赤痢

スプルー

下痢

急性下痢

肝炎



アメーバ赤痢
赤痢アメーバ
  • 赤痢アメーバ(entamoeba histolytica)は、アメーバ赤痢を引き起こす根足虫類(class Rizopoda)に属する原虫

アメーバ赤痢
  • 僕が実際に経験したのはミドリガメをペットとして遊んでいた子供が[アメーバ赤痢]に罹った例である。
    アメーバ赤痢はサル以外にも、ヘビ・トカゲ・カメなどのは虫類にも高率に罹っているので注意が必要であろう。
    ペット用のサル・ヘビ・トカゲ・カメなどすべてが東南アジアやアフリカから輸入されている。これらの熱帯地方ではアメーバ赤痢に常時汚染されているのだ。
    アメーバ赤痢は「法定伝染病」に規定されている重要な病気である。最近の海外旅行ブームや国際交流によって、日本の患者発生も年々増加し、社会問題となりつつある。
    アメーバ赤痢の症状は特徴的な下痢便で、粘液と血液が混じったイチゴゼリー状の粘血便となる。又、完全に治療しないで放置すると、アメーバが肝臓で増殖して肝膿瘍を起こすことがあるので注意が必要だ。」
    藤田紘一郎著「ボンボン・マルコスのイヌ」より。

アメーバ赤痢の検査
  • 赤痢アメーバ抗体の検査
    糞便検査







分類と処方
  1. 無症状型
    1. 便に赤痢アメーバが証明されるが症状が無い
    2. パロモマイシン:1500mg/日・分3・7日
  2. 腸管型
    1. 下痢・血便・腹痛・発熱
    2. フラジール:1500mg〜2250mg/日・分3・7〜10日
  3. 腸管外型
    1. 肝膿瘍が多い
    2. フラジール:1500mg〜2250mg/日・分3・7〜10日

アメーバが集団行動を起こす仕組み
  • 2010年、東京大学の沢井哲準教授らは、細胞性粘菌と呼ばれるアメーバが集団行動を起こす仕組みを解明した。個々のアメーバが出す信号が集まり、一定の周期になると集団行動が引き起こされる。
    成果はサイエンス(電子版)に掲載。
    細胞性粘菌はふだん、それぞれが単独で生活しているが、周囲にエサが無くなると数十万ものアメーバが1カ所に集まって胞子を作る。
  • この行動は、細胞内で情報伝達に使われる「サイクリックAMP」(cAMP)という分子をアメーバが放出することで引き起こされるが、詳しい仕組みは不明だった。
    研究チームはcAMPを特殊なタンパク質で見えるようにに、アメーバ同士の間でcAMPが伝わる様子を調べた。個々のアメーバが出すcAMPは“波”となって周囲に伝わる。
    エサ不足の状態が続くと、多くのアメーバがcAMPを放出して、cAMPの波の周期が短くなる。この周期が一定の間隔より短くなると、多数のアメーバが1カ所に集合し始めることが分かった。


チェック
赤痢」「スプルー」「下痢」「肝炎」「急性下痢





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング