ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




アモバン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告







催眠鎮静薬
一般名 ゾビクロン
商品名 [アモパン][アモパンテス][アントマイリン][スローハイム][ゾビクール][ドバリール][メトローム]
分類 超短期作用型
効能・用途 不眠症
麻酔前投与。
用法用量 ・1回7.5〜10mg (就寝前又は手術前)
・1回10mgを超えないこと。・・・反応の個人差があるため1回3.75mgから始めること。
【注意】
本剤を投与する場合、反応に個人差があるため少量(高齢者では1回3.75mg)から投与を開始すること。また、肝障害がある者では3.75mgから投与を開始することが望ましい。やむを得ず増量する場合は観察を十分に行いながら慎重に投与すること。ただし、10mgを超えないこととし、症状の改善に伴って減量に努めること。




使ってはダメな者
禁忌
急性狭隅角緑内障
重症筋無力症
慎重な
投与

が必要な者
1.肝障害がある者。
2.気管支喘息で呼吸機能が低下の者。
3.急性期脳血管障害で呼吸機能が低下の者。
4.高齢者
5.心障害がある者
6.腎障害がある者
7.衰弱者。
8.脳に器質的障害がある者。
9.肺気腫で呼吸機能が低下の者。
10.肺性心で呼吸機能が低下の者。
併用すると作用が
増減する場合
(相互作用)
1.飲酒で作用が増強する。
2.筋弛緩薬で作用増強。
3.神経遮断薬で作用増強。

4.麻酔時の使用で呼吸抑制(→減量する)。




警告 本剤の服用後に、もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)が現れることがある。また、入眠までの、あるいは中途覚醒の出来事を記憶していないことがあるので注意すること(厚生労働省)




妊婦への影響 授乳中止。






アモバン副作用(五十音順)
  1. 一過性健忘(中途覚醒時の出来事を覚えていない)。
  2. ・胃部の不快感。
  3. ・肝障害
    肝機能障害 黄疸
    GOT上昇
    GPT上昇
    ALP上昇
    γ-GTP上昇
    →中止し、処置必要
  4. ・禁断症状(投与中止で)
  5. ・倦怠感
  6. ・口が苦い。
  7. ・口渇
  8. ・口中不快感。
  9. 幻覚・・・・・中止
  10. ・呼吸機能が高度に低下し炭酸ガスナルコーシス。
  11. 呼吸抑制。
  12. 錯乱・・・・・中止
  13. ・食欲不振
  14. ・頭重
  15. ・頭痛
  16. ・譫妄状態。・・・・・中止
  17. ・脱力感
    骨格筋に異常 倦怠感
    脱力感
    筋緊張が低下
  18. ・タンパク尿。
  19. ・ねむけ
  20. ・吐き気
  21. ・白血球減少。
    血液異常が起きる 白血球数が減少
    Hb減少
    赤血球減少
    血小板減少
  22. ・BUN上昇
  23. ・不快感。
  24. ・ふらつき
    精神神経 ふらつき
    眠気
    頭痛
    頭重
    不快感
    めまい
  25. ・発疹・・・・・中止
  26. 夢遊状態・・・・・中止
  27. ・めまい
  28. もうろう状態
  29. ・.薬物依存(大量連用で)




厚生労働省副作用情報
  • (平成20年4/1〜9/31)
    • 意識変容状態
      痙攣(ケイレン)
      譫妄(せん妄)
      意識レベルの低下
      薬物毒性
      幻覚
      意識消失
      悪性症候群
      嚥下性肺炎
      横紋筋融解
      乳児無呼吸発作
  • 平成23年8/1〜11/30
    • イレウス
      意識変容状態
      急性呼吸窮迫症候群
      傾眠
      劇症肝炎
      呼吸困難
      呼吸抑制
      誤嚥性肺炎



医薬品・医療機器等安全性情報 No238 (厚生労働省)
アモバンの副作用症例
アモバンの副作用




関連情報 副作用
安定剤
催眠鎮静剤
飲み合わせ
不眠症








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬