ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



アナフラニール



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




抗ウツ薬
一般名 塩酸クロミプラミン


アナフラニール



◎脳内神経終末への5-HT取り込みを選択的に阻害する。
抗コリン作用があります・
◎脳に直接働いて精神機能を高揚して不安を軽減します。





うつ状態
うつ病
遺尿症





使ってはダメな者
1.三環系抗うつ薬過敏症
2.心筋梗塞の回復初期。
3.緑内障








1.眼内圧亢進
2.ケイレン性疾患
3.狭心症
4.甲状腺機能亢進症
5.高齢者
6.小児
7.心筋梗塞
8.心不全
9.精神分裂病素因がある者。
10.躁鬱病
11.脳器質障害
12.排尿困難の者。
13.不整脈



◎以下の薬との併用で作用が増強する:
1.アドレナリン作動薬
2.アルコール摂取
3.MAO阻害薬
4.黄体ホルモン製剤
5.キニジン
6.抗コリン作動薬
7.抗不安薬
8.シメチジン
9.全身麻酔薬
10.中枢神経抑制薬
11.フェノチアジン系精神神経薬
12.メチルフェニデート
13.卵胞ホルモン製剤
◎肝酵素誘導作用をもつ薬品との併用で作用が減弱する。
◎以下の薬との併用で過度の低血糖を引き起こす可能性がある。
インスリン製剤
スルホニル尿素系糖尿病薬
◎降圧薬の作用が減弱する。
◎ケイレン閾値を低下させるための電気ショック療法時には十分な注意が必要。



[販売名] アナフラニール注射液(日本チバガイギー)
[禁忌] QT延長症候群のある患者




過量投与の症状・徴候と対策
抗コリン作用
中枢神経系

  アテトーシス
  意識障害
  運動失調
  筋強剛
  ケイレン
  激越
  昏迷
  情動不安
  眠気
  反射亢進
心・血管系
  QT延長
  心停止
  心不全
  伝導障害
  トルサデポアン
  頻脈
  不整脈
特異的な解毒剤は無い。

胃洗浄
心モニター(48時間)

透析は無効。

◇呼吸抑制→挿管・人工呼吸
◇低血圧→血漿増量剤
       ドパミン点滴静注
◇不整脈→
◇ケイレン発作→ジアゼパム静注




妊婦へ
の影響
投与しないことが望ましい。
授乳を避ける。





関連情報 副作用の種類」「医薬品の略語」「薬効分類






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査