛みの発生に
催眠誘発物質として知られる『プロスタグランジンD2』が関係していることを、関西医大の伊藤誠二教授、大阪バイオサイエンス研の裏出良博部長らが見付けた。

高齢者が訴える慢性痛の一部にはアロディニアの起こるメカニズムと共通した要因を持つものがあると考えられ、プロスタグランジンD2の機能解明は様々な慢性的な痛みが起きる原因解明や鎮痛薬の開発などに役立つとみられる










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査