情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



アマリール






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










経口血糖降下薬
一般名 グリメピリドglimepiride
スルホニルウレア系(SU剤)
商品名 「アマリール」
作用機序 おもにβ細胞の刺激による内因性インスリン分泌促進作用。
効能・用途
インスリン非依存性型糖尿病で、食事療法や運動療法のみで十分な効果が得られない患者
用法用量 1mgより開始し、1日1〜2回(朝または朝夕)
食前又は食後
維持量は通常1日1〜4mg
1日最高投与量は6mgまで。




禁忌
(使えない)
重症ケトーシス・糖尿病性昏睡または前昏睡
インスリン依存型糖尿病(若年型糖尿病・ブリットル型糖尿)
重篤な肝障害がある患者
重篤な腎障害がある患者
重症感染症
手術前後
重篤な外傷
下痢・嘔吐などの胃腸障害
妊娠またはその可能性がある者
スルホンアミド系薬剤に過敏歴ある者



警告 重篤かつ遷延性の低血糖症を起こすことがある
薬剤の作用が遷延しておきる



過量投与
(中毒)
低血糖が起こることがある。




併用注意(相互作用)
  1. 血糖降下作用を増強する薬剤との併用
    • 低血糖症状→・脱力感・不安・興奮・神経過敏・集中力低下・精神障害・意識障害・ケイレンなど。
    • 低血糖症状が出た場合
      ショ糖を投与・・・通常
      ブドウ糖の投与・・・αグルコシダーゼ阻害薬との併用時。
    • 血糖値と患者の状態を十分に観察する。
      特にβ遮断薬と併用する場合は、プロプラノロールなどの非選択的薬剤は回避するのが望ましい。
    1. インスリン製剤→血中インスリンが増大する
    2. ピグアナイド系薬剤(塩酸メトホルミン・・)→肝臓での糖新生抑制と腸管でのブドウ糖吸収抑制
    3. インスリン抵抗性改善薬(ピオグリタゾン・トログリタゾン)→インスリン作用を増強する
    4. αグルコシダーゼ阻害薬(アカルボース・ボグリボース)→糖吸収を抑制。
    5. プロベネシド→腎からの排泄を抑制
    6. クマリン系薬剤(ワルファリンカリウム)→肝代謝を抑制
    7. ピラゾロン系消炎剤(ケトフェニルブタゾン)→血中タンパクとの結合を抑制。腎排泄を抑制。
    8. サリチル酸製剤(アスピリン・サザピリン・・)→血中タンパクとの結合を抑制。サリチル酸製剤による血糖降下作用
    • →以下の薬剤との併用は、血中タンパクとの結合が高いため、本剤の遊離型が増加して血糖降下作用を示す。
      ・プロピオン酸系消炎剤(ナプロキセン・ロキソプロフェンナトリウム・・)
      ・アリール酢酸系消炎剤(アンフェナクナトリウム・ナブメトン・・)
      オキシカム系消炎剤(テノキシカム)
    1. β遮断剤(プロプラノロール・アテノロール・ピンドロール)→糖新生を抑制。低血糖に対する交感神経症状を抑制
    2. MAO阻害剤→インスリン分泌促進。糖新生抑制。
    3. サルファ剤(スルファメチゾール・スルファメトキサゾール)→血中タンパクとの結合抑制。肝代謝抑制。腎排泄抑制
    4. クロラムフェニコール→肝代謝抑制
    5. テトラサイクリン系→インスリン感受性を促進
    6. フィブラート系薬剤(クロフィブラ^ト・・)→血中タンパクとの結合抑制。肝代謝抑制。腎排泄抑制。
    7. グアネチジン→組織カテコールアミンの枯渇が疑われている
    8. アゾール系抗真菌薬(ミコナゾール・フルコナゾール・・)→肝代謝抑制。血中タンパクとの結合抑制
  2. 血糖降下作用を減弱する薬剤との併用
    • 高血糖症状→・嘔気・嘔吐・脱水・呼気のアセトン臭気など
    1. エピネフリン→末梢でのブドウ糖の取り込み抑制。肝臓での糖新生促進
    2. 副腎皮質ホルモン(酢酸コルチゾン・・)→肝臓での糖新生促進。末梢組織でのインスリン感受性の低下
    3. 甲状腺ホルモン(レボチロキシンNa・乾燥甲状腺・・・)→腸管での糖新生促進。グルカゴンの分泌促進。カテコールアミンの作用増強。肝臓での糖新生促進。
    4. 卵胞ホルモン(安息香酸エストラジオール・エストリオール・・)→機序不明
    5. 利尿薬(フロセミド・・)→インスリン分泌の抑制。末梢でのインスリン感受性の低下
    6. ピラジナミド→機序不明
    7. イソニアジド→糖代謝の障害による血糖値上昇、および耐糖能異常
    8. リファンピシン→肝代謝促進。
    9. ニコチン酸→肝臓でのブドウ糖の同化抑制
    10. フェニチアジン系薬剤(クロルプロマジン・・)→インスリン遊離抑制。副腎からのエピネフリン遊離
    11. フェニトイン→インスリンの分泌を阻害
    12. 酢酸ブセレリン→機序不明






@肝機能または腎機能に障害がある者
A以下の低血糖を起こす恐れがある者
  ・肝機能または腎機能障害
  ・脳下垂体機能不全
  ・副腎機能不全
  ・栄養不良状態
  ・飢餓状態
  ・不規則な食事摂取
  ・食事摂取量が不足している
  ・衰弱状態
  ・激しい筋肉運動
  ・過度のアルコール摂取
  ・高齢者  





アマリール副作用
  1. ALP上昇
  2. LDH上昇
  3. ■黄疸・・・・・・・・→中止し処置必要
  4. かゆみ
  5. ■肝機能障害・・・・・→中止し処置必要
  6. γ-GTP上昇
  7. 血小板減少
  8. 血清K上昇
  9. 血清Na低下
  10. 下痢
  11. 倦怠感
  12. 光線過敏症
  13. CK上昇
  14. GOT上昇
  15. GPT上昇
  16. 心窩部痛
  17. 頭痛
  18. 脱毛
  19. ■低血糖・・・・・→中止し処置必要
  20. 白血球減少
  21. ■汎血球減少・・・・・→中止し処置必要
  22. BUN上昇
  23. 貧血
  24. 腹部膨満感
  25. 浮腫
  26. 便秘
  27. 発疹
  28. ■溶血性貧血・・・・・→中止し処置必要
  29. ■無顆粒球症・・・・・→中止し処置必要
  30. めまい




重大な副作用(厚生労働省)
  1. 溶血性貧血,無顆粒球症,汎血球減少
    溶血性貧血,無顆粒球症,汎血球減少があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。
  2. 肝機能障害,黄疸:AST(GOT),ALT(GPT),Al−Pの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。
  3. 事例(B-06010654)
    男性50 50歳  アセトアミノフェン
              ベシル酸アムロジピン
              オルメサルタン メドキソミル
              アトルバスタチンカルシウム水和物
              グリメピリド
              ファモチジン
    を併用していた患者が劇症肝炎死亡
    (経過)
    発熱、悪寒、関節痛があり、リン酸オセルタミビル150 mg/日を服用開始(併用薬は上記のとおり)。服用開始から4日後、インフルエンザ軽快・回復し、その翌日の朝に服用終了。服用終了2日後、全身倦怠感が認められ、服用終了8日後、急性肝炎と診断され、入院。入院後、劇症肝炎と診断され、人工透析を開始したが、呼吸状態が悪化して人工呼吸器管理となり、入院から20日後死亡。




厚生労働省副作用情報
  • 平成15年7/30〜10/26
    • アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増1
       咳嗽1
       肝機能異常2
       肝障害2
       急性肝炎1
       胸水1
       胸痛1
       筋固縮2
       血中カリウム増加3
       口唇炎1
       脱毛症1
       低血糖昏睡3
       低血糖症11
       発疹1
       汎血球減少症1
       腹痛1
       無顆粒球症1
  • 平成17年7/30〜12/31
    • 脱毛症1
      血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
      血中乳酸脱水素酵素増加1
      血中亜鉛異常1
      徐脈1
      肝機能異常3
      低血糖症12
      低血糖昏睡7
      感染1
      黄疸1
      肝障害3
      血小板数減少1
      横紋筋融解1
      血小板減少症1
      白血球数減少1
      中毒性皮疹1
  • 平成18年1/1〜3/31
    • 無顆粒球症1
      アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加1
      赤芽球癆1
      アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加1
      背部痛1
      心肺停止1
      意識レベルの低下1
      コントロール不良の糖尿病1
      溶血性貧血2
      片麻痺1
      肝機能異常1
      肝炎1
      低血糖症14
      低血糖昏睡2
      低血糖性脳症1
      肝障害1
      多臓器不全1
      血小板数減少1
      横紋筋融解1
  • 平成18年9/1〜12/31
    • アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加1
      再生不良性貧血1
      血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
      脳梗塞1
      肝機能異常3
      甲状腺機能亢進症1
      低血糖症12
      低血糖昏睡4
      間質性肺疾患1
      肝障害1
      骨髄異形成症候群1
      発作性夜間血色素尿症1
      横紋筋融解1
      血小板減少症1








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬